検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "中薬材"
  1. 2020070705382

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県王家荘村で、ライブコマースによる老粗布の販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705396

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県の富岡リンゴ物流パークで、オンラインで販売する農産物を整理するスタッフ。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705398

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県王家荘村で、ライブコマースによるハチミツの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705432

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、河北省邢台市内丘県ビジネスインキュベートセンターで、ライブコマースによるアワの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705413

    特色農産物のEC販売を推進河北省邢台市  3日、邢台市内丘県の富岡リンゴ物流パークで、ライブコマースによるリンゴの販売を行う配信者。中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は近年、特色農産物オンライン販売産業の発展を積極的に推進しており、電子商取引(EC)プラットフォームを活用し、太行山脈地域で生産される伝統の綿織物「老粗布」や、リンゴ、アワ、中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)などの優良農産物販売に尽力。農産物資源をとりまとめ、ライブ配信、オンライン販売、オフライン配送などの形式で最後の1マイル問題を解決し、良質な農産物の都市部への販売を支援、山地の農民の増収を後押ししている。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070200523

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県にある「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」の一角。(小型無人機から)中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070200605

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070200585

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070200564

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070200529

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で自撮りする観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070200607

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070200606

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070200597

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070200599

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070200507

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で自撮りする観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031801475

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の民家を改装した中薬(漢方薬)茶館前で写真撮影する村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020031801477

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に新たに登場した中薬茶館の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020031801510

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、地元で作られた製品を整理する長征村の郝銀剛(かく・ぎんごう)主任。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020031801551

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に残された数少ない未改装の民家。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020031801473

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020031801484

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に滞在中の観光客。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020031801515

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の手作り薬用せっけんの型入れ作業の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021302947

    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市  煎じ薬を生産する安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。(資料写真)製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021302953

    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市  11日、袋詰め作業を行う安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021302945

    「千年の薬都」の製薬企業、操業再開し医薬品の供給を保障河北省安国市  11日、洗浄のプロセスを行う安国市の製薬会社聚薬堂薬業の作業員。製薬業が盛んな中国河北省安国市は「千年の薬都」と呼ばれ、古くから中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)の重要な集散地、輸出拠点となってきた。同市の聚薬堂薬業は1月29日から、緊急操業再開計画をスタートさせた。操業再開以降、金銀花(きんぎんか)、黄蓍(おうぎ)、防風(ぼうふう)、連翹(れんぎょう)、藿香(かっこう)など50種類余りの中薬飲片(煎じ薬用に加工した薬材)の生産・供給を重点的に行っており、1日当たりの平均生産量は30トン余りに達し、価格も安定している。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019100801399

    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市  7日、「安国デジタル中薬都」の取引ホール。中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019100801378

    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市  7日、中薬材を選ぶ来場者。中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019011019232

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  11日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影された野生のパンダ。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019013112530

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  四川省平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村の様子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社記者/楊迪)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019011019205

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  11月5日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたアジアゴールデンキャット。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019011019064

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  10月19日、平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村で、同村の養蜂合作社の李芯鋭(り・しんえい)理事長(右)と村人が村に「パンダ要素」を添える。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/李芯鋭提供)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:李芯鋭提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019100801385

    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市  「安国デジタル中薬都」の俯瞰図。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019100801384

    「千年の薬都」がデジタル化で国際市場進出進める河北省安国市  「安国デジタル中薬都」の正面外観。(2018年6月23日撮影)中国河北省安国市(保定市が管轄する県級市)は、かつては祁州(きしゅう)とも呼ばれ、古くから「薬都」の異名を持つ。近年、世界各地で中国の中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)への需要が伸びており、安国市は中薬材取引専門市場を設立して、中薬関連産業チェーン全体の構造転換と高度化を継続的に推進している。長年にわたり、国際的に公認され受け入れられる品質管理基準や、明確な有効成分含有量、標準化された検査・測定方法がなかったことが、薬の安定性と均一性確保を困難にし、中薬の国際的な発展を制約してきた。「安国デジタル中薬都」の建設は、これらの問題を効果的に解決し、中薬の国際化と標準化をさらに推し進める力になっている。(石家荘=新華社配信/呂峰)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019011019070

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  6月19日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたターキン。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年6月19日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019011019164

    四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  生の南五味子(左)と干した南五味子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/世界自然保護基金提供)=2017(平成29)年9月22日、クレジット:世界自然保護基金提供/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020031801513

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  2017年夏、収穫した中薬材を整理する長征村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2017(平成29)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像