検索結果 551 件中 1 件 〜 50 件 "ラサ市"
  1. 2020031702387

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020031702404

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020031702406

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031702410

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031702405

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020031702392

    「新華社」 雪化粧したポタラ宮チベット自治区  15日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市で14日夜から15日朝にかけて雪が降り、辺りは一面の銀世界となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020031104647

    「新華社」 チベット自治区、さまざまな措置で新型肺炎の知識を普及  7日、ラサ市街地に掲げられた新型肺炎の予防・抑制を呼びかける標語の下で休む地域住民。青海チベット高原にはこのところ、「新型コロナウイルスによる肺炎」「赤外線体温測定器」「核酸検査」など新型肺炎に関連するチベット語の新たな専門用語200語以上が入ってきている。用語はラジオや動画、啓発ポスター、テレビ番組など様々な媒体を介し多くの家庭に伝えられた。中国チベット自治区のチベット語文工作委員会弁公室チベット語言文字規範処の益西桑布(イーシーサンブ)処長によると、新しく増えた専門用語は、疾病名、感染対策、政策措置、病理・症状、器具名称など7分野に及ぶ。チベットでのチベット語によるウイルス感染予防知識の普及のため、標準的な言い方を設定した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020031104657

    「新華社」 チベット自治区、さまざまな措置で新型肺炎の知識を普及  7日、ラサ市街地に掲げられた感染対策の啓発ポスター。青海チベット高原にはこのところ、「新型コロナウイルスによる肺炎」「赤外線体温測定器」「核酸検査」など新型肺炎に関連するチベット語の新たな専門用語200語以上が入ってきている。用語はラジオや動画、啓発ポスター、テレビ番組など様々な媒体を介し多くの家庭に伝えられた。中国チベット自治区のチベット語文工作委員会弁公室チベット語言文字規範処の益西桑布(イーシーサンブ)処長によると、新しく増えた専門用語は、疾病名、感染対策、政策措置、病理・症状、器具名称など7分野に及ぶ。チベットでのチベット語によるウイルス感染予防知識の普及のため、標準的な言い方を設定した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020031104684

    「新華社」 チベット自治区、さまざまな措置で新型肺炎の知識を普及  7日、ラサ市街地で新型肺炎の予防・抑制を呼びかける標語の前を通り過ぎる清掃員。青海チベット高原にはこのところ、「新型コロナウイルスによる肺炎」「赤外線体温測定器」「核酸検査」など新型肺炎に関連するチベット語の新たな専門用語200語以上が入ってきている。用語はラジオや動画、啓発ポスター、テレビ番組など様々な媒体を介し多くの家庭に伝えられた。中国チベット自治区のチベット語文工作委員会弁公室チベット語言文字規範処の益西桑布(イーシーサンブ)処長によると、新しく増えた専門用語は、疾病名、感染対策、政策措置、病理・症状、器具名称など7分野に及ぶ。チベットでのチベット語によるウイルス感染予防知識の普及のため、標準的な言い方を設定した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020030402578

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、伝統的なチベット式民家の背後にそびえる雪化粧した山々。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020030402602

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、降雪後の拉魯湿地で、湖の水面を泳ぐ鴨の群れ。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020030402641

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、ポタラ宮の背後にそびえる雪化粧した山々。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020030402590

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、降雪後の拉魯湿地で、湖の水面を泳ぐ鴨の群れ。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020030402612

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、伝統的なチベット式民家の背後にそびえる雪化粧した山々。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020030402643

    「新華社」 幻想的な銀世界に包まれて雪化粧のラサをゆく  27日、雪化粧したポタラ宮。中国チベット自治区ラサ市は27日、チベット暦の新年最初の雪を迎えた。雪化粧した山々に囲まれた同市には、幻想的な風景が広がっている。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020022603059

