検索結果 430 件中 1 件 〜 50 件 "人手不足"
  1. 2020022124808

    「Newscom」 CHINA FUJIAN LABOR SHORTAGE Migrant workers from Yunnan province look out from a bus picking them up at the airport in Jinjiang city in southeast China‘s Fujian province Wednesday, Feb. 19, 2020. A chartered plane flew 101 Yunnan workers back to their jobs in Fujian Wednesday as factory activities pick up after the long plague break. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

  2. 2020022124820

    「Newscom」 CHINA FUJIAN LABOR SHORTAGE Migrant workers from Yunnan province look out from a bus picking them up at the airport in Jinjiang city in southeast China‘s Fujian province Wednesday, Feb. 19, 2020. A chartered plane flew 101 Yunnan workers back to their jobs in Fujian Wednesday as factory activities pick up after the long plague break. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

  3. 2020022124806

    「Newscom」 CHINA FUJIAN LABOR SHORTAGE Airport workers hold a banner to welcome the migrant workers from Yunnan province at the airport in Jinjiang city in southeast China‘s Fujian province Wednesday, Feb. 19, 2020. A chartered plane flew 101 Yunnan workers back to their jobs in Fujian Wednesday as factory activities pick up after the long plague break. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

  4. 2020022124798

    「Newscom」 CHINA FUJIAN LABOR SHORTAGE Airport workers hold a banner to welcome the migrant workers from Yunnan province at the airport in Jinjiang city in southeast China‘s Fujian province Wednesday, Feb. 19, 2020. A chartered plane flew 101 Yunnan workers back to their jobs in Fujian Wednesday as factory activities pick up after the long plague break. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ

  5. 2020022023129

    「日刊工業新聞」 三井不動産のショールーム「MFLP ICTラボ2・0」  三井不動産は13日、物流施設の自動化や省人化を提案するショールーム「MFLP ICTラボ2・0」(千葉県船橋市)を開設した。ピッキングロボットや開梱・封かんを担う双腕ロボット、仕分けシステムなど30台以上を組み合わせ、入荷から在庫、出荷までを自動化したモデルラインを構築。「床を貸すだけではなく、人手不足など物流業界が直面する課題を解決する」(三木孝行常務執行役員)拠点とする。ICTラボ2・0の広さは約1300平方メートルで、旧ラボの約10倍に拡大した。モデルラインは理論値で、作業スタッフ20人を削減できるという。人手不足を背景に倉庫内物流の自動化や効率化が注目される一方、導入には機器の組み合わせや全体コストの算出・回収といった分析が欠かせないことに着目。高機能物流施設を手がけるデベロッパーとして、企業ごとのニーズに対応したコンサルティングに重きを置く。高機能物流施設は電子商取引(EC)の急伸で、足元も旺盛な需要に沸く。三井不動産は国内外で40物件を開発・運営しており、投資額は累計で約5700億円に達する。最新のオフィスビルと同じく、ラウンジや保育施設などを設け働く人の満足度を向上。ラボを含む船橋市の物流施設では“街づくり型”を掲げ、物流施設3棟のほか地域住民も使える約2万平方メートルの緑地やスケートリンクも仕上げる計画だ。2020(令和2)年2月13日、千葉県船橋市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  6. 2020021001040

    「新華社」 飲食店店員がスーパーの臨時店員にワークシェアリングで難関克服  陝西省西安市にある雲南料理レストランの店員、高偉(こう・い)さんは「ワークシェアリング」モデルを通じ、アリババグループ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」の臨時店員になった。(2月6日撮影)中国各地では新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、多くの飲食店が営業を停止する一方、大型スーパーマーケットの一部では人手不足に陥っている。これを受け、一部の飲食企業が市民らの基本的生活に支障が出ないよう、大手スーパーと協力して「ワークシェアリング」モデルの構築に積極的に取り組んでいる。消費者のニーズを満たすだけでなく、一時的に職務に就けなくなった従業員の働き口の確保にもつながっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020021001181

