検索結果 2,196 件中 1 件 〜 50 件 "中国国家"
  1. 2020120303649

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  2日、北京航天飛行制御センターで撮影された着陸後の「嫦娥5号」。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020120303653

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  2日、北京航天飛行制御センターで撮影された着陸後の「嫦娥5号」。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020120204465

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭に展示された馬首銅像。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020120204449

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園で行われた馬首銅像の移転・収蔵式。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020120204520

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、海晏堂の復元模型を撮影する来場者。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020120204522

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭で、馬首銅像を見る来場者。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020120204537

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、馬首銅像が展示された円明園正覚寺の文殊亭。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020120204529

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園で行われた馬首銅像の移転・収蔵式。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020120303666

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで撮影された「嫦娥5号」の着陸過程。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020120303738

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで撮影された「嫦娥5号」の着陸の瞬間。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020120204390

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭に展示された馬首銅像。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020120303752

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の作業状況をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020120204541

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園で開かれた「百年の夢-円明園馬首銅像返還記念展」で展示された海晏堂の復元模型。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020120204496

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭で馬首銅像を撮影する来場者。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020120204559

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園で開かれた「百年の夢-円明園馬首銅像返還記念展」で、来場者に展示物の解説をするスタッフ。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020120204425

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭に展示された馬首銅像。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020120204291

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭に展示された馬首銅像。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020120204429

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園で開かれた「百年の夢-円明園馬首銅像返還記念展」で、来場者に展示物の解説をするスタッフ。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020120204516

    返還された馬首銅像、円明園に戻る北京市  1日、円明園正覚寺の文殊亭に展示された馬首銅像。中国国家文物局と北京市人民政府は1日、同市の円明園正覚寺で、円明園馬首銅像の移転・収蔵式を行った。馬首銅像は、清朝が造園した同園の西洋風建築「海晏堂」の前に設置された十二支獣首銅像の一つで、160年間行方が分からなくなっていた。海外に流出した重要な文化財が同園に戻るのは今回が初めてだという。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020120303685

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の作業状況をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020120303648

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで撮影された「嫦娥5号」の着陸の瞬間。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020120303624

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで撮影された「嫦娥5号」の着陸過程。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020120303650

    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ  1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の作業状況をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社記者/金立旺)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020120204445

    第3回呉清源杯世界女子囲碁選手権、於之瑩六段と周泓余六段が決勝へ  11月30日、準決勝の対局を解説する中国国家囲碁チームの兪斌(ゆ・ひん)総コーチ。第3回呉清源杯世界女子囲碁選手権は11月30日、中国福建省福州市で準決勝が行われ、中国の於之瑩(お・しえい)六段と周泓余(しゅう・おうよ)六段が王晨星(おう・しんせい)五段と芮乃偉(ぜい・のい)九段をそれぞれ下し、決勝へ進んだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020120405672

    国家文物局、考古研究センターを北京に設立  11月30日、国家文物局考古研究センターのプレート除幕式に出席した中国文化・観光部の胡和平(こ・わへい)部長(左)と国家文物局の劉玉珠(りゅう・ぎょくしゅ)局長。中国国家文物局は11月30日、北京市に考古研究センターを設立した。同局水中文化遺産保護センターを改組し発展させた。中国の考古学分野で国際的影響力を持つ専門研究機関を目指す。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020120200628

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  29日、北京航天飛行制御センターで業務に当たる職員。中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020120200635

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  軌道調整プロセスのイメージ図。(資料写真)中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020120200606

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  29日、北京航天飛行制御センターで業務に当たる職員。中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020120200641

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  29日、北京航天飛行制御センターで業務に当たる職員。中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020120200661

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  軌道調整プロセスのイメージ図。(資料写真)中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020120200640

    嫦娥5号、月周回の楕円軌道から円に近い軌道に  軌道調整プロセスのイメージ図。(資料写真)中国国家航天局によると、月へ向け飛行中の探査機「嫦娥5号」は29日午後8時23分(日本時間同9時23分)、再び月接近制動(逆噴射による減速動作)を成功裏に実施し、月周回の楕円(だえん)軌道から円に近い周回軌道に入った。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020113000840

    国家文物局と北京大、中華文明国家文物遺伝子バンク創設へ  26日、中国国家文物局と北京大学による戦略的協力協定の締結式の会場。中国国家文物局と北京大学は26日、人材育成や科学研究、シンクタンクサービスなどでの協力を深化させる戦略協力協定に調印した。両者は今後、中華文明国家文物遺伝子バンクと中国文物博物館学院、国家文物局考古研究センターを共同で設立し、中国の文化財・博物館事業の発展を支援する。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020113000700

