検索結果 2,058 件中 1 件 〜 50 件 "世界文化遺産"
  1. 2019061201959

    公式キャラが古墳群を一望  百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントで、望遠鏡をのぞき込むハニワ課長(左)と雪丸=12日午後、奈良県王寺町

  2. 2019061201956

    公式キャラが古墳群を一望  百舌鳥・古市古墳群を眺めながら世界文化遺産への登録を応援するイベントに登場した雪丸(左)とハニワ課長=12日午後、奈良県王寺町

  3. 2019061001102

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日に撮影したマカオの聖ポール天主堂跡。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019061001209

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日に撮影したマカオの聖ポール天主堂跡。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019061001180

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日、鏡に映るマカオの聖ポール天主堂跡。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019061000979

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日に撮影したマカオの聖ポール天主堂跡。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019061001194

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日、マカオの聖ポール天主堂跡を訪れた観光客。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019061001315

    「新華社」 世界文化遺産マカオの聖ポール天主堂跡を訪ねて  6日に撮影したマカオの聖ポール天主堂跡。中国マカオ特別行政区の観光名所で、「マカオ八景」の一つでもある聖ポール天主堂跡は、2005年にマカオ歴史地区の他の文化財と共に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019060501963

    子ども鉄道企画「ローカル線でいこう!」(62)上信電鉄 世界遺産の富岡製糸場へ  世界文化遺産の富岡製糸場=群馬県富岡市

  10. 2019060403125

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、獅子林。(5月23日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019060403099

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、獅子林。(5月23日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019052205667

    「ニュースなぜなに」「古墳群が世界遺産に」 大阪の古墳群が世界遺産に  世界文化遺産になる百舌鳥・古市古墳群

  13. 2019052205662

    「ニュースなぜなに」「古墳群が世界遺産に」 大阪の古墳群が世界遺産に  世界文化遺産になる百舌鳥・古市古墳群

  14. 2019060403056

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、留園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019060403135

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園。(5月22日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019060403104

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園で稽古する昆劇の俳優。(5月22日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019060403086

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに市全体で累計108カ所の庭園が「蘇州庭園保護リスト」に収載された。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019060403089

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園で稽古する昆劇の俳優。(5月22日撮影)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護・管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国・蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019060403077

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019060403082

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園の夜景。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019051900782

    白川郷で「結」のふき替え  世界文化遺産の岐阜県白川村の白川郷で19日、日本やデンマーク、オランダなど7カ国のかやぶき職人らによる合掌造り家屋のふき替えが行われた。日本で初開催の「国際茅葺き会議」の一環で、住民も含め約150人が参加。大勢が協力するふき替えは地元で「結」と呼ばれ、屋根に上がった海外の職人たちは伝統の技に興味津々な様子で作業を進めていた。

  22. 2019051900666

    白川郷で「結」のふき替え  世界文化遺産の岐阜県白川村の白川郷で19日、日本やデンマーク、オランダなど7カ国のかやぶき職人らによる合掌造り家屋のふき替えが行われた。日本で初開催の「国際茅葺き会議」の一環で、住民も含め約150人が参加。大勢が協力するふき替えは地元で「結」と呼ばれ、屋根に上がった海外の職人たちは伝統の技に興味津々な様子で作業を進めていた。

  23. 2019052103747

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  24. 2019052103748

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Mine guide Walter Selent shows visitors a mine lamp during an underground tour of the World Cultural Heritage Site Rammelsberg Mine in Goslar. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  25. 2019052104107

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2019052103706

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  27. 2019052103775

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  28. 2019052103796

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Illuminated corridors can be seen underground in the Rammelsberg ore mine in Goslar, a World Cultural Heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  29. 2019052104124

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  30. 2019052104171

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Visitors visit the historical machines and vehicles of the world cultural heritage Rammelsberg Mine in Goslar. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  31. 2019052103708

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Illuminated corridors can be seen underground in the Rammelsberg ore mine in Goslar, a World Cultural Heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  32. 2019052103766

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: The World Cultural Heritage Site Rammelsberg Mine in Goslar. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2019052103770

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019052104109

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2019052104198

    「DPA」 42. International Museum Day - World Cultural Heritage Site Ramme Mine 19 May 2019, Lower Saxony, Goslar: Underground visitors visit the Rammelsberg ore mine in Goslar, a world cultural heritage site. On the 42nd International Museum Day many visitors use the actions of the museums. The Rammelsberg ore mine is the only mine in the world that has been in continuous operation for over 1000 years. Photo: Peter Steffen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  36. 2019052404063

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019052403996

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019052404048

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019052404013

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019052403971

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019052403981

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019052404075

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019052404051

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019052404069

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019052404073

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019052404082

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019052404028

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019052403967

    「新華社」 世界文化遺産「炳霊寺石窟」を訪ねて甘粛省  18日、臨夏回族自治州永靖県で撮影した炳霊寺石窟。中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県の西南約35キロメートル、小積石山大寺溝西側の断崖に位置する炳霊寺(へいれいじ)石窟は、西晋時代初頭(3世紀頃)、黄河北岸にある大寺溝の絶壁で開削が始まり、西秦建弘元年(420年)に正式に建立された。上下4層に分かれた長さ約200メートル、高さ60メートルに及ぶ大寺溝西岸の崖面に石窟や龕(がん)183カ所が設けられ、石像694体と泥塑像82体、約900平方メートルの壁画が残されている。主要部分は断崖上部にある唐代の「自然大仏」(169窟)と、崖の中ほどに多数ある中小の石窟や龕から成る。炳霊寺石窟は中国とカザフスタン、キルギスの3カ国が共同申請した「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の構成資産として、2014年に世界遺産のリスト入りを果たした。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019052002188

    「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にあるペルガモン博物館の列柱廊。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019052002282

    「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にある旧国立美術館の前を通過する遊覧船。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像