検索結果 40 件中 1 件 〜 40 件 "中心地域"
  1. 2020061503624

    トン族の奥深い文化を実感「百里侗文化長廊」をゆく湖南省  通道トン族自治県にある「百里侗文化回廊」の中心地域、坪坦(へいたん)村。(5月29日撮影、小型無人機から)中国湖南省懐化市通道トン(侗)族自治県の「百里侗文化長廊」と呼ばれる地域には、トン族の伝統的な服飾、歌曲、飲食、民俗などの文化が色濃く残されている。集落の形がサトイモに似ていることから名付けられた芋頭侗寨(トン族のサトイモ集落)や楼閣が載った美しい木造の橋「風雨橋」が集まる「坪坦風雨橋群」、同自治県の有名な観光スポット「皇都侗文化村」は、魅力ある文化のふるさととして観光客をひきつけている。(懐化=新華社配信/陳振海)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072911483

    Coronavirus situation, France Paris (France): someone walking past the Louvre Museum during the Covid-19 outbreak, on April 15, 2020. The Louvre Pyramid and Museum are closed.、クレジット:Apaydin A/Andia/Universal Images Group/Universal Images Group/共同通信イメージズ 「UIG」「ニュース」

  3. 2018071300451

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県の虫坪塬遺跡の車馬坑から出土した軎轄(車輪を固定するくさびの一種)。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018071300454

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県の虫坪塬遺跡で発掘された車馬坑。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018071300449

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県の虫坪塬遺跡で発見された墓葬群の一部。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2018071300450

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県に位置する虫坪塬遺跡の車馬坑から出土した鑾鈴(馬の首に付ける鈴)。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2018071300452

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県の虫坪塬遺跡で発掘された陶器。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2018071300453

    陜西省、虫坪塬遺跡発掘秦晋勢力範囲の手がかり探る  陜西省宜川県の虫坪塬遺跡の車馬坑から出土した馬用の甲冑。現代は結婚の意味で用いられる熟語「秦晋之好」は、春秋時代(紀元前770~前476年)の秦国と晋国との間の政治同盟から生まれた。秦晋両国の勢力範囲は2500年以上前はどうだったのか。考古作業員らが中国陜西省宜川県で発掘した春秋時代の遺跡は、この研究に新たな手がかりを提供した。陜西省考古研究院と宜川県博物館は、同県の丹州鎮虫坪塬村にある虫坪塬遺跡の調査と発掘を行った。調査によると、同遺跡は居住地と墓地からなり、南北の長さは約700メートル、東西の幅は最大で約250メートル、面積は約10万平方メートルに達するという。地理的位置については、宜川は黄河の西岸に位置し、東は晋文化の中心地域に面しており、西は秦と境を接していたという。同遺跡の発見と発掘は、春秋時代の晋国の勢力範囲や、秦晋両国間の政治勢力の興亡、北方民族の活動地域の南境区分に新たな根拠を提供した。(西安=新華社配信/陜西省考古研究院提供)=2018(平成30)年7月10日、クレジット:陜西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2018100600305

    野生パンダ「御用達」カメラマン四川省宝興県  当時の写真を手に、ジャイアントパンダが自宅の豚小屋で骨付き肉を食べていた様子を説明する李廷忠(り・ていちゅう)さん。10月4日は87回目の世界動物の日。中国四川省雅安(があん)市宝興(ほうこう)県は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録された四川省ジャイアントパンダ保護区の中心地域だ。約140年前、フランスの宣教師アルマン・ダヴィドが同県のジャイアントパンダを世界に紹介したことから「パンダの故郷」とも称されている。この「パンダの故郷」で暮らす高華康(こう・かこう)さんは、30年以上にわたり、野生ジャイアントパンダ40頭近くを撮影してきた野生パンダの「御用達」カメラマンだ。(成都=新華社記者/張超群)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2018020500882

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  1月19日、自身が建てた撮影用の小屋で撮影を行う中国陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の「鳥ガイド」華英さん。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018020500910

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、生産した黒米を梱包する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村合作社の加入者。草壩村で村民の共同出資により設立された合作社は、有機農産物ブランド「トキ湖」の強化に情熱を傾けており、有機農産物の厳格な生産管理体制に基づき、標準化された生産を行っている。「トキ湖」ブランドの有機農産物は現時点で、北京・上海・広州・天津など国内20数都市で2月2日】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2018020500896

