検索結果 1,238 件中 1 件 〜 50 件 "中国安徽省"
  1. 2020060209193

    安徽省黄山でジネズミの新種2種を発見  ジネズミ属の新種、安徽ジネズミ(学名:Crociduraanhuiensis)。(資料写真)中国安徽省の黄山風景区管理委員会は28日までに、研究者が風景区の浮渓猴谷で採集したジネズミ属(Crocidura)の種を統合形態学や系統発生学の観点から分析した結果、哺乳類の新種2種類だと確認されたことを明らかにした。新種2種はそれぞれ「安徽ジネズミ」「黄山コジネズミ」と命名された。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060209197

    安徽省黄山でジネズミの新種2種を発見  黄山コジネズミ(学名:Crocidurahuangshanensis)。(資料写真)中国安徽省の黄山風景区管理委員会は28までに、研究者が風景区の浮渓猴谷で採集したジネズミ属(Crocidura)の種を統合形態学や系統発生学の観点から分析した結果、哺乳類の新種2種類だと確認されたことを明らかにした。新種2種はそれぞれ「安徽ジネズミ」「黄山コジネズミ」と命名された。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209374

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209393

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209295

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209291

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209323

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」に展示された「出行俑陣」。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209443

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209371

    北魏時代の貴重な文化財、安徽博物院で初披露  27日、安徽博物院の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国安徽省合肥市の安徽博物院でこのほど、「融・合-4・5世紀北魏平城文物展」の一般公開が始まった。同展は安徽博物院と山西省の大同市考古研究所、大同市博物館の共催。展示品は309点(組)で、うち約3分の2がここ数年で得られた考古学の成果の初披露となっており、8月15日までの会期中、千年余り前の民族間の交流やシルクロード往来など、当時の繁栄を現代に伝える。(合肥=新華社記者/湯陽)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060209175

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で竹ひごを加工する農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209025

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、編み終えた「舒席」の編み目を調節する潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209135

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で「舒席」を編む王潔梅(おう・けつばい)さん。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209099

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、完成した「舒席」を見せる潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209257

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、「舒席」を編む農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052601922

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、放流のために木箱に入れられたヨウスコウワニ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052602126

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、放流のために木箱に入れられたヨウスコウワニ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052602070

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、ヨウスコウワニの尻尾に取り付けられた衛星測位装置を示すスタッフ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052602023

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、湿度を保つためヨウスコウワニが入った木箱に水をかけるスタッフ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052602106

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、放流されたヨウスコウワニ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052601921

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、ヨウスコウワニを放流するスタッフ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052602099

    ヨウスコウワニ32匹を放流安徽省  20日、ヨウスコウワニの口に貼られたテープを外すスタッフ。中国安徽省の揚子鰐(ヨウスコウワニ)国家級自然保護区は20日、省内の複数地点でヨウスコウワニ計32匹を放流した。同保護区は年内にヨウスコウワニ280匹の放流を計画しており、残り248匹は今後順次放流される。(合肥=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052300891

    中国初のデジタル銅博物館を訪ねて安徽省銅陵市  18日、正式に一般開放された安徽省銅陵市にある中国デジタル銅博物館のインタラクティブエリア。中国安徽省銅陵市で17日、国内初の銅をテーマとした「デジタル銅博物館」が正式に一般開放された。同館はインターネット上にオンライン展示プラットフォーム、銅に関するデジタルライブラリを開設。館内には中国で初めて銅をテーマとした面積約800平方メートルのデジタル体験館を設置した。内部は展示エリアとインタラクティブエリアに分かれている。(合肥=新華社配信/祖傑)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052300897

    中国初のデジタル銅博物館を訪ねて安徽省銅陵市  18日、正式に一般開放された安徽省銅陵市にある中国デジタル銅博物館の展示エリア。中国安徽省銅陵市で17日、国内初の銅をテーマとした「デジタル銅博物館」が正式に一般開放された。同館はインターネット上にオンライン展示プラットフォーム、銅に関するデジタルライブラリを開設。館内には中国で初めて銅をテーマとした面積約800平方メートルのデジタル体験館を設置した。内部は展示エリアとインタラクティブエリアに分かれている。(合肥=新華社配信/祖傑)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052300903

    中国初のデジタル銅博物館を訪ねて安徽省銅陵市  18日、正式に一般開放された安徽省銅陵市にある中国デジタル銅博物館の展示エリア。中国安徽省銅陵市で17日、国内初の銅をテーマとした「デジタル銅博物館」が正式に一般開放された。同館はインターネット上にオンライン展示プラットフォーム、銅に関するデジタルライブラリを開設。館内には中国で初めて銅をテーマとした面積約800平方メートルのデジタル体験館を設置した。内部は展示エリアとインタラクティブエリアに分かれている。(合肥=新華社配信/祖傑)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051502181

