検索結果 68 件中 1 件 〜 50 件 "中原地域"
  1. 2020032425917

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓の発掘現場。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020032425873

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した青銅壺。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020032425850

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した大雁銅灯。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042003944

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  新型コロナウイルス流行期間中に自宅でオンライン授業を受ける魚池村のウイグル族高校生。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042003091

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  魚池村で新たに建設された魚池学校。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社配信/鄧志偉)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042003162

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  劉氏一族の移住の歴史を記した石碑が三門峡市の文物保護単位に指定されたことを示す案内板。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020042003168

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  果樹園で草刈りをするウイグル族の農民、劉群周(りゅう・ぐんしゅう)さん。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020042002968

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  ウイグル族の人々が中原に移住した歴史を記す重要な石碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042002972

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  澠池県のウイグル族の人々が中原に移住した歴史が記された重要な石碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042002994

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  「吾劉氏族系出西域畏兀氏」(われわれ劉氏一族は西域の畏兀氏を起源とする)の文字がはっきりと記された石碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020042003000

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  魚池村の状況が記された掲示板。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020042002997

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  魚池村の劉氏一族の歴史が記された石碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020042003080

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  魚池村にある明代永楽年間に劉氏一族から出た官吏の墓碑。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020032425903

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓から出土した銀釦金箔漆奩。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020032425878

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓主墓室で見つかった主棺部分を実験室に運び調査を続ける考古学者。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020032425929

    神秘的な葬具「玉温明」、洛陽の前漢大型墓で見つかる  河南省洛陽市の前漢大型墓主墓室で見つかった主棺部分。被葬者の頭部の周りに散らばる小さな玉片が「玉温明」。(資料写真)中国河南省洛陽市の前漢時代の大型墓から出土した幾つかの円形玉璧や穴の開いた玉片、金糸などが、古代の神秘的な葬具「温明」と「玉温明」であることを、考古研究者がこのほど、実証した。このような地域特性が明らかな器物が中原地域(黄河の中下流域)で見つかったのは初めて。洛陽市文物考古研究院商周研究室の薛方(せつ・ほう)主任は「前漢時代には死者の顔に玉覆面(顔隠しの仮面)や七竅塞(目耳鼻口をふさぐ玉器)を施し、頭の上に温明を置く葬送習慣があった。死者の頭部の周りに散らばっていた玉璧の位置や穴の開いた四角い玉片から『玉温明』ではないかと推測している」と説明した。(洛陽=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019072600290

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、丁奉を記念するため建設された宣城市水陽鎮の総管橋。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019072600276

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮の丁奉記念館の正門に立つ記念碑。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019072600267

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮にある丁奉記念館。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019072600235

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮朝陽大道北端の土手の上に立つ丁奉像。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019072202185

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019072202216

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)の水田と水路の上を高速道路が走る。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019072202186

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019072202191

    三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  金宝圩の現在の様子。宣城市水陽鎮雁翅(がんし)社区(コミュニティー)では一面に水田と水路が広がる。(5月12日撮影、小型無人機から)三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/唐飛強)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019012918797

    河南省で春秋末期の呉王の剣が出土  呉王・諸樊の剣の銘文。(資料写真)28文字の銘文が刻まれた春秋時代(紀元前8世紀~紀元前5世紀ごろ)末期の呉王・諸樊(しょはん)の剣が先ごろ、河南省湯陰県にある羑河東周墓地で見つかった。今なお鋭い切っ先を持つこの青銅の剣がなぜ呉の国(現在の江蘇省周辺)から遠く離れた中原地域(現在の河南省)で副葬されたのか、その流転の経緯が謎となっている。新たに出土した呉王諸樊の剣は、剣身と柄からなり、全長が42センチ、柄の長さが9センチある。切っ先の一部が欠けているほかはほぼ完全な保存状態だ。(湯陰=新華社配信/安陽市文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:安陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019012918513

    河南省で春秋末期の呉王の剣が出土  青銅の剣が出土した場所。(資料写真)28文字の銘文が刻まれた春秋時代(紀元前8世紀~紀元前5世紀ごろ)末期の呉王・諸樊(しょはん)の剣が先ごろ、河南省湯陰県にある羑河東周墓地で見つかった。今なお鋭い切っ先を持つこの青銅の剣がなぜ呉の国(現在の江蘇省周辺)から遠く離れた中原地域(現在の河南省)で副葬されたのか、その流転の経緯が謎となっている。新たに出土した呉王諸樊の剣は、剣身と柄からなり、全長が42センチ、柄の長さが9センチある。切っ先の一部が欠けているほかはほぼ完全な保存状態だ。(湯陰=新華社配信/安陽市文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:安陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019012918367

