検索結果 910 件中 1 件 〜 50 件 "中国青海省"
  1. 2020052104767

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州の吐蕃墓から出土した絹織物。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052104772

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているトルコ石と真珠をはめ込んだ金のブレスレット。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052104749

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているトルコ石をはめ込んだ黄金の装身具。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052104735

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているオウムガイの化石。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052104840

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、タンカの大作「中国チベット族文化芸術彩絵大観」。全長618メートル、面積1500平方メートルで絵師400人が4年がかりで完成させた。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052104799

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されている「四王金杯」。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104821

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されている紙幣。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104701

    青海チベット文化博物院で「国際博物館の日」イベント  18日、青海チベット文化博物院に展示されているガラス瓶。中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院で18日、同省が「国際博物館の日」を記念して実施した催しのメイン会場イベントが開かれた。同博物院は文化財5万点(組)を収蔵しており、うち1020点(組)が1~3級の貴重文化財に指定されている。チベット文化の発展過程やシルクロードの変遷を反映する貴重な文化財や史料を集中的に保管している。世界一長いタンカ(チベット仏教の仏画)としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」も所蔵している。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052300754

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052300764

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、3月22日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052300767

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、3月22日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052300770

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052300725

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、3月22日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052300726

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052300748

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、3月22日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052300750

    中国で再びヒマラヤハゲワシの人工繁殖に成功  17日、青海省西寧市にある西寧野生動物園で初めて公開された、3月22日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシ。中国青海省の西寧野生動物園は17日、今年3月22日と5月13日に生まれた人工繁殖のヒマラヤハゲワシのひな2羽を初めて公開した。今回誕生した2羽は、2017年と19年に生まれた2羽に続き、中国で人工繁殖によって誕生したヒマラヤハゲワシの3羽目と4羽目になる。(西寧=新華社記者/耿輝鳳)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104452

    チベットカモシカ、出産控え大移動  16日、可可西里地区で草をはむチベットカモシカの群れ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104532

    チベットカモシカ、出産控え大移動  16日、橋の下をくぐって可可西里地区に向かうチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104460

    チベットカモシカ、出産控え大移動  16日、可可西里地区で草をはむチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104495

    チベットカモシカ、出産控え大移動  16日、可可西里地区で活動するチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104457

    チベットカモシカ、出産控え大移動  16日、可可西里地区で活動するチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104475

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で活動するチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104519

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で草をはむチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052104504

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で活動するチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104530

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で活動するチベットカモシカの群れ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104514

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で草をはむチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104502

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で活動するチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104503

    チベットカモシカ、出産控え大移動  15日、可可西里地区で草をはむチベットカモシカ。中国青海省玉樹チベット族自治州可可西里国家級自然保護区の管理事務所五道梁保護ステーションの観測データによると、チベットカモシカが4月30日に青蔵鉄道(青海・チベット鉄道)の五北大橋と青蔵公路の横断を開始した。出産のために年に一度の大移動を始めたことになる。チベットカモシカは毎年5月から7月上旬にかけて青海省の三江源、チベット自治区のチャンタン(羌塘)、新疆ウイグル自治区のアルチン(阿爾金)山などから可可西里の卓乃湖に集まり出産する。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052300752

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海喇家国家考古遺跡公園を見学する観光客。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052300794

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052300746

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海喇家国家考古遺跡公園のVR(バーチャル・リアリティ)コーナーで、VR体験を楽しむ来場者。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052300779

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102525

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した斉家文化の陶器は主に夾砂褐陶(きょうしゃかっとう)や泥質紅陶、泥質黄陶で、その制作技術は比較的原始的だったという。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051102515

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051102519

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された4千年前の麺が入った器の写真。研究者は器の中の厚さ約6センチの堆積物から採取したサンプルを分析し、麺の主成分がアワで、少量のキビも含まれていることを明らかにした。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051102663

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051102655

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051102563

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051102591

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された骨器。ナイフとフォークようなの形をしている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051102559

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館の前の広場を歩く人たち。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020050104627

    人工飼育されたユキヒョウの双子、西寧野生動物園でお披露目  27日、青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で撮影した大きくなったユキヒョウ。中国青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で27日、生後11カ月になる人工飼育されたユキヒョウの双子が初めて公開された。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020050104582

    人工飼育されたユキヒョウの双子、西寧野生動物園でお披露目  27日、青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で撮影した大きくなったユキヒョウ。中国青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で27日、生後11カ月になる人工飼育されたユキヒョウの双子が初めて公開された。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020050104551

    人工飼育されたユキヒョウの双子、西寧野生動物園でお披露目  27日、青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で撮影した大きくなったユキヒョウ。中国青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で27日、生後11カ月になる人工飼育されたユキヒョウの双子が初めて公開された。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020050104583

    人工飼育されたユキヒョウの双子、西寧野生動物園でお披露目  27日、青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で撮影した大きくなったユキヒョウ。中国青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で27日、生後11カ月になる人工飼育されたユキヒョウの双子が初めて公開された。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050104615

    人工飼育されたユキヒョウの双子、西寧野生動物園でお披露目  27日、青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で撮影した大きくなったユキヒョウ。中国青海省西寧市にある西寧野生動物園の小型猫科動物館で27日、生後11カ月になる人工飼育されたユキヒョウの双子が初めて公開された。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042301754

    春が訪れた青海湖  20日、青海省海南チベット族自治州共和県の二郎剣風景区で写真撮影を楽しむ観光客。中国青海省にある青海湖では、気温の上昇に伴い氷が解け始め、美しい景観を作り出している。湖畔では本格的な春の到来とともに野生動物の姿も見られるようになった。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020042301842

    春が訪れた青海湖  20日、青海省海南チベット族自治州共和県黒馬河鎮付近から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省にある青海湖では、気温の上昇に伴い氷が解け始め、美しい景観を作り出している。湖畔では本格的な春の到来とともに野生動物の姿も見られるようになった。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042301861

    春が訪れた青海湖  20日、青海省海南チベット族自治州共和県黒馬河鎮付近から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省にある青海湖では、気温の上昇に伴い氷が解け始め、美しい景観を作り出している。湖畔では本格的な春の到来とともに野生動物の姿も見られるようになった。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042301758

    春が訪れた青海湖  20日、青海省海南チベット族自治州共和県の二郎剣風景区で撮影したチャガシラカモメ。中国青海省にある青海湖では、気温の上昇に伴い氷が解け始め、美しい景観を作り出している。湖畔では本格的な春の到来とともに野生動物の姿も見られるようになった。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042301796

    春が訪れた青海湖  20日、青海省海南チベット族自治州共和県黒馬河鎮付近から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省にある青海湖では、気温の上昇に伴い氷が解け始め、美しい景観を作り出している。湖畔では本格的な春の到来とともに野生動物の姿も見られるようになった。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像