検索結果 29 件中 1 件 〜 29 件 "世界初公開作品"
  1. 2020010602318

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602510

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月25日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020010602616

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020010602570

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010602487

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010602368

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010602588

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010602599

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」で撮影する来場者。(2019年12月22日撮影)中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019040500832

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、メキシコの芸術家による顔認識をテーマとした作品。機械で来場者の顔を読み取り、顔画像データベースの中の最も似た顔と照合する。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019040500857

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、出品作品「黒経」を設置する芸術家の鄧玉峰(とう・ぎょくほう)氏。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019040500874

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、出品作品「黒経」を設置する芸術家の鄧玉峰(とう・ぎょくほう)氏。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019040500761

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、展示エリアを撮影する来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019040500731

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、ネットアート作品を撮影する来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019040500772

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、展示されたアニッシュ・カプーアの作品「双眩」。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019040500791

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、芸術展会場でブルック・アンドリューの作品を鑑賞する来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019040500871

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、芸術展会場でブルック・アンドリューのインスタレーション作品を鑑賞する来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019040500727

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、香りをテーマとした展示作品に鼻を近づける来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019040500703

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、眼球の動きを再現する芸術装置「セーフハウス」。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019040500704

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、ペルーの芸術家の作品、インタラクティブ映像装置を鑑賞する人々。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019040500854

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、展示作品を鑑賞する来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019040500851

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、展示作品を鑑賞するスイスの芸術家。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019040500802

    「新華社」 23カ国の芸術家、千年の歴史を持つ古鎮の芸術展に集結  3月31日、香りをテーマとした展示作品に鼻を近づける来場者。中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏(う)鎮で3月31日、「時が始まった」をテーマとした「2019烏鎮当代芸術招待展」が一般公開された。会期は6月30日まで。同展は世界の23の国や地域から60人(組)の芸術家を招き、合計90点(組)の作品を展示している。展示品にはインスタレーション、映像、パフォーマンス、絵画など一般的なアートだけでなく、音声、香り、ライト、インタラクション、オンラインアートなど模索中の形式のものも含まれている。同展はテーマ展と青年ブロックの2つの部分で構成されている。テーマ展には「この時この場所で」「振動する振り子」「とても近く、とても遠い」の3つのブロックがあり、「未来との距離」と題した青年ブロックが今回初めて設けられた。様々な形式の展示作品には35の世界初公開作品を含み、そのうち30作品は今回の展覧会のテーマ、または開催地の人的・文化的環境に合わせて制作された。(桐郷=新華社配信/殷暁聖)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018062900542

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、美術館の展示作品「花の森、埋もれ失いそして生まれる」。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=橋口いずみ)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018062900543

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、手をかざすと色が変化する作品「呼応するランプの森-ワンストローク」を体験する来場者。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=新華社記者/銭崢)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018062900548

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、手をかざすと色が変化する作品「呼応するランプの森-ワンストローク」を体験する来場者。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=新華社記者/馬崢)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018062900553

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、美術館の展示作品「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=橋口いずみ)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018062900576

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、美術館の展示作品「光の森の3Dボルダリング」で遊ぶ子どもたち。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=橋口いずみ)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018062900541

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、美術館の展示作品「呼応するランプの森-ワンストローク」。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=橋口いずみ)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018062900535

    「新華社」 ボーダーレスな「体験型」デジタルアート美術館、東京に誕生  11日、東京で開かれたデジタルアート美術館のメディア向け内覧会で、作品を体感する見学者。日本の総合デベロッパー森ビルとデジタルアート集団チームラボが共同で運営する、日本初のデジタルアート美術館「MORIBuildingDIGITALARTMUSEUM:EPSONteamLabBorderless」のメディア向け説明会と内覧会が11日、東京のお台場で開かれた。21日に開業する同美術館は、作品間や、作品と鑑賞者の間の境界がないボーダーレスな「体験型」美術館。広さ1万平方メートルで、コンピューター520台とプロジェクター470台を使って、世界初公開作品を含む約50作品を展示する。(東京=新華社記者/銭崢)=2018(平成30)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像