検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "ワンツーフィニッシュ"
  1. 2019120201122

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  3日、試合中の野中生萌。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019120201119

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  3日、表彰台で記念撮影するコンバインド女子で上位3位に入賞した選手と関係者。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  3. 2019120201125

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019120201131

    「新華社」 スポーツクライミング・チャイナオープン複合で日本人選手がアベック優勝  2日、試合中の土肥圭太。中国広東省広州市の広州大学城スポーツセンターで開催されていたスポーツクライミングのチャイナオープン2019が3日、閉幕した。日本人選手が男女でコンバインド(複合)の優勝を独占し総合的な実力を発揮した。中国登山協会が明らかにした。4日間の競技の結果、男子は日本の「2000年代生まれ」土肥圭太が優勝した。準優勝はロシアのニコライ・イアリロヴィッツ、3位はカナダのショーン・マッコールだった。女子は日本の野中生萌、伊藤ふたばがワンツーフィニッシュを飾り、韓国のソ・チェヒョンが3位となった。中国の鍾斉鑫(しょう・せいきん)は男子で5位だった。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:広州大学城体育中心/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091500063

    パラ競泳世界選手権第6日  男子100㍍バタフライ(視覚障害S11)決勝 日本勢のワンツーフィニッシュとなり、2位の富田宇宙(左)とともに喜ぶ優勝の木村敬一=ロンドン(共同)

  6. 2017081200096

    「世界陸上第8日」 女子3000㍍障害  女子3000㍍障害決勝でワンツーフィニッシュを果たし、喜ぶ米国のエマ・コバーン(右)とコートニー・フレリクス=ロンドン(共同)

  7. 2017022000777

    「札幌冬季アジア大会第2日」 ショートトラック女子  女子1500㍍決勝 ワンツーフィニッシュで優勝した韓国勢のチェ・ミンジョン(手前)と2位の沈錫希(右)=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

  8. 2013051600377

    最高峰に戻るホンダ  1988年10月、F1日本GPでワンツーフィニッシュを決めたマクラーレン・ホンダのセナ(手前)とプロスト=鈴鹿サーキット

  9. 2010022100263

    「バンクーバー五輪」「前半戦メダル分布」 米国に勢い、韓国躍進  女子滑降を制した米国のリンゼイ・ボン(右)と2位のジュリア・マンクーゾ=17日、ウィスラー(ロイター=共同)

  10. 2007091600188

    【】  F1ベルギーGP決勝 F1ベルギーGPでワンツーフィニッシュを決めたライコネン(奥)とマッサ(ロイター=共同)

  11. 2005062000004

    【】  M・シューが今季初優勝 自動車F1シリーズ、米国GPでワンツーフィニッシュを決めたフェラーリのM・シューマッハー(手前)とバリチェロのマシン(ロイター=共同)(バリケロ)

  12. 2002091500116

    「ハイライト」【】  今季7度目の1、2位独占  ワンツー・フィニッシュを決め、ともに喜ぶルーベンス・バリチェロ(左)とミヒャエル・シューマッハー(ロイター=共同)(バリケロ)

  13. 2002051500110

     S版「写真特集」【】  完全燃焼した10年  双子の弟、次晴(中)と挑んだ長野五輪の個人戦。W杯ではかつてワンツーフィニッシュはあったが、このときは健司が4位で、次晴は6位。健司は今年のソルトレークシティー五輪を含めて4度の五輪で、個人のメダルを取ることがなかった

  14. 1994101000030

    広島アジア大会 456 「アジア大会第9日」 男子1万メートル決勝  男子1万メートル決勝 ワンツーフィニッシュし、肩を組んで喜ぶ1位の高岡寿成(右)と2位の平塚潤=広域公園陸上競技場

  15. 1994012300021

    運動 46553 W杯スケート最終日  男子500メートル ワン、ツーフィニッシュを決め、万歳で声援にこたえる宮部保範(右)と堀井学=米ウエストアリスのプチナショナル・アイスセンター(共同)(ワールドカップ)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像