検索結果 128 件中 1 件 〜 50 件 "中国民間"
  1. 2020090903926

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民や観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020090903877

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020090903914

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区で福州評話を披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さんの写真を撮る市民。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020090903898

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020090903874

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020090903869

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020091006235

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で福州評話を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020091006307

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州評話の「八珍楼」を市民に披露する陳燕彬(ちん・えんひん)さん。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020090903907

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民や観光客。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020090903953

    中国民間芸能の生きた化石「福州評話」福建省福州市  5日、福州市于山風景区の涵碧(かんへき)亭で陳燕彬(ちん・えんひん)さんが披露する福州評話の「八珍楼」を聞く市民。中国福建省福州市に伝わる「福州評話」は、同市の方言で語られる伝統民間芸能(日本の講談に相当)で、その歴史は古く宋代までさかのぼる。「中国民間芸能の生きた化石」とも称され、2006年に国家級無形文化遺産リストに登録された。同市はここ数年、民間芸能の人材育成に力を入れている。語りの技能を高め、昔からの代表的演目を復活させるほか、演目を革新して現代のセンスを取り入れ、人々の文化的生活を豊かにしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209066

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで働くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209057

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、ロケットエンジンの燃焼試験について説明する藍箭航天の杜方平(と・ほうへい)総経理。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209016

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアに並ぶロケットの模型。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209020

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060209014

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリア。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060209027

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060209063

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060209067

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020031923989

    防護物資4万5500点、ミラノに到着中国民間企業が寄付  14日、マルペンサ空港に到着した中国からの支援物資。中国の複合企業、復星集団が設立した公益団体の上海復星公益基金会は15日、多くの中国の民間企業が合同でイタリアに発送した医療防護物資計4万5500点が現地時間14日夕方、ミラノ・マルペンサ空港に到着したことを明らかにした。(ミラノ=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020031923961

    防護物資4万5500点、ミラノに到着中国民間企業が寄付  14日、マルペンサ空港に到着した中国からの支援物資。中国の複合企業、復星集団が設立した公益団体の上海復星公益基金会は15日、多くの中国の民間企業が合同でイタリアに発送した医療防護物資計4万5500点が現地時間14日夕方、ミラノ・マルペンサ空港に到着したことを明らかにした。(ミラノ=新華社配信)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  21. 2020031923968

    防護物資4万5500点、ミラノに到着中国民間企業が寄付  13日、上海でイタリアへの発送を待つ中国企業の支援物資。中国の複合企業、復星集団が設立した公益団体の上海復星公益基金会は15日、多くの中国の民間企業が合同でイタリアに発送した医療防護物資計4万5500点が現地時間14日夕方、ミラノ・マルペンサ空港に到着したことを明らかにした。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020031923964

    防護物資4万5500点、ミラノに到着中国民間企業が寄付  13日、上海でイタリアへの発送を待つ中国企業の支援物資。中国の複合企業、復星集団が設立した公益団体の上海復星公益基金会は15日、多くの中国の民間企業が合同でイタリアに発送した医療防護物資計4万5500点が現地時間14日夕方、ミラノ・マルペンサ空港に到着したことを明らかにした。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020031004397

    自動車大手の吉利、AITセンター着工衛星事業へ布石  衛星のイメージ図。(資料写真)中国浙江省台州市でこのほど、吉利衛星プロジェクトスマートAIT(組み立て統合試験)センターが着工した。同センターは中国民間自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の吉利科技集団が建設する中国初のモジュール生産対応の衛星スマートAITセンターで、衛星の研究開発センターや部品のスマート製造センター、計測・制御センター、クラウドコンピューティングによるビッグデータプラットフォームなどの施設を備える。自動車産業の先進的な組立工程を取り入れ、モジュール化とフレキシブル化、スマート化が実現された工場を造ることで、型番や規格の異なる衛星の組み立て・テストに柔軟に応じることが可能になる。(台州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020031004351

    自動車大手の吉利、AITセンター着工衛星事業へ布石  台州吉利衛星プロジェクトスマートAITセンターの完成予想図。(資料写真)中国浙江省台州市でこのほど、吉利衛星プロジェクトスマートAIT(組み立て統合試験)センターが着工した。同センターは中国民間自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の吉利科技集団が建設する中国初のモジュール生産対応の衛星スマートAITセンターで、衛星の研究開発センターや部品のスマート製造センター、計測・制御センター、クラウドコンピューティングによるビッグデータプラットフォームなどの施設を備える。自動車産業の先進的な組立工程を取り入れ、モジュール化とフレキシブル化、スマート化が実現された工場を造ることで、型番や規格の異なる衛星の組み立て・テストに柔軟に応じることが可能になる。(台州=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020031004396

    自動車大手の吉利、AITセンター着工衛星事業へ布石  台州吉利衛星プロジェクトスマートAITセンターの完成予想図。(資料写真)中国浙江省台州市でこのほど、吉利衛星プロジェクトスマートAIT(組み立て統合試験)センターが着工した。同センターは中国民間自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の吉利科技集団が建設する中国初のモジュール生産対応の衛星スマートAITセンターで、衛星の研究開発センターや部品のスマート製造センター、計測・制御センター、クラウドコンピューティングによるビッグデータプラットフォームなどの施設を備える。自動車産業の先進的な組立工程を取り入れ、モジュール化とフレキシブル化、スマート化が実現された工場を造ることで、型番や規格の異なる衛星の組み立て・テストに柔軟に応じることが可能になる。(台州=新華社配信)=2020(令和2)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020021700593