    国家文物局と北京大、中華文明国家文物遺伝子バンク創設へ  26日、中国国家文物局と北京大学による戦略的協力協定の締結式の様子。中国国家文物局と北京大学は26日、人材育成や科学研究、シンクタンクサービスなどでの協力を深化させる戦略協力協定に調印した。両者は今後、中華文明国家文物遺伝子バンクと中国文物博物館学院、国家文物局考古研究センターを共同で設立し、中国の文化財・博物館事業の発展を支援する。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020120203576

    China Launches Chang窶册 5 Mission To Moon November 23, 2020 - Hainan Island, China - Chang‘e 5 is a Chinese National Space Administration (CNSA) lunar sample return mission that launched on 23 November at approximately 20:30:12 UT (3:30 p.m. EST; 24 November 4:30 a.m. Beijing Time). Liftoff was from Wenchang Space Launch Center on Hainan Island, China, on a Long March 5. The mission goal is to land in the Mons Rumker region of Oceanus Procellarum (roughly 41-45 deg. N, 49-69 deg. W), operate for one lunar day (two weeks) and return a 2 to 4 kg sample of lunar regolith, possibly from as deep as 2 meters. The sample will be returned to Earth in the return capsule using an atmospheric ‘‘skip‘‘ reentry and landing in the Siziwang Banner grassland of the autonomous region of Inner Mongolia in China. (Credit Image: ツ© ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:ツ©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  35. 2020120203472

    China Launches Chang弾 5 Mission To Moon November 23, 2020 - Hainan Island, China - Artists Rendering illustration. Chang‘e 5 is a Chinese National Space Administration (CNSA) lunar sample return mission that launched on 23 November at approximately 20:30:12 UT (3:30 p.m. EST; 24 November 4:30 a.m. Beijing Time). Liftoff was from Wenchang Space Launch Center on Hainan Island, China, on a Long March 5. The mission goal is to land in the Mons Rumker region of Oceanus Procellarum (roughly 41-45 deg. N, 49-69 deg. W), operate for one lunar day (two weeks) and return a 2 to 4 kg sample of lunar regolith, possibly from as deep as 2 meters. The sample will be returned to Earth in the return capsule using an atmospheric ‘‘skip‘‘ reentry and landing in the Siziwang Banner grassland of the autonomous region of Inner Mongolia in China. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  36. 2020120203588

    China Launches Changユe 5 Mission To Moon November 23, 2020 - Hainan Island, China - Flight Path. Chang‘e 5 is a Chinese National Space Administration (CNSA) lunar sample return mission that launched on 23 November at approximately 20:30:12 UT (3:30 p.m. EST; 24 November 4:30 a.m. Beijing Time). Liftoff was from Wenchang Space Launch Center on Hainan Island, China, on a Long March 5. The mission goal is to land in the Mons Rumker region of Oceanus Procellarum (roughly 41-45 deg. N, 49-69 deg. W), operate for one lunar day (two weeks) and return a 2 to 4 kg sample of lunar regolith, possibly from as deep as 2 meters. The sample will be returned to Earth in the return capsule using an atmospheric “skip“ reentry and landing in the Siziwang Banner grassland of the autonomous region of Inner Mongolia in China. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  37. 2020120203700

    China Launches Changユe 5 Mission To Moon November 23, 2020 - Hainan Island, China - Chang‘e 5 is a Chinese National Space Administration (CNSA) lunar sample return mission that launched on 23 November at approximately 20:30:12 UT (3:30 p.m. EST; 24 November 4:30 a.m. Beijing Time). Liftoff was from Wenchang Space Launch Center on Hainan Island, China, on a Long March 5. The mission goal is to land in the Mons Rumker region of Oceanus Procellarum (roughly 41-45 deg. N, 49-69 deg. W), operate for one lunar day (two weeks) and return a 2 to 4 kg sample of lunar regolith, possibly from as deep as 2 meters. The sample will be returned to Earth in the return capsule using an atmospheric “skip“ reentry and landing in the Siziwang Banner grassland of the autonomous region of Inner Mongolia in China. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  38. 2020120203936

    China Launches Changユe 5 Mission To Moon November 23, 2020 - Hainan Island, China - Artists Rendering illustration. Chang‘e 5 is a Chinese National Space Administration (CNSA) lunar sample return mission that launched on 23 November at approximately 20:30:12 UT (3:30 p.m. EST; 24 November 4:30 a.m. Beijing Time). Liftoff was from Wenchang Space Launch Center on Hainan Island, China, on a Long March 5. The mission goal is to land in the Mons Rumker region of Oceanus Procellarum (roughly 41-45 deg. N, 49-69 deg. W), operate for one lunar day (two weeks) and return a 2 to 4 kg sample of lunar regolith, possibly from as deep as 2 meters. The sample will be returned to Earth in the return capsule using an atmospheric “skip“ reentry and landing in the Siziwang Banner grassland of the autonomous region of Inner Mongolia in China. (Credit Image: © ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©ESA/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  39. 2020112601015

