検索結果 133 件中 1 件 〜 50 件 "中国仏教"
  1. 2020102302530

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区での仏教・社会活動終える  チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で行われた問答会に出席したパンチェン・エルデニ。(10月6日撮影)中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員で中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ11世(チュキジュブ氏)がこのほど、約3カ月にわたるチベット自治区での仏教行事や社会活動を順調に終えた。20日に同自治区を離れ、北京市に戻った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020102302541

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区での仏教・社会活動終える  チベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺で人々に手を振るパンチェン・エルデニ。(9月16日撮影)中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員で中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ11世(チュキジュブ氏)がこのほど、約3カ月にわたるチベット自治区での仏教行事や社会活動を順調に終えた。20日に同自治区を離れ、北京市に戻った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020102302601

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区での仏教・社会活動終える  チベット自治区ニンティ市メトク(墨脱)県の製茶工場を視察するパンチェン・エルデニ。(8月31日撮影)中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員で中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ11世(チュキジュブ氏)がこのほど、約3カ月にわたるチベット自治区での仏教行事や社会活動を順調に終えた。20日に同自治区を離れ、北京市に戻った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080507830

    パンチェン・エルデニ、大昭寺の釈迦牟尼像を参拝  3日、釈迦牟尼像を参拝するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)が3日、チベット自治区ラサ市の大昭寺(ジョカン寺)を訪れ、釈迦牟尼像を参拝し、僧侶たちの頭に手を置いて祝福を授けた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080507809

    パンチェン・エルデニ、大昭寺の釈迦牟尼像を参拝  3日、釈迦牟尼像に金粉を塗るパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)が3日、チベット自治区ラサ市の大昭寺(ジョカン寺)を訪れ、釈迦牟尼像を参拝し、僧侶たちの頭に手を置いて祝福を授けた。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020102302505

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区での仏教・社会活動終える  チベット自治区ラサ市の大昭寺(ジョカン寺)で釈迦牟尼像を拝むパンチェン・エルデニ。(8月3日撮影)中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員で中国仏教協会副会長、中国仏教協会チベット分会会長のパンチェン・エルデニ11世(チュキジュブ氏)がこのほど、約3カ月にわたるチベット自治区での仏教行事や社会活動を順調に終えた。20日に同自治区を離れ、北京市に戻った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020071304237

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020071304279

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  釈迦殿の内部に安置されている釈迦仏像と2体の弟子像。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020071304122

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020071304299

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020071304245

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿の内部に安置されている毘盧遮那(びるしゃな)仏(奥中央)などの仏像。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020071304307

    500年の時を超えた美しさ河北省毘盧寺に残る壁画  毘盧殿内部の壁に描かれた壁画。明代に完成し、面積は約122平方メートルで、人物508人が描かれている。(資料写真)中国河北省の省都、石家荘市にある中国仏教の悠久の歴史を今に伝える毘盧(びる)寺は、見事な壁画が残されていることで知られる。(石家荘=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020042003918

    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ  9日、西安市の青竜寺で漢服を着て写真を撮る人。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042003921

    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ  6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/呉鴻波)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020042003957

    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ  6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020042003963

    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ  6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020033003760

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  19日、忻州古城の関帝廟禅堂に飾られている五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長の作品「釈迦牟尼説法図」。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020033003747

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  19日、忻州市の忻州古城。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020033003744

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  19日、忻州古城の修渊島壁画館。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020033003758

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  19日、自身の作品の前に立つ五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020033003754

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  忻州古城の修渊島壁画館。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020033003676

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  忻州古城の修渊島壁画館の内部。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020033003669

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  忻州古城の修渊島壁画館に展示された作品。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020031201211

    上海市の宗教界、玉仏禅寺で合同義援活動  18日、各界の合同義援活動の状況を説明する中国仏教協会副会長で同寺の住職の覚醒法師。中国上海市の玉仏禅寺の大雄宝殿前で18日午後、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に立ち向かうため、医療物資の寄贈式典が行われた。(上海=新華社配信/玉仏禅寺提供)=2020(令和2)年2月18日、クレジット:玉仏禅寺/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020033003755

    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市  五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長の作品「五方仏」シリーズの1点。(2019年11月1日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019110501039

