検索結果 326 件中 1 件 〜 50 件 "中華民国"
  1. 2020051502188

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、「万里郵路」で使われた郵便ラバ車。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051502189

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票のサンプル。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051502212

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票3分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051502303

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、天津郵政博物館の外観。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051502210

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、清朝末期に外交を取り仕切った「総理衙門(そうりがもん)」の電報のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051502214

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051502234

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票が張られたエンタイア。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051502187

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、大竜郵票1分銀のシート。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051502190

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、清朝政府が発布した郵便事業の規定をまとめた文書「大清郵政章程」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051502211

    近代中国の郵便事業の歴史を伝える天津郵政博物館  11日、秦皇古駅道の「車轍石」。中国天津市にある天津郵政博物館は、国内に唯一現存する清代の郵便局の建物を利用している。中国の近代郵便事業の誕生と発展を見つめてきた歴史の証人ともいえる。同館の収蔵品は現在2千点余り。2千年以上にわたる馬車などのわだちが深く刻まれた秦漢時代の古駅道(官製道路)の「車轍石」や清代の切手「大竜郵票」、大竜郵票が張られた配達済み封筒(エンタイア)、清朝末期の天津で清政府の官員を務めたドイツ系英国人グスタフ・フォン・デトリングが家族と交わした書簡のエンタイア、中華民国初期に天津から内陸部に向け設置された世界最長の陸上郵便路「万里郵路」で使われたラバ車など、貴重な文化財800点余りが保管されている。同館は2010年10月9日に開館して以降、充実した歴史・文化の展示と東西の様式を調和した建築芸術の成果により、「万国建築博覧会」と称される天津の洋風建築の中で独特の地位を確立している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050104652

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020050104637

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020050104639

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050104648

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020012703059

    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020012703307

    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、しんこ細工を作る王さん。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020012703308

    巧みな手仕事で名声を広めるしん粉細工職人の優美な人生  20日、王さんが制作したしんこ細工作品。1948年生まれの王玓(おう・てき)さんは、「津派面塑(天津市に伝わるしん粉細工)」の第3代伝承者。もち米や小麦粉を練って小さな人形を作るしんこ細工に携わり40年近くになる。しん粉細工は俗称を「揑面人(粉を練る人)」ともいう。小さなひとかたまりの生地が、王さんの見事な手つきで生き生きとした作品に変えられていく。王さんは長年にわたり、中国の少数民族の特色や異国の風情、中華民国期の典型的要素、古典的要素などを作品に取り入れ、さまざまな場面や色鮮やかな服装、多種多様な装飾をしん粉細工で表現してきた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020010901844

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の噴水池。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020010901855

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居に残る閻錫山自筆の家訓。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020010901902

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020010901820

    「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  26日、天水市博物館文物保護修復センターの紙質文物修復室で、中華民国期の対聯(対句を書いた掛け物)を修復する専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020010901917

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の須弥壇(しゅみだん)の一部分。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020010901900

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の給水塔。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020010901901

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020010901848

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居に残る孫文(そん・ぶん)が閻錫山に寄せた揮毫を彫った壁。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020010901864

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020010901853

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020010901755

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の建具に施された木彫。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019121300268

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された中華民国期の銀製茶器。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019121300305

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期の瑠璃銀碗。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019121300213

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された中華民国期の銀製の碗。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019121300308

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期の銀製の碗。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019121300235

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期から中華民国期に作られたバター用の皿。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019121300247

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された中華民国期の銀製茶器。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019121300265

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期から中華民国期に作られた台座付きポット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019121300207

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された中華民国期の銀製の碗の細部。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019121300208

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期のティーセット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019121300210

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期のティーポット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019121300251

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期から中華民国期に作られたティーポット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019121300253

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期から中華民国期に作られた銀製のボウルセット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019121300254

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期のマグカップ。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019121300245

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期の銀製の碗。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019121300248

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期のティーポット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019121300272

    精緻な銀製品が一堂に中国輸出用銀製品特別展開催西安市  6日、西安博物院で展示された清朝末期から中華民国期に作られたティーポット。中国陝西省西安博物院でこのほど、「白銀時代-中国輸出用銀製品特別展」が開催され、初めて大量の輸出用銀製品がまとまった形で披露された。輸出用銀製品史における成熟期の、清朝末期から中華民国期に生産された銀製品105点(セット)を展示している。中国銀製品の発展史上、輸出用銀製品は数が限られており、また西洋の各名門一族に散らばっていたことから、末期の輸出用銀製品はこれまで人々に知られておらず、西洋のものと誤解されていた。中国の収集家らが近年、海外に流出した中国の芸術品の買い戻しを進めるにつれ、これらの銀製品は日増しに人々の注目を集めるようになった。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像