検索結果 357 件中 1 件 〜 50 件 "中央制御室"
  1. 2020111601517

    高浜原発1、2号機  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室=2020年11月13日、福井県高浜町

  2. 2020111601515

    関電高浜原発1,2号機  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室=2020年11月13日、福井県高浜町(保安上の理由から画像の一部を加工しています)

  3. 2020111601512

    高浜原発1,2号機  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室=2020年11月13日、福井県高浜町

  4. 2020111601510

    高浜原発1、2号機  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室=2020年11月13日、福井県高浜町

  5. 2020111601508

    関電高浜原発1、2号機  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室=2020年11月13日、福井県高浜町(保安上の理由から画像の一部を加工しています)

  6. 2020110905365

    40年超の美浜3号機を公開 美浜原発内の中央制御室  デジタル式制御盤が導入された関西電力美浜3号機の中央制御室=9日、福井県美浜町(代表撮影)

  7. 2020110905363

    40年超の美浜3号機を公開 美浜原発の中央制御室  デジタル式制御盤が導入された関西電力美浜3号機の中央制御室=9日、福井県美浜町(代表撮影)

  8. 2020111006063

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で分散型制御システムの動作状況をリアルタイムに点検する技術者。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020111006071

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で分散型制御システムの動作状況をリアルタイムに点検する技術者。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020111006262

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で分散型制御システム運転開始の最終準備を行う技術者。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020111006268

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で運用開始が成功した分散型制御システムを点検するスタッフ。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020111006027

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で分散型制御システム運用開始の最終準備を行う技術者。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020111006013

    発電分野で中国初、国産分散型制御システムが運用開始福建省  6日、華能福州発電所の中央制御室で分散型制御システムの動作状況リアルタイムに点検する技術者。中国華能集団西安熱工研究院が独自開発した、発電分野で初の中国国産分散型制御システム(DSC)が6日、華能福州発電所2号機で運用を開始した。これは発電産業の制御システムが外国製ソフトウエア、ハードウエア依存から完全に脱し、国産化を実現したことを意味する。同システムは発電所の制御中枢であり、ボイラー、蒸気タービン、発電機など、全設備の制御を行える。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020102705148

    40年超高浜原発の工事視察 中央制御室視察の野瀬町長  関西電力高浜原発1、2号機の中央制御室を視察する福井県高浜町の野瀬豊町長(右)=27日午後、高浜町(代表撮影)

  15. 2020113000725

    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功  10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で、グリッド接続の成功を祝うスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020113000674

    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功  10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020113000853

    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功  10月27日、第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020113000805

    中国の第3世代原子炉「華竜1号」、グリッド接続発電に成功  10月27日第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した福清原発5号機の中央制御室で働くスタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、27日午前0時41分(日本時間同1時41分)、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同原発5号機が、グリッド接続発電に成功した。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉技術で、設計寿命は60年。世界に進出する中国製原発の「国家の名刺」役を担う「華竜1号」は、現在の原子力発電市場で最も受け入れられている第3世代原子炉モデルの一つで、中国製原発のイノベーションと発展を示す重要な画期的成果といえる。(福州=新華社配信)2=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020102302615

    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に  20日、世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020102007153

    上海の穀物貯蔵庫を市民代表が見学、中国食料安全宣伝週間で  16日、穀物の温度を測定する職員。計測した温度はネットワークで中央制御室に送信される。中国では世界食料デーの10月16日を含む週を「食料安全宣伝週間」と定めている。これに合わせ、市民代表約30人が同日、中国儲備糧(ちょびりょう)上海直属庫を訪れ、スマート化された穀物貯蔵庫を見学した。中国儲備糧スマート化穀物貯蔵庫システムは、貯蔵庫区と管轄区の全方位オンライン制御を実現している。上海直属庫では高精細カメラで倉庫内で撮影した画像を23倍まで拡大でき、極めて小さな害虫でも見つけられる。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020102302637

    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に  世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。(10月10日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020102302625