    珠海で中韓日仏教友好交流会議人類運命共同体構築を後押し  30日、開幕式であいさつする中国仏教協会の演覚副会長。中国広東省珠海市で30日、第22回中韓日仏教友好交流会議が開催された。300人余りの出席者が「仏教と人類運命共同体構築」をテーマに交流と討論を行い、共通認識を高め、善縁を結んだ。(珠海=新華社配信/徐上傑)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019101605084

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、展覧会場で交流する中日双方の関係者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019101605088

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、福清市の黄檗山萬福寺の定明法師(右)に作品を贈る内藤香林禅師。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019101605089

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、日本の黄檗宗の荒木将旭宗務総長(右)に書道作品を贈る陳秀卿氏(中央)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019101605090

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、書道作品を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019101604953

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、会場で来賓に煎茶道のお点前を披露する日本の黄檗皎上月流の茶人(中央奥)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019101605062

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、作品を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019101604823

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、アモイ国際会展中心で開かれた「中日黄檗文化の光内藤香林画僧・陳秀卿居士書画展」開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019101605081

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、アモイ国際会展中心で開かれた「中日黄檗文化の光内藤香林画僧・陳秀卿居士書画展」開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019101605083

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、開幕式会場で、来賓に作品を説明するアモイ市書道家協会元主席で、現在は福建省書道家協会副主席の陳秀卿氏(中央黒い服の女性)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019081608039

    パンチェン・エルデニ、チベット100万農奴解放紀念館を見学  中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は14日、チベット自治区ラサ市にあるチベット100万農奴解放紀念館を見学した。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019081900599

    中国大使館支援による浄水設備が運用開始スリランカの村  14日、浄水設備の運用に際し、手を合わせて祈るモラゴラマ村の村民。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った浄水施設が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019081900644

    中国大使館支援による浄水設備が運用開始スリランカの村  14日、スリランカ・中国仏教友好協会による浄水設備の説明板。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った浄水施設が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019081900658

    中国大使館支援による浄水設備が運用開始スリランカの村  14日、テープカットをする中国とスリランカの代表。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った浄水施設が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019081900667

    中国大使館支援による浄水設備が運用開始スリランカの村  14日、モラゴラマ村の浄水設備運用開始後初めての水を飲む地元の子どもたち。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った飲料水浄化施設が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019081607975

    パンチェン・エルデニ、チベット100万農奴解放紀念館を見学  中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は14日、チベット自治区ラサ市にあるチベット100万農奴解放紀念館を見学した。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019081608030

    パンチェン・エルデニ、チベット100万農奴解放紀念館を見学  中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は14日、チベット自治区ラサ市にあるチベット100万農奴解放紀念館を見学した。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019081900618

    中国大使館支援による浄水施設が運用開始スリランカの村  14日、モラゴラマ村で、浄水設備のスイッチを入れる地元の子どもたち。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った飲料水浄化設備が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019081900670

    中国大使館支援による浄水設備が運用開始スリランカの村  14日、浄水設備を据え付けた小屋。スリランカ北西部州のクルネガラ県モラゴラマ村(Moragollamavillage)で14日、在スリランカ中国大使館が資金援助をし、スリランカ・中国仏教友好協会が建設を請け負った浄水施設が正式に運用を開始した。(コロンボ=新華社配信/トゥシャラ)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019080501268

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察  1日、ガリ地区の生態農業モデルパークを訪ねたパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019080501246

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察  7月28日、貧困支援による転居先であるガリ地区康楽新区の民家を訪問したパンチェン・エルデニ(左)。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019080501220

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察  7月28日、孤児院で子供たちと話すパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019080501217

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察  7月28日、地元の住民(左)と談笑するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019080501247

    パンチェン・エルデニ、チベット自治区ガリ地区を視察  7月26日、ルトク県パンゴン湖で環境保全の状況を視察するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)はこのほど、チベット自治区ガリ地区で社会調査を行った。(ガリ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019073006765

    パンチェン・エルデニ、トリン寺で「長寿灌頂」  24日、トリン寺で仏を礼拝するパンチェン・エルデニ。中国人民政治協商会議(政協)全国委員会常務委員、中国仏教協会副会長のパンチェン・エルデニ(パンチェン・ラマ)11世(ギェンツェン・ノルブ氏)は24日、チベット自治区ガリ地区ツァンダ県にあるトリン寺で、仏を礼拝して「長寿灌頂」の儀式を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像