検索結果 548 件中 1 件 〜 50 件 "ライブ配信"
  1. 2020070705394

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、インターネットのライブ配信サイトで蜂蜜を販売する陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705382

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県王家荘村で、ライブコマースによる老粗布の販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705396

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県の富岡リンゴ物流パークで、オンラインで販売する農産物を整理するスタッフ。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705398

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県王家荘村で、ライブコマースによるハチミツの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705432

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、河北省邢台市内丘県ビジネスインキュベートセンターで、ライブコマースによるアワの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705413

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県の富岡リンゴ物流パークで、ライブコマースによるリンゴの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070611558

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、母親と共に村の小川で採れたての野菜を洗う蔣金春さん(右)。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070611484

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、ライブ配信する蔣金春さん(左)と妻の邢召(けい・しょう)さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070611574

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、母親の李嫦娥(り・じょうが)さん(左)と共に料理の様子をライブ配信する蔣金春さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070900291

    生まれ変わった洞穴式住居が観光スポットに山西省  2日、地元住民の日常をライブ配信でネットユーザーに紹介する窰洞の運営責任者、宋乃清(そう・だいせい)さん。中国山西省晋中市昔陽県大寨鎮孔家溝村は、太行山脈の奥深くに位置する伝統的な古村落の一つ。同村はここ数年、都市資本を導入し、使用されていない洞穴式住居「窰洞(ヤオトン)」を民宿に改造することで古い建築物に新たな要素を加え、よみがえらせてきた。(晋中=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070611608

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、撮影した動画を編集する蔣金春さんの妻、邢召(けい・しょう)さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070900480

    生まれ変わった洞穴式住居が観光スポットに山西省  2日、ライブ配信で孔家溝村を紹介する窰洞の運営責任者、宋乃清(そう・だいせい)さん。中国山西省晋中市昔陽県大寨鎮孔家溝村は、太行山脈の奥深くに位置する伝統的な古村落の一つ。同村はここ数年、都市資本を導入し、使用されていない洞穴式住居「窰洞(ヤオトン)」を民宿に改造することで古い建築物に新たな要素を加え、よみがえらせてきた。(晋中=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070611489

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、息子と共に商品の発送作業に取り掛かる蔣金春さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070611593

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、早田村内で農産品を注文する蔣金春さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070611552

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、江西省上饒市横峰県の早田村。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070611606

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  2日、早田村内を歩く蔣金春さん一家。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070900438

    生まれ変わった洞穴式住居が観光スポットに山西省  2日、ライブ配信で孔家溝村を紹介する窰洞の運営責任者、宋乃清(そう・だいせい)さん。中国山西省晋中市昔陽県大寨鎮孔家溝村は、太行山脈の奥深くに位置する伝統的な古村落の一つ。同村はここ数年、都市資本を導入し、使用されていない洞穴式住居「窰洞(ヤオトン)」を民宿に改造することで古い建築物に新たな要素を加え、よみがえらせてきた。(晋中=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070611504

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、ライブ配信で地元特産の干しタケノコを紹介する蔣金春さんの妻、邢召(けい・しょう)さん(左)。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070611490

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、蔣金春さんが暮らす早田村。(小型無人機から)中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070611492

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、ライブ配信で地元の味を紹介する蔣金春さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020070611594

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、食事風景をライブ配信する蔣金春さん(左)と妻の邢召(けい・しょう)さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020070611601

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、ライブ配信で山村特産の干しタケノコを紹介する蔣金春さんの妻、邢召(けい・しょう)さん(左)。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020070611777

    「ニワトリの放し飼い」で豊かさへの道を歩む黒竜江省  1日、黒竜江省綏化市明水県の草原で、ニワトリの飼育の様子をライブ配信する桑慶軍さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県の草原で、桑慶軍(そう・けいぐん)さんは昨年6月に30ムー(2ヘクタール)余りの林地と草原を請け負い、ニワトリの放し飼いを始めた。1年経った今、当初1カ所だった養鶏場は7カ所まで増え、飼養規模も7万羽から30万羽に増えた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020070611662

    「ニワトリの放し飼い」で豊かさへの道を歩む黒竜江省  1日、黒竜江省綏化市明水県の草原で、ニワトリの飼育の様子をライブ配信する桑慶軍さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県の草原で、桑慶軍(そう・けいぐん)さんは昨年6月に30ムー(2ヘクタール)余りの林地と草原を請け負い、ニワトリの放し飼いを始めた。1年経った今、当初1カ所だった養鶏場は7カ所まで増え、飼養規模も7万羽から30万羽に増えた。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020070611509