    「新華社」 飲食店店員がスーパーの臨時店員にワークシェアリングで難関克服  陝西省西安市にある雲南料理レストランの店員、曹宏剛(そう・こうごう)さんは「ワークシェアリング」モデルを通じ、アリババグループ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」の臨時店員になった。(2月6日撮影)中国各地では新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、多くの飲食店が営業を停止する一方、大型スーパーマーケットの一部では人手不足に陥っている。これを受け、一部の飲食企業が市民らの基本的生活に支障が出ないよう、大手スーパーと協力して「ワークシェアリング」モデルの構築に積極的に取り組んでいる。消費者のニーズを満たすだけでなく、一時的に職務に就けなくなった従業員の働き口の確保にもつながっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020021000973

    「新華社」 飲食店店員がスーパーの臨時店員にワークシェアリングで難関克服  6日、「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」の店員に作業の流れを確認する臨時店員の曹宏剛(そう・こうごう)さん(右)。中国各地では新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、多くの飲食店が営業を停止する一方、大型スーパーマーケットの一部では人手不足に陥っている。これを受け、一部の飲食企業が市民らの基本的生活に支障が出ないよう、大手スーパーと協力して「ワークシェアリング」モデルの構築に積極的に取り組んでいる。消費者のニーズを満たすだけでなく、一時的に職務に就けなくなった従業員の働き口の確保にもつながっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020012424492

    人手不足解消に副業活用を  地方での人手不足解消に向け、九州財務局が熊本市で開いたセミナー=24日午後

  10. 2020012424490

    人手不足解消に副業活用を  地方での人手不足解消に向け、九州財務局が熊本市で開いたセミナーにテレビ電話で参加した富山県南砺市の田中幹夫市長=24日午後

  11. 2020012424483

    人手不足解消に副業活用を  地方での人手不足解消に向け九州財務局が熊本市で開いたセミナーで、講演する農業法人オキスの岡本雄喜氏=24日午後

  12. 2020012323692

    インタビュー連載「どう支える就職氷河期世代」4回続きの(3) 人手不足の中小にチャンス  インタビューに答える全国中小企業団体中央会の森洋会長

  13. 2020012323686

    インタビュー連載「どう支える就職氷河期世代」4回続きの(3) 人手不足の中小にチャンス  インタビューに答える全国中小企業団体中央会の森洋会長

  14. 2020011603475

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、ロボットが調理した魚のすり身揚げ。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020011603476

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、2本のアームを持ったハンバーガー調理ロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020011603474

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、Foodomロボット中国料理レストランの旗艦店の個室。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020011603479

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、ロボットが調理した小鳩の丸焼き。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020011603505

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、Foodomロボット中国料理レストランの旗艦店のホール。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020011603483

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、スイーツ制作を担当するロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020011603484

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、Foodomロボット中国料理レストランの旗艦店の一角。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020011603480

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、ロボットが調理した魚の蒸煮。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020011603535

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、2本のアームを持った揚げ物・炒め物ロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020011603404

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、バーテンダーロボット。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020011603407

    「新華社」 仕入れから配膳まで、ロボットがすべて担うレストラン広州でオープン  13日、ロボットが調理したチャーシュー。中国の不動産開発大手、碧桂園控股集団(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の完全子会社である千璽(せんじ)ロボット餐飲集団傘下のFoodomロボット中国料理レストランの旗艦店が12日、広東省広州市でオープンした。順徳料理(広東省仏山市順徳区の地方料理)を売りにした同レストランは、食材の仕入れから仕込み、調理、配膳までのすべてをロボットで完成し、スマート管理運営を実現した。千璽集団の邱咪(きゅう・び)総経理は、ロボットレストランが軌道に乗れば、飲食業界の直面している「人手不足」が緩和できるとともに、将来的にはデータ管理を通じて1~2人の従業員で一つの地域のロボットを管理し、インテリジェント化制御を実現して、管理の効率を大幅に改善、人件費のさらなる削減が可能になると述べた。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020011003737

    「春闘2020」 人手不足解消へ環境整備を  インタビューに答える全トヨタ労働組合連合会の鶴岡光行会長

  26. 2020010901836

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」の魚の販売ブースの一角。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020010901892

