検索結果 236 件中 1 件 〜 50 件 "二酸化炭素"
  1. 2019101201306

    「DPA」 Rainer Brüderle 01 October 2019, Rhineland-Palatinate, Mainz: Rainer Brüderle (FDP) gestures during an editorial meeting with the German Press Agency. Brüderle believes that a Europe-wide emissions trading scheme with an upper limit is an effective way to save carbon dioxide (CO2). Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2019101201650

    「DPA」 Rainer Brüderle 01 October 2019, Rhineland-Palatinate, Mainz: Rainer Brüderle (FDP) smiles during an editorial meeting with the German Press Agency. Brüderle believes that a Europe-wide emissions trading scheme with an upper limit is an effective way to save carbon dioxide (CO2). Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2019101201703

    「DPA」 Rainer Brüderle 01 October 2019, Rhineland-Palatinate, Mainz: Rainer Brüderle (FDP) gestures during an editorial meeting with the German Press Agency. Brüderle believes that a Europe-wide emissions trading scheme with an upper limit is an effective way to save carbon dioxide (CO2). Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  4. 2019092712670

    「スプートニク」 Russia Cellular Agriculture 24.09.2019 A researcher gets meat samples obtained from calf‘s muscle cells out of a carbon dioxide incubator at the Ochakovo Factory of Food Ingredients (OKPI) in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  5. 2019090305917

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Annegret Kramp-Karrenbauer (CDU), Minister of Defense, will attend the meeting of the coalition committee on climate protection of Union and SPD in the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Angela Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  6. 2019090306142

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Olaf Scholz (SPD), Federal Minister of Finance, comes to the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of Union and SPD in the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  7. 2019090306165

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Malu Dreyer (SPD), Minister President of Rhineland-Palatinate, and Thorsten Schäfer-Gümbel (SPD, concealed) attend the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of the Union and the SPD at the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  8. 2019090305959

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Malu Dreyer (SPD), Minister President of Rhineland-Palatinate, and Thorsten Schäfer-Gümbel (SPD, concealed) attend the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of the Union and the SPD at the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  9. 2019090305962

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Manuela Schwesig (SPD), Minister President of Mecklenburg-Western Pomerania, will attend the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of the Union and the SPD at the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  10. 2019090306063

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Ralph Brinkhaus, chairman of the CDU/CSU parliamentary group in the Bundestag, will attend the meeting of the coalition committee on climate protection of the Union and SPD at the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Angela Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019090305823

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Manuela Schwesig (SPD), Minister President of Mecklenburg-Western Pomerania, will attend the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of the Union and the SPD at the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  12. 2019090305746

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Olaf Scholz (SPD), Federal Minister of Finance, comes to the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of Union and SPD in the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019090305900

    「DPA」 Coalition Committee on Climate Protection 02 September 2019, Berlin: Olaf Scholz (SPD), Federal Minister of Finance, comes to the meeting of the Coalition Committee on Climate Protection of Union and SPD in the Federal Chancellery. On 20 September 2019, the Climate Cabinet chaired by Chancellor Merkel (CDU) will decide on a package of measures to enable Germany to meet national and international climate targets by 2030. The way to save the climate-damaging carbon dioxide is particularly controversial here. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2019081412378

    「DPA」 Forest as a brake on climate change 13 August 2019, Lower Saxony, Sehnde: An oak grows in a mixed forest in the Hanover region. The debate on the climate crisis and its consequences is currently focusing on the forest because, on the one hand, it binds the greenhouse gas carbon dioxide (CO2) and can slow down climate change and, on the other hand, it suffers from the consequences of global warming. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  15. 2019081412450

    「DPA」 Forest as a brake on climate change 13 August 2019, Lower Saxony, Sehnde: An oak grows in a mixed forest in the Hanover region. The debate on the climate crisis and its consequences is currently focusing on the forest because, on the one hand, it binds the greenhouse gas carbon dioxide (CO2) and can slow down climate change and, on the other hand, it suffers from the consequences of global warming. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  16. 2019081412340

    「DPA」 Forest as a brake on climate change 13 August 2019, Lower Saxony, Sehnde: Moss grows on an oak tree in a mixed forest in the Hanover region. The debate on the climate crisis and its consequences is currently focusing on the forest because, on the one hand, it binds the greenhouse gas carbon dioxide (CO2) and can slow down climate change and, on the other hand, it suffers from the consequences of global warming. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  17. 2019081412344

    「DPA」 Forest as a brake on climate change 13 August 2019, Lower Saxony, Sehnde: An oak grows in a mixed forest in the Hanover region. The debate on the climate crisis and its consequences is currently focusing on the forest because, on the one hand, it binds the greenhouse gas carbon dioxide (CO2) and can slow down climate change and, on the other hand, it suffers from the consequences of global warming. Photo: Julian Stratenschulte/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  18. 2019062700021

    CO2「見える」カメラ  二酸化炭素が「見える」カメラについて説明する気象研究所・元主任研究官の山本哲さん=5月、東京都渋谷区

  19. 2019052700601

    「新華社」 山東省で修理中の貨物船からCO2漏れ、10人死亡  26日、威海市竜眼港のドックで修理中の貨物船「金海翔」号。(スマートフォンで撮影)中国山東省威海市の竜眼港で25日午後4時ごろ、福建省海運集団の貨物船「金海翔」号の修理中に船舶消防システムから二酸化炭素(CO2)が漏れ出す事故があり、10人が死亡した。19人が病院に搬送されたが、命に別条はないという。同市政府が26日明らかにした。(威海=新華社記者/王陽)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019052700496

    「新華社」 山東省で修理中の貨物船からCO2漏れ、10人死亡  26日、威海市中心病院で手当を受ける負傷者。(スマートフォンで撮影)中国山東省威海市の竜眼港で25日午後4時ごろ、福建省海運集団の貨物船「金海翔」号の修理中に船舶消防システムから二酸化炭素(CO2)が漏れ出す事故があり、10人が死亡した。19人が病院に搬送されたが、命に別条はないという。同市政府が26日明らかにした。(威海=新華社記者/陳灝)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019051705046

    「DPA」 Plastic foil around stack of wood against bark beetle 16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Arnsberg: A so-called polter from freshly cut trees is completely covered with foil in the forest near Arnsberg. To contain the bark beetle plague, the State Forest and Wood Service is testing a new method: Stacks of wood are wrapped in plastic foil for storage and sealed airtight. The fresh wood converts the oxygen it contains into carbon dioxide, causing the beetles to gradually die. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  22. 2019051705120

    「DPA」 Plastic foil around stack of wood against bark beetle 16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Arnsberg: A so-called polter of freshly cut trees is completely wrapped in foil in the forest near Möhnesee by employees of the Landesbetriebs Wald und Holz, which is later welded together. To contain the bark beetle plague, the State Forest and Wood Service is testing a new method: Stacks of wood are wrapped in plastic foil for storage and sealed airtight. The fresh wood converts the oxygen it contains into carbon dioxide, causing the beetles to gradually die. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  23. 2019051704939

    「DPA」 Plastic foil around stack of wood against bark beetle 16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Möhnesee: Andreas Wiebe, head of the Forest and Timber Department, observes a so-called “banging“ of freshly cut trees. It is completely wrapped in foil, which is later sealed. To contain the bark beetle plague, the State Forest and Wood Service is testing a new method: Stacks of wood are wrapped in plastic foil for storage and sealed airtight. The fresh wood converts the oxygen it contains into carbon dioxide, causing the beetles to gradually die. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  24. 2019051705153

    「DPA」 Plastic foil around stack of wood against bark beetle 16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Möhnesee: Employees of the Forest and Wood State Enterprise show a so-called “bluster“ of freshly cut trees. It is completely wrapped in foil, which is later sealed. To contain the bark beetle plague, the State Forest and Wood Service is testing a new method: Stacks of wood are wrapped in plastic foil for storage and sealed airtight. The fresh wood converts the oxygen it contains into carbon dioxide, causing the beetles to gradually die. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  25. 2019051705123

    「DPA」 Plastic foil around stack of wood against bark beetle 16 May 2019, North Rhine-Westphalia, Arnsberg: A so-called polter from freshly cut trees is completely covered with foil in the forest near Arnsberg. To contain the bark beetle plague, the State Forest and Wood Service is testing a new method: Stacks of wood are wrapped in plastic foil for storage and sealed airtight. The fresh wood converts the oxygen it contains into carbon dioxide, causing the beetles to gradually die. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2019092708750

    「新華社」 アリペイのバーチャル植林、2019年度「チャンピオン・オブ・ジ・アース」を受賞  アント・フォレストの植林場で植樹するボランティア。(資料写真)環境保護に関する公益プロジェクト「アント・フォレスト」が19日、国連環境計画(UNEP)の「チャンピオン・オブ・ジ・アース(発想・行動部門)」を受賞した。アリババ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」に2016年8月、環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」が開設された。ユーザーは徒歩や地下鉄・バス・シェア自転車の利用、オンライン決済など環境に配慮した行動を取ることで、削減した二酸化炭素排出量を「グリーンエネルギー」のポイントに交換する。たまったポイントで「本物の」木を植樹するか相応の面積の土地を保護するかが選べる。「アント・フォレスト」は植林以外にも、貧困地域の就業支援も行っている。今年8月までに中国各地で40万人以上の雇用を創出している。(杭州=新華社配信/アント・フォレスト提供)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:アント・フォレスト/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019062103459

    「日刊工業新聞」 大丸・松坂屋百貨店大丸心斎橋店本館  J・フロントリテイリング傘下の大丸・松坂屋百貨店は、9月下旬に開業予定の大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)で使用する電力を100%再生エネルギーで調達する。同店の社用車は電気自動車(EV)に切り替える。これらの取り組みを順次全国の店舗で展開する計画。2030年にはJ・フロント全体で、二酸化炭素(CO2)排出量を17年比で40%削減し、50年にはゼロにする。心斎橋本館では、関西電力の水力発電由来の「水力エコプラン」を導入する。水力発電のためCO2を排出しない。建て替え前の旧本館のCO2排出量(15年)に比べて、7000トン程度削減できる。=2019(平成31)年4月9日、大丸・松坂屋百貨店大丸心斎橋店本館、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  28. 2019092708760

    「新華社」 アリペイのバーチャル植林、2019年度「チャンピオン・オブ・ジ・アース」を受賞  中国甘粛省のトングリ砂漠に広がるアント・フォレスト。「緑の壁」で砂漠化を効果的に食い止めている。(資料写真)環境保護に関する公益プロジェクト「アント・フォレスト」が19日、国連環境計画(UNEP)の「チャンピオン・オブ・ジ・アース(発想・行動部門)」を受賞した。アリババ傘下の金融関連会社、螞蟻金服(アント・フィナンシャル)が運営するモバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」に2016年8月、環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」が開設された。ユーザーは徒歩や地下鉄・バス・シェア自転車の利用、オンライン決済など環境に配慮した行動を取ることで、削減した二酸化炭素排出量を「グリーンエネルギー」のポイントに交換する。たまったポイントで「本物の」木を植樹するか相応の面積の土地を保護するかが選べる。「アント・フォレスト」は植林以外にも、貧困地域の就業支援も行っている。今年8月までに中国各地で40万人以上の雇用を創出している。(杭州=新華社配信/アント・フォレスト提供)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:アント・フォレスト/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019032609033

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, smiles into the camera. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  30. 2019032609142

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, sits on a staircase. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  31. 2019032609107

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, smiles into the camera. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  32. 2019032609108

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, sits on a staircase. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2019032609002

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, stands under a tree. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019032608823

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the children and youth initiative Plant-for-the-Planet, sits under a tree. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2019032609102

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 22 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, sits under a tree. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  36. 2019032609136

    「DPA」 Environmental activist Felix Finkbeiner 15 March 2019, Bavaria, München: Felix Finkbeiner, environmental activist and founder of the Plant-for-the-Planet initiative, speaks at a Fridays for Future demonstration. Felix Finkbeiner founded an initiative in 2007 with which he is still active worldwide today. He and his colleagues are planting trees to combat climate change. Because trees bind carbon dioxide and produce oxygen. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  37. 2019072603350

    「日刊工業新聞」 ユニチカのバイオマスプラのストロー向け樹脂「TP-5040」を使ったストロー  ユニチカは、独自のバイオマスプラスチック「テラマック」を改質し、柔軟性と耐久性を兼ね備えたストロー向け樹脂を開発、ストローメーカーなどに提案を始めた。世界中で微細なプラスチックゴミによる環境汚染が問題視される中、国内でも複数の化学メーカーが生分解性プラを開発し、提案を急ぐ。ただ汎用プラに比べ価格が高く普及しづらい。ユニチカは「機能性に加え、バイオマスプラの課題とされる“におい”を低減した」(佐藤泰久樹脂事業部機能樹脂営業部機能樹脂第二グループ長)点も訴求して市場を切り開く。同社が開発したのは加工性に優れ、ストローに加工すると現状のプラ製ストローと同等の耐久性があるバイオマス樹脂「TP―5040」。植物由来のポリ乳酸を原料とし、高温・高湿など一定の環境下におくと、約1カ月で二酸化炭素と水に生分解できる。テラマックに柔軟成分と無機充填剤を配合し、ストロー製造に適切な柔軟性や強度を持たせた。テラマック特有の甘いにおいを抑え、ストロー利用時に食品の風味を損なわない。汎用プラ代替のストロー原料として、紙が普及しつつある。しかし、同社の性能比較試験では、紙製よりTP―5040製のストローの方が、水分に対する耐久性や飲料ふたの突き刺し時の剛性などの点で、従来のプラ製ストローに性能が近かった。価格でも優位性がある。ストローを量産した場合の1本の価格について、「海外では汎用プラ製0・5セント、生分解性プラ製1セント、紙製1・5セントかかるという例がある」。=2019(平成31)年2月15日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  38. 2019013112936

