検索結果 669 件中 1 件 〜 50 件 "上野公園"
  1. 2020052602919

    緊急事態宣言解除 上野公園の看板  美術館などの臨時休館を知らせる看板=26日午後、東京・上野公園

  2. 2020051402714

    官製談合容疑で市議再逮捕 総合体育館  奈良県五條市上野公園総合体育館

  3. 2020040302461

    新型コロナ、感染拡大 閑散とする上野の桜並木  新型コロナウイルス感染拡大防止のため通行止めが続く東京・上野公園の桜並木通り。満開の時期も過ぎ葉桜になりつつある=3日午後

  4. 2020040302459

    新型コロナ、感染拡大 閑散とする上野の桜とハト  新型コロナウイルス感染拡大防止のため通行止めが続く東京・上野公園の桜並木通り。満開の時期も過ぎ葉桜になりつつある=3日午後

  5. 2020040302200

    新型コロナ、感染拡大 閑散とする上野の桜並木  新型コロナウイルス感染拡大防止のため通行止めが続く東京・上野公園の桜並木通り。満開の時期も過ぎ葉桜になりつつある=3日午後

  6. 2020033001575

    新型コロナ、感染拡大 東京・上野公園  人影がまばらな東京・上野公園=30日午後

  7. 2020033001569

    新型コロナ、感染拡大 上野公園の桜  人影がまばらな東京・上野公園=30日午後

  8. 2020032900126

    関東甲信、花冷えの雪 上野公園の桜並木  雪が舞う東京・上野公園の桜並木。新型コロナウイルス対策で通行が規制されている=29日午前

  9. 2020032900124

    関東甲信、花冷えの雪 雪が積もった桜  雪が積もった東京・上野公園の桜=29日午後

  10. 2020032900120

    関東甲信、花冷えの雪 舞う雪と桜  雪が積もった東京・上野公園の桜=29日午後

  11. 2020032800861

    外出自粛、生活影響じわり 上野公園の桜通り  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通行止めになった東京・上野公園の桜並木の通り=28日午後

  12. 2020032800813

    外出自粛、生活影響じわり 上野公園  桜の名所として花見客でにぎわう東京・上野公園(左、2016年4月)だが、新型コロナウイルス対策で通行が規制され閑散としていた=28日午前11時30分(共同通信社ヘリから)

  13. 2020032800582

    首都厳戒、外出自粛開始 東京・上野公園の通り  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めの東京・上野公園の桜の並木道=28日午前11時31分、東京都台東区(共同通信社ヘリから)

  14. 2020032800568

    首都厳戒、外出自粛開始 上野公園の桜並木  前日は花見客でにぎわった東京・上野公園の桜の並木道(上)も新型コロナウイルス対策で通行が規制され、人けがなくなっていた=28日午前

  15. 2020032800543

    首都厳戒、外出自粛開始 花見客のいない上野公園  前日は花見客でにぎわった東京・上野公園の桜の並木道(上)も新型コロナウイルス対策で通行が規制され、人けがなくなっていた=28日午前

  16. 2020032702185

    上野など公園の通路閉鎖 規制線の外に出る女性ら  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めになり、規制線の外に出る東京・上野公園の花見客=27日午後

  17. 2020032702182

    上野など公園の通路閉鎖 立ち入り禁止にする関係者  新型コロナウイルス対策で東京・上野公園の一部通路が通行止めになり、立ち入り禁止のテープを張る関係者=27日午後

  18. 2020032702177

    上野など公園の通路閉鎖 桜の写真を撮る女性  新型コロナウイルス対策で東京・上野公園の一部通路が通行止めになり、規制線の外から桜の写真を撮る女性=27日午後

  19. 2020032702175

    上野など公園の通路閉鎖 作業する関係者  新型コロナウイルス対策で東京・上野公園の一部通路が通行止めになり、立ち入り禁止のテープを張る関係者=27日午後

  20. 2020032702033

    上野など公園の通路閉鎖 規制線の外に出る花見客  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めになり、規制線の外に出る東京・上野公園の花見客=27日午後

  21. 2020032702028

    上野など公園の通路閉鎖 規制線の外の花見客  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めになり、規制線の外から桜を眺める東京・上野公園の花見客=27日午後

  22. 2020032701982

    上野など公園の通路閉鎖 人影なくなった桜通り  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めになり、人影がなくなった東京・上野公園の桜通り=27日午後