    山村のインフルエンサー、故郷の景色と美食を発信江西省  1日、地元料理を作る様子をライブ配信する蔣金春さん。中国江西省上饒市横峰県の早田村で暮らす蔣金春(しょう・きんしゅん)さん(42)は、2010年に故郷に戻って起業した後、インターネットを介した商品販売に出合い、16年に自らライブ配信を始めた。ユーモアをちりばめた語り口と朗らかな人柄で村民の収入増をサポートする蔣さんは、瞬く間に人気インフルエンサーとなった。(上饒=新華社記者/周密)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020063010097

    大阪に夏、「愛染まつり」 ライブ配信の愛染娘  「愛染まつり」のライブ配信に出演する愛染娘=30日午後、大阪市

  27. 2020070705299

    オンライン商談、中国と中東・アフリカ諸国の貿易を後押し  6月29日、広西チワン族自治区と中東・アフリカ諸国とのデジタル貿易ウイークの開始式。中国広西チワン族自治区と中東・アフリカ諸国とのデジタル貿易ウイークが6月29日~7月5日、オンライン形式で開催された。期間中は1日1回、計7回のテーマ別ライブ配信プロモーションが実施された。同ウイークは、インターネットや越境電子商取引(EC)を活用し、国外のバイヤーに広西チワン族自治区の良質な製品を紹介し、中東・アフリカ諸国との経済貿易交流を促進するのが目的。初日の開始式には、中国と中東、アフリカの政府関係者や業界団体のリーダー、バイヤー、企業代表など13万人が参加した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020070705331

    オンライン商談、中国と中東・アフリカ諸国の貿易を後押し  6月29日、デジタル貿易ウイークの開始式であいさつする南アフリカの政府関係者。中国広西チワン族自治区と中東・アフリカ諸国とのデジタル貿易ウイークが6月29日~7月5日、オンライン形式で開催された。期間中は1日1回、計7回のテーマ別ライブ配信プロモーションが実施された。同ウイークは、インターネットや越境電子商取引(EC)を活用し、国外のバイヤーに広西チワン族自治区の良質な製品を紹介し、中東・アフリカ諸国との経済貿易交流を促進するのが目的。初日の開始式には、中国と中東、アフリカの政府関係者や業界団体のリーダー、バイヤー、企業代表など13万人が参加した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020070705346

    オンライン商談、中国と中東・アフリカ諸国の貿易を後押し  6月29日、デジタル貿易ウイークのテーマ別ライブ配信プロモーションであいさつする広西チワン族自治区貿易促進委員会、同自治区国際商会の鄭詩軍(てい・しぐん)秘書長。中国広西チワン族自治区と中東・アフリカ諸国とのデジタル貿易ウイークが6月29日~7月5日、オンライン形式で開催された。期間中は1日1回、計7回のテーマ別ライブ配信プロモーションが実施された。同ウイークは、インターネットや越境電子商取引(EC)を活用し、国外のバイヤーに広西チワン族自治区の良質な製品を紹介し、中東・アフリカ諸国との経済貿易交流を促進するのが目的。初日の開始式には、中国と中東、アフリカの政府関係者や業界団体のリーダー、バイヤー、企業代表など13万人が参加した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020070705351

    オンライン商談、中国と中東・アフリカ諸国の貿易を後押し  6月29日、デジタル貿易ウイークのイベント会場。中国広西チワン族自治区と中東・アフリカ諸国とのデジタル貿易ウイークが6月29日~7月5日、オンライン形式で開催された。期間中は1日1回、計7回のテーマ別ライブ配信プロモーションが実施された。同ウイークは、インターネットや越境電子商取引(EC)を活用し、国外のバイヤーに広西チワン族自治区の良質な製品を紹介し、中東・アフリカ諸国との経済貿易交流を促進するのが目的。初日の開始式には、中国と中東、アフリカの政府関係者や業界団体のリーダー、バイヤー、企業代表など13万人が参加した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020070705429

    電気技術者からバランスの達人へインフルエンサーとしての人生  ライブ配信前の準備を行う王業坤さん。(6月27日撮影)中国山東省聊城(りょうじょう)市莘(しん)県河店鎮に暮らす王業坤(おう・ぎょうこん)さんは3年前までごく一般的な電気技術者だったが、今では300万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーとなっている。王さんには厳しい稽古を経て身に付けた特技がある。ビール瓶の上に自転車やガスボンベを立てたり、人が座った椅子を支柱1本で立てたりするなど、大きな物をバランスを取りながら安定させ、立たせることができる。(済南=新華社記者/陳灝)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070600202

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地の中を歩く米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070600194

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にある栽培基地で、コウシンバラの手入れをする米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070600189

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする早然木・吐爾遜(下)さんとパートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070600218

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、ライブ配信を行う米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070600186

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、農作業に励む人米爾扎提・吾馬爾やスタッフたち。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070600195

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地でかんがい設備を設置する米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070600207

