検索結果 77 件中 1 件 〜 50 件 "乾隆年間"
  1. 2020062204565

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204621

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204508

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県にある古民家「呉家花屋」。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204598

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204617

    250年の棚田がまるごと「博物館」陝西省漢陰県  13日、陝西省安康市漢陰県の鳳堰棚田。中国陝西省漢陰県に、250年余りの歴史を持つ鳳堰棚田(ほうえん)をそのまま博物館にした「鳳堰古棚田生態博物館」がある。鳳堰棚田は2009年の第3回全国文化財一斉調査で見つかった大型棚田で、その後の調査により清朝乾隆年間に湖南省長沙府善化県(現在の長沙市)の呉氏一族が移住し築いたことが分かった。同省南部の秦巴山区で見つかった清代の棚田の中で最も面積が広く、保存状態が良い。(西安=新華社記者/白妮民)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052104832

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の窯変釉(ようへんゆう)磁器。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104692

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文賞瓶(せいかてんしれんもんしょうへい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104681

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文尊(せいかてんしれんもんそん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020050104605

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  天津博物館の至宝の一つ「雪景寒林図」(真跡)。(資料写真)中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020050104606

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、「西周太保鼎」を鑑賞する来場者。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050104658

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050104659

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、「雪景寒林図」(複製)をスマートフォンで撮影する来場者。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050104655

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を鑑賞する子ども。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050104660

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ、清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050104641

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ「西周太保鼎」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104617

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館名品展示室に展示されている「雪景寒林図」(複製)。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104595

    天津博物館の3至宝、「一画、一鼎、一瓶」  26日、天津博物館の至宝の一つ「西周太保鼎」。中国天津市の天津博物館は歴史と芸術の総合博物館で、前身は1918年設立の天津博物院にさかのぼり、中国では早期に建てられた博物館の一つとされる。数多くの所蔵品の中で最もよく知られる三つの至宝は「一画、一鼎(てい)、一瓶」と称される。「一画」は北宋の著名な画家、范寛(はん・かん)の「雪景寒林図」、「一鼎」は山東省梁山で出土した7点の青銅器「梁山七器」のうち唯一中国の博物館が所蔵する「西周太保鼎」、「一瓶」は清代乾隆年間の「琺瑯彩芍薬雉鶏図玉壺春瓶」を指す。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042003611

    山西博物院に「磁器の世界」を訪ねて  8日、山西博物院で展示されている清代乾隆年間の「窯変貫耳方瓶(ようへんかんじほうへい)」。中国山西省太原市にある山西博物院の磁器展示室「磁苑芸葩(じえんげいは)」には、「素朴な北方磁器」と「美しく変化に富む彩色磁器」の二つのコーナーがあり、特色ある北方磁器と同院所蔵の歴代彩色磁器の名品を展示している。収蔵する北朝時代から明清時代の磁器の中でも北方磁器が同院の特色となっており、北朝の青磁、隋唐の青磁と白磁、宋の名窯磁器などがある。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020013100549

    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省  21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「粉彩多穆壷」の一部分。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020013100631

    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省  21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「画琺瑯花鳥小壷」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020013100635

    2皇帝ゆかりの逸品を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」を楽しむ遼寧省  21日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清代・乾隆年間の「中和韶楽編鐘之黄鐘」。中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日から、「皇帝の旧正月-清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開かれている。同展はホンタイジ(愛新覚羅皇太極、1592年~1643年)と乾隆帝(けんりゅうてい、1711年~1799年)の2皇帝の時代に焦点を当て、文化財60点余りを展示する。また、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清代歴代皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。会期は3月末まで。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020012001033

    皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・乾隆年間の「粉彩緑地福慶花卉瓶」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020012000965

    皇帝ゆかりの品々を展示「清朝宮廷の年賀行事文物特別展」開催遼寧省  「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」に展示された清時代・乾隆年間の「粉彩紅地八宝燭台」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市にある瀋陽故宮の飛竜閣で17日、「皇帝の旧正月ー清朝宮廷の年賀行事文物特別展」が開幕した。文化財60点余りを展示する同展は、「敬神孝祖(神を敬い先祖を崇める)」「朝賀錫福(皇帝が臣下の拝賀を受ける)」「綺筵賜恩(皇帝が宴席で臣下に贈り物を与える)」「賞戯鑑景(劇を鑑賞する)」という4つの視点から、清の入関(1644年に清朝が長城[山海関]を越えて北京に遷都したこと)前の創始期と入関後の王朝最盛期における各皇帝の年越しの儀式やしきたりを紹介する。(瀋陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019122401315

    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」  17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている清代乾隆年間の建陽本。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019111104126

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019111104253

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)のれんがに施された彫刻。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019111104132

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019111104139

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/李鵬)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019111104081

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の馬頭墻(ばとうしょう、防火壁)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019111104272

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の内部。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019111104118

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019111104376

    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村  5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の一角。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019072600182

    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県  10日、大邑県檔案館(資料館)が保管する清代乾隆年間編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019072600150

    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県  10日、大邑県檔案館(資料館)が保管する清代乾隆年間編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019072600162

    三国志の英雄、趙雲ゆかりの地に伝わる「子竜文化」四川省大邑県  10日、大邑県檔案館(資料館)が保管する清代乾隆年間編纂(へんさん)の「大邑県志」。趙雲墓に関する記載がある。中国四川省成都市大邑(だいゆう)県は、三国志の名将、趙雲(字は子竜)が晩年に守備を任された地と伝えられており、子竜祠などの三国時代の遺跡が残され、独特の子竜文化を今に伝えている。専門家の考証によると、三国時代の大邑は蜀漢の存亡に関わる戦略的要地であり、当時の都、成都の西側を守る障壁の役目を果たした。晩年に成都の「首都警備司令官」を務めた趙雲は、病没するまでの十数年間、この地に駐留した。(成都=新華社配信/大邑県檔案館提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:大邑県檔案館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019072202149

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵後部に建つ明楼。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019072202157

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の隆恩殿の石段の下に鎮座する獅子像。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019072202147

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の方城の中に立つ隆恩殿と両側の配殿。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019072202197

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵に建つ方城の隆恩門(裏側)。福陵のシンボルとして、五鳳楼とも呼ばれる。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019072202121

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の正紅門の扉に施された飾り。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019072202091

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の参道にたたずむ獅子像。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019072202103

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の二柱門の門柱の上に立つ犼(こう、中国の神話に伝わる霊獣)の像。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019072202179

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の隆恩殿の前にたたずむ獅子像。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019072202181

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の敷地内に建つ方城の城壁と角楼(隅やぐら)。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019072202215

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の敷地内に建つ方城の隆恩門。福陵のシンボルとして、五鳳楼とも呼ばれる。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019072202226

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の隆恩殿の石段の下に鎮座する獅子像。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019072202118

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の隆恩殿の石段に施された見事な彫刻。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019072202218

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵正紅門の内側の壁面左側に象嵌された五色の瑠璃の竜。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019072202194

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の敷地内に建つ隆恩門。福陵のシンボルとして、五鳳楼とも呼ばれる。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019072202202

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の隆恩殿の基壇に施された竜頭の彫刻。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像