検索結果 5,704 件中 1 件 〜 50 件 "モンゴル"
  1. 2020040300600

    「新華社」 中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功内モンゴル自治区  アルシャー盟でラクダの採精と品質評価、胚の採取と移植などの技術について解説するイラン・テヘラン大学のアミール教授。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(アルシャー=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020040104257

    「新華社」 中国四川省木里県の森林火災、3千人余りが消火に当たる  30日、消火活動が行われている四川省木里県の森林。中国四川省涼山イ族自治州木里(ムリ)チベット族自治県森林草原防火消火指揮部弁公室によると、28日午後7時30分ごろ、同県の喬瓦鎮鋤頭湾村と項脚モンゴル族郷項脚村の境界で、森林火災が発生した。地元政府はすでに3千人余りを消火に動員した。出火の原因について現在調査中。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020040104261

    「新華社」 中国四川省木里県の森林火災、3千人余りが消火に当たる  30日、消火活動が行われている四川省木里県の森林。中国四川省涼山イ族自治州木里(ムリ)チベット族自治県森林草原防火消火指揮部弁公室によると、28日午後7時30分ごろ、同県の喬瓦鎮鋤頭湾村と項脚モンゴル族郷項脚村の境界で、森林火災が発生した。地元政府はすでに3千人余りを消火に動員した。出火の原因について現在調査中。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020040302576

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020040302552

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅で一心郷中学の生徒に対しオンライン授業を行うハルビン師範大学の大学生、陳(ちん)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020040302630

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教育座談会を行うハルビン師範大学と一心郷中学の教師。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020040302661

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020040302633

    「新華社」 貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省  3月30日、教室で勉強する一心郷中学の生徒。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020033100790

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、生息地の上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020040302619

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、ファスナーを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020040302598

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を組み立てる福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020040302602

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を作る福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020040302609

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020033100747

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、渡り鳥の生息地を巡視する馬背警隊。中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020033100779

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、渡り鳥の生息地を巡視する馬背警隊。中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020033100794

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、渡り鳥の生息地を巡視する馬背警隊。中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020040302538

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020040302551

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、「盛酒皮囊」(酒器などを入れる革製の袋)を縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020040302610

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020033100731

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、渡り鳥の生息地を巡視する馬背警隊。中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020033100781

    「新華社」 渡り鳥見守る馬背警隊内モンゴル自治区  27日、生息地の上空を飛ぶ渡り鳥。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区は暖かくなるとともに、渡り鳥の大規模な移動の季節を迎えた。この時期は渡り鳥の保護活動においても重要な時期となっている。同自治区シリンゴル盟北東部に位置するウラガイ管理区の辺境管理大隊の馬背警隊はこのところ、管轄区内にある渡り鳥の生息地の安全を確保するため、巡視を強化している。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020040302579

    「新華社」 「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020033100762

    「新華社」 騎馬警察隊、遊牧民と共同で馬の訓練内モンゴル自治区  26日、竿の先につけた縄輪で馬を捕まえる「套馬(とうば)」を行う遊牧民。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原で26日、ウラガイ管理区辺境管理大隊が地元の遊牧民を招き、共同で馬の調教・訓練を行った。草原では力と技が一体となった訓練が繰り広げられた。同大隊の騎馬警察隊は内モンゴル自治区で初めての騎馬警察隊として、2019年4月に設立された。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020033100793

    「新華社」 騎馬警察隊、遊牧民と共同で馬の訓練内モンゴル自治区  26日、共同で馬の調教や訓練を行う騎馬警察隊と遊牧民。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原で26日、ウラガイ管理区辺境管理大隊が地元の遊牧民を招き、共同で馬の調教・訓練を行った。草原では力と技が一体となった訓練が繰り広げられた。同大隊の騎馬警察隊は内モンゴル自治区で初めての騎馬警察隊として、2019年4月に設立された。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020040104207

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020033100789

    「新華社」 騎馬警察隊、遊牧民と共同で馬の訓練内モンゴル自治区  26日、竿の先につけた縄輪で馬を捕まえる「套馬(とうば)」を行う遊牧民。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原で26日、ウラガイ管理区辺境管理大隊が地元の遊牧民を招き、共同で馬の調教・訓練を行った。草原では力と技が一体となった訓練が繰り広げられた。同大隊の騎馬警察隊は内モンゴル自治区で初めての騎馬警察隊として、2019年4月に設立された。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020040104211

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020040104187

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020040104203

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020040104206

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020040104266

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020040302557

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020040302533

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスで、飼育するミツバチを確認する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020040302634

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020040302523

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020033100683

    「新華社」 騎馬警察隊、遊牧民と共同で馬の訓練内モンゴル自治区  26日、竿の先につけた縄輪で馬を捕まえる「套馬(とうば)」を行う遊牧民。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原で26日、ウラガイ管理区辺境管理大隊が地元の遊牧民を招き、共同で馬の調教・訓練を行った。草原では力と技が一体となった訓練が繰り広げられた。同大隊の騎馬警察隊は内モンゴル自治区で初めての騎馬警察隊として、2019年4月に設立された。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020033100724

    「新華社」 騎馬警察隊、遊牧民と共同で馬の訓練内モンゴル自治区  26日、馬を調教する騎馬警官。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟のウラガイ草原で26日、ウラガイ管理区辺境管理大隊が地元の遊牧民を招き、共同で馬の調教・訓練を行った。草原では力と技が一体となった訓練が繰り広げられた。同大隊の騎馬警察隊は内モンゴル自治区で初めての騎馬警察隊として、2019年4月に設立された。(フフホト=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020040104194

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020040104204

    「新華社」 春の雪に覆われた火山内モンゴル自治区  26日、すっぽりと雪に覆われた烏蘭哈達火山群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の烏蘭哈達蘇木と白音察干鎮の間にある烏蘭哈達火山群は、数十の大小さまざまな火山で構成されている。このほど降った大雪により同火山群は白く雪化粧し、独特の美しさを見せている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020040302591

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020033003832

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、グリーン通路を開設し、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020033003847

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020033003849

    「新華社」 モンゴルへの防疫支援物資のスピード通関を実現内モンゴル自治区  25日、エレンホト出入境検査ステーションで、特別通関措置を実施し、モンゴルへの防疫支援物資を載せた車両の通関手続きを優先的に行う職員。中国からモンゴルに送られる医療・防疫支援物資が25日、内モンゴル自治区のエレンホト道路口岸(通関地)の貨物輸送ルートから出国した。エレンホト出入境検査ステーションはグリーン通路を開設して、特別通関措置を実施。わずか10分で全ての通関手続きを完了させ、防疫物資の通関時における「待ち時間ゼロ」と「遅延ゼロ」を実現した。(エレンホト=新華社配信)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020040104028

    「新華社」 貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020040104082

    「新華社」 貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020040104077

    「新華社」 貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020040104078

    「新華社」 貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020040104103

    「新華社」 貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020040302532

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社で牛舎を掃除する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020040302636

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社でアンガス牛に飼料を与える村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像