    「新華社」 チベット暦の正月を祝うチベット自治区  24日、ハダカムギでできた酒を味わう前の儀式を行うラサ市民。チベット暦の正月1日を迎えた24日、中国チベット自治区では各地で住民らが新年の到来を祝った。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、電話で新年のあいさつをし、外出や集まりを控え、それぞれの自宅で新年を祝うことが推奨された。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020030203660

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガン。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020030203672

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地で、水面を飛ぶ水鳥。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020030203621

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地を泳ぐアカツクシガモ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020030203643

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶマガモの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020030203585

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガンの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020030203631

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、一面に広がる拉魯湿地の風景。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020030203645

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、一面に広がる拉魯湿地の風景。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020022603038

    「新華社」 チベット暦の正月を祝うチベット自治区  24日、自宅でチベット族伝統の新年の料理を味わうラサ市民。チベット暦の正月1日を迎えた24日、中国チベット自治区では各地で住民らが新年の到来を祝った。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、電話で新年のあいさつをし、外出や集まりを控え、それぞれの自宅で新年を祝うことが推奨された。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020022603004

    「新華社」 チベット暦の正月を祝うチベット自治区  24日、チベット暦の正月1日を迎えたラサ市内。チベット暦の正月1日を迎えた24日、中国チベット自治区では各地で住民らが新年の到来を祝った。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、電話で新年のあいさつをし、外出や集まりを控え、それぞれの自宅で新年を祝うことが推奨された。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020030203640

    「新華社」 一足早い春の訪れ鳥たち舞う拉魯湿地チベット自治区  24日、拉魯湿地の上空を飛ぶインドガンの群れ。初春を迎えた中国チベット自治区ラサ市は気温が上がり、同市北西部に位置する拉魯湿地国家級自然保護区では氷雪が溶け、鳥たちが大空を舞う風景が見られた。標高3645メートル、湿地保護区の面積約13平方キロメートルの同保護区は、水源が豊かで環境が美しく、生態環境の改善に役立っていることから「ラサの肺」と称される。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020020704072

    「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市で、新型コロナウイルス肺炎患者の早期回復を願い薬師如来の仏画に金粉を塗るジョカン寺の僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020020704146

    「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市のジョカン寺で募金箱に寄付金を入れる僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020020704082

    「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市のガンデン寺で幸福祈願の法会を行う僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020020704103

    「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市のガンデン寺で募金箱に寄付金を入れる僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020020704142

    「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市のガンデン寺で幸福祈願の法会を行う僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020020300659

    「新華社」 一つの病院、一人の患者チベット自治区ラサ市  1日、チベット自治区第3人民病院で治療を受ける新型コロナウイルス肺炎患者。中国チベット自治区の第3人民医院は、ラサ市で新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に当たる専門病院に指定されている。チベットで唯一新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者は現在、同病院に入院している。第3人民医院の医療スタッフは151名。チベット族や漢族、回族、土(トゥ)族など多民族で構成されており、総員態勢で患者をケアし、治療プランに基づく積極的な治療を行っている。患者の容態は現在、体温や脈拍、血圧、呼吸数ともに安定している。濃厚接触者は隔離医学観察を受けている。チベット自治区では1月30日、ラサ市で同自治区初の新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認された。同患者は1月22日に武漢市の武昌を列車で出発し、24日にラサに到着していた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020020300608

    「新華社」 一つの病院、一人の患者チベット自治区ラサ市  1日、チベット自治区第3人民医院で患者の胸部レントゲンを見る医師。中国チベット自治区の第3人民医院は、ラサ市で新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に当たる専門病院に指定されている。チベットで唯一新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者は現在、同病院に入院している。第3人民医院の医療スタッフは151名。チベット族や漢族、回族、土(トゥ)族など多民族で構成されており、総員態勢で患者をケアし、治療プランに基づく積極的な治療を行っている。患者の容態は現在、体温や脈拍、血圧、呼吸数ともに安定している。濃厚接触者は隔離医学観察を受けている。チベット自治区では1月30日、ラサ市で同自治区初の新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認された。同患者は1月22日に武漢市の武昌を列車で出発し、24日にラサに到着していた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020020300682