    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に  世界で初めて「華竜1号」を採用した福清原子力発電所5号機の中央制御室スタッフ。(10月10日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020092303613

    5Gで変わる製造現場鉄鋼メーカー湖南華菱湘潭鋼鉄を訪問  15日、湖南華菱湘潭鋼鉄の棒材工場の中央制御室で働く従業員。中国湖南省の鉄鋼メーカー、湖南華菱湘潭(しょうたん)鋼鉄は、2019年から中国通信キャリア大手の中国移動通信集団(チャイナモバイル)湖南支社や中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と提携。業界で第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを率先して構築し、スマート工場を建設することで、従業員を高温・ハイリスクの厳しい労働環境から解放するよう後押ししている。(湘潭=新華社記者/陳振海)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020090701542

    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の正式稼働に向け燃料装荷  福清原発5号機の中央制御室。(7月28日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は4日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉への核燃料の装荷作業を始めた。(福州=新華社配信/何成希)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072803404

    中国が自主開発した石油試掘リグ「勘探3号」を訪ねて  11日、石油試掘リグ「勘探3号」の中央制御室で設備を操作する従業員。中国海南省三亜湾沖で稼動している海洋石油・天然ガスの探査・開発などを手掛ける中国石化海洋石油工程の石油試掘リグ「勘探3号」は、中国が1983年に自主開発した半潜水型石油掘削プラットフォームで、主に海洋石油・天然ガス資源の試掘作業を行っている。稼動から30年余りにわたって油井160カ所以上の試掘を請け負い、東中国海などの海域で海上油田・ガス田を相次いで発見してきた。(三亜=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060908064

    企業70社が操業再開感染症対策を徹底モンゴル自治区  5月25日、オルドス市エジンホロ旗にある新エネルギーの開発を手掛ける企業「内蒙古正泰易達新能源」の中央制御室で、データをコンピュータ画面で監視する技術作業員。中国内モンゴル自治区オルドス市のエジンホロ旗はこのところ、感染症対策を徹底しながら、管轄区域内の企業が秩序立てて操業再開を進められるよう様々な取り組みを行っている。現在、全旗の一定規模(年商2千万元以上、1元=約15円)以上の企業70社すべてが、操業を再開している。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051305875

    稼働まで「長期化懸念」 再処理工場の中央制御室  日本原燃の再処理工場の中央制御室=2019年6月、青森県六ケ所村

  28. 2020060907884

    海南省洋浦経済開発区、自由貿易港建設の「先行区」に  海南省の洋浦経済開発区にある海南逸盛石化の中央制御室で設備を操作する従業員。(4月9日撮影)1992年に中国国務院の承認を経て設立された国家級開発区、海南省の洋浦(ようほ)経済開発区は現在、同省の自由貿易港建設における「先行区」としての役割を担っている。また、西部陸海新ルートの水上輸送拠点、先進製造業基地、大口商品の集散交易基地、国際貿易イノベーションモデル区として位置付けられており、海南島全島の自由貿易港建設のための実践経験を蓄積しつつある。(海口=新華社記者/蒲暁旭)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020032313405

    新型コロナウイルスの感染流入阻止に全力山東省港口集団  17日、山東省港口集団青島コンテナ埠頭にある無人自動化埠頭の中央制御室で働く従業員。中国山東省内の七つの港を一体的に管理する山東省港口集団は最近、各港区での新型コロナウイルスの感染拡大阻止に全力で取り組んでいる。また、感染対策物資や輸出入商品を輸送する船舶に対する「非対面検査」や「待機時間ゼロ」通関を実施することで、船舶の離着岸の頻度や出入国貨物の数量、コンテナの取扱量などが徐々に回復し、同港区の生産が段階的に推進され、前向きな姿勢が見られるようになった。今年1~2月の同集団の貨物とコンテナの取扱量はそれぞれ前年同期比4・7%増、同1・8%増となり、逆風の中で見事な回復を遂げている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020032314445

