検索結果 139 件中 1 件 〜 50 件 "仲間たち"
  1. 2020112103330

    83歳の道化師、今も現役 記念撮影する梶原さん  83歳の誕生日に開催されたオンラインイベントで、道化師の仲間たちと記念撮影する梶原輝夫さん(中央)=21日午後、名古屋市

  2. 2020082400231

    青函トンネル本坑が貫通    青函トンネル本坑貫通を祝って仲間たちから胴上げされる工事関係者=1985(昭和60)年3月10日午前、青函トンネル内 60国内 2923 「青函トンネル本坑貫通」

  3. 2020073006864

    カーゴバイクに注目 くつろぐ自転車仲間  アラムさんの工場に遊びに来た自転車仲間たち=3日、インドネシア・バンテン州チプタット地区(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  4. 2020080404106

    新アンパンマン列車お披露目 「四国観光の旗頭に」  キャラクターに見立てた座席。アンパンマンや仲間たちとともに旅をする感覚を楽しめる=2020(令和2)年6月22日、香川県多度津町のJR四国多度津工場 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ 「高知新聞」

  5. 2020031702600

    新型コロナウイルスと闘う外国人ボランティア成都市  3日、成都市の社区(コミュニティー)にマスクを寄付するタラカ・カハダワさん(左から3人目)と外国人ボランティア。スリランカ出身のタラカ・カハダワさん(中国語名:沙浪)はこのところ、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止策、特に地方都市での措置に注目している。新たな政策措置が打ち出されると、すぐに仲間たちと同措置の規定を英語に翻訳し、周りの外国籍の人たちに伝えている。現在、中国四川省成都市に在住し、同市武侯区桐梓林社区(コミュニティー)の国際ボランティア連盟のメンバーを務めるタラカさん。新型肺炎の発生以来、同市に住む外国人の感染を予防・防止し、日常生活の便宜を図るために、積極的な役割を果たしている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031702534

    新型コロナウイルスと闘う外国人ボランティア成都市  成都市天華社区(コミュニティ)で、警備員と清掃作業員にマスクを渡すタラカ・カハダワさん(中央)。(2月24日撮影)スリランカ出身のタラカ・カハダワさん(中国語名:沙浪)はこのところ、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止策、特に地方都市での措置に注目している。新たな政策措置が打ち出されると、すぐに仲間たちと同措置の規定を英語に翻訳し、周りの外国籍の人たちに伝えている。現在、中国四川省成都市に在住し、同市武侯区桐梓林社区(コミュニティー)の国際ボランティア連盟のメンバーを務めるタラカさん。新型肺炎の発生以来、同市に住む外国人の感染を予防・防止し、日常生活の便宜を図るために、積極的な役割を果たしている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020022000530

    LAUREUS World Sports Award 2020 in Berlin Edwin Moses and companions on the red carpet at the LAUREUS World Sports Award 2020 in Berlin. | usage worldwide、クレジット:Eventpress Golejewski/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」「海外セレブ」

  8. 2020022000586

    LAUREUS World Sports Award 2020 in Berