検索結果 156 件中 1 件 〜 50 件 "二人三脚"
  1. 2020112103524

    河野氏「地方と二人三脚」 知事と会談する河野行革相  高知県の浜田省司知事と会談する河野行革相=21日午後、高知市

  2. 2020100901639

    伴走者と一心同体の走り 伴走者と走る谷口選手  練習で伴走者の樫谷正之さんと走る谷口真大選手。二人三脚のように「一心同体」の走りだ=兵庫県尼崎市 連載企画「ルポ 2020の透視図」12回続きの(10)「パラリンピック」

  3. 2020080502830

    危険物取扱者試験に合格した岡本咲耶さん  危険物取扱者試験の丙種に合格した岡本咲耶さん。国家資格の危険物取扱者試験に、岡山県の倉敷市立赤崎小1年岡本咲耶さん(7)が合格した。消防試験研究センター県支部によると、記録が残る2003年度以降、岡山県内の小学生では初の快挙。消防士の父章宏さん(40)と二人三脚で学び、基準をクリアした。合格したのは、ガソリンや灯油といった特定の危険物が取り扱える丙種。危険物の性質や法令、消火の基礎知識などを問う択一式の25問が出題される。科目ごとの成績がそれぞれ60%以上で合格。岡本さんが受けた6月の丙種試験の県内合格率は50・4%だった。=2020(令和2)年7月18日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  4. 2020070112749

    二人三脚で再出発します    「おわびの記者会見」を終え、「申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げる横山やすしさんと長男の木村一八さん=1989(平成元)年11月27日午後5時30分、朝日放送 元年国内 16489

  5. 2020072808936

    岡山県内の大学で初の男子〝新体操部〞  二人三脚で演技をつくり上げる有田海音選手(右)と菅正樹監督=岡山・井原高校。岡山県内の大学で初の男子〝新体操部〞が今春、倉敷芸術科学大(倉敷市)に発足した。2005年岡山国体を契機に「新体操のまち」として全国に知られる井原市の要請に応えて指導者を招き、井原高の卒業生1人が入部。大学の対面授業が再開した6月から本格始動した。1期生は、昨夏の全国高校総体で3年ぶり5度目の団体優勝を飾ったチームの主将を務めた有田海音選手(18)。監督には昨年度まで強豪の花園大(京都市)で指揮を執った菅正樹氏(28)を大学が特担講師として迎えた。部員1人のため正式には愛好会扱いで、来年以降、部活動として認められる5人にとどまらず、団体に出場できる6人以上の部員確保を目指す。実現すれば中四国では唯一となる。=2020(令和2)年7月1日、井原高校=岡山県井原市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  6. 2020062710020

    「白頭の血統」二人三脚 署名する金委員長と与正氏  2018年4月、板門店での南北首脳会談で宣言に署名する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右)と金与正党第1副部長(韓国共同写真記者団・共同) 「大型サイド」金与正氏台頭

  7. 2020062710016

    「白頭の血統」二人三脚 金正恩氏と金与正氏  2018年2月、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左から2人目)と一緒に写真に納まる金与正党第1副部長(同3人目)(コリアメディア提供・共同) 「大型サイド」金与正氏台頭

  8. 2020062709889

    「白頭の血統」二人三脚  金与正氏を巡る動き 「大型サイド」金与正氏台頭

  9. 2020062709883

    「白頭の血統」二人三脚  金与正氏を巡る動き 「大型サイド」金与正氏台頭

  10. 2020062204821

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の執壺(しっこ、水次)。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062204798

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の軍持(ぐんじ、水瓶)。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062204826

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で自身が焼成した秘色青磁を焼き物愛好家に紹介する聞長慶さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204899

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で古陶磁の書籍を調べる聞長慶さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204866

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で素焼きしたカエル型の水滴の状態を確認する聞長慶さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204772

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の花口洗。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062204930

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の梅瓶(メイピン)。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062205009

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の茶たく。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204698

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した八面取りした秘色の浄瓶(じょうへい)。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204885

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で素焼きした香炉のふたの状態を調べる聞長慶さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204969

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で新窯の壁の状態を確認する聞長慶さん(右)と息子の果立さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204991

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の観音像。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204773

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の香炉と器。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204887

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、聞さん親子が焼成した秘色の葵口碗(きこうわん)。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062204894

    「秘色青磁」の再現に挑む陶芸家親子浙江省慈渓市  17日、慈渓市の工房で上林湖の草木灰を使った釉薬に茶たくを浸す聞長慶さん。中国浙江省慈渓市の陶芸家、聞長慶(ぶん・ちょうけい)さんは、1980年代から「秘色(ひそく)青磁」と呼ばれる同省越州窯で唐代末期から五代十国時代に作られた青磁器の焼成技法を研究し、玉のようなつややかな輝きの再現に努めてきた。今年で71歳になる聞さんには息子の果立(かりつ)さんがおり、以前から研究に携わっている。秘色青磁の発祥地とされる同市上林湖の土と釉薬原料を使い、二人三脚で模索を続けてきた。2012年にようやく秘色青磁に近い磁器を焼成することができた親子は「越州窯秘色青磁焼成工芸方法」として特許を取得。作品は国内外の著名博物館や美術館などに収蔵されている。(慈渓=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060911347

    「二人三脚で頑張った」 写真に納まる横田さん夫妻  映画「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」の上映会で写真に納まる横田滋さん、早紀江さん夫妻=2006年11月、東京都内

