検索結果 135 件中 1 件 〜 50 件 "中国農業"
  1. 2020073006135

    農業農村部、雲南省でバッタ防除の緊急演習を実施  27日、江城ハニ族イ族自治県で行われたバッタ防除の緊急演習。中国農業農村部は27日、ラオスと国境を接する雲南省普洱(ふじ)市江城ハニ族イ族自治県でバッタ防除の緊急演習を実施した。また国内外のバッタの発生・拡大状況を分析する座談会を開き、南西国境地域の防除作業を検討し、手配した。(普洱=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020073006246

    農業農村部、雲南省でバッタ防除の緊急演習を実施  27日、江城ハニ族イ族自治県で行われたバッタ防除の緊急演習。中国農業農村部は27日、ラオスと国境を接する雲南省普洱(ふじ)市江城ハニ族イ族自治県でバッタ防除の緊急演習を実施した。また国内外のバッタの発生・拡大状況を分析する座談会を開き、南西国境地域の防除作業を検討し、手配した。(普洱=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020071409059

    湖南省、「製造強省」融資マッチング会を開催  10日、非鉄金属メーカーの湖南中創空天新材料を視察する中国農業銀行湖南省支店の担当者ら。中国湖南省はこのほど、「製造強省」の実現に向けた融資マッチング会を開いた。工業分野の新興優勢産業チェーンの重点企業と重点プロジェクト建設企業の350社が各種金融機関と融資需要のマッチングを行った。製造業への金融支援を強め、「六つの安定」(雇用、金融、貿易、外資、投資、予想の安定)と「六つの保障」(雇用、基本的民生、市場主体、食糧・エネルギー安全、産業チェーン・サプライチェーンの安定、末端組織運営の保障)の土台固めを図った。(長沙=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060401912

    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染  湖南省湘郷市育塅郷南水村の水田で農業用ドローンを操縦する農家。(5月14日撮影)中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060401891

    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染  湖南省湘郷市育塅郷南水村の水田(5月14日撮影、小型無人機から)中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060401897

    ドローンの「使い手」が変える中国農業進む効率化と脱汚染  14日、湘郷市育塅郷南水村の水田で農薬を散布するドローン。中国南方地域の早稲米の産地の一つ、湖南省湘郷(しょうきょう)市の農村に足を踏み入れると、視界一面に青田がなびき、夏風が吹き抜け、水田の香りが漂う。上空には農業用小型無人機(ドローン)が、施肥や除草、防虫と忙しそうに飛び回っていた。ドローンは中国で「空飛ぶ耕牛」として農作業に活用されている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601884

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県永安鎮にある「中国西部茶海之心」風景区。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052602013

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県永安鎮にある「中国西部茶海之心」風景区。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601886

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村の茶葉加工場で作業する従業員。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601876

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村の茶葉加工場で、摘みたての茶葉の残留農薬検査をする従業員。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052602046

    ミネラルが豊富な茶葉の生産で貧困脱却貴州省鳳岡県  貴州省遵義市鳳岡県田壩村で茶を摘む村民。(5月7日撮影)中国貴州省北東部にある遵義市鳳岡県の土壌には、亜鉛やセレンが多く含まれている。2011年に中国農業科学院茶葉研究所が同県の主要茶産地である11郷・鎮の茶葉について、亜鉛とセレンの含有量を測定したところ、茶葉1キロ当たりの平均含有量は亜鉛が40~80ミリグラム、セレンが0・05~0・5ミリグラムで、共に高含有の基準に達していた。鳳岡県ではここ数年、茶畑の建設を加速させており、現在は栽培面積約40万ムー(約2万7千ヘクタール)の茶畑で生産が始まり、「一人当たり1ムー(約667平方メートル)の茶」の目標をほぼ達成している。統計によると、貧困脱却支援策が講じられてから、同県で茶葉生産により貧困を脱却した農家は1万7260人に上る。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050804863

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧シティバンク(花旗銀行)。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020041403188

    上海税関、輸入トウモロコシ種子からウイルス検出すでに焼却処分  9日、上海税関の実験室で輸入トウモロコシの種子を検査する職員。中国上海税関はこのほど、2回にわたり輸入されたトウモロコシ種子からウイルスを検出、同税関の監督管理の下で計3・91トンが焼却処分されたことを明らかにした。上海浦東国際空港税関による現場検疫と上海税関動植物・食品検査検疫技術センターによる検査鑑定、中国農業大学などの機関の専門家による照合を経て、チリから2回にわたり輸入されたトウモロコシの種子からのトウモロコシ萎縮モザイクウイルス(maizedwarfmosaicvirus、MDMV)検出が確定した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020041403203