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」の会場を彩る花の販売ブース。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020010901916

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」の「野菜工場」ブースで、新しい野菜栽培技術とその成果を紹介する技術スタッフ。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020010901843

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」で人気を集めた「野菜工場」ブース。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020010901799

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」の魚の販売ブースに訪れた女性。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010901727

    「新華社」 香港で漁業・農業グルメカーニバル開催地元の精密農業の成果を展示  3日、香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」の魚の販売ブースで、商品をアピールする人。地元の精密農業の成果を展示する2020年香港「地元漁業・農業グルメカーニバル」が3~5日の日程で、中国香港特別行政区旺角(モンコック)の花墟公園で開かれている。地元の農産品や海鮮品を展示する200余りのブースを含む380以上のブースが出展した。今回のカーニバルは、香港特別行政区政府漁農自然護理署、蔬菜統営処(VMO)および魚類統営処(FMO)が共催。香港の農業・漁業へのハイテク応用がテーマになっている。特区政府漁農自然護理署の王灝雲(おう・こううん)管理主任は、香港での土地不足、人手不足の問題を補うために、「野菜工場」のコンセプトを導入したと説明。野菜や果物の垂直仕立て栽培を行い、生長環境を人工的に管理することで、精密農業を発展させていると述べた。王氏は、「野菜工場」が農地の利用可能なスペースを増やし、収穫した野菜や果物に農薬を使うことなく生長周期を短縮させたとし、「地元の農業を発展させながら自動化を普及させたい。スマートフォンの発展に伴い、遠隔操作による栽培管理もますます便利になっている」と語った。(香港=新華社記者/呉暁初)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020011606426

    「日刊工業新聞」 オムロンソーシアルソリューションズの複合型サービスロボット  オムロンソーシアルソリューションズ(東京都港区)は、清掃・警備・案内の3作業を1台でこなせる複合型サービスロボットを開発し、5月からリース販売を始める。ロボットを作業ごとに購入する場合と比べて初期費用を節約でき、管理コストや設置場所も少なくて済む。月額リース料金は20万円に設定する予定。小売業界やテナントビルなどに20年度に計100台、30年度に同1万台の販売を目指す。フロア清掃や警備業などの人手不足を背景にロボットの導入が始まっているが、価格が1台数百万円以上と高いのが普及のネックとなっている。オムロンソーシアルソリューションズの複合型サービスロボは幅500ミリ×奥行き790ミリ×高さ871ミリメートルの寸法。同社は「価格のハードルを下げることに加え、センサーやカメラなどの進歩でロボが性能向上することも考え、月額リース方式を選定した」とする。人間が最初に手押ししてやれば地図とルートを記憶し、2回目以降は自律的に動く。ショッピングビルやオフィスビルなどで作業開始時刻を設定し、人の少ない早朝に清掃を行って日中は案内業務、夜間は警備を行うなどの効率的な使い方ができる。レーザーセンサーと超音波センサーを備え、通路上で人を発見した場合は回避行動が取れる。ロボット搭載のカメラ映像を確認し、警備中などに不審人物を見つけた場合は離れた場所の警備員がロボのスピーカーマイクを通じて「何か、御用ですか?」と聞くなどの対応も可能。=2019(令和元)年12月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  33. 2019121201191

    「日刊工業新聞」 ウエノテクニカの食品向け外観検査装置  ウエノテクニカ(群馬県桐生市)は、人工知能(AI)を活用して食品の外観検査を自動化する装置(写真)を開発した。カメラを装備した水平多関節(スカラ)ロボットがランダムに置かれた商品の中から不良品だけを判別して取り除く。来夏をめどに発売し、食品メーカーに導入を提案していく。群馬産業技術センター(前橋市)と共同で開発した。スカラロボットの下部に装備したカメラで商品がランダムに置かれた状態を撮影し、不良品を取り分ける。検査対象に想定するのはプラスチックフィルムを使った包装食品。あらかじめAIに多数の画像データを記憶させ、包装材料のしわやバリを基に良品と不良品を判定する。人手に頼っている食品の不良品判定を自動化でき、作業者の負担軽減が見込める。プラスチックフィルム以外の包装材料にも応用可能。生産現場の人手不足の解消にも役立つとみて、食品メーカー各社に売り込む。=2019(令和元)年11月28日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  34. 2019112900747

    「日刊工業新聞」 ユーシン精機の本社工場  ユーシン精機は業務効率を高めるため、RPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)の活用範囲を広げる。2018年6月以降、製造部門の27業務で導入を進め、19年3月までに3700時間以上の作業時間を削減した。4月から新たに16業務を追加し、20年3月までで年間約7500時間の削減を目指す。1日8時間労働に換算すると、4人分の年間労働時間を削減する計算となる。今後、全社に水平展開し、生まれた時間をより創造的な業務に振り向ける狙いだ。ユーシン精機が手がけるプラスチック射出成形品取り出しロボットや工場自動化(FA)向け機器などは量産品がなく顧客ごとに一品一様。そのため進捗(しんちょく)管理などデータを処理する件数が多く、間接業務の比率が高かった。「(こうしたケースの作業効率化に)ぴったりなのがRPAだった」(北川康史専務)という。製造部門の成果を軸に今後全社に展開する。10月から他部署の間接業務の洗い出しや業務の集約化を進めており、資材・営業部門では作業のシナリオを作成するプログラマーの育成を始めた。今後経理部門でのPPA導入も視野に入れる。RPAは、システム上において手作業で行っていた定型的な業務工程をロボットに記憶させ、人の代わりに仕事を自動化する。人手不足などを背景に金融業界や製造業などで導入が進んでいる。ユーシン精機は、RPA導入によって生まれた時間を、さらに効率良くRPAが運用できるよう知識習得の時間などに充てる。辻直樹執行役員は、RPAの導入で「別の改善提案も増え、社員の意識改革にもつながっている」と、一層の手応えを感じている。=2019(令和元)年11月14日、ユーシン精機本社工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  35. 2019112900757

    「日刊工業新聞」 コンビニ「オレボ」が導入したAI活用お総菜自動会計システム  競争激化に人手不足が加わったコンビニエンス業界では、大手3社が無人レジの実証や24時間営業見直しなどを進めている。そんな中、老舗はかりメーカーのイシダ(京都市左京区)が、福井県の地域コンビニ「オレボ」と組み、人工知能(AI)でレジ業務を省力化する新システムを開発。店内調理した総菜で大手と差別化を図っている同コンビニに合致したシステムで、スーパーや弁当、総菜店などからも注目されている。「オレボ」は大津屋(福井市)が展開するコンビニで福井県に10店舗ほどある。店内調理した肉じゃがや、野菜炒めなどの総菜30―40種が並ぶ量り売りコーナーや、できたての弁当、丼ものなどが特徴で、大手コンビニに勝る顧客単価を誇る。イシダのAIシステムは盛り付け方に左右されず、はかりに置くと総菜種類を1秒以下で判別できる。オレボは10月から順次導入している。イシダは来春以降、他社へも展開する方針だ。システムの消費税抜きの価格は約300万円。イシダの通常のはかりよりも高いが、総菜を扱う店などに加え、スーパーの加工・調理場などでも省人化効果が期待でき、引き合いも強く、年500台の販売を見込む。=2019(令和元)年11月13日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  36. 2019112900743

    「日刊工業新聞」 RPAテクノロジーズがデジタル技術開発者の育成施設を開設  RPAテクノロジーズ(東京都港区)は、デジタル技術の開発者を育成する施設「!(びっくり)センター福岡」を福岡市博多区に設立した。RPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)導入研修を軸にデジタルレイバー(仮想労働者)の育成拠点として展開する。福岡を皮切りに年内に松山市にも開設し、将来は全国10拠点の開設を目指す。福岡のセンターはU―NEXTマーケティング(東京都品川区)の福岡支店内。実際の業務を想定した短期プログラムを設定し、少人数のスクール形式でプログラミング知識がない初心者に対応する。ユーザーの集まりやノウハウの共有、高度技術を体感する場としても活用する。拠点はGOODLIFE(東京都港区)と連携して運営する。RPA導入に積極的な企業と連動し、人口減少で人手不足が進む地方都市を中心に拠点を広げていく。=2019(令和元)年11月13日、福岡市博多区の!(びっくり)センター福岡、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  37. 2019103100874

    「12段用」 企業の6割、正社員が不足  正社員の人手不足に関する企業の回答内容

  38. 2019103100873

    企業の6割、正社員が不足  正社員の人手不足に関する企業の回答内容

  39. 2019103100872

    企業の6割、正社員が不足  正社員の人手不足に関する企業の回答内容

  40. 2019103100871

    「12段用」 企業の6割、正社員が不足  正社員の人手不足に関する企業の回答内容

  41. 2019112900761

    「日刊工業新聞」 三松のパンチレーザー複合機向け協働ロボット  三松(福岡県筑紫野市)は、工作機械に付随した協働ロボットの導入を本格化する。加工対象物(ワーク)の供給や搬送の機構を自社で設計し、工程間の作業を省力化する。社外への販売も計画し、人手不足に悩む製造現場の課題解決につなげる。協働ロボットはマシニングセンター(MC)とパンチレーザー複合機で活用する。多品種の生産現場でロボットへのティーチングが不要な設計とし自動加工できる体制を築く。MCに使うロボットは、つかんだワークを別の土台で調整して供給する。カメラによる識別は不要。大きさ30ミリ―120ミリメートル四方、重さ2キログラムまでのワークに対応できる。パンチレーザー複合機では、加工後にコンベヤーで搬送した物の形状をカメラで識別する。ロボットはカメラの情報を基に吸着し、積載可能か不能か選別しながら仕分けする。大きさ50ミリ―600ミリメートル四方、重さ8キログラムまで対応する。三松は人手を要していた供給や搬送でのロボット活用で、夜間を含めた自動加工体制の構築を進める。自社で実証し、汎用性をもたせて社外で導入できる仕組みをつくる。社外には工作機械メーカーと連携して販売する。三松は金属加工メーカーで装置の組み立てなども手がける。これまでにビーコン(小型発信器)を活用して半製品の位置を把握するシステムを開発するなど、工程間の時間短縮に取り組んでいる。=2019(令和元)年10月29日、福岡県筑紫野市の三松本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  42. 2019112900758

    「日刊工業新聞」 アロイ技研がロウ付け加工の洗浄自動化  アロイ技研(さいたま市岩槻区)は、ロウ付け加工の前工程にあたる洗浄工程を自動化した。人手不足対策に加え、洗浄槽を密閉式にすることで揮発性有機溶剤の発散を抑え、作業環境を改善するのが狙い。同時に揮発した溶剤をすべて回収できるため、溶剤の使用量を4分の1以下に削減できるとみている。投資額は約1500万円。金属部品などをロウ付けする前、部品に付着した切削油などの脱脂を行う洗浄工程に「かごに部品を入れてボタンを押せば、かごが自動的に洗浄槽に沈み、洗浄後は乾燥までしてくれる」(白土社長)自動機を導入。設置サイズが約2メートル角、高さが約1・7メートルあるため、洗浄工程のスペースを増築した。洗浄槽も将来、有機溶剤などの洗浄液に規制がかかることを想定し、汎用的な槽を採用した。従来は人手で部品入りのかごを洗浄槽に出し入れしていたが、今後は槽が密閉されることで「作業者が揮発性溶剤の強い臭いなどに悩まされなくなる」(同)という。熱で気化した溶剤は冷却パイプで液体となって槽に戻されるため、ほぼすべてを回収。溶剤コストの節減にもつながるとしている。=2019(令和元)年10月24日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  43. 2019101705442

