検索結果 2,803 件中 1 件 〜 50 件 "中国文化"
  1. 2019011518274

    「新華社」 書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市  13日、第2回上海春聯大会の会場。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019011624091

    「新華社」 高齢者施設へぬくもりを届ける臘八節河北省安平県  13日、お年寄りの口元に臘八粥を運ぶボランティア。中国の伝統的な祝日、臘八節(旧暦の12月8日)にあたる13日、河北省安平県の青年ボランティアが同県の介護医療リハビリセンターで「香り漂う臘八、心温まる夕陽」と題したイベントを開き、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を作って振る舞った。ボランティアは冷え込みが強まる冬の日に、お年寄りと温かい臘八節を過ごした。(安平=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019011624162

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で臘八粥を配るスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギlンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019011624163

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する3人の日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019011624153

    「新華社」 高齢者施設へぬくもりを届ける臘八節河北省安平県  13日、お年寄りに臘八粥を配るボランティア。中国の伝統的な祝日、臘八節(旧暦の12月8日)にあたる13日、河北省安平県の青年ボランティアが同県の介護医療リハビリセンターで「香り漂う臘八、心温まる夕陽」と題したイベントを開き、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を作って振る舞った。ボランティアは冷え込みが強まる冬の日に、お年寄りと温かい臘八節を過ごした。(安平=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019011624156

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、書道家からもらった「福」の字を両手に持って見せる子ども。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019011517911

    「新華社」 書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市  13日、春聯を書く書道家(右から2人目)。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019011624159

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で観光客や市民に臘八粥を振る舞うスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019011624102

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」が作ったさまざまな食材と漢方薬を煮込んだ臘八粥。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019011518380

    「新華社」 書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市  13日、春聯を書く書道家(左)。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019011624063

    「新華社」 高齢者施設へぬくもりを届ける臘八節河北省安平県  13日、お年寄りに臘八粥を配るボランティア。中国の伝統的な祝日、臘八節(旧暦の12月8日)にあたる13日、河北省安平県の青年ボランティアが同県の介護医療リハビリセンターで「香り漂う臘八、心温まる夕陽」と題したイベントを開き、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を作って振る舞った。ボランティアは冷え込みが強まる冬の日に、お年寄りと温かい臘八節を過ごした。(安平=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019011624145

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019011624150

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019011624161

    「新華社」 臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市  13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019011518042

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場で、白酥油(チベット自治区のバターの一種)などの乳製品を買い求める顧客。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019011518046

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会を楽しむ来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019011517694

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会を楽しむ来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019011517698

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、奶渣糕(乳製品を使ったチベット自治区のお菓子)をポリ袋に詰める店員。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019011518394

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場の一角。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019011518439

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会で作品を撮影する来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019011518135

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会を楽しむ来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/張海強)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019011517668

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場で、ラム肉を買い求める顧客。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019011518388

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場で、新しい民族衣装を買い求める顧客。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019011518398

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場で見かけたヤクの置き物。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019011518138

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会で作品をスマホで撮影する来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019011517605

    「新華社」 新年を前に賑わうチベット自治区の年越し用品市場  12日、チベット自治区ナクチュ市の年越し用品市場で、酥油(チベット風のバター)を買い求める顧客。春節(中国の旧正月)とチベット暦の新年が間近に迫り、中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市の年越し用品市場は、食材や衣服などの年越し用品を買い求める客で賑わいを見せ始めている。(ナクチュ=新華社記者/劉東君)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019011517717

    「新華社」 河北博物院で敦煌のデジタル化展覧会始まる  12日、河北博物院で始まった「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」デジタル化展覧会を楽しむ来場者。中国河北省石家荘市の河北博物院で12日、「敦煌すでに遠からず-河北に来たれり」と題したデジタル化展覧会が始まった。同展覧会は、デジタル化技術を駆使して作品を復元展示することで、来場者に感じる、見える、聞こえる、触れられる体験をもたらす。会期は4月10日まで。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019011518065

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、園児に臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材を紹介する河北省保定市望都県の藍天第二幼稚園の教諭(右端)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(保定=新華社配信/陳衛紅)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019011518216

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材について理解を深める山東省臨沂市郯城(たんじょう)県郯城街道の官塘(かんとう)幼稚園の園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019011517820

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作るためニンニクの皮をむく園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019011624093

    「新華社」 臘八粥配布で深まる近隣との絆山東省青島市  11日、イベント会場で社区の清掃作業員に臘八粥を配るボランティア。中国山東省青島市の北区水清街道で11日、「紅馬甲」(赤いベストの意、地元ボランティアが身分を示すために着用する)と親しみを込めて呼ばれている地元ボランティアが、臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に「民俗を大切に」をテーマとした臘八粥(臘八節に食べる、数種類の穀物に各種の果実を加えて甘く煮た粥)の無料配布イベントを行った。社区(コミュニティ)の住民たちは、各自が手作りした臘八粥を皆と分け合うことで臘八節を迎え、近隣との絆を深めた。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019011517451

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作る子どもたち。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019011610854

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で村民が制作した「走馬灯」を観賞する顧客。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019011518054

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を食べる双子の姉妹。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019011610652

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で「走馬灯」を制作する村民。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019011624151

