検索結果 335 件中 1 件 〜 50 件 "中国福建省アモイ"
  1. 2020070611380

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、「ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成した最速タイム」のギネス世界記録認定証を手にする林之逸君。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070611369

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、ポゴスティックの乗り方を友だちに教える林之逸君(左)。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070611413

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、目隠しをして鏡面キューブパズルを解く林之逸君。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070611421

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを解く林之逸君。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070611427

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、六面立体パズルを解く林之逸君。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070611523

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月30日、自身のギネス世界記録認定証を見る林之逸君(中央)と2人の指導者。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070611438

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月29日、学校で友だちと一緒に六面立体パズルを解く林之逸君。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070611428

    ポゴスティック上での六面立体パズル攻略速度でギネス更新  6月29日、学校で友だちに六面立体パズルの解き方を教える林之逸君(右)。中国福建省アモイ市でこのほど、ポゴスティックに乗りながら六面立体パズルを完成させる速さを競う、ギネス世界記録への公式チャレンジが行われた。複数のギネス記録タイトル保持者や、記憶力の国際資格保持者らの立ち会いの下、同省福州市の林之逸(りん・しいつ)君(9)が18・642秒で世界記録を更新した。福州市鼓山苑小学校3年生の林君は、1年生の頃から六面立体パズルに魅了され、母親を相手に毎日こつこつと練習を続けてきた。特に六面立体パズルの達人、方述傑(ほう・じゅつけつ)さんと葉佳希(よう・かき)さんの指導を受けてからは、指の敏捷性や判断推理能力、反応能力、空間認知能力などが、めきめきと向上した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601768

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601762

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052601794

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601759

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601763

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で撮影したハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052601787

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052601832

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052601810

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052601795

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052601788

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052601847

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052601822

    ハリオハチクイ、アモイで巣作り  19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019102800965

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場で展示された逸品の数々。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019102800976

    全国文房四宝芸術博覧会で「木版水印技術」を紹介福建省アモイ市  24日、韓国ソウルの書画家らに巨大木版水印作品「千手千眼観音像」の制作プロセスを説明する魏立中館長(奥の黒い服の人物)。中国福建省アモイ市で24日、第44回全国文房四宝芸術博覧会が開催された。中国の国家級無形文化遺産に指定されている「木版水印技術」(木版画印刷技術)の代表的継承者、杭州十竹斎芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長が独自の「木版水印技術」を披露した。木版水印の正式名称は「古代彩色版画印刷術」で、高度な技術によって書画の逸品を模倣・複製する伝統工芸。制作は輪郭取り、刻版、水印、表装の四つの工程から成る。十竹斎木版水印技術は2014年に第4期国家級無形文化遺産の代表的一覧に登録された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019102800924

    全国文房四宝芸術博覧会で「木版水印技術」を紹介福建省アモイ市  24日、来場者に木版水印技術について説明する魏立中館長。中国福建省アモイ市で24日、第44回全国文房四宝芸術博覧会が開催された。中国の国家級無形文化遺産に指定されている「木版水印技術」(木版画印刷技術)の代表的継承者、杭州十竹斎芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長が独自の「木版水印技術」を披露した。木版水印の正式名称は「古代彩色版画印刷術」で、高度な技術によって書画の逸品を模倣・複製する伝統工芸。制作は輪郭取り、刻版、水印、表装の四つの工程から成る。十竹斎木版水印技術は2014年に第4期国家級無形文化遺産の代表的一覧に登録された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019102800906

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場で中国の伝統的な「四大印章石」の一つ、福州市の寿山石彫を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102800904

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、第44回全国「文房四宝」芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会の開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019102800918

    全国文房四宝芸術博覧会で「木版水印技術」を紹介福建省アモイ市  24日、会場で木版水印を制作する魏立中館長。中国福建省アモイ市で24日、第44回全国文房四宝芸術博覧会が開催された。中国の国家級無形文化遺産に指定されている「木版水印技術」(木版画印刷技術)の代表的継承者、杭州十竹斎芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長が独自の「木版水印技術」を披露した。木版水印の正式名称は「古代彩色版画印刷術」で、高度な技術によって書画の逸品を模倣・複製する伝統工芸。制作は輪郭取り、刻版、水印、表装の四つの工程から成る。十竹斎木版水印技術は2014年に第4期国家級無形文化遺産の代表的一覧に登録された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019102800971

    全国文房四宝芸術博覧会で「木版水印技術」を紹介福建省アモイ市  24日、韓国ソウルから来た書画家らに木版水印制作を指導する魏立中館長(右端)。中国福建省アモイ市で24日、第44回全国文房四宝芸術博覧会が開催された。中国の国家級無形文化遺産に指定されている「木版水印技術」(木版画印刷技術)の代表的継承者、杭州十竹斎芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長が独自の「木版水印技術」を披露した。木版水印の正式名称は「古代彩色版画印刷術」で、高度な技術によって書画の逸品を模倣・複製する伝統工芸。制作は輪郭取り、刻版、水印、表装の四つの工程から成る。十竹斎木版水印技術は2014年に第4期国家級無形文化遺産の代表的一覧に登録された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019102800974

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場で手作りの扇子を購入する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019102800983