    人手不足対応で意見交換  セブン―イレブン・ジャパンと中国地方の加盟店オーナーとの意見交換会で、あいさつする永松文彦社長=17日午後、広島市

  44. 2019101705441

    人手不足対応で意見交換  広島市で開かれた、セブン―イレブン・ジャパンと中国地方の加盟店オーナーとの意見交換会=17日午後

  45. 2019100304844

    「日刊工業新聞」 関口産業が年末までにIoTシステムを導入するNC旋盤  関口産業(埼玉県東松山市)は、人手不足への対応などを目的に生産現場の自動化を加速する。2019年末までに数値制御(NC)旋盤30台の稼働状況を監視するIoT(モノのインターネット)システムを導入するほか、品質管理部門では測定記録を無線で自動入力する装置を3セット採用する。いずれも20年初頭に稼働する予定。総投資額は約1500万円を見込む。機械加工部門では現在90台のNC旋盤が稼働中。まずは自動車部品など量産品を加工する30台をIoTで一括管理する。生産品目や数量などの基本データから、装置の通電・運転・切削時間なども細かく把握。モーターの絶縁抵抗値や主軸総回転数、ファン回転数など予防保全データも詳細に収集する。例えば、モーターの過負荷の監視により「部材の削りすぎが分かるし、もっとスピードを上げられることも分かる。同じ部品をつくっているのに数値に違いが出ていれば、不具合を早めに見つけられる」(堀井社長)といった効果を見込んでいる。品質管理にはノギスなどで計測した数値を無線LAN経由で自動的に記録するシステムを入れる。主にコアメタルやピニオンなどの長さや厚みの測定に使う。「今は手作業で測ってシートに手書きしている。値の読み間違いも多い。新システムの導入で、連続的に計測する作業が非常に楽になる」(同)と見ている。同社は人手不足が深刻で、約10年前から海外の技能実習生を受け入れるなど人材の多様化も進めている。17年末にはプレス加工部門に2次元コードやRFID(無線識別)タグで一括管理するシステムを導入。一定の成果を上げており、IoTなど今回のシステム導入の費用対効果を検証しながら、さらに横展開を進めていく。=2019(令和元)年8月27日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  46. 2019101100723

    「日刊自動車新聞」 ロジスティクスソリューションフェア2019  キーワード:運送業界、人手不足、働き方改革、業務効率化、提案=2019(令和元)年8月、東京都江東区、クレジット:日刊自動車新聞/共同通信イメージズ

  47. 2019081410284

    「大型サイド」変化する転職市場 人手不足で「求む中高年」  データライブの山田和人社長(右)と仕事の打ち合わせをする、転職者の篠原昭夫さん=5月、東京都内

  48. 2019072404675

    甲乙A大型対論企画「争論」(オピニオン欄用)「コンビニの人手不足」 本部と店で対話深めよ  「コンビニの需要はまだまだ高い」と話す田矢信二さん

  49. 2019072404667

    甲乙A大型対論企画「争論」(オピニオン欄用)「コンビニの人手不足」 店舗持続の環境整備を  「地方の人にとって、コンビニは命綱だ」と話す永井知美さん

  50. 2019072603341

    「日刊工業新聞」 ATOUNのパワードスーツ「アトウンモデルY」  パナソニック子会社のATOUN(アトウン、奈良市)は24日、介護業界に本格参入すると発表した。ベッド上での着替え介助など、長時間で負担が大きい作業向け中心に、パワードスーツ「アトウンモデルY」を提供する(写真)。介護現場で活用しやすい作業とそうでない作業を整理し提案していく。今後は小型・軽量化といったスーツの機能改善も進める。アトウンは同日、社会福祉法人の隆生福祉会(大阪市東住吉区)が運営する兵庫県内の特別養護老人ホームで、報道陣向け説明会を開催。同施設と連携する大阪保健福祉専門学校(同淀川区)の藤原孝之教務副部長は「教育現場にもロボットを活用し介護のイメージを変えたい」と、介護業界の人手不足に対応するパワードスーツの重要性を訴えた。アトウンは同スーツで物流や製造現場向け提案が中心だった。今回、介護業界も加え、2020年度に年間販売台数を現在の約3倍となる3000台程度に拡大させる計画だ。=2019(令和元)年7月24日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像