  26. 2020060910395

    「二人三脚で頑張った」 横田早紀江さん  夫の滋さんの死去を受け、記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  27. 2020060910392

    「二人三脚で頑張った」 記者会見する横田さんら  夫の滋さんの死去を受け、記者会見する横田早紀江さん(右から2人目)ら=9日午後、国会

  28. 2020060910212

    「二人三脚で頑張った」 質問に耳を傾ける横田さん  記者会見で、記者の質問を聞く横田早紀江さん=9日午後、国会

  29. 2020060909970

    「二人三脚で頑張った」 記者会見する早紀江さんら  夫の滋さんの死去を受け、息子の拓也さん(左)、哲也さん(右)と記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  30. 2020060910082

    「二人三脚で頑張った」 横田早紀江さん親子  夫の滋さんの死去を受け、息子の拓也さん(左)、哲也さん(右)と並んで記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  31. 2020060910041

    「二人三脚で頑張った」 記者会見の横田早紀江さん  夫の滋さんの死去を受け、記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  32. 2020060910006

    「二人三脚で頑張った」 記者会見する早紀江さん  夫の滋さんの死去を受け、記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  33. 2020060909950

    「二人三脚で頑張った」 記者会見する早紀江さん  夫の滋さんの死去を受け、記者会見する横田早紀江さん=9日午後、国会

  34. 2019111303403

    誇り胸に選手サポート 仲選手と妻奈生美さん  東京パラリンピックに夫婦二人三脚で挑むアーチェリーの仲喜嗣選手(右)と妻奈生美さん 「XY19」▽五輪・社会「支える人たち」

  35. 2019091702381

    「国と二人三脚で対応を」 要望書を手渡す大野知事  豚コレラ対策の要望書を手渡す埼玉県の大野元裕知事(左)=17日午後、農水省

  36. 2019061900536

    二人三脚の親子メダル 体操の加藤凌平  2016年リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合決勝であん馬の演技をする加藤凌平(共同) 五輪連載企画「わが街 オリンピアン」(13)埼玉県

  37. 2019061900534

    二人三脚の親子メダル リオ五輪の三宅宏実  2016年リオデジャネイロ五輪の重量挙げ女子48㌔級で銅メダルを獲得し、バーベルをなでて喜ぶ三宅宏実(共同) 五輪連載企画「わが街 オリンピアン」(13)埼玉県

  38. 2019061900533

    二人三脚の親子メダル メダル見せる三宅親子  2016年リオデジャネイロ五輪の重量挙げ女子48㌔級で2大会連続のメダルに輝き、父親で監督の義行氏(右)と写真撮影に応じる三宅宏実(共同) 五輪連載企画「わが街 オリンピアン」(13)埼玉県

  39. 2019061900216

    二人三脚の親子メダル  埼玉県出身の主な五輪選手 五輪連載企画「わが街 オリンピアン」(13)埼玉県

  40. 2019061900215

    二人三脚の親子メダル  埼玉県出身の主な五輪選手 五輪連載企画「わが街 オリンピアン」(13)埼玉県

  41. 2019042700552

    二人三脚、60年の歩み 散策する天皇、皇后両陛下  御用邸近くの海岸を散策される天皇、皇后両陛下=1月、神奈川県葉山町 大型サイド「天皇陛下支えた皇后さま」

  42. 2019032100629

    父宣之さんと二人三脚 イチロー選手と父親  2004年12月、少年野球大会「イチロー杯」表彰式に参加したイチロー選手。左は父の鈴木宣之さん=愛知県豊山町

  43. 2018101000018

    二人三脚で東京パラへ 写真に納まる広瀬夫妻  2016年9月、リオデジャネイロ・パラリンピックの柔道女子57㌔級で銅メダルを獲得し、夫の悠(左)と写真に納まる広瀬順子(共同) 企画「ジャカルタ発東京行き」「ジャカルタ・アジアパラ大会」

  44. 2018101000012

    二人三脚で東京パラへ 銅メダルの広瀬順子  女子57㌔級3位決定戦でタイ選手(右)を攻める広瀬順子=9日、ジャカルタ(共同) 企画「ジャカルタ発東京行き」「ジャカルタ・アジアパラ大会」

  45. 2018090720865

    コーチと二人三脚で大躍進 サーシャ・バイン氏  大坂なおみ選手が決勝進出を決め、喜ぶサーシャ・バイン氏=6日、ニューヨーク(共同)

  46. 2018081400523

    二人三脚で暮らし下支え  有限会社「わが家」が運営する福祉と商業の複合施設「オヒサマの森」のカフェで話す大石ひとみさん=長野県宮田村 甲乙A「シニア=広がる地域共生ケア」12回続きの(9)

  47. 2018070700607

    ぼくらの健康デー スケッチ企画7057A−22A  ぼくらの健康デーが開催され、二人三脚を楽しむ親子ら=1979(昭和54)年10月21日、撮影場所不明

  48. 2018062901705

    二人三脚で半世紀ぶり挑戦 岩佐一志センター長  「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」の岩佐一志センター長=28日、米ワシントン州モーゼスレイク(共同)

  49. 2018062901700

    二人三脚で半世紀ぶり挑戦 航空機検査官の中村洋三氏  MRJの米国での飛行試験拠点に駐在する航空機検査官の中村洋三氏=28日、米ワシントン州モーゼスレイク(共同)

  50. 2018062901699

    二人三脚で半世紀ぶり挑戦 着陸するMRJ  飛行試験でグラントカウンティ国際空港に着陸するMRJ=28日、米ワシントン州モーゼスレイク(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像