    「新華社」 進む美しい農村のオール電化浙江省徳清県  19日、徳清県の義遠有機生態農場。(小型無人機から)この農場は2018年にオール電化改造を完了し、施設内のレストラン、キッチン、栽培用温室の全てで電化を実現した。中国浙江省湖州市徳清県は近年、美しい農村の飲食、宿泊、交通などの分野で電気エネルギーへの転換を大々的に推進している。キッチン、キャンピングカー・パーク、民宿、農場などのオール電化改造プロジェクトを推進し、石炭やディーゼル油など従来の化石エネルギーの使用を大幅に削減し、汚染物質の排出を減らして、農村のエコで持続可能な発展を支援している。2018年の徳清県の代替電力量は7040万キロワット時、二酸化炭素の排出削減量は7万100トン、二酸化硫黄の排出削減量は2100トン、粉じんの排出削減量は1万9千トンに達している。(徳清=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019013112983

    「新華社」 進む美しい農村のオール電化浙江省徳清県  19日、徳清県の下渚湖景勝地に新設されたの電気自動車(EV)急速充電スポットで、旅行客のEVに充電を行うスタッフ。中国浙江省湖州市徳清県は近年、美しい農村の飲食、宿泊、交通などの分野で電気エネルギーへの転換を大々的に推進している。キッチン、キャンピングカー・パーク、民宿、農場などのオール電化改造プロジェクトを推進し、石炭やディーゼル油など従来の化石エネルギーの使用を大幅に削減し、汚染物質の排出を減らして、農村のエコで持続可能な発展を支援している。2018年の徳清県の代替電力量は7040万キロワット時、二酸化炭素の排出削減量は7万100トン、二酸化硫黄の排出削減量は2100トン、粉じんの排出削減量は1万9千トンに達している。(徳清=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019013113006

    「新華社」 進む美しい農村のオール電化浙江省徳清県  19日、徳清県の義遠有機生態農場のオール電化レストラン。中国浙江省湖州市徳清県は近年、美しい農村の飲食、宿泊、交通などの分野で電気エネルギーへの転換を大々的に推進している。キッチン、キャンピングカー・パーク、民宿、農場などのオール電化改造プロジェクトを推進し、石炭やディーゼル油など従来の化石エネルギーの使用を大幅に削減し、汚染物質の排出を減らして、農村のエコで持続可能な発展を支援している。2018年の徳清県の代替電力量は7040万キロワット時、二酸化炭素の排出削減量は7万100トン、二酸化硫黄の排出削減量は2100トン、粉じんの排出削減量は1万9千トンに達している。(徳清=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019013113041

    「新華社」 進む美しい農村のオール電化浙江省徳清県  19日、徳清県の義遠有機生態農場のオール電化キッチンで料理するスタッフ。中国浙江省湖州市徳清県は近年、美しい農村の飲食、宿泊、交通などの分野で電気エネルギーへの転換を大々的に推進している。キッチン、キャンピングカー・パーク、民宿、農場などのオール電化改造プロジェクトを推進し、石炭やディーゼル油など従来の化石エネルギーの使用を大幅に削減し、汚染物質の排出を減らして、農村のエコで持続可能な発展を支援している。2018年の徳清県の代替電力量は7040万キロワット時、二酸化炭素の排出削減量は7万100トン、二酸化硫黄の排出削減量は2100トン、粉じんの排出削減量は1万9千トンに達している。(徳清=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018122025449

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018122025453

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018122025413

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018122025412

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018122025422

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018122025425

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクト。(13日撮影)中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018122025459

    「新華社」 内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地、グリッド接続発電開始  13日、クブチ砂漠の奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトで、柳の枝で砂防壁を作る作業員。中国内モンゴル自治区・クブチ砂漠奥地で進行している、「ダラト太陽光発電応用先行基地」の第一期500メガワット(MW)太陽光発電プロジェクトがこのほど、全容量グリッド接続発電に成功した。同プロジェクトは、内モンゴル最大の集中型太陽光発電基地において、年間80万トンの二酸化炭素排出を削減するという。同自治区オルドス市政府が明らかにした。(オルドス=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018120200196

    「12段用」 パリ協定ルール合意目指す  エネルギー起源二酸化炭素排出量の国・地域別割合

  50. 2018120200195

    「12段用」 パリ協定ルール合意目指す  エネルギー起源二酸化炭素排出量の国・地域別割合

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像