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、コウシンバラの成長具合をチェックする米爾扎提・吾馬爾さん(左)と妻の早然木・吐爾遜さん(中)、パートナーの胡婷婷(こ・ていてい)さん。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070600208

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮の栽培基地で、コウシンバラの手入れをする米爾扎提・吾馬爾さんと妻の早然木・吐爾遜さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020070600211

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、新疆から来た男性2人に温室の技術について説明する米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020070600200

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、ライブ配信の準備をする米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070600235

    新疆出身の夫婦、コウシンバラ栽培で増収目指す江蘇省  22日、沭陽県扎下鎮にあるコウシンバラ栽培基地で、新疆から来た男性2人に病虫害防除について説明する米爾扎提・吾馬爾さん。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区ファイザバード(伽師)県出身の米爾扎提・吾馬爾(ミアルザティー・ウマル)さん(44)と妻の早然木・吐爾遜(ザーランム・トルサン)さんは、「花木の里」と呼ばれる江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県で生活して1年余りになる。米爾扎提さん夫婦は、同県扎下鎮で20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地の使用権譲渡を受け、コウシンバラを栽培しながら、現代農業の技術を学んでいる。米爾扎提さんは2019年の初め、地元政府の支援を受けて、現地のパートナーと新しい事業を始めた。米爾扎提さん夫婦は技術と管理の勉強やコウシンバラ基地の管理、オンライン販売などで忙しい毎日を送っており、同年の利益は40万元(1元=約15円)近くに上った。彼らはコウシンバラの苗を新疆各地で販売し、栽培技術をライブ配信や微信(ウィーチャット)の公式アカウントを通じて同郷たちに教えている。同鎮で米爾扎提さんとコウシンバラ栽培を学ぶ人もいる。米爾扎提さんは、「これまで新疆の農家約500世帯と提携してコウシンバラを栽培し、共に利益を上げてきた。そのうちの100世帯余りが貧困者で、既に貧困脱却を果たした人もいる」と語った。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062403021

    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省  19日、受講生にライブ配信のこつを教える義烏工商職業技術学院創意設計学院の講師。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062402982

    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省  19日、研修後にライブコマースを行い、学習の成果を試す受講生ら。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062402943

    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省  19日、研修室でノートを取る受講生。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062403020

    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省  19日、ショート動画の制作について講義する義烏工商職業技術学院創意設計学院の講師。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062402942

    「雑貨・日用品の都」義烏市で外国人向けライブコマース研修開講浙江省  19日、中国語で講師と交流するマリ出身の受講生(中央)。雑貨・日用品の都として世界的に知られる中国浙江省義烏市で19日、義烏工商職業技術学院創意設計学院などが共催する「ライブコマース特別技能研修」の外国人起業者向けクラス開講式が行われた。研修には市内在住の韓国、メキシコ、イラン、イエメンなど17カ国からやって来た外国人ビジネスマンや同技術学院に在籍する留学生計30人近くが参加。受講生らは商品の選択や陳列のこつ、ライブ配信場所の設営、コンテンツの企画、視聴者との双方向コミュニケーションに基づくマーケティング、動画の撮影・編集などを学ぶ。(義烏=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062204792

    「直接購入」の新経済モデル、中国の国内消費を牽引  17日、ライブ配信を通じて農産物を販売する安徽省霍山県但家廟鎮のインフルエンサー、陳来鳳(ちん・らいほう)さん。中国では最近、「直接購入」と呼ばれる新しい消費スタイルを選ぶ消費者が増えている。「直接購入」は中国のEC業界では「CtoM(Customer-to-Manufacturer)」とも呼ばれる。この新しい経済モデルは、消費者とメーカーが直接繋がることで、在庫や卸、販売などの中間部分をなくし、取引コストを削減する。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020062204931

    「直接購入」の新経済モデル、中国の国内消費を牽引  17日、ライブ配信を通じて農産物を販売する安徽省霍山県但家廟鎮のインフルエンサー、陳来鳳(ちん・らいほう)さん。中国では最近、「直接購入」と呼ばれる新しい消費スタイルを選ぶ消費者が増えている。「直接購入」は中国のEC業界では「CtoM(Customer-to-Manufacturer)」とも呼ばれる。この新しい経済モデルは、消費者とメーカーが直接繋がることで、在庫や卸、販売などの中間部分をなくし、取引コストを削減する。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020061604637

    無形文化遺産がライブ配信に登場広東省  13日、「文化・自然遺産の日」の広東省メイン会場で人気を集めたヤオ族の刺しゅう工芸品。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた13日、広東省の無形文化遺産継承者が数々の製品を携えてライブコマースに乗り出した。無形文化遺産をオンラインとオフラインで集中的に登場させ、普及と販売促進につながる成果を出している。(広州=新華社記者/鄧瑞旋)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像