    河南省で春秋末期の呉王の剣が出土  呉王・諸樊の剣。(資料写真)28文字の銘文が刻まれた春秋時代(紀元前8世紀~紀元前5世紀ごろ)末期の呉王・諸樊(しょはん)の剣が先ごろ、河南省湯陰県にある羑河東周墓地で見つかった。今なお鋭い切っ先を持つこの青銅の剣がなぜ呉の国(現在の江蘇省周辺)から遠く離れた中原地域(現在の河南省)で副葬されたのか、その流転の経緯が謎となっている。新たに出土した呉王諸樊の剣は、剣身と柄からなり、全長が42センチ、柄の長さが9センチある。切っ先の一部が欠けているほかはほぼ完全な保存状態だ。(湯陰=新華社配信/安陽市文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:安陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019112701539

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省新密市にある密県県衙。(2018年11月28日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019112701456

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省新密市にある密県県衙の広間。(2018年11月28日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019112701540

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省新密市にある密県県衙。(2018年11月28日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019112701476

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省葉県にある明代に建てられた葉県県衙を見学する観光客。(2018年11月16日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019112701480

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省葉県にある明代に建てられた葉県県衙。(2018年11月16日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019112701478

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省南陽市の市街地にある南陽府衙。(2018年11月15日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019112701525

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省南陽市の市街地にある南陽府衙の幕友像。(2018年11月15日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019112701508

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省南陽市の市街地にある南陽府衙。(2018年11月15日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019112701510

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省南陽市の市街地にある南陽府衙を散策する漢服を着た観光客。(2018年11月15日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019112701549

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省南陽市の市街地にある南陽府衙に設置されている慈禧太后(西太后)直筆の「福寿」の文字を刻んだ石碑。(2018年11月15日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019112701522

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省内郷(ないきょう)県の中心にある内郷県衙。(2018年11月14日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019112701526

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省内郷県の中心にある内郷県衙で、判決を言い渡す官吏を演じる役者。(2018年11月14日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019112701505

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省内郷県の中心にある内郷県衙。(2018年11月14日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019112701559

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省内郷県の中心にある内郷県衙の門の前にある照壁(しょうへき、目隠し用の独立した塀)。(2018年11月14日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019112701541

    中原地域の「衙」文化河南省  河南省内郷県の中心にある内郷県衙の内部の様子を見学する子どもたち。(2018年11月14日撮影)中国河南省はかつて、長い間中国の政治の中心であり、豊かな伝統文化が育まれた。「衙(が)」文化もそのうちの一つで、同省には古代の役所であった「府衙」や「県衙」が数カ所現存する。うち、明代の葉県県衙、隋代に建てられ清代に改築された密県県衙、北宋時代の行政や司法の衙署で遺跡に再築された開封府衙などは、歴代の優れた職人の才知と美意識による風情が凝縮されている。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018111430438

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、邵武儺舞の踊り手がつけるお面。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018111430470

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、村の小道で、踊りを練習する踊り手グループ。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018111430490

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、福建省国家級無形文化遺産項目の邵武儺舞の代表的伝承者で、今年80歳になる邵武市大埠崗(だいふこう)鎮河源村の龔茂発(きょう・もはつ)氏。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018111429823

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、儺舞の伝承問題に懸念を抱く邵武市大埠崗(だいふこう)鎮河源村の邵武儺舞のリーダーで無形文化遺産伝承者の龔茂発(きょう・もはつ)氏(左)。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018111430365

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、邵武市大埠崗(だいふこう)鎮河源村で、現地の村民に儺舞を紹介する踊り手。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018111430390

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、邵武儺舞の基本動作を披露する邵武市大埠崗(だいふこう)鎮河源村の踊り手。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018111430476

    「古代舞踊の生きた化石」邵武儺舞  4日、邵武儺舞の基本動作を披露する邵武市大埠崗(だいふこう)鎮河源村の踊り手。儺舞(なぶ)は、大昔の中国の中原地域(黄河中下流域)で疫病や邪気を払う儀式として始まった祈祷舞。福建省南平市の邵武(しょうぶ)儺舞は宋の時代(960~1279年)に始まり、既に1千年余りにわたって伝承されてきた。踊り手はお面を着け、後頭部に赤い布をかけて、語りや歌唱のない原始的な舞踊で村を歩き回る。古代追儺の趣を色濃く残す邵武儺舞は「古代舞踊の生きた化石」と評価されている。邵武市(南平市の管轄下にある県級市)は2007年、正式に「福建省儺舞民間文化芸術の郷」と命名された。(邵武=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120407063

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た康店鎮の康百万荘園。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像