検索結果 2,284 件中 1 件 〜 50 件 "中国湖南省"
  1. 2020052701098

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市の岳麓山から撮影した市内の夜景。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701159

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、徐々に以前のにぎわいを取り戻す夜市。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701155

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、風景を楽しみながら夜食を味わう市民。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701089

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で食事を楽しむ市民ら。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052300822

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  内モンゴル自治区の鉱山で稼働する230トンの大型電動ダンプカー。(資料写真)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052300900

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  オーストラリアの鉱山で稼働する230トンの大型電動ダンプカー。(資料写真)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052300749

    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市  建設工事が始まる前の鉱山の様子。(資料写真)中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  8. 2020052300747

    5月20日は愛を誓う日、婚姻届提出ラッシュ  20日、結婚証明書を見せるカップル。中国湖南省永州市寧遠県民政局の婚姻届受付窓口では20日、早朝から婚姻届を提出しに訪れたカップルで大混雑した。受け付け開始の午前7時半から職員たちは忙しく働き続け、昼食をとることもままならない様子で、婚姻届の受理に追われていた。「5・20」は中国語で「愛している」を意味する「我愛你」と発音が似ていることから、5月20日は愛を伝える日として定着しつつある。同窓口は「婚姻届提出ラッシュ」に備え、あらかじめオンライン予約や電話予約、現場予約などの方法を用意し、同時に窓口対応の職員を増員して稼働時間も調整したという。同民政局はこの日、合計239組の届け出を受理した。(永州=新華社配信/唐偉)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052300729

    5月20日は愛を誓う日、婚姻届提出ラッシュ  20日、湖南省寧遠県民政局で婚姻届の提出に訪れたカップルたち。中国湖南省永州市寧遠県民政局の婚姻届受付窓口では20日、早朝から婚姻届を提出しに訪れたカップルで大混雑した。受け付け開始の午前7時半から職員たちは忙しく働き続け、昼食をとることもままならない様子で、婚姻届の受理に追われていた。「5・20」は中国語で「愛している」を意味する「我愛你」と発音が似ていることから、5月20日は愛を伝える日として定着しつつある。同窓口は「婚姻届提出ラッシュ」に備え、あらかじめオンライン予約や電話予約、現場予約などの方法を用意し、同時に窓口対応の職員を増員して稼働時間も調整したという。同民政局はこの日、合計239組の届け出を受理した。(永州=新華社配信/唐偉)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052300738

    5月20日は愛を誓う日、婚姻届提出ラッシュ  20日、結婚証明書を見せるカップル。中国湖南省永州市寧遠県民政局の婚姻届受付窓口では20日、早朝から婚姻届を提出しに訪れたカップルで大混雑した。受け付け開始の午前7時半から職員たちは忙しく働き続け、昼食をとることもままならない様子で、婚姻届の受理に追われていた。「5・20」は中国語で「愛している」を意味する「我愛你」と発音が似ていることから、5月20日は愛を伝える日として定着しつつある。同窓口は「婚姻届提出ラッシュ」に備え、あらかじめオンライン予約や電話予約、現場予約などの方法を用意し、同時に窓口対応の職員を増員して稼働時間も調整したという。同民政局はこの日、合計239組の届け出を受理した。(永州=新華社配信/唐偉)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052300743

    5月20日は愛を誓う日、婚姻届提出ラッシュ  20日、湖南省寧遠県民政局で婚姻届の提出に訪れたカップルたち。中国湖南省永州市寧遠県民政局の婚姻届受付窓口では20日、早朝から婚姻届を提出しに訪れたカップルで大混雑した。受け付け開始の午前7時半から職員たちは忙しく働き続け、昼食をとることもままならない様子で、婚姻届の受理に追われていた。「5・20」は中国語で「愛している」を意味する「我愛你」と発音が似ていることから、5月20日は愛を伝える日として定着しつつある。同窓口は「婚姻届提出ラッシュ」に備え、あらかじめオンライン予約や電話予約、現場予約などの方法を用意し、同時に窓口対応の職員を増員して稼働時間も調整したという。同民政局はこの日、合計239組の届け出を受理した。(永州=新華社配信/唐偉)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701004