    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット  13日、副操縦士と共に離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん(左)。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020021700571

    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット  13日、湖北省医療チームを支援するための緊急物資や生活必需品を満載した航空機を操縦し、高崎国際空港から武漢市に向かうオーストラリア人機長のマイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020021700547

    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット  13日、オーストラリア人機長のマイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020021700376

    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット  13日、離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020021700676

    中国人と共にウイルスと闘うオーストラリア人パイロット  13日、離陸の準備をするアモイ航空のオーストラリア人機長、マイルズ・バーナード・ウェストンさん。中国湖北省の医療チームを支援するため緊急物資や生活必需品を満載した福建省のチャーター機が13日、アモイ高崎国際空港から湖北省武漢市に向け出発した。同機の運航を担当したアモイ航空の機長でオーストラリア人のマイルズ・バーナード・ウェストンさんは、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大以降、初めて武漢市へ飛行した中国民間航空機の外国人パイロットとなった。多くの航空会社の外国人パイロットが帰国する中、ウェストンさんはアモイにとどまり、勤務を続けている。武漢への航空便を確保する任務を行う可能性があるとの情報を知った時、中国人と共にウイルスと闘う時が来たとためらうことなく述べた。ウェストンさんは「困難な時に中国人を助け、私の中国の友人や同僚を助けることができる。それが私たちのとどまる理由だと思っている」と話した。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020020300452

    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県  21日、竜をかたどった中国民間伝統芸術の一つ「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)の作品。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020010602596

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された銅梁竜舞。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020010602382

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された、溶かした鉄を夜空に投げる火竜のパフォーマンス。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020010602514

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された銅梁竜舞。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020010602585

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された、溶かした鉄を夜空に投げる火竜のパフォーマンス。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020010602531

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された、溶かした鉄を夜空に投げる火竜のパフォーマンス。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020010602506

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された銅梁竜舞。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020010602601

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭で披露された、溶かした鉄を夜空に投げる火竜のパフォーマンス。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020010602626

    輝く火花で新春を迎える中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」  2日、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭の開幕式。中国各地では、お祝いの日に竜舞を行う習慣がある。重慶市銅梁区で2日夜、第2回重慶銅梁中華竜灯芸術祭が開幕し、中国の無形文化遺産「銅梁竜舞」が披露された。同区は「中国竜舞の郷」や「中国民間文化芸術(竜灯)の郷」として知られ、銅梁竜舞は中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録されている。(重慶=新華社記者/黎華玲)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019102800923

    「中国無形文化遺産の花」、麻布刺しゅう  23日、張小紅さんが「第9回中国民間文芸山花賞」を受賞した夏布刺しゅう作品「清明上河図」の一部。今年61歳になる張小紅(ちょう・しょうこう)さんは、国家級無形文化遺産「夏布刺しゅう」の代表的継承者。張さんは長年にわたり夏布の品質改良を重ね、さらに6種類の新しい技法を考案した。素材に合わせた技法を用い、民間の麻布刺しゅうを芸術性の高い夏布刺しゅうに昇華させ、作品の美的価値を大幅に向上させた。夏布の原料となる苧麻(ちょま、カラムシ)は、2600年前にはすでに江西省の古越族先住民によって栽培が始まっていたため、国際的には「中国草」と呼ばれている。俗称を「麻布刺しゅう」ともいう夏布刺しゅうの起源は北宋(960~1127年)にさかのぼり、千年の時を経て今日まで伝わっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020031004398

    自動車大手の吉利、AITセンター着工衛星事業へ布石  吉利「エアタクシー」プロジェクトセンターの外観。(資料写真)中国浙江省台州市でこのほど、吉利衛星プロジェクトスマートAIT(組み立て統合試験)センターが着工した。同センターは中国民間自動車大手、浙江吉利控股集団傘下の吉利科技集団が建設する中国初のモジュール生産対応の衛星スマートAITセンターで、衛星の研究開発センターや部品のスマート製造センター、計測・制御センター、クラウドコンピューティングによるビッグデータプラットフォームなどの施設を備える。自動車産業の先進的な組立工程を取り入れ、モジュール化とフレキシブル化、スマート化が実現された工場を造ることで、型番や規格の異なる衛星の組み立て・テストに柔軟に応じることが可能になる。(台州=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019102305000

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、三国志の故事「絶纓(ぜつえい)の会」をモチーフに清代に描かれた天津楊柳青年画の「誅斗椒絶纓大会」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019102304989

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019102304937

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた制作地不詳の年画。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019102304782

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019102304561

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示品を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019102304761

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、展示を見学する来賓。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019102304895

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、清代に描かれた天津楊柳青年画の「吸煙美人(きせるを吸う美人)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019102304932

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、馮驥才氏(右)に大型の古版年画を贈呈する山東芸術学院の王力克(おう・りきこく)院長(左)。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019102304993

    中国木版年画国際会議、天津大学で開催  16日、中華民国時期に描かれた上海の石版画のスケッチ「闔家歓(幸せな家族)」。第3回中国木版年画国際会議がこのほど、中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院で開催された。中国、ロシア、カナダ、チェコ、日本、ポーランド、スイス、韓国、フランスなど、多数の国と地域の専門家が年画(中国の民間芸術の一種で、春節の際に家の門や壁に飾られる版画)の存在論や文化・芸術的価値など多方面の研究課題を学術的に議論し、それぞれの研究成果を発表した。同会議は天津大学と中国民間文芸家協会が主催し、馮驥才文学芸術研究院の運営と山東芸術学院の後援により行われた。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像