検索結果 66 件中 1 件 〜 50 件 "中米両国"
  1. 2020080602126

    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見  穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080602172

    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見  現代の穂花杉。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080602030

    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見  穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080602015

    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見  穂花杉の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080602095

    中米両国の古生物学者、植物の「生きた化石」を発見  穂花杉の化石の復元図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は13日、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹の一種「穂花杉」が、少なくとも1億6千万年前のジュラ紀までさかのぼることのできる「生きた化石」であることを中米両国の古生物学者がこのほど突き止めたと発表した。形態に明らかな変化はなく、生物の進化を理解する上で重要な意義を持つという。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060401968

    上海ニューヨーク大学、初のオンライン卒業式を開催  5月29日、動画を通じてスピーチする学生代表。中国上海市の上海ニューヨーク大学が5月29日、2020年度学部生卒業式を行った。同大学は中米両国の協力により設立された独立法人資格を持つ大学として初めて中国教育部の承認を受けた。新型コロナウイルスの影響で、24カ国・地域の学部卒業生229人はオンラインで学位授与式に参加した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060401958

    上海ニューヨーク大学、初のオンライン卒業式を開催  5月29日、上海ニューヨーク大学のオンライン卒業式であいさつするジェフリー・リーマン常務副学長。中国上海市の上海ニューヨーク大学が5月29日、2020年度学部生卒業式を行った。同大学は中米両国の協力により設立された独立法人資格を持つ大学として初めて中国教育部の承認を受けた。新型コロナウイルスの影響で、24カ国・地域の学部卒業生229人はオンラインで学位授与式に参加した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060401906

    上海ニューヨーク大学、初のオンライン卒業式を開催  5月29日、上海ニューヨーク大学で行われたオンライン卒業式。中国上海市の上海ニューヨーク大学が5月29日、2020年度学部生卒業式を行った。同大学は中米両国の協力により設立された独立法人資格を持つ大学として初めて中国教育部の承認を受けた。新型コロナウイルスの影響で、24カ国・地域の学部卒業生229人はオンラインで学位授与式に参加した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060401942

    上海ニューヨーク大学、初のオンライン卒業式を開催  5月29日、上海ニューヨーク大学のオンライン卒業式であいさつする兪立中(ゆ・りつちゅう)学長。中国上海市の上海ニューヨーク大学が5月29日、2020年度学部生卒業式を行った。同大学は中米両国の協力により設立された独立法人資格を持つ大学として初めて中国教育部の承認を受けた。新型コロナウイルスの影響で、24カ国・地域の学部卒業生229人はオンラインで学位授与式に参加した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060401907

    上海ニューヨーク大学、初のオンライン卒業式を開催  5月29日、動画を通じてあいさつするアリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏。中国上海市の上海ニューヨーク大学が5月29日、2020年度学部生卒業式を行った。同大学は中米両国の協力により設立された独立法人資格を持つ大学として初めて中国教育部の承認を受けた。新型コロナウイルスの影響で、24カ国・地域の学部卒業生229人はオンラインで学位授与式に参加した。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102809

    「ウイルスとの闘いで世界は運命共同体」中米両国の医療専門家がテレビ会議  8日、中米両国の医療専門家が開いたテレビ会議。中米両国の医療専門家が北京時間8日午前、テレビ会議を行い、ウイルスとの闘いでは世界各国が運命共同体であり、医療分野での共同研究を強化する必要があるとの考えを示した。(上海=新華社記者/楊愷)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020011603531

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、調印式であいさつする劉鶴氏(右から3人目)。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020011603542

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、米ホワイトハウスのイーストルームで合意文書に署名する劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020012215484

    劉鶴氏、記者会見で中米第1段階の経済貿易協定調印について説明  中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日、米ワシントンで行われ、その後、劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表は中国の一部メディアに調印の関連状況を説明し、記者の質問に答えた。(ワシントン=新華社記者/李木子)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020011603530

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、調印式で握手を交わす劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020011603540

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、署名後に合意文書を見せる劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020011603402

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、米ホワイトハウスのイーストルームで合意文書に署名する劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020011603528

    劉鶴氏とトランプ氏、ホワイトハウスのイーストルームに到着経済貿易協定調印へ  15日、中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式に出席する劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が、ホワイトハウスのイーストルームに到着した。(ワシントン=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020011603513

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、調印式を終えホワイトハウスのイーストルームを出る劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020011603543

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、米ホワイトハウスのイーストルームで合意文書に署名する劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020011603429

    中米両国の第1段階の経済貿易協定調印式、ワシントンで開催  15日、署名後に合意文書を見せる劉鶴氏(左)とトランプ氏。中米両国による第1段階の経済貿易協定の調印式が15日午前、米ホワイトハウスのイーストルームで行われた。劉鶴(りゅう・かく)中国共産党中央政治局委員・国務院副総理・中米全面経済対話中国側首席代表とトランプ米大統領が合意文書に署名した。(ワシントン=新華社記者/李木子)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020012321526