    「新華社」 臘八粥配布で深まる近隣との絆山東省青島市  11日、イベント会場で配られた臘八粥を味わう清掃作業員。中国山東省青島市の北区水清街道で11日、「紅馬甲」(赤いベストの意、地元ボランティアが身分を示すために着用する)と親しみを込めて呼ばれている地元ボランティアが、臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に「民俗を大切に」をテーマとした臘八粥(臘八節に食べる、数種類の穀物に各種の果実を加えて甘く煮た粥)の無料配布イベントを行った。社区(コミュニティ)の住民たちは、各自が手作りした臘八粥を皆と分け合うことで臘八節を迎え、近隣との絆を深めた。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019011610877

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で「走馬灯」を制作する村民。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019011610894

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で村民が制作した「走馬灯」を観賞する顧客。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019011518187

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、河北省石家荘市第一幼稚園で、自ら漬けた「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を整理する園児。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019011517887

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、河北省の石家荘市第一幼稚園で、「臘八蒜」(旧暦12月8日前後に作るニンニクの酢漬け)を作るためニンニクの皮をむく園児と教諭(左から2人目)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019011518088

    「新華社」 民俗体験で臘八節を迎える  11日、園児に臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)の食材を紹介する山東省臨沂市郯城(たんじょう)県郯城街道の官塘(かんとう)幼稚園の教諭(右から3人目)。臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に、中国各地の学校や幼稚園では「臘八節を迎える」をテーマとしたイベントが開催された。子どもたちは先生の指導の下、臘八節の習俗を体験し、伝統文化の魅力を味わった。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019011610645

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で村民が制作した「走馬灯」を観賞する顧客。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019011624160

    「新華社」 臘八粥配布で深まる近隣との絆山東省青島市  11日、イベント会場で臘八粥を味わう社区の住民と清掃作業員。中国山東省青島市の北区水清街道で11日、「紅馬甲」(赤いベストの意、地元ボランティアが身分を示すために着用する)と親しみを込めて呼ばれている地元ボランティアが、臘八節(中国で旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い旧正月の春節を迎える準備をする日)を前に「民俗を大切に」をテーマとした臘八粥(臘八節に食べる、数種類の穀物に各種の果実を加えて甘く煮た粥)の無料配布イベントを行った。社区(コミュニティ)の住民たちは、各自が手作りした臘八粥を皆と分け合うことで臘八節を迎え、近隣との絆を深めた。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019011610836

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で村民が制作した「走馬灯」を観賞する顧客。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019011610902

    「新華社」 「走馬灯」制作で新年を迎える山東省臨沂市  11日、山東省臨沂市郯城県港上鎮王橋村で制作した「走馬灯」を顧客に紹介する村民の王紹忠(おう・しょうちゅう)さん(右)。中国山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県港上鎮王橋村の民間芸術家によると、現地では新年を迎えるにあたり「走馬灯」を制作するのが伝統的な風習だという。(臨沂=新華社配信/房徳華)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019011518129

    「新華社」 故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、家畜小屋で子牛に綿入れの服を着せる烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019011518142

    「新華社」 彩子作りで春節を迎える河北省石家荘市  10日、河北省石家荘市の邵家荘(しょうかそう)村で、夫と一緒に彩子を天日干しする職人の邵文清(しょう・ぶんせい)さん。中国には「彩子(さいし)」と呼ばれる「吉祥を祈り平安を保つ」ための紙飾りがある。地元の人びとは旧暦の大晦日に自宅の門の上や庭先、町内に彩子をつり下げ、春節(旧正月)を迎える。(石家荘=新華社配信/劉沛然)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019011624082

    「新華社」 臘八節を迎える子どもたち  10日、浙江省徳清県の千秋幼稚園で臘八粥を作る園児と先生。中国浙江省徳清県の武康街道は10日、地元の幼稚園と協力し「冬日暖心、情暖臘八」のイベントを行った。園児らは食材に親しみ、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を作り、「福」字を印刷するなどして、中国の伝統的な祝日を体験し、臘八節(旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い、旧正月を迎える準備をする日。この日に臘八粥を食べる習慣がある)の到来を迎えた。(湖州=新華社配信/王正)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019011624089

    「新華社」 臘八節を迎える子どもたち  10日、浙江省徳清県の千秋幼稚園で臘八粥作りに用いる食材について先生から教わる園児ら。中国浙江省徳清県の武康街道は10日、地元の幼稚園と協力し「冬日暖心、情暖臘八」のイベントを行った。園児らは食材に親しみ、臘八粥(ろうはちがゆ、旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を作り、「福」字を印刷するなどして、中国の伝統的な祝日を体験し、臘八節(旧暦12月8日に五穀豊穣を祝い、旧正月を迎える準備をする日。この日に臘八粥を食べる習慣がある)の到来を迎えた。(湖州=新華社配信/王正)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019011517360

    「新華社」 故郷の放牧地での生活を撮影しネット有名人に内モンゴル自治区  10日、自宅で髪を整え、撮影の準備をする烏音嘎さん。中国内モンゴル自治区西ウジムチン旗に住む「95後」(1995~99年生まれ)のモンゴル族の女性、烏音嘎(ウインガ)さんは、骨身にしみるような冬の草原の寒さも気にせず放牧地生活の撮影に没頭している。大学を卒業したばかりの烏音嘎さんは2018年1月、放牧地にある実家に戻り、手付かずの自然が残る放牧地の短編動画を撮影する事業を興した。烏音嘎さんは草原の美しい風景を撮影し、放牧地での生活を記録して、美しい故郷と独特の民俗を視聴者に届け、全国各地のネットユーザーから高い関心を集めている。現在、短編動画やライブ配信のサイトで100万人を超えるフォロワーを有しており、故郷の観光と特産品販売の活性化にもつながっている。(西ウジムチン旗=新華社記者/劉磊)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像