    新型コロナウイルスの感染流入阻止に全力山東省港口集団  17日、山東省港口集団青島コンテナ埠頭にある無人自動化埠頭の中央制御室で働く従業員。中国山東省内の七つの港を一体的に管理する山東省港口集団は最近、各港区での新型コロナウイルスの感染拡大阻止に全力で取り組んでいる。また、感染対策物資や輸出入商品を輸送する船舶に対する「非対面検査」や「待機時間ゼロ」通関を実施することで、船舶の離着岸の頻度や出入国貨物の数量、コンテナの取扱量などが徐々に回復し、同港区の生産が段階的に推進され、前向きな姿勢が見られるようになった。今年1~2月の同集団の貨物とコンテナの取扱量はそれぞれ前年同期比4・7%増、同1・8%増となり、逆風の中で見事な回復を遂げている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020032609073

    工業企業、着実に操業再開寧夏回族自治区  17日、寧夏回族自治区寧東能源化工基地の炭鉱・石炭化学企業、寧夏宝豊能源集団の中央制御室で設備の稼働状況をモニタリングする職員。中国寧夏回族自治区は、金融機関の信用貸付の拡大や企業の税負担の軽減などの関連政策を打ち出すことで、新型コロナウイルスの影響で春節(旧正月)休暇明けから操業を見合わせている企業の積極的かつ着実で秩序ある操業再開を後押ししている。自治区には一定規模(年商2千万元、1元=約16円)以上の工業企業が1184社あるが、92・2%に当たる1092社が既に操業を再開した。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020030700581

    福島・浪江に水素製造拠点 中央制御室  「福島水素エネルギー研究フィールド」の管理棟にある中央制御室=7日午後、福島県浪江町

  33. 2020022120717

    再処理工場の審査会合 再処理工場の中央制御室  日本原燃の再処理工場の中央制御室=2019年6月、青森県六ケ所村

  34. 2019120900423

    運転再開は原因究明が前提 説明を受ける資源エネルギー庁メンバー  東京電力福島第2原子力発電所の中央制御室で、警報パネルの説明を受ける通産省・資源エネルギー庁の調査特別委メンバー=1989(平成元)年5月11日午前10時30分、福島県富岡町 元年国内 6097

  35. 2019111303459

    原発存廃、揺れる世論 第1原発の模擬中央制御室  廃止措置に入った台湾電力第1原発の模擬中央制御室。1号機の総発電量はゼロと表示されていた(上方)=9月、新北市石門区(画像の一部に照明の映り込みがあります)(共同) ミニ特集「台湾の脱原発政策は今」

  36. 2020010704577

    Lithuania‘s nuclear phase-out 07 November 2019, Lithuania, Ignalina: Control consoles in the central control room of the decommissioned Ignalina nuclear power plant. (on dpa-KORR Lithuania‘s nuclear phase-out and the struggle for energy independence) Photo: Alexander Welscher/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020010704916

    Lithuania‘s nuclear phase-out 07 November 2019, Lithuania, Ignalina: A group of visitors listens to the explanations of a guide in the central control room of the decommissioned Ignalina nuclear power plant. (on dpa-KORR Lithuania‘s nuclear phase-out and the struggle for energy independence) Photo: Alexander Welscher/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2019100704848

    “Green wave“ for the fire brigade 02 October 2019, Bavaria, Nuremberg: A firefighter from the Nuremberg professional fire brigade presses the touch screen of the fire brigade through switch in the central control room of Fire Station 1 in order to switch the traffic lights to green for the vehicles in action. (staged scene) Photo: Timm Schamberger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2019100704696

    “Green wave“ for the fire brigade 02 October 2019, Bavaria, Nuremberg: A firefighter from the Nuremberg professional fire brigade presses the touch screen of the fire brigade through switch in the central control room of Fire Station 1 in order to switch the traffic lights to green for the vehicles in action. (staged scene) Photo: Timm Schamberger/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2019091301881

