検索結果 435 件中 1 件 〜 50 件 "一人当たり"
  1. 2020052701291

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  14日、ジムサル県小分子村の自宅で絵を描く住民。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701306

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日に撮影したジムサル県小分子村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701310

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村の彫刻美術館を見学する観光客。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701300

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、羊小屋を改造したバーで忙しく立ち働く村民の李文芬(り・ぶんふん)さん。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052701251

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、芸術的な雰囲気のある民宿で、掃除をして宿泊客の到着を待つオーナー。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701290

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村で画家のアトリエを見学する観光客。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052701248

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、ジムサル県小分子村で写生をする地元新疆の画家。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701252

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、友人と絵画制作について語り合う新疆の画家、蔡永生(さい・えいせい)さん(右)。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052701299

    天山山脈の麓に広がる「画家の村」新疆ウイグル自治区  13日、写生をするためジムサル県小分子村を訪れた地元新疆の画家ら。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県新地郷の小分子村は標高1400メートルに位置し、過去十数年にわたり「山の峰と雲や霧、奇岩、流水」が形作る独特のたたずまいが多くの芸術家を引きつけ、創作の場となってきたことから、次第に「画家の村」として知られるようにになった。地元政府はここ数年、相次いで7600万元(1元=約15円)以上を投じて農村の居住環境を改善、特色ある農村文化産業を発展させてきた。村では生活環境やインフラが絶えず改善され、新設された展望台やギャラリー遊歩道、彫刻美術館が素朴な土地のあちこちに美しい彩りを添え、毎年延べ数千人が絵画の題材を求めて訪れている。地元では農村観光業の育成にも力を入れており、新たに生態農場4カ所、農家楽(アグリツーリズム)施設26軒、民宿15軒を建設。農家の収入を増やし、芸術による貧困脱却支援を実現した。村内には500戸余りの農家が暮らしており、現在の1人当たりの純収入は1万7千元に達している。(ジムサル=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601884

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県永安鎮にある「中国西部茶海之心」風景区。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052602013

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県永安鎮にある「中国西部茶海之心」風景区。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601876

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村の茶葉加工場で、摘みたての茶葉の残留農薬検査をする従業員。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601886

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村の茶葉加工場で作業する従業員。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052602046

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村で茶を摘む村民。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050107227

    新型コロナ、緊急事態宣言 補償を求めるデモ隊  1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、給付金の増額や休業補償を求めるデモが横浜市内で行われた。介助士や学生、フリーランスで働く人など約20人がSNSを通じて参加。継続的な経済支援に加え、医療や福祉、小売業などテレワークできない人たちへの補償を呼び掛けていた=1日午後

  16. 2020050107225

    新型コロナ、緊急事態宣言 気勢上げるデモ隊  1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、給付金の増額や休業補償を求めるデモが横浜市内で行われた。介助士や学生、フリーランスで働く人など約20人がSNSを通じて参加。継続的な経済支援に加え、医療や福祉、小売業などテレワークできない人たちへの補償を呼び掛けていた=1日午後

  17. 2020042709491

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042709511

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042709585

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042709569

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042709493

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042709586

    地元の縫製工場が貧困脱却・増収を後押し湖南省湘西  23日、湖南十八洞幸安祺服飾の工場で、迷彩服の生産を急ぐ従業員。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣(かえん)県竜潭鎮にある湖南十八洞幸安祺服飾は、貧困脱却支援工場で、同鎮を含む周辺5郷・鎮の住民に雇用の機会を提供している。現在、工場で働いている78人の従業員のうち、35人が貧困世帯に登録されており、従業員1人当たりの平均月収は約2800元(1元=約15円)となっている。(湘西=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040800661

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、観光客の目に留まるよう完成した竹工芸品をドアの外に掛ける村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040800626

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、完成した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040800690

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042003126

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、ミールワーム養殖工場でさなぎの選別をする従業員。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042003040

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、トレーの中のミールワームを見せる従業員。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042003027

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、ミールワーム乾燥装置の電子ディスプレー。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040800623

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、完成した竹工芸品を車に載せ、周辺地域へ運んで販売する村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020040800681

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、竹を細く割り、制作に必要な材料を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020040800689

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村の村民が制作した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042003043

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、ミールワーム製品の実験室。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042003050

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、乾燥させたミールワームを仕分ける従業員。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042003071

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、梱包された輸出用乾燥ミールワームを、天津港に向かうトラックに積み込む従業員。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042003072

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、乾燥されたミールワーム。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042002970

    「昆虫食」の輸出好調、農村の貧困脱却を後押し山西省大同市  1日、乾燥される前のミールワームを仕分ける従業員。ミールワームは中国で「面包虫(パン虫)」と呼ばれている。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含むことから、ここ数年は韓国や日本、欧米などの消費者の間で食品、食品原料として注目を集めている。山西省大同市の企業、大同海発生物科技が生産する飼料用、食用ミールワームは韓国や米国、オランダなどへ輸出されており、昨年11月から現在までの輸出量は累計300トンに達した。同社は、地元の貧困脱却を農業分野で支援する役割も担っている。貧困世帯から従業員として300人を受け入れ、1人当たり年平均1万5千元(1元=約15円)余りの増収を実現させた。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040800642

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020040800627

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村で竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020040302590

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、茶葉の水分を取り除く作業「萎凋(いちょう)」の作業場で、茶葉の状態をチェックする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040302581

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、白茶を炭火で焙煎する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040302573

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020040302623

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、弟子の夏孝同(か・こうどう)さん(左端)に茶葉の炭火焙煎のやり方を教える福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(奥中央)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020040302670

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、白茶の日陰干し作業をする茶の輸出入業者「福建福鼎東南白茶進出口(輸出入)」の従業員。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020040302631

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、従業員に製茶の技術を指導する福建省福鼎市の無形文化遺産「白茶の伝統制作技術」の伝承者、張鄭庫(ちょう・ていこ)さん(左端)。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020040302676

    茶摘みの季節到来白茶の生産に追われる業者福建省  3月28日、福鼎市貫嶺鎮西山村の東南白茶有機茶基地で、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」を摘む茶農家。中国福建省福鼎市は3月以降、茶摘みの最盛期を迎えている。同市の茶農家は春の新茶の摘み取り作業に追われ、茶業社も続々と生産・操業を再開し、その年の一番摘みの白茶「頭春白茶」の生産・加工に全力で取り組んでいる。同市の2019年の茶葉総生産量は2万9200トンで、そのうち白茶の生産量は2万3300トンを占め、茶関連産業の総産出額は106億5千万元(1元=約15円)だった。また、同年の茶葉の販売収入は、同市の農家1人当たり収入の半分以上を占めていたという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052300824

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052300840

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052300847

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052300894

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052300804

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  自宅前で花に水をやる小巴旺村のチベット族住民。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像