  23. 2020032701980

    上野など公園の通路閉鎖 人影がなくなった桜通り  新型コロナウイルス対策で一部通路が通行止めになり、人影がなくなった東京・上野公園の桜通り=27日午後

  24. 2020032100379

    「やっぱり桜見たい」 大勢の花見客  東京・上野公園で桜を楽しむ大勢の花見客=21日午後

  25. 2020032100357

    「やっぱり桜見たい」 上野公園の桜  東京・上野公園で桜を楽しむ花見客=21日午後

  26. 2020032100354

    「やっぱり桜見たい」 マスク姿の花見客  東京・上野公園で桜を楽しむマスク姿の花見客=21日午後

  27. 2020032100353

    「やっぱり桜見たい」 上野公園の花見客  東京・上野公園で桜を楽しむマスク姿の花見客=21日午後

  28. 2020031500214

    新型コロナ、感染拡大 サクラの前を通る人たち  東京・上野公園で咲くサクラの前を通るマスク姿の人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  29. 2020031500213

    新型コロナ、感染拡大 行き交うマスク姿の人たち  東京・上野公園で咲くサクラの前をマスク姿で行き交う人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  30. 2020031500212

    新型コロナ、感染拡大 マスク姿で撮影する人たち  東京・上野公園に咲くサクラを撮影するマスク姿の人たち。江東区から散歩に訪れた70代の夫婦は「宴会自粛はさみしいけど、しょうがない。(新型コロナウイルスの感染拡大が)早く収まってくれれば」と声をそろえた=15日午後

  31. 2020030700540

    春の風物詩に〝待った〟 看板が出た上野公園  花見に際した宴席区画の設置中止の看板が掲げられた東京・上野公園=7日午後

  32. 2020030404019

    上野の花見、今年はやめて 桜を楽しむ花見客  東京都台東区の上野公園で、桜を楽しむ花見客=2018年3月

  33. 2019120300688

    全国各地でクリーン作戦 東京クリーン大作戦   約5000人が参加し、東京・上野公園一帯で繰り広げられた東京クリーン大作戦=1989(平成元)年6月4日午前11時 元年国内 7573

  34. 2019112800986

    憲法記念日、各地で行事 社会党の土井たか子委員長   街頭に立ち、憲法擁護を訴える社会党の土井たか子委員長(右から2人目)=1989(平成元)年5月3日午前10時20分、東京・上野公園入り口 元年国内 5771

  35. 2019112102936

    陛下迎え学士院賞授賞式    恩賜賞、日本学士院賞を受賞した日沼頼夫・京大名誉教授(右)から研究内容の説明を受けられる天皇陛下=1989(平成元)年6月12日、東京・上野公園の日本学士院会館 元年国内 7952

  36. 2019112102935

    陛下迎え学士院賞授賞式    天皇陛下をお迎えし、日本学士院の脇村義太郎院長から恩賜賞、日本学士院賞を受賞する佐伯富・京大名誉教授=1989(平成元)年6月12日、東京・上野公園の日本学士院会館 元年国内 7951

  37. 2019110300313

    戦後くらし展 雑4919−10  戦後くらし展が開催され、展示された鉄カブトを加工した鍋など=1981(昭和56)年2月20日、東京都台東区上野公園の下町風俗資料館

  38. 2019110300312

    戦後くらし展 雑4919−6  戦後くらし展が開催され、展示された空襲に備える防災服やずきん=1981(昭和56)年2月20日、東京都台東区上野公園の下町風俗資料館

  39. 2019110300311

    戦後くらし展 雑4919−3  戦後くらし展が開催された下町風俗資料館=1981(昭和56)年2月20日、東京都台東区上野公園

  40. 2019110300208

    "はかる"文化と科学のあゆみ展 雑4906−15  "はかる"文化と科学のあゆみ展に展示された升。左が伊賀升、右が京升=1981(昭和56)年5月7日、東京都台東区上野公園の国立科学博物館

  41. 2019110300207

    "はかる"文化と科学のあゆみ展 雑4906−2  "はかる"文化と科学のあゆみ展で、体重計にのる子どもたち=1981(昭和56)年5月7日、東京都台東区上野公園野国立科学博物館

  42. 2019091700806

    スペイン国王夫妻、絵画展へ    スペイン絵画展を訪れたファン・カルロス1世スペイン国王とソフィア王妃。左の絵画はベラスケス作の「マルガリータ王女」=1980(昭和55)年10月29日、東京・上野公園の東京国立博物館東洋館(55年内地9794) 人物 19454

  43. 2019091204991

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の一角。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019091204985

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の入り口。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019091204993

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある和泉屋養鯉場の野池で、自社ブランドの錦鯉「山吹黄金」に餌を与える同社の間野泉一社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019091204977

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で、錦鯉を眺める来場者。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019091204988

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019091204983

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。錦鯉は周りの環境に合わせて成長する特性をもっている。庭の池はもちろん、まだ小さい錦鯉なら室内の水槽でも飼うことができる。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019091204984

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、錦鯉の成長をチェックする同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019091204997

    「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、成長をチェックするため錦鯉を網ですくい上げる同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像