    中米ビジネス界関係者、両国の経済貿易関係の改善に期待  8日、米ニューヨークで開かれた米国中国総商会の年次祝賀イベント。米国中国総商会は8日夜、ニューヨークで年次祝賀イベントを開いた。出席した中米両国のビジネス界関係者は、中米の経済・貿易の往来は緊密であり、両国の経済・貿易関係の改善がより多くのチャンスをもたらすことを期待すると表明した。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020012321131

    中米ビジネス界関係者、両国の経済貿易関係の改善に期待  8日、米国中国総商会の年次祝賀イベントで発言する香港上海銀行(HSBC)米国総裁兼最高経営責任者(CEO)のマイケル・ロバーツ氏。米国中国総商会は8日夜、ニューヨークで年次祝賀イベントを開いた。出席した中米両国のビジネス界関係者は、中米の経済・貿易の往来は緊密であり、両国の経済・貿易関係の改善がより多くのチャンスをもたらすことを期待すると表明した。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020012321567

    中米ビジネス界関係者、両国の経済貿易関係の改善に期待  8日、米国中国総商会の年次祝賀イベントに先立ち、取材に応じるミズーリ州の元知事でハートランド米中協会会長のボブ・ホールデン氏。米国中国総商会は8日夜、ニューヨークで年次祝賀イベントを開いた。出席した中米両国のビジネス界関係者は、中米の経済・貿易の往来は緊密であり、両国の経済・貿易関係の改善がより多くのチャンスをもたらすことを期待すると表明した。(ニューヨーク=新華社記者/王迎)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019112505273

    ポールソン元米財務長官「米中の分断は深刻なリスクもたらす」  21日、「ニューエコノミー・フォーラム」であいさつするポールソン元米財務長官。米国のポールソン元財務長官は21日、中国北京で開かれた「ニューエコノミー・フォーラム」で、中米両国のデカップリング(分断)が双方と世界に多くのリスクをもたらすとの見方を示した。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019081900673

    米マサチューセッツ州会議事堂で「中国デー」イベント開催  15日、米マサチューセッツ州ボストンで行われた「中国デー」のイベントで中国舞踊を鑑賞する人々。米マサチューセッツ州会議事堂で15日、中国在ニューヨーク総領事館とマサチューセッツ州議会アジア太平洋系アメリカ人議員会の共催で「中国デー」のイベントが行われた。同イベントには中米両国の来賓300人以上が出席し、中米関係や中国とマサチューセッツ州の協力継続に対する揺るぎない支持を共に表明した。(ボストン=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019081900657

    米マサチューセッツ州会議事堂で「中国デー」イベント開催  15日、米マサチューセッツ州ボストンで行われた「中国デー」のイベントであいさつするマサチューセッツ州議会下院多数派リーダー補佐のポール・ドナート氏。米マサチューセッツ州会議事堂で15日、中国在ニューヨーク総領事館とマサチューセッツ州議会アジア太平洋系アメリカ人議員会の共催で「中国デー」のイベントが行われた。同イベントには中米両国の来賓300人以上が出席し、中米関係や中国とマサチューセッツ州の協力継続に対する揺るぎない支持を共に表明した。(ボストン=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019081900640

    米マサチューセッツ州会議事堂で「中国デー」イベント開催  15日、米マサチューセッツ州ボストンで行われた「中国デー」のイベントで中国の書道を体験する来場者。米マサチューセッツ州会議事堂で15日、中国在ニューヨーク総領事館とマサチューセッツ州議会アジア太平洋系アメリカ人議員会の共催で「中国デー」のイベントが行われた。同イベントには中米両国の来賓300人以上が出席し、中米関係や中国とマサチューセッツ州の協力継続に対する揺るぎない支持を共に表明した。(ボストン=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019081900706

    米マサチューセッツ州会議事堂で「中国デー」イベント開催  15日、米マサチューセッツ州ボストンで行われた「中国デー」のイベントで中国の切り絵工芸を披露する職人。米マサチューセッツ州会議事堂で15日、中国在ニューヨーク総領事館とマサチューセッツ州議会アジア太平洋系アメリカ人議員会の共催で「中国デー」のイベントが行われた。同イベントには中米両国の来賓300人以上が出席し、中米関係や中国とマサチューセッツ州の協力継続に対する揺るぎない支持を共に表明した。(ボストン=新華社記者/李木子)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019073006771

