検索結果 29 件中 1 件 〜 29 件 "レッドデータブック"
  1. 2019052903106

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞う3羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019052903167

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  5月4日、漢江湿地公園の水辺で戯れるブロンズトキ。中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019052903012

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れる2羽のブロンズトキ。(5月4日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019052903146

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月30日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019052903033

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園で水と戯れるブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019052903144

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019052903114

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園のブロンズトキとコサギ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/鄭青)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019052903166

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園の水辺を飛ぶブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信/王平)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019052903067

    水辺に舞うブロンズトキ陝西省漢中市  漢江湿地公園を舞うブロンズトキ。(4月29日撮影)中国陝西省漢中市の漢江湿地公園でこのほど、希少鳥類として知られるブロンズトキの姿が確認された。濂(れん)水河と漢江の合流地点で見つかったという。ブロンズトキは、やや大きめの渉禽類(しょうきんるい、水辺を歩き回って採食する鳥)で、体は深い栗色で光沢を帯びている。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長年観測されなかったことから「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」で一度は絶滅が宣言されていた。ブロンズトキの中国での生息数はトキよりもさらに少ない。(漢中=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019031401079

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019031400979

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  12. 2019031401032

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019031401074

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019031400972

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019031401082

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019031401078

    シンガポールの森林に希少動物のマメジカ現る  シンガポール中部の森の中で11日、餌を探すマメジカが現れた。マメジカは世界最小の偶蹄類動物で、体はウサギほどの大きさしかない。現存種の反芻(はんすう)有蹄類動物では最も古く原始的な種の一つとされ、重要な科学研究の価値を備えており、すでに国際自然保護連合(IUCN)の絶滅の恐れのある種のレッドリストと中国絶滅危惧動物レッドデータブックに掲載されている。(シンガポール=新華社配信/鄧智煒)=2019(平成31)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019022600815

    庄原 セツブンソウ見頃  春告げる白  かれんに咲くセツブンソウ=庄原市総領町下領家。庄原市総領町地区で、春の訪れを告げるセツブンソウが見頃を迎えた。一帯は全国有数の自生地として知られ、小ぶりでかれんな花を一目見ようと連日多くの観光客らでにぎわっている。セツブンソウは環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されているキンポウゲ科の多年草。現在、一般公開される自生地7カ所のうち、4カ所が公開されている。=2019(平成31)年2月14日、広島県庄原市総領町下領家、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  18. 2018061300675

    モリアオガエル 産卵期迎える  泡状の卵塊を作りながら産卵するモリアオガエル。命育む神秘の泡―。真庭市の蒜山地域でモリアオガエルが産卵期を迎えた。メスの背中に一回り小さい数匹のオスが抱きつき、乳白色の泡状の卵塊を作っている。産卵は深夜や未明に行われ、今月中旬まで続くという。モリアオガエルは岡山県版レッドデータブックで絶滅危惧2類に指定されている。県内では中北部の山林に生息し、池などの水面に張り出した木の枝先などに直径15センチ程度の卵塊を作る。=2018(平成30)年6月8日、岡山県真庭市蒜山下和、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  19. 2018060500737

    クマタカ 撮影に成功  雄々しく空を舞うクマタカ。新見市の中国山地で3日、希少な猛禽(もうきん)類「クマタカ」の撮影に成功した。クマタカは環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている大型の猛禽。イヌワシなどとともに食物連鎖の頂点に君臨する。ノウサギやヤマドリ、ヘビなどを獲物とし、岡山県内では主に中北部の山林に生息する。=2018(平成30)年6月3日、岡山県新見市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  20. 2012091800177

    レッドデータブック  レッドデータブック 「今どき異国語講座」(77)「レッドデータブック」

  21. 2010063000508

    ウケユリ・資料 幻の花ウケユリ  環境省のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている幻の花「ウケユリ」=6月30日午後4時ごろ、鹿児島県・奄美大島の大和村

  22. 2010063000507

    ウケユリ・資料 幻の花ウケユリ  環境省のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている幻の花「ウケユリ」=6月30日午後4時ごろ、鹿児島県・奄美大島の大和村

  23. 2004062900174

    クマゲラの子すくすく 餌運ぶクマゲラの親 「ドドドッドドドドー」…。北海道朝日町の森には、クマゲラが木をつつくドラミングの音があちこちから響く。枯れたトドマツの10メートルほどの高さにある巣穴から2羽のヒナが顔を出している。突然ヒナが激しく鳴きだすと、親鳥が飛んできて餌をやり始めた。国の天然記念物のクマゲラは環境省のレッドデータブックで絶滅の危険が増大している種に指定されている。北海道でも、ドラミングが聞こえても姿を見ることは少なくなってきた。このヒナたちは、既に親に近いほど大きく育ち、間もなく巣立ちの季節を迎える。(文と写真・田村允人氏)  【 】 

  24. 2002073100001

    鳥取県がレッドブック作成 レッドデータブック  鳥取県内に生息する絶滅の恐れのある野生動植物をまとめた「レッドデータブックとっとり」 【】 

  25. 2001060100117

    野鳥の12%に絶滅の恐れ レッドデータブック  アジア版鳥類レッドデータブック  

  26. 1997051000004

    予定地にタガメ生息 産廃処分場建設予定地  レッドデータブックに危急種として掲載されているタガメが生息する産業廃棄物処分場建設予定地=岐阜県御嵩町小和沢  

  27. 1996042200104

    重要植物群落152件壊滅 レッドデータ・ブック  日本自然保護協会などが作成した「植物群落レッドデータ・ブック」(カラーネガ)

  28. 1995081900022

    自然データブックを出版 )、企画24S、21日付朝刊以降使用  「三重自然誌の会」が出版した「自然のレッドデータブック・三重」 「列島・北から南から」(中部)

  29. 1994061700056

    絶滅危機の動植物を選定 サクラソウ  「広島県版レッドデータブック」に選定されたサクラソウ 平6国内 7455

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像