検索結果 50 件中 1 件 〜 50 件 "中国文明"
  1. 2020042003108

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042003109

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042003049

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042003105

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042003267

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042003252

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019112102282

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の法王寺塔。唐代に建てられた15層の密檐(みつえん)式磚塔。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019112102373

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019112102336

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省汝州市の風穴寺塔林。中国三大塔林の一つで、元代から清代にかけての高僧80人が眠る。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019112102297

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省汝州市の風穴寺塔林。中国三大塔林の一つで、元代から清代にかけての高僧80人が眠る。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019112102321

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019112102315

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019112102335

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019112102331

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔を回り祈りを捧げる市民。嵩岳寺塔は青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019112102387

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019112102271

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  安陽文峰塔の入口階段を登る漢服(中国伝統衣装)を身にまとった女性。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019112102322

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019112102295

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  安陽文峰塔に施されたレンガ彫刻。五代十国の後周時代の建立。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019112102307

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省安陽市の安陽文峰塔。五代十国の後周時代の建立で天寧寺塔とも呼ばれる。5層の重檐(ちょうえん)式仏塔で、屋根は上層にいくほど大きくなり傘型の形状をしている。(2017年4月25日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(安陽=新華社記者/李安)=2017(平成29)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019112102390

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の少林寺塔林。国内最大規模の塔林で、磚や石、磚石混合の墓塔230基余りが立つ。さまざまな様式があり造形も多岐にわたることから、中国古代磚石建築と彫刻芸術の宝庫と呼ばれる。(2017年1月30日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2017(平成29)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019112102381

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省登封市の少林寺塔林。国内最大規模の塔林で、磚や石、磚石混合の墓塔230基余りが立つ。さまざまな様式があり造形も多岐にわたることから、中国古代磚石建築と彫刻芸術の宝庫と呼ばれる。(2017年1月30日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2017(平成29)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120407063

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た康店鎮の康百万荘園。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120406968

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮のある古い舞台。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120407085

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  康店鎮の康百万荘園を見学する観光客。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120407030

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120407069

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  出来上がったばかりの朱仙鎮木版年画を整理する年画職人。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120407070

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  康店鎮の明・清代の建築の一部。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120407047

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮の関帝廟。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120407031

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮で伝統的な「儺舞(なぶ、古代舞踊)」を披露する民間芸能伝承者。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120406969

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮にある前漢梁王墓群。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120407055

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮の自由市場で、竹細工の生活用品を売る農民。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019120406970

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  道口鎮で行われた春節を祝う伝統的な民間娯楽活動「社火」。(2016年3月6日撮影)道口鎮は河南省安陽市滑県の西北部にあり、千年以上の歴史を有する。鎮内の順河街は清代の商業・交易地として有名で、古い店舗や古民家千軒余りが保存されている。毎年旧暦の1月27日から29日にかけてにぎやかな火神廟会(びょうえ、縁日)が開かれる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019112102380

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省開封市の繁塔に施されたレンガ彫刻。繁塔は北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019112102337

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省開封市の繁塔。北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019112102313

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省開封市の繁塔に施されたレンガ彫刻。繁塔は北宋開宝7(974)年の建立。本来の名称を興慈塔といい、繁台と呼ばれる丘の上に建てられたことから繁塔の名が付いた。開封市で現存する最古の建築物の一つ。(2015年10月17日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019112102294

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  ライトアップされた開封鉄塔。開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2015年10月16日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019112102377

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  ライトアップされた開封鉄塔。開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(組み合わせ写真、2015年10月16日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019120407042

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  神垕鎮の街角で売られている鈞磁。(2015年10月1日撮影)神垕(しんこう)鎮は河南省禹州(うしゅう)市の南西部にあり、この地で焼かれる鈞窯(きんよう)の磁器、鈞磁(きんじ)で名をはせた。唐代から中国北方陶磁器文化の中心地の一つだった歴史を持ち、現在でも清代末期以前の古い町並みが保存されており、伝統建築、地方の特色に富んだ民家や路地、廟宇(びょうう)、鈞窯遺跡などが数多く残されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120407078

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮旧市街の一角。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019120407043

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮の山陝会館の石彫牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門の一つ)。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019120407049

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮で伝統的な年画(旧正月に飾る縁起物の絵)を作る職人。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019120406971

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮の古い舞台で伝統的な民間娯楽活動「社火」を見る子ども。(2015年3月5日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019112102376

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  河南省開封市の鉄塔公園に立つ開封鉄塔。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2014年9月6日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2014(平成26)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019112102323

    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る  開封鉄塔の壁面に施された琉璃レンガの彫刻。開封鉄塔は開封市鉄塔公園内にある。1049年の建立で、かつてこの地に開宝寺があったことから開宝寺塔とも呼ばれる。褐色の瑠璃レンガが鉄に見えることから、元代になると鉄塔と呼ばれるようになった。地震や大風、水害にあっても倒れることなく900年以上も立ち続けている。(2014年9月6日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(開封=新華社記者/李安)=2014(平成26)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019120407084

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮にある清代の古建築群、平浪宮。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019120407059

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮の「明・清古街」の一角。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2010100400443

    中国文明の遺物140点 展示される宝冠如来坐像  九州国立博物館の特別展で展示される石仏「宝冠如来坐像」=4日、福岡県太宰府市

  48. 2010100400441

    中国文明の遺物140点 展示される金縷玉衣  九州国立博物館の特別展で展示される「金縷玉衣」=4日、福岡県太宰府市

  49. 2010071400500

    両陛下が中国文明展に 中国文明展鑑賞の両陛下  「誕生!中国文明」展を鑑賞される天皇、皇后両陛下=14日午後、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

  50. 2019032501693

    The First Duty by artist Udo J. The First Duty by artist Udo J. Keppler 1872-1956. Illustration shows a female figure as ‘Civilization‘ wearing a breastplate and helmet, and holding a spear, standing before a benign Chinese emperor, while in the background, a dragon labelled ‘Boxer‘ with billowing clouds of smoke labelled ‘Anarchy,‘ ‘Murder,‘ and ‘Riot‘ is coming over the city wall into the international Legation Quarter. Dated 1900、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像