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019073006779

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019073006767

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019073006810

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019073006763

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019073006794

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019073006756

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070405359

    日本、中米民衆が理解しているアジアの国で上位に学術調査結果  6月30日、「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」の発表会会場で討論を交わす専門家や学者ら。中国湖北省武漢市にある華中科技大学国家伝播戦略研究院はシンクタンクと共同で6月30日、同市で「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」を発表した。中米両国民衆の双方の国に対するイメージのほか、現在の国際情勢や世界的に注目される問題に関する認識などを調査した。報告では、中米両国の人々が、最も理解しているアジアの国として日本を上位に挙げていた。同研究院の院長である張昆(ちょう・こん)教授によると、今回の調査はオンラインアンケート形式で、中米両国の成人の公民を対象に2018年10月~11月にかけて実施された。調査設計は同研究院が行い、両国での具体的な調査は専門の独立した調査機関に委託し、オンライン調査の標準化プロセスに従って実施した。報告によると、中国の調査対象者が最も興味があり、理解していると考えている隣国のトップ3は日本、ロシア、韓国だった。また米国の調査対象者は最も理解していると考えるアジアの国として、日本と中国を挙げていた。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070405350

    日本、中米民衆が理解しているアジアの国で上位に学術調査結果  6月30日、「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」について説明する華中科技大学国家伝播戦略研究院の張昆院長。中国湖北省武漢市にある華中科技大学国家伝播戦略研究院はシンクタンクと共同で6月30日、同市で「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」を発表した。中米両国民衆の双方の国に対するイメージのほか、現在の国際情勢や世界的に注目される問題に関する認識などを調査した。報告では、中米両国の人々が、最も理解しているアジアの国として日本を上位に挙げていた。同研究院の院長である張昆(ちょう・こん)教授によると、今回の調査はオンラインアンケート形式で、中米両国の成人の公民を対象に2018年10月~11月にかけて実施された。調査設計は同研究院が行い、両国での具体的な調査は専門の独立した調査機関に委託し、オンライン調査の標準化プロセスに従って実施した。報告によると、中国の調査対象者が最も興味があり、理解していると考えている隣国のトップ3は日本、ロシア、韓国だった。また米国の調査対象者は最も理解していると考えるアジアの国として、日本と中国を挙げていた。(武漢=新華社記者/梁建強)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070405352

    日本、中米民衆が理解しているアジアの国で上位に学術調査結果  6月30日、「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」の発表会会場。中国湖北省武漢市にある華中科技大学国家伝播戦略研究院はシンクタンクと共同で6月30日、同市で「中米両国公衆の世界観と国家の印象に関する研究報告」を発表した。中米両国民衆の双方の国に対するイメージのほか、現在の国際情勢や世界的に注目される問題に関する認識などを調査した。報告では、中米両国の人々が、最も理解しているアジアの国として日本を上位に挙げていた。同研究院の院長である張昆(ちょう・こん)教授によると、今回の調査はオンラインアンケート形式で、中米両国の成人の公民を対象に2018年10月~11月にかけて実施された。調査設計は同研究院が行い、両国での具体的な調査は専門の独立した調査機関に委託し、オンライン調査の標準化プロセスに従って実施した。報告によると、中国の調査対象者が最も興味があり、理解していると考えている隣国のトップ3は日本、ロシア、韓国だった。また米国の調査対象者は最も理解していると考えるアジアの国として、日本と中国を挙げていた。(武漢=新華社配信)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019073006809

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019073006793

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019052200100

    馬朝旭·中国国連大使「協力は中米両国にとって唯一の正しい選択肢」  中国の馬朝旭(ば・ちょうきょく)国連大使は17日、米ニューヨークの国連本部で「中米経済貿易関係」をテーマとする説明会を行った。馬朝旭氏は、2018年3月に米国が一方的に摩擦を引き起こしてからの中米交渉に関する状況を詳細に説明。事実の真相を明らかにするとともに中国政府の立場を明確に示し、米側の不当な非難に反駁した。説明会には国連加盟国や国際機関の代表100人余りが出席した。(国連=新華社記者/馬建国)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019052200054

    馬朝旭·中国国連大使「協力は中米両国にとって唯一の正しい選択肢」  中国の馬朝旭(ば・ちょうきょく)国連大使は17日、米ニューヨークの国連本部で「中米経済貿易関係」をテーマとする説明会を行った。馬朝旭氏は、2018年3月に米国が一方的に摩擦を引き起こしてからの中米交渉に関する状況を詳細に説明。事実の真相を明らかにするとともに中国政府の立場を明確に示し、米側の不当な非難に反駁した。説明会には国連加盟国や国際機関の代表100人余りが出席した。(国連=新華社記者/馬建国)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019030401128

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019030401133

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019030401147

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019030401202

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で、文化財を見る中国国家文物局の胡氷(こ・ひょう)副局長(左から2人目)とアレッサ・ウッドワード国務次官補代理(左端)ら。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019030401142

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019030401131

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019030401139

    米国、中国の文化財361点返還へ  2月28日、米インディアナポリスで行われた返還式で撮影した中国の文化財。中国から流出した文化財・芸術品361点(組)の返還式が2月28日、米インディアナポリスで行われた。米国から中国に文化財が返還されるのは、中米両国が2009年、関連する覚書に調印してから今回で3回目。返還の規模は今回が最大となった。(インディアナポリス=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像