    安徽省合肥市の日系企業、全面的に生産再開中国市場の将来性に自信  合肥小林日用品と合肥小林薬業による地元政府への寄付金と医療物資の引き渡し式。(資料写真)中国安徽省合肥市の合肥小林日用品は、新型コロナウイルスの感染拡大により休業したが、2月17日から秩序ある生産を再開している。これに伴い、同社の湊修司社長(50)は感染症予防・抑制チームの責任者という新たな役割を担うこととなった。同社は2月17日の生産再開に当たり、会議の削減やマスクなど感染予防品の社員への配布、毎日の検温と記録、毎日の社内消毒など、一連の感染対策措置を講じた。既に400人の社員全員が職場復帰し、業務再開率は100%に達したという。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051502227

    安徽省合肥市の日系企業、全面的に生産再開中国市場の将来性に自信  合肥小林日用品のオフィスエリアで働く従業員。(資料写真)中国安徽省合肥市の合肥小林日用品は、新型コロナウイルスの感染拡大により休業したが、2月17日から秩序ある生産を再開している。これに伴い、同社の湊修司社長(50)は感染症予防・抑制チームの責任者という新たな役割を担うこととなった。同社は2月17日の生産再開に当たり、会議の削減やマスクなど感染予防品の社員への配布、毎日の検温と記録、毎日の社内消毒など、一連の感染対策措置を講じた。既に400人の社員全員が職場復帰し、業務再開率は100%に達したという。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051502235

    安徽省合肥市の日系企業、全面的に生産再開中国市場の将来性に自信  合肥小林日用品の食堂で食事する従業員。(資料写真)中国安徽省合肥市の合肥小林日用品は、新型コロナウイルスの感染拡大により休業したが、2月17日から秩序ある生産を再開している。これに伴い、同社の湊修司社長(50)は感染症予防・抑制チームの責任者という新たな役割を担うこととなった。同社は2月17日の生産再開に当たり、会議の削減やマスクなど感染予防品の社員への配布、毎日の検温と記録、毎日の社内消毒など、一連の感染対策措置を講じた。既に400人の社員全員が職場復帰し、業務再開率は100%に達したという。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052601767

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しに適した山の斜面まで運ぶ安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052601803

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、山の斜面で宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しする安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052601820

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、山の斜面で天日干しした稲わらとセイタン(青檀)の樹皮。(小型無人機から)中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052601773

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しする安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052601770

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しに適した山の斜面まで運ぶ安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052601772

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の乾燥作業を行う安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052601801

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しに適した山の斜面まで運ぶ安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052601859

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、山の斜面で宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しする安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052601771

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮を天日干しに適した山の斜面まで運ぶ安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052601776

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、山の斜面で天日干しした宣紙の原材料となる稲わらとセイタン(青檀)の樹皮。(小型無人機から)中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052601775

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  12日、宣紙の乾燥作業を行う安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052601806

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  11日、宣紙の品質を確認する安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052601816

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  11日、宣紙の品質を確認する安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052601846

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  11日、完成した宣紙に証明印を押す安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052601777

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  11日、紙すき作業を行う安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052601779

    千年受け継がれた伝統技法で生まれる宣紙安徽省涇県  11日、紙すき作業を行う安徽省涇県宣紙廠の従業員。中国安徽省宣城市涇(けい)県で作られる宣紙は千年以上の歴史があり、劣化しにくい、変色しない、虫食いが少ない、寿命が長いなどの特徴を持つことから「国の宝」「紙寿千年」と称されている。制作技法は2006年に第1次国家級無形文化遺産に、09年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録された。原産地の涇県では、宣紙制作が盛んに行われていた明清時代の技法が今でも続いている。紙すき、乾燥、裁断など100以上の工程をすべて手作業で行うため、制作には少なくとも一年を要する。(涇県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051102622

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業をする劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051102673

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが作品の制作に取りかかっている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051102604

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051102522

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、伝統的な紙工芸「粉蝋箋」を制作する劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102527

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、紙を吊るす作業に取りかかる劉靖さん。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102670

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、安徽省巣湖市黄麓鎮にある掇英軒書画用品の作業場で、劉靖さんが伝統的な紙工芸「粉蝋箋」に図案を描いている。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102623

    伝統的な紙工芸「粉蝋箋」の魅力に迫る安徽省巣湖市  4月28日、美しい図案が描かれた伝統的な紙工芸「粉蝋箋」。唐代から製造が始まった「粉蝋箋」は、書画に用いる「宣紙(せんし)」に鉱物で作られた白い粉を振りかけ、蝋を塗り、金や銀を用いてさまざまなデザインを書き上げていく伝統的な紙工芸。一連の複雑な工程を経て作られ、美しく独特な図案を持つ。「粉蝋箋」を代表とする「紙箋加工技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。今年48歳の劉靖(りゅう・せい)さんは、両親が故郷の中国安徽省巣湖(そうこ)市黄麓鎮に創立した「掇英軒」製紙工房を引き継ぎ、書画用品を扱う企業、掇英軒書画用品を設立した。2018年に国家級無形文化遺産代表プロジェクト「紙箋加工技術」の代表伝承人として認定された劉さんは現在、多くの大学で「紙箋加工技術」の講義を行いながら、伝統技術の伝承と発揚に努めている。(巣湖=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像