検索結果 403 件中 1 件 〜 50 件 "中国古代"
  1. 2020052701040

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701004

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701093

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052601906

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「王子午鼎(おうしごてい)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052601908

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「錯金銀轅(ながえ)首」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052601901

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「錯銀銅双翼(そうよく)神獣」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601913

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を見つめる報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601905

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の「銅車馬(どうしゃば)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601844

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」の会場。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601858

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を撮影する報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052601868

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を撮影する報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601783

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「越王銅剣」(上)と「呉王夫差剣」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601805

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の「胡人俑(こじんよう)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052601897

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の青銅製の「甬鐘(ようしょう)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701070

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮にある渓州銅柱のレプリカ。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052701045

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052701021

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052700995

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051102951

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051102941

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051102936

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051103010

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051102908

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051102981

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102930

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051103059

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102967

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051102973

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051102865

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102889

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042709233

    明代壁画に描かれた中国の古代農業山西省新絳県  壁画に描かれた中国古代の伝説の帝王で夏王朝の創始者とされる大禹(だいう)。(資料写真)中国山西省新絳(しんこう)県の県城(県政府所在地)から南西15キロの場所に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位に指定されている。正殿内には130平方メートル余りの明代壁画が残されており、保存状態も良い。珍しい題材や精緻な技巧から中国に現存する寺院壁画の中でも独特の風格を持つ。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051801108

    成都で未盗掘の漢代墓を発見現代によみがえる当時の「死後の世界」  M94号墓の墓室入り口で見つかった方相氏俑(ほうそうしよう)。方相氏は中国古代の伝説の鬼神。長い舌と牙をむき出し、頭には角を生やしている。左手ではヘビを操り、右手に武器を持つ。(4月22日撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は15日、同市の「シンガポール・四川科学技術イノベーションパーク(新川創新科技園)」の南にある五根松墓地で今年実施した発掘調査で、保存状態が非常に良い漢代の墓葬を発見した。墓は盗掘を受けておらず、当時の人々が考えた豪華で謎めいた「死後の世界」を現代によみがえらせた。漢代の人々は「人は死後も生前と同じ生活を送る」と考え、死者を厚く埋葬した。そのため漢代の墓は深刻な盗掘被害を受け、発掘しても何も出てこないことが多い。ところがM94号墓と名付けられた今回の墓葬は、副葬品が完全に残されていただけでなく、墓室内の設備や装飾なども当時の状態が保たれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042301763

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で茶の香りを嗅ぐ来場者。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042301858

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で茶を紹介する茶業者(左)。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020042301790

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で、スマホで茶を紹介する動画を撮影する茶業者。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020042301762

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、2020中華茶祖節および第5回湘西黄金茶品茶節の開幕式の様子。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020042301765

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で茶を選ぶ来場者。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042301761

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で茶業者が茶をいれている。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020042301857

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、2020中華茶祖節および第5回湘西黄金茶品茶節の会場の様子。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020042301777

    2020中華茶祖節・第5回湘西黄金茶品茶節開幕湖南省  20日、イベント会場で、来場者が茶葉を選んでいる。中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市で20日、茶祖、「神農」(中国古代の医薬と農業を司る神)を祭る2020中華茶祖節(祭)および茶のイベント、第5回湘西黄金茶品茶節が開かれた。湘西黄金茶産業は同市の特色のある農業の主導産業として知られる。2019年の同市の茶生産量は1380トン、総生産額は6億9千万元(1元=約15円)だった。(吉首=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020042003695

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、福建省政和県澄源郷の石仔嶺に広がる茶園風景。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020042003704

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、福建省政和県澄源郷石仔嶺の千畝茶園。(小型無人機から)中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020042003674

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、同祭の会場となった茶園で茶葉を摘み取る女性。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020042003625

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、第2回中国政和白茶開茶節で行われた「神農」をまつる「祭茶」の儀式の様子。中国福建省政和県澄源郷石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020042003698

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、同祭の会場となった茶園で政和県に伝わる民間地方劇、「茶灯戯」を披露する人たち。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042003722

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、第2回中国政和白茶開茶節で行われた「神農」をまつる「祭茶」の儀式の様子。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020042003595

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、福建省政和県澄源郷石仔嶺の茶園で茶葉を摘み取る女性。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042003643

    「中国白茶の里」で第2回中国政和白茶開茶節開催福建省  12日、第2回中国政和白茶開茶節で行われた「神農」をまつる「祭茶」の儀式で、祭文を読み上げる主祭官。中国福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で12日、第2回中国政和白茶開茶節(祭)が開催された。同祭では、中国古代の医薬と農業を司る神「神農」をまつる儀式「祭茶」や「喊山開茶」などの伝統的な儀式が行われた。同県は「中国白茶の里」として知られ、千年余りの茶生産の歴史を持つ。全県の茶園面積は11万ムー(約7333ヘクタール)。2019年の茶葉生産量は1万5千トンで、産出額は14億5千万元(1元=約15円)だった。(政和=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020030402600

    米ヒューストンで「中国古代青銅礼器展覧会」プレス内覧会  2月26日、米国テキサス州ヒューストンで開かれた「中国古代青銅礼器展覧会」プレス内覧会で、展示品を見つめる来場者。米国テキサス州ヒューストンのアジア協会テキサスセンターで2月26日夜、「中国古代青銅礼器展覧会」のプレス内覧会が開催され、現地の各界の関係者が出席した。「永遠なる貢献中国青銅礼器」をテーマとする同展は、商(殷)時代から漢時代までの青銅器約100点および玉器、磁器などを展示する。会期は2月29日~8月9日。(ヒューストン=新華社配信/労承躍)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020030402633

    米ヒューストンで「中国古代青銅礼器展覧会」プレス内覧会  2月26日、米国テキサス州ヒューストンで開かれた「中国古代青銅礼器展覧会」プレス内覧会で、展示品を見つめる来場者。米国テキサス州ヒューストンのアジア協会テキサスセンターで2月26日夜、「中国古代青銅礼器展覧会」のプレス内覧会が開催され、現地の各界の関係者が出席した。「永遠なる貢献中国青銅礼器」をテーマとする同展は、商(殷)時代から漢時代までの青銅器約100点および玉器、磁器などを展示する。会期は2月29日~8月9日。(ヒューストン=新華社配信/労承躍)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像