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701040

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701093

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052601819

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052601800

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052601760

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052601764

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052601791

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052601804

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052601761

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052601811

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052601797

    空から見た乾州古城の建築美湖南省吉首市  17日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市の乾州古城。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州の乾州古城は、州都吉首市を流れる万溶江のほとりに位置し、4200年余りの歴史を持つ。初夏を迎えた古城を上空から見ると、反り上がった軒「飛檐(ひえん)」が独特な風格を醸し出している。(湘西=新華社配信/劉振軍)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051800935

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「豕(し)形銅尊」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051801080

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で展示された商代の青銅器「大禾(たいか)人面文方鼎」。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051801105

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「豕(し)形銅尊」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051800901

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「皿方罍(めいほうらい)」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052001521

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「豕(し)形銅尊」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051801119

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「皿方罍(めいほうらい)」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051801050

    湖南省博物館で「国宝」の魅力を味わう  16日、湖南省博物館で商代の青銅器「大禾(たいか)人面文方鼎」を鑑賞する見学者。中国湖南省長沙市では18日の「国際博物館の日」を前に、多くの市民が湖南省博物館を訪れ「国宝」の魅力を味わっている。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052602090

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、竜舟(ドラゴンボート)の練習に励む馬南社区(コミュニティー)の住民たち。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052602055

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、竜舟(ドラゴンボート)の練習に励む馬南社区(コミュニティー)の住民たち。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052701021

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052701070

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮にある渓州銅柱のレプリカ。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052701045

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052602092

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、川べりで練習の様子を眺めながら子どもにボートの漕ぎ方を教える村の人。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052602097

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、竜舟(ドラゴンボート)の練習に励む馬南社区(コミュニティー)の住民たち。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052601891

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、竜舟(ドラゴンボート)の練習に励む馬南社区(コミュニティー)の住民たち。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052700995

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052601902

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、竜舟(ドラゴンボート)の練習に励む馬南社区(コミュニティー)の住民たち。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052601925

    端午節に向け竜舟の練習に励む村民たち湖南省  15日、練習の合間に子どもにボートの漕ぎ方を教える馬南社区(コミュニティー)のチームメンバー。中国の伝統行事の一つ、端午節まであと1カ月ほどとなったが、中国湖南省懐化市麻陽(まよう)ミャオ族自治県の農村では、竜舟(ドラゴンボート)の強化練習がすでに始まっている。同自治県のほとんどの農村がそれぞれのチームを持っている。毎年端午節になると、同地では民間による大規模なボートレースが行われ、村同士のリーグ戦が繰り広げられる。村の人たちは、以前はレースの1週間ほど前から練習に取り組んでいたが、ここ数年は、4月末から5月初めには練習を始めているという。(麻陽=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051502325

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  寮の部屋ごとに制作した卒業写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051502337

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  懐化学院の正門を背景にして制作したクラス全員の集合写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051502338

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  図書館を背景にして制作したクラス全員の集合写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051502266

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  寮の部屋ごとに制作した卒業写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051800722

    湖南省、サントドミンゴ市と新型コロナ対策でビデオ会議  14日、湖南省とサントドミンゴ市が開催した新型コロナ対策のビデオ会議。中国湖南省とドミニカ共和国の首都サントドミンゴ市は14日、ビデオ会議を行い、新型コロナウイルス感染症の感染防止活動について意見交換した。双方が新型コロナについてビデオ会議を開催するのは今回が2回目。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051800754

    湖南省、サントドミンゴ市と新型コロナ対策でビデオ会議  14日、湖南省とサントドミンゴ市が開催した新型コロナ対策のビデオ会議。中国湖南省とドミニカ共和国の首都サントドミンゴ市は14日、ビデオ会議を行い、新型コロナウイルス感染症の感染防止活動について意見交換した。双方が新型コロナについてビデオ会議を開催するのは今回が2回目。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051502307

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  寮の部屋ごとに制作した卒業写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051502260

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  寮の部屋ごとに制作した卒業写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051502269

    画像編集を独学で習得した大学生、「クラウド卒業写真」を制作湖南省  寮の部屋ごとに制作した卒業写真。(資料写真)中国湖南省懐化市にある懐化学院マルクス主義学院2016年クラスの学生、馬海嬌(ば・かいきょう)さんは、新型コロナウイルスの影響により停止された大学の対面授業の再開時期が決まっておらず、卒業写真を予定通り撮影できるかどうか分からない状況の中、画像編集ソフト「フォトショップ」の使い方を6日間かけて独学で習得。同級生全員の証明写真を使用して「クラウド卒業写真」を制作した。(懐化=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像