    上海税関、輸入トウモロコシ種子からウイルス検出すでに焼却処分  9日、上海税関の実験室で輸入トウモロコシの種子を検査する職員。中国上海税関はこのほど、2回にわたり輸入されたトウモロコシ種子からウイルスを検出、同税関の監督管理の下で計3・91トンが焼却処分されたことを明らかにした。上海浦東国際空港税関による現場検疫と上海税関動植物・食品検査検疫技術センターによる検査鑑定、中国農業大学などの機関の専門家による照合を経て、チリから2回にわたり輸入されたトウモロコシの種子からのトウモロコシ萎縮モザイクウイルス(maizedwarfmosaicvirus、MDMV)検出が確定した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020040302531

    感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷康家村の茶畑で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040302593

    感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村で自宅前の茶畑の茶摘みをする村民。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/杜達巍)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040800776

    コブシが満開に四川省江油市  3月31日、呉家後山で満開を迎えたコブシが山々、遠くの民家とともに美しい春の景色を生み出している。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020040800777

    コブシが満開に四川省江油市  3月31日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油市大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020040302614

    感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷大溝村の茶葉栽培基地で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020040302637

    感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村の茶葉栽培基地。(小型無人機から)中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/趙愛平)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040800784

    コブシが満開に四川省江油市  3月31日、呉家後山で満開を迎えたコブシを楽しむ観光客。中国四川省江油市大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020040800793

    コブシが満開に四川省江油市  3月31日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040800766

    コブシが満開に四川省江油市  3月31日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。(小型無人機から)中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040800759

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油市大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040800801

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040800769

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020040800779

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020040800760

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油市大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040800768

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油市大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020040800804

    コブシが満開に四川省江油市  3月30日、呉家後山で満開を迎えたコブシ。中国四川省江油大康鎮旱豊(かんほう)村の呉家後山ではこのほど、コブシの花が満開を迎えた。山々に囲まれるように数十里(1里=約500メートル)にわたって連なり、さまざまな色や大きさをした花が多くの観光客を魅了している。呉家後山のコブシは6万株以上で、標高1200メートルほどから2100メートルほどの森の中に分布している。コブシはモクレン科の落葉高木で、白やピンク、紫などさまざまな色の花をつける。呉家後山のモクレンは毎年3月から4月の間に満開を迎え、開花期は1カ月以上続く。面積や株数、生育の独自性から、2014年5月、中国農業部により中国の重要農業文化遺産に指定された。(江油=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020031004485

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの卵を探す中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020031004556

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの被害状況を調べる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020031004553

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの被害状況を調べる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020031004544

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区で、サバクトビバッタの体内にある卵を見せる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020031004465

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの標本を採取する中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020031004476

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区で、捕獲したサバクトビバッタを見せる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019101604878

    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞  9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで品評会のため炊飯器を準備するスタッフ。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019101604858

    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞  9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで行われた米の品評会の審査会場。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019091003205

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  8日、長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点で「水田+エビ」モデルによるエビの養殖を見学する研究者。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019091003311

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  6日、収穫期を迎えた長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019091003204

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  2日、長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点。中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019091003187

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点で飼育されているクイナ科のバン。(8月20日撮影)中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019091003181

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点で餌を探すニワトリ。(8月20日撮影)中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019091003318

    水田を使った飼育・養殖が中国農業のトレンドに  長沙県路口鎮明月村にある水田生態栽培飼育モデル拠点内のビニールハウス。ここではエビも養殖されている。(8月20日撮影)中国湖南省長沙市で6~8日、第1回国際(長沙)農地生態栽培飼育発展フォーラムが開かれ、水田とスッポンの調和共生モデルが各国の参加者の高い関心を集めた。湖南省は中国の水稲栽培や淡水産物の重要な生産拠点で、水田や乾地を使った飼育・養殖モデルが確立されている。現在、湖南省の水産物養殖面積は600万ムー(15ムー=1ヘクタール)以上で、中でも水田での養殖は約330万ムーとなっており、中国全体の10分の1を占めている。「水田+カモ」「水田+エビ」「水田+スッポン+魚」など、環境に配慮した水田の飼育・養殖モデルはますます種類が豊富になっている。(長沙=新華社配信/呂広動)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  45. 2019081900579

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の有機水稲栽培エリアで、アイガモ農法について学ぶ来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019081900483

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の海洋館で、ダウリアチョウザメを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019081900481

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内で見かけた大型カボチャの横で写真を撮る来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019081900549

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、大型スイカを写真に収める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019081900586

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、大勢の来場者で賑わう花卉(かき)館。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019081900613

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、クラゲを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像