検索結果 3 件中 1 件 〜 3 件 "井原鉄道井原線"
  1. 2018122624002

    真備の夕暮れ 日はまた昇る 西日本豪雨  暮れゆく町並みの中を、井原鉄道井原線の車両が走る。24日、小型無人機ドローンで空撮した倉敷市真備町地区。鉄橋を越え前に向かって進む車体が、復興へ歩む被災地の姿と重なる。真備町地区では面積の約3割が浸水し、51人が亡くなってから5カ月半が過ぎた。小田川など4河川には決壊の爪痕が残る一方、夕闇が迫ると営業を再開した店舗の明かりが浮かび上がった。住宅街の灯は少なく復興の険しさを伝えるが、明けない夜はない。「日はまた昇る」。平成最後の年の瀬に、夕日がそっと語り掛けているようだ。=2018(平成30)年12月24日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  2. 2018090714054

    井原鉄道高架沿い 災害ごみなくなる  倉敷市真備町地区を東西に走る井原鉄道井原線。その高架沿いには、家屋の片付けが進むにつれて大量の家具や畳などが積み上げられ、豪雨発生から約2週間後の7月19日には約2キロにわたり連なっていた。全国各地からの支援車両など延べ約8000台が撤去作業に当たり、8月下旬には運び出しが完了。災害ごみは現在、地区内3カ所の集積所に持ち込んでもらっている。復旧の妨げになると指摘されていた災害ごみ。9月5日には沿線の道路から姿を消していた。=2018(平成30)年9月5日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  3. 2018090714059

    井原鉄道高架沿いの災害ごみ  復旧の妨げになると指摘されていた災害ごみ。倉敷市真備町地区を東西に走る井原鉄道井原線。その高架沿いには、家屋の片付けが進むにつれて大量の家具や畳などが積み上げられ、豪雨発生から約2週間後の7月19日には約2キロにわたり連なっていた。全国各地からの支援車両など延べ約8000台が撤去作業に当たり、8月下旬には運び出しが完了。=2018(平成30)年7月19日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像