    「新華社」 一つの病院、一人の患者チベット自治区ラサ市  1日、チベット自治区第3人民医院で患者の胸部レントゲンを見る医師。中国チベット自治区の第3人民医院は、ラサ市で新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に当たる専門病院に指定されている。チベットで唯一新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者は現在、同病院に入院している。第3人民医院の医療スタッフは151名。チベット族や漢族、回族、土(トゥ)族など多民族で構成されており、総員態勢で患者をケアし、治療プランに基づく積極的な治療を行っている。患者の容態は現在、体温や脈拍、血圧、呼吸数ともに安定している。濃厚接触者は隔離医学観察を受けている。チベット自治区では1月30日、ラサ市で同自治区初の新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認された。同患者は1月22日に武漢市の武昌を列車で出発し、24日にラサに到着していた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020020300566

    「新華社」 一つの病院、一人の患者チベット自治区ラサ市  1日、チベット自治区第3人民病院で治療を受ける新型コロナウイルス肺炎患者。中国チベット自治区の第3人民医院は、ラサ市で新型コロナウイルスによる肺炎患者の治療に当たる専門病院に指定されている。チベットで唯一新型コロナウイルスによる肺炎と診断された患者は現在、同病院に入院している。第3人民医院の医療スタッフは151名。チベット族や漢族、回族、土(トゥ)族など多民族で構成されており、総員態勢で患者をケアし、治療プランに基づく積極的な治療を行っている。患者の容態は現在、体温や脈拍、血圧、呼吸数ともに安定している。濃厚接触者は隔離医学観察を受けている。チベット自治区では1月30日、ラサ市で同自治区初の新型コロナウイルスによる肺炎患者が確認された。同患者は1月22日に武漢市の武昌を列車で出発し、24日にラサに到着していた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020010700402

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のオグロヅル自然保護区の上空を舞うオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020010700355

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェ(卡孜)貯水池付近のオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020010700387

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェ(卡孜)貯水池付近のオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020010700319

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のオグロヅル自然保護区の上空を舞うオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020010700382

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェ(卡孜)貯水池付近のオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020010700380

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェ(卡孜)貯水池の上空を舞うオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020010700358

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のオグロヅル自然保護区の上空を舞うオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020010700412

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のオグロヅル自然保護区の上空を舞うオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020010700289

    「新華社」 ラサの空を舞うオグロヅルチベット自治区  5日、ラサ市ルンドゥプ県のカルツェ(卡孜)貯水池付近のオグロヅル。冬を迎え、中国チベット自治区ラサ市のタクツェ(達孜)区とルンドゥプ(林周)県には、多くのオグロヅルが越冬や採食のため飛来している。空を優雅に舞うオグロヅルの姿に、訪れた人々は見入っていた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019122401297

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)の屋根の上でランプに火を灯す僧侶。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019122401375

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)の屋根の上でラッパを吹く僧侶。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019122401417

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)で仏教行事を行い、酥油花(バター細工)をまつる僧侶。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019122401407

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)の屋根の上でランプに火を灯す僧侶。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019122401423

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)で「燃灯節」の法会に臨む僧侶。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019122401425

    「新華社」 チベット仏教の信者が厳かに迎える年に1度の「燃灯節」  21日、チベット自治区ラサ市にあるジョカン寺(大昭寺)の屋根の上でランプに火を灯す信者。チベット暦10月25日に当たる12月21日は、チベット仏教四大宗派の1つ、ゲルク派の創始者・ツォンカパの円寂を記念する、年に1度の「燃灯節」。ゲルク派の寺院ではこの日、信者らが昼夜を問わず酥油灯(牛や羊の乳を煮詰めて作った油を流し込んだランプ)を灯し続けた。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像