    福島原発の警鐘 福島第2原発3号機の中央制御室   再循環ポンプの破損による金属片の炉心混入事故を起こした東京電力福島第2原発3号機の中央制御室=1989(平成元)年2月8日  元年国内 3850 連載企画「今、原発は—」6−3「日本の現状」

  41. 2019082300773

    ロシア船舶型原発稼働へ 船舶型原発の中央制御室  報道陣に公開された船舶型原発「アカデミク・ロモノソフ」の中央制御室=22日、ロシア北部ムルマンスク(共同)

  42. 2019071809933

    「暑運」期間中に大活躍重慶西駅の駅員さん  12日、重慶西駅のプラットホームで、駅の中央制御室のスタッフと連絡を取る曾念紅さん。今年25歳になる曾念紅(そう・ねんこう)さんは、中国四川省の重慶西駅の駅員を務めている。曾さんは、ホーム監視、待合ロビーの巡視、高齢者や幼児、病気の人・障害を持つ人への手助け、駅の利用者から受けた問い合わせの対応および利用者の乗車時のサポートなどの業務を担当している。まさに「暑運」(夏休みの観光・帰省ラッシュ)の時期を迎えた重慶西駅では、利用者が大幅に増えつつある。乗降客の状況に応じて、随時人の流れをコントロールすることは、駅員の仕事の一つでもある。曾さんもますます忙しくなり、待合ロビーやサービスカウンター、プラットホーム、改札口といったさまざまな場所で業務に就いている。重慶西駅には、曾念紅さんのような駅員が200人以上働いており、それぞれが自分の持ち場で利用者のためにさまざまなサービスを提供している。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019070600506

    豪雨に備え土のう設置  土のうを設置する場所 「震災原発」「廃炉へ 福島第1原発の今」

  44. 2019070600505

    豪雨に備え土のう設置  土のうを設置する場所 「震災原発」「廃炉へ 福島第1原発の今」

  45. 2019070600504

    豪雨に備え土のう設置  土のうを設置する場所 「12段用」「震災原発」「廃炉へ 福島第1原発の今」

  46. 2019070600502

    豪雨に備え土のう設置  土のうを設置する場所 「12段用」「震災原発」「廃炉へ 福島第1原発の今」

  47. 2019071006085

    上海に大型ごみ焼却場が竣工年間で市全体の約3分の1の生活ごみ処理が可能に  28日、上海老港再生可能エネルギー利用センター第2期プロジェクトの中央制御室。中国上海老港再生可能エネルギー利用センターの第2期プロジェクトが28日、全面的に稼働した。上海老港固廃(固体廃棄物)総合開発有限公司の責任者によると、同センター全体では今後、毎年300万トンの生活ごみの焼却処理が可能となり、これは上海市民が1年間に排出するごみの量の3分の1に相当するという。また、焼却による発電量は、年間で約15億キロワット時に達する見込み。(上海=新華社配信/上海城投集団提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:上海城投集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019051100438

    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始  27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験を開始する技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019051100409

    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始  27日、福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験を開始する技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019051100437

    国産原子炉「華竜1号」、冷却機能試験開始  27日、建設中の福清原子力発電所5号機の中央制御室で、冷却機能試験の打ち合わせをする技術者。中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」が設置された中国核工業集団の福清原子力発電所5号機が27日、冷却機能試験を正式に開始した。今回の試験は予定より50日早く始まり、同発電所5号機は設置段階から調整段階に入った。中国の原子力発電の世界に向けた「国家の名刺」として、「華竜1号」は中国が独自の知的財産権を有する第3世代原子炉で、寿命を60年として設計し、燃料集合体177体の炉心設計、燃料集合体の交換期間は18カ月を採用して、発電所の稼働率は90%以上であり、さらに「能動的と受動的」を組み合わせた安全システム、二重安全シェルターなどの技術を革新的に採用し、安全性に関する世界の最高基準を満たす。先進性と成熟性の統一、安全性と経済性のバランス、能動的と受動的の結合を実現し、現在の原子力発電市場の製品受容度の最も高い第3世代原発モデルの一つとされている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像