検索結果 411 件中 1 件 〜 50 件 "一般開放"
  1. 2020080507748

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  1日、一般開放を再開した上海辰山植物園。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  2. 2020080303147

    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県  28日、修復を終えた慶雲泰山行宮。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303291

    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県  28日、修復を終えた鈴鐺閣(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303181

    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県  28日、修復を終えた慶雲泰山行宮(一部)。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303200

    明代創建の慶雲泰山行宮が修復完了、一般公開へ河北省塩山県  28日、修復を終えた鈴鐺閣。中国河北省滄州(そうしゅう)市塩山県の文化部門は、同県慶雲鎮にある明代の建築物群「慶雲泰山行宮」と主要付属建築「鈴鐺(れいとう)閣」の修復作業が28日に完了したと明らかにした。8月から一般開放されるという。(滄州=新華社配信)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072703928

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「発見の旅」展示ホール。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072703897

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで海洋生物の標本を見学する来場者。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072703866

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで標本を見学する親子連れ。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072703860

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「出航から航行へ」展示ホール。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072703857

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の一角。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072703924

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールを見学する来場者。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072703816

    国家海洋博物館、一般開放を再開天津市  14日、国家海洋博物館の「今日海洋」展示ホールで標本を見学する子ども。中国天津市浜海新区にある国家海洋博物館が14日、一般開放を再開した。来館者数を1日5千人までに制限し、入場には事前のオンライン予約が必要となる。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072703899

    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる  12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合前にウォーミングアップをする選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072703908

    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる  12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072703839

    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる  12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072703856

    天津市の「中国式摔跤」競技場が営業再開ファン盛り上がる  12日、天津市紅橋区にある「中国式摔跤」の競技場で、試合に臨む選手。屋外競技場の営業が徐々に再開されるに伴い、中国天津市紅橋区にある「中国式摔跤(シュアイジャオ)」の競技場がこのほど、一般開放を再開し、大勢のファンが観戦に訪れた。中国式摔跤は長い歴史を持つ中国の伝統的な格闘技で、北京市、天津市、河北省などに多くの愛好者がいるという。(天津=新華社記者/王暉)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204793

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204804

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204758

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204800

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204714

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204755

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204919

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062204763

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062204865

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062204948

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、絹織物の技法を子どもたちに紹介する王一士さん(左端)と妻の計金妹さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062204928

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市の輯里シルク博物館で、シルクの布団づくりに使う素材を干す王一士さん(奥左)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん(奥右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062204981

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、シルク製品の所蔵品の保護に関する説明を聞く王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062204984

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市輯里村で、村の人たちと桑の木を剪定(せんてい)する王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062204909

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、輯里シルク博物館で、1851年の「第1回ロンドン万国博覧会」で「輯里湖絲」が金賞を受賞した際に贈られたメダルを見せる王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062204907

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト、蚕糸絹織技法の伝承者、顧明琪(こ・めいき)さん(左端)から絹織り技術に関する説明を聞く王一士さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062205035

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、所蔵品の絹糸を整理する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061102942

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  緑豊かな五台山の景色。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/焦瑾琦)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060409915

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日に撮影したノートルダム大聖堂。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060409818

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日、ノートルダム大聖堂前の広場を自転車で走る男性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060409904

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日、ノートルダム大聖堂前の広場を見学する人たち。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060409841

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日、ノートルダム大聖堂前の広場に咲き誇る花々。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060409810

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日、ノートルダム大聖堂前の広場を自転車で走る女性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060409879

    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放  2日、ノートルダム大聖堂前の広場を散策する女性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020061102913

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  五台山・羅睺寺(らごうじ)の大雄宝殿。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/佟京城)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061102968

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  五台山・南山寺の石牌楼。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/佟京城)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061102967

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  五台山・竜泉寺の石牌楼。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/焦瑾琦)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061102884

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  五台山・南山寺の石獅子。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/佟京城)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061102877

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  空から見た五台山の寺院群。(小型無人機から、資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/劉永平)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020061102899

    五台山風景名勝区、寺院の一般開放を再開山西省  五台山・南山寺の石刻。(資料写真)中国山西省北部に位置する五台山風景名勝区の管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響により一時非公開となっていた風景区内の寺院は3日に一般開放を再開した。時間は毎日午前8時から午後6時まで。(太原=新華社配信/佟京城)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052103370

    広島、スタンドに観客 観客席のファン  一般開放されたマツダスタジアムの観客席で広島の練習を見学するファン=21日、広島市

  47. 2020052103368

    広島、スタンドに観客 自撮りする親子連れ  一般開放されたマツダスタジアムで自撮りする親子連れ=21日、広島市

  48. 2020052103366

    広島、スタンドに観客 練習を見学するファン  一般開放されたマツダスタジアムで広島の練習を見学するファン=21日、広島市

  49. 2020052701333

    感染症流行がもたらした思考北京市で現代美術展が開幕  20日、「緊急時の沈思黙考」のメディア内覧会で、作品を撮影する来場者。中国北京市の798芸術区にあるユーレンス現代美術センター(UCCA)で21日、「緊急時の沈思黙考」と題した展覧会が開幕した。同展は新型コロナウイルス感染症の影響で一時休館していた同センターが一般開放再開後に初めて開催する展覧会で、今回の感染症流行が引き起こした突発的公衆衛生事件をテーマにしている。芸術家26人の作品を通して、感染症流行下の現実に焦点を当て、「危機の中での芸術とは何か」を鑑賞者に問いかける。会期は8月30日まで。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052602141

    感染症流行がもたらした思考北京市で現代美術展が開幕  20日、「緊急時の沈思黙考」のメディア内覧会で、作品を鑑賞する来場者。中国北京市の798芸術区にあるユーレンス現代美術センター(UCCA)で21日、「緊急時の沈思黙考」と題した展覧会が開幕した。同展は新型コロナウイルス感染症の影響で一時休館していた同センターが一般開放再開後に初めて開催する展覧会で、今回の感染症流行が引き起こした突発的公衆衛生事件をテーマにしている。芸術家26人の作品を通して、感染症流行下の現実に焦点を当て、「危機の中での芸術とは何か」を鑑賞者に問いかける。会期は8月30日まで。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像