    全国文房四宝芸術博覧会で「木版水印技術」を紹介福建省アモイ市  24日、巨大木版水印作品「千手千眼観音像」について説明する魏立中館長(右端)。中国福建省アモイ市で24日、第44回全国文房四宝芸術博覧会が開催された。中国の国家級無形文化遺産に指定されている「木版水印技術」(木版画印刷技術)の代表的継承者、杭州十竹斎芸術館の魏立中(ぎ・りつちゅう)館長が独自の「木版水印技術」を披露した。木版水印の正式名称は「古代彩色版画印刷術」で、高度な技術によって書画の逸品を模倣・複製する伝統工芸。制作は輪郭取り、刻版、水印、表装の四つの工程から成る。十竹斎木版水印技術は2014年に第4期国家級無形文化遺産の代表的一覧に登録された。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019102801005

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、文房四宝について詳細を尋ねる書画愛好家(左)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019102800969

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場で硯を購入する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019102800884

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場で西安碑林博物館が出品した拓本「石墨鐫華」を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019102800970

    第44回全国「文房四宝」芸術博覧会開催福建省アモイ市  24日、博覧会会場でスタッフに安徽省宣城市で生産された高級紙「宣紙」の価格を尋ねる来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で24日、第44回全国「文房四宝」(筆、墨、紙、硯)芸術博覧会および第5回海峡書画芸術産業博覧会が開幕し、200社余りのメーカーが1万点に上る筆・墨・紙・硯の逸品を出展した。多くの所蔵品や出版物、派生商品、文化クリエーティブ作品なども展示された。会期は27日まで。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019101605084

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、展覧会場で交流する中日双方の関係者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019101605088

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、福清市の黄檗山萬福寺の定明法師(右)に作品を贈る内藤香林禅師。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019101605089

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、日本の黄檗宗の荒木将旭宗務総長(右)に書道作品を贈る陳秀卿氏(中央)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019101605090

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、書道作品を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019101604953

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、会場で来賓に煎茶道のお点前を披露する日本の黄檗皎上月流の茶人(中央奥)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019101605062

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、作品を見学する来場者。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019101604823

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、アモイ国際会展中心で開かれた「中日黄檗文化の光内藤香林画僧・陳秀卿居士書画展」開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019101605081

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、アモイ国際会展中心で開かれた「中日黄檗文化の光内藤香林画僧・陳秀卿居士書画展」開幕式の様子。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019101605083

    中日の芸術家、アモイで黄檗文化書画展を開催  10日、開幕式会場で、来賓に作品を説明するアモイ市書道家協会元主席で、現在は福建省書道家協会副主席の陳秀卿氏(中央黒い服の女性)。中国福建省アモイ市のアモイ国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)で10日、「中日黄檗(おうばく)文化の光内藤香林画僧・陳秀卿(ちん・しゅうけい)居士書画展」が開幕した。同省福清市の黄檗山萬福寺やアモイ市の虎渓岩寺、日本の黄檗宗および中日両国の黄檗文化促進会など、多くの寺院や文化機関が共同で開催した。内藤香林禅師は日本の黄檗宗西円寺の住職で、中日の仏教友好交流に積極的に取り組み、絵画を通じて黄檗文化を広め、中国仏教協会から「中国仏教協会文化功労賞」を授与されている。陳秀卿氏はアモイ市書道家協会の元主席で、現在は福建省書道家協会の副主席を務めている。(アモイ=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019091105015

    アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕福建省アモイ市  8日、芸術品コレクション投資の展示区域で漆絵作品を撮影する来場者。中国福建省アモイ市で8日、2019アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019091105006

    アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕福建省アモイ市  8日、自国の食品を紹介するセルビアの事業者。中国福建省アモイ市で8日、2019アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019091105028

    アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕福建省アモイ市  8日、高速鉄道「復興号」の模型を見学する国内外の関係者ら。中国福建省アモイ市で8日、2019アモイ国際貿易商談会およびシルクロード投資大会が開幕した。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019091003256

    世界ビジネスリーダー円卓会議、アモイ市で開催  7日、会議で発言するシンガポール国立大学の李海洲(り・かいしゅう)教授。第18回世界ビジネスリーダー円卓会議が7日、中国福建省アモイ市で開催された。今年のテーマは「人工知能(AI)が未来を変える」。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019091003286

    世界ビジネスリーダー円卓会議、アモイ市で開催  7日、会議で発言するアリババグループの肖利華(しょう・りか)副総裁。第18回世界ビジネスリーダー円卓会議が7日、中国福建省アモイ市で開催された。今年のテーマは「人工知能(AI)が未来を変える」。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019091003302

    世界ビジネスリーダー円卓会議、アモイ市で開催  7日、会議で発言するセルビア総理弁公室のネナド・パウノビッチ情報技術・起業特別顧問。第18回世界ビジネスリーダー円卓会議が7日、中国福建省アモイ市で開催された。今年のテーマは「人工知能(AI)が未来を変える」。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019091003277

    世界ビジネスリーダー円卓会議、アモイ市で開催  7日、会議で発言するフランスの北フランス地方投資促進開発局のGuillaumeJINKOJIアジア太平洋地域事務主管。第18回世界ビジネスリーダー円卓会議が7日、中国福建省アモイ市で開催された。今年のテーマは「人工知能(AI)が未来を変える」。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019091003308

    世界ビジネスリーダー円卓会議、アモイ市で開催  7日、会議で発言する世界貿易センター連合監査委員会のMehranEftekhar議長。第18回世界ビジネスリーダー円卓会議が7日、中国福建省アモイ市で開催された。今年のテーマは「人工知能(AI)が未来を変える」。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像