検索結果 5,084 件中 1 件 〜 50 件 "中国文化"
  1. 2019032000177

    「新華社」 春の農村観光が人気浙江省杭州市  17日、浙江省杭州市臨安区清涼峰鎮楊渓村で獅子舞を観賞する観光客。中国浙江省杭州市臨安区清涼峰鎮楊渓村で17日、農村文化観光イベントが開催され、浙江省、安徽省、江西省から観光客千人以上が集まった。浙江省西部の農村ならではの魅力を伝えるため、同イベントには村の自然風景や長い歴史を持つ忠孝(忠義と孝行)文化の要素に加え、ステージ公演や食品の試食、農産品即売会などが盛り込まれた。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019032000117

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加したラサ市達孜(タクツェ)区唐嘎郷の農家。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019032000136

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019032000126

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019032000127

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、ラサ市達孜(タクツェ)区唐嘎郷で行われた開耕式。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019032000214

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭訓焓)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019032000197

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、服飾文化研究会から寄贈された、明治時代の赤地ちりめんの色打ち掛け(左)と、大正時代の黒地ちりめんの振り袖(右)を披露する福清黄檗文化促進会のスタッフ。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019032000201

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、福清黄檗文化促進会のに着物の目録を手渡す服飾文化研究会の渡辺チヱ会長(中央)。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019032000265

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、服飾文化研究会から福清黄檗文化促進会に寄贈された明治時代の赤地ちりめんの色打ち掛けを着たスタッフ(中央)と、大正時代の黒地ちりめんの振り袖を着たスタッフ(右から2人目)。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭松波)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019032000193

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019032000190

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)で行われた開耕式。(小型無人機から)中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019032000196

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区門中崗村の村民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019032000231

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、ラサ市達孜(タクツェ)区唐嘎郷で行われた開耕式。(小型無人機から)中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019032000178

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019032000110

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式でトラクターを操縦する山南市乃東(ネドン)区門中崗村の村民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019032000111

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019032000121

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019032000125

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019032000141

    「新華社」 歌や踊りで春の耕作始めを祝うチベット自治区  16日、開耕式に参加した山南市乃東(ネドン)区克松社区(コミュニティ)の住民。中国チベット自治区の各地で16日、祝日の晴れ着で身を包んだ老若男女が、色とりどりの旗や花で飾られたトラクターと共に開墾を待つ農地に集まり、歌や踊りで年に1度の開耕儀式を祝った。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019032000297

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/陳芝寛)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019032000299

    「新華社」 日本の服飾文化研究会、福建省を訪れ100年前の着物を寄贈  16日、着物の着付けをする日本の公益社団法人、服飾文化研究会のメンバー。日本の公益社団法人、服飾文化研究会は16日、日本に伝えられた中国文化に対する感謝の意を示すため、福建省の福清黄檗(おうばく)文化促進会に100年の歴史を持つ日本の着物2点を寄贈した。寄贈式では、服飾文化研究会の代表が福清黄檗文化促進会のスタッフに着物を着せ、和服の優雅さを紹介した。同促進会は返礼として書道作品を贈った。(福州=新華社配信/鄭松波)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019031800547

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前に設置された「天灯」。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019031800589

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前で「天灯」(左側の柱)と「万寿灯」を見学する観光客。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019032000155

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉蓮花式磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019032000226

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯青緑釉双系磁瓶」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019032000250

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019031800556

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前に設置された「万寿灯」を補強するスタッフ。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019031800643

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前に設置された「天灯」(左端の柱)と「万寿灯」。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019032000754

    「新華社」 181年前の科挙試験場の改修石碑見つかる河北省定州市  15日、河北省定州市で発見された定州貢院に関する石碑。中国河北省定州市でこのほど、文化財保護関係者が清の道光18年(1838年)の石碑を発見した。今から181年前のもので、中国北方地域に唯一現存する科挙の試験会場、定州貢院(こういん)の創設や改修の由来、工事の規模が詳細に記されており、清代の科挙制度や行政区画などの研究に貴重な文献資料をもたらした。同市共産党委員会宣伝部が明らかにした。(定州=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019032000286

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで展示作品を鑑賞する来場者。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019032000159

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで展示作品を鑑賞する来場者。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019032000140

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019032000084

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019032000090

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019032000162

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019032000173

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートに展示された作品。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019032000124

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉刻劃竜紋磁梅瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019032000261

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019032000251

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019032000217

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで展示作品を鑑賞する来場者。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019032000175

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで展示作品を鑑賞する来場者。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019031800621

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前に設置された「天灯」(両端の2本の柱)と「万寿灯」を見学する観光客。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019031800559

    「新華社」 故宮、「天灯」と「万寿灯」の復元品を慈善競売へ  15日、故宮の乾清宮前に設置された「天灯」。中国北京の故宮博物院はこのほど、1月から行っている「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展で公開している、昔の宮廷の年越しの際に用いた装飾「天灯」と「万寿灯」の復元品を近いうちにチャリティーオークションにかけると発表した。落札金額は全額、貧困地域の教育・文化事業に用いられる。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019032000187

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉小口細頸磁瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019032000254

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019032000740

    「新華社」 181年前の科挙試験場の改修石碑見つかる河北省定州市  15日、河北省定州市で発見された定州貢院に関する石碑。中国河北省定州市でこのほど、文化財保護関係者が清の道光18年(1838年)の石碑を発見した。今から181年前のもので、中国北方地域に唯一現存する科挙の試験会場、定州貢院(こういん)の創設や改修の由来、工事の規模が詳細に記されており、清代の科挙制度や行政区画などの研究に貴重な文献資料をもたらした。同市共産党委員会宣伝部が明らかにした。(定州=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019032000085

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019032000137

    「新華社」 清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県  15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の釉薬坑の遺跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019032000163

    「新華社」 展覧会「中国写意-中国美術館所蔵作品選」リトアニアで開幕  15日、リトアニアのビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートに展示された作品。リトアニアの首都ビリニュスにあるナショナル・ギャラリー・オブ・アートで15日、「中国写意-中国美術館所蔵作品選」と題した展覧会が開幕した。中国の芸術家28人による作品73点のうち、中国美術館の収蔵品は26点。展示は水墨画、油絵、版画、彫刻、水彩画の5つの部門に分けられている。(ビリニュス=新華社配信)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019031502074

    「新華社」 点校本「二十四史」修訂事業の成果再び中華書局から「隋書」刊行  中華書局が刊行する点校本「二十四史」の修訂本、「隋書」。(資料写真)中華書局と復旦大学はこのほど上海でシンポジウムを共催し、「隋書」の修訂本刊行を発表した。中華書局が刊行する点校本「二十四史」の修訂本としては、8部目の史書となる。中国史における「隋書」は、唐代の魏徵(ぎ・ちょう)と長孫無忌(ちょうそん・むき)が中心となって編さんした紀伝体の正史。(上海=新華社配信/中華書局提供)=撮影日不明、クレジット:中華書局/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像