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の黒米生産基地。草壩村には、村全体で有機栽培をする田んぼが2300ムー(1ムー=約667平方メートル)、アブラナ生産基地が4600ムー、サクランボ畑が300ムーある。年間生産量は有機栽培米が800トン強、菜種油・ごま油が260トン、高品質野菜が500トン強と、複数の作物を並行して有機栽培することで良好な発展を続けている。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)  =2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2018020500901

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の全景。草壩村は、統一的な計画により土地の無駄を大量に減らし、美しい村の手本として有名になった。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2018020500887

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、顧客に村特産の黒米月餅を郵便で発送する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の電子商取引販売部門の王庚経理。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018020500886

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の梨園で梨狩りをする観光客。草壩村には、3800ムー(1ムー=約667平方メートル)に及ぶ認証を受けた有機栽培梨の果樹園があり、1ムー当たりの産出額は600万元(1元=約17円)に上る。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018020500906

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に撮影された陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の田んぼでエサを探すトキ。 【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明) =2017(平成29)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120407063

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た康店鎮の康百万荘園。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120406968

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮のある古い舞台。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120407085

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  康店鎮の康百万荘園を見学する観光客。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120407030

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120407069

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  出来上がったばかりの朱仙鎮木版年画を整理する年画職人。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120407070

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  康店鎮の明・清代の建築の一部。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120407047

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮の関帝廟。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120407031

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮で伝統的な「儺舞(なぶ、古代舞踊)」を披露する民間芸能伝承者。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120406969

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮にある前漢梁王墓群。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120407055

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮の自由市場で、竹細工の生活用品を売る農民。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120406970

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  道口鎮で行われた春節を祝う伝統的な民間娯楽活動「社火」。(2016年3月6日撮影)道口鎮は河南省安陽市滑県の西北部にあり、千年以上の歴史を有する。鎮内の順河街は清代の商業・交易地として有名で、古い店舗や古民家千軒余りが保存されている。毎年旧暦の1月27日から29日にかけてにぎやかな火神廟会(びょうえ、縁日)が開かれる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120407042

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  神垕鎮の街角で売られている鈞磁。(2015年10月1日撮影)神垕(しんこう)鎮は河南省禹州(うしゅう)市の南西部にあり、この地で焼かれる鈞窯(きんよう)の磁器、鈞磁(きんじ)で名をはせた。唐代から中国北方陶磁器文化の中心地の一つだった歴史を持ち、現在でも清代末期以前の古い町並みが保存されており、伝統建築、地方の特色に富んだ民家や路地、廟宇(びょうう)、鈞窯遺跡などが数多く残されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120407078

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮旧市街の一角。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120407043

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮の山陝会館の石彫牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門の一つ)。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120407049

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮で伝統的な年画(旧正月に飾る縁起物の絵)を作る職人。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019120406971

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮の古い舞台で伝統的な民間娯楽活動「社火」を見る子ども。(2015年3月5日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019120407084

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮にある清代の古建築群、平浪宮。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019120407059

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  荊紫関鎮の「明・清古街」の一角。(2013年9月3日撮影)荊紫関(けいしかん)鎮は河南省南陽市淅川(せきせん)県にあり、2千年以上の歴史を持つ。鎮内の「明・清古街」は、中国北方地域で最も完全に保存されている古建築群の一つで、通りの両側に入り口が木製の戸の店舗700軒余りが並んでいる。いずれも清代の民間商業建築の特徴を備え、当時の姿をほぼとどめている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2013(平成25)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 1995031400076

    五輪公園の建設開始 アトランタ中心地域に  五輪公園建設で始まった古い建物の撤去作業。後方はCNNセンター(共同)

  36. 2019072404213

    The central region of our Milky Way galaxy. The central region of our Milky Way galaxy. Hubble, Spitzer and Chandra.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  37. 2019072404106

    The central region of our Milky Way galaxy. The central region of our Milky Way galaxy. Hubble, Spitzer and Chandra.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  38. 2019072404255

    The central region of our Milky Way galaxy. The central region of our Milky Way galaxy. Hubble, Spitzer and Chandra.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  39. 2019072404245

    The central region of our Milky Way galaxy. The central region of our Milky Way galaxy. Hubble, Spitzer and Chandra.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  40. 2019072404084

    The central region of our Milky Way galaxy. The central region of our Milky Way galaxy. Hubble, Spitzer and Chandra.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像