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  18日、国家文物局が開いた記者会見で紹介された返還文化財の写真。中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020112601500

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  英国から返還された文化財の一部。(資料写真)中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020112601497

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  英国から返還された国家2級文化財の元明時代の石彫馬。(資料写真)中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020112600810

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  英国から返還された国家2級文化財の明代青磁蓋付梅瓶。(資料写真)中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020112601049

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  英国から返還された国家2級文化財の唐三彩七星盤。(資料写真)中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020112601051

    英国に流出の文化財68点、中国に返還  18日、メディア関係者に流失文化財の返還状況を説明する国家文物局文化財返還弁公室の鄧超(とう・ちょう)主任(右端)。中国国家文物局は18日開いた記者会見で、英国に流出し25年間行方を捜索していた文化財68点が中国に返還されたと発表した。同局は今年1月以降、外交部や税関などの部門と緊密に協力。新型コロナウイルスの感染拡大という不利な状況にありながらも、在英中国大使館の強力な支援を受け返還を実現させた。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020112600857

    中国最大の陸上通関地を経由した「中欧班列」、3千本を突破  17日、列車にコンテナを積み込む満洲里駅コンテナターミナルのリーチスタッカー。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団によると、中国最大の陸上輸送の通関地である満洲里口岸を経由して出入境した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の本数が年初からの累計で3千本を超えた。17日時点で前年同期比30・3%増の3073本となり、内需主導を基本としながら世界経済との連携も図る経済戦略「双循環(二つの循環)」の円滑な推進を後押ししている。(満洲里=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020112601241

    中国最大の陸上通関地を経由した「中欧班列」、3千本を突破  17日、列車にコンテナを積み込む満洲里駅コンテナターミナルのリーチスタッカー。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団によると、中国最大の陸上輸送の通関地である満洲里口岸を経由して出入境した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の本数が年初からの累計で3千本を超えた。17日時点で前年同期比30・3%増の3073本となり、内需主導を基本としながら世界経済との連携も図る経済戦略「双循環(二つの循環)」の円滑な推進を後押ししている。(満洲里=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020112601587

    中国最大の陸上通関地を経由した「中欧班列」、3千本を突破  17日、内モンゴル自治区満洲里市の国境を通過する列車。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団によると、中国最大の陸上輸送の通関地である満洲里口岸を経由して出入境した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の本数が年初からの累計で3千本を超えた。17日時点で前年同期比30・3%増の3073本となり、内需主導を基本としながら世界経済との連携も図る経済戦略「双循環(二つの循環)」の円滑な推進を後押ししている。(満洲里=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020112600947

    中国最大の陸上通関地を経由した「中欧班列」、3千本を突破  17日、列車間のコンテナ積み替え作業を行う満洲里駅コンテナターミナルのガントリークレーン。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団によると、中国最大の陸上輸送の通関地である満洲里口岸を経由して出入境した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の本数が年初からの累計で3千本を超えた。17日時点で前年同期比30・3%増の3073本となり、内需主導を基本としながら世界経済との連携も図る経済戦略「双循環(二つの循環)」の円滑な推進を後押ししている。(満洲里=新華社配信)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020112601206

    中国最大の陸上通関地を経由した「中欧班列」、3千本を突破  16日、列車間のコンテナ積み替え作業を行う満洲里駅コンテナターミナルのガントリークレーン。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団によると、中国最大の陸上輸送の通関地である満洲里口岸を経由して出入境した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の本数が年初からの累計で3千本を超えた。17日時点で前年同期比30・3%増の3073本となり、内需主導を基本としながら世界経済との連携も図る経済戦略「双循環(二つの循環)」の円滑な推進を後押ししている。(満洲里=新華社配信)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020111806489

    中国初の博物館、南通博物苑を訪ねて江蘇省  13日、南通博物苑にある張謇の旧宅「濠南別業」を訪れた観光客。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江蘇省南通市を流れる濠河のほとりに建つ中国初の博物館、南通博物苑は、1905年に清末民初の「状元」(じょうげん、中国の官僚登用制度「科挙」の最終試験で首席の成績を修めた者に与えられる称号)で、中国近代の著名な実業家、教育者の張謇(ちょう・けん)により創設された。1988年には国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、現在は第1次中国国家1級博物館、全国文明単位(機関や団体)、国家5A級観光地(最高ランク)、全国科学普及教育基地となっている。同博物苑には伝統的な庭園が残されており、新旧の建物が色彩豊かな自然と調和し、文化的な雰囲気に満ちた風景が多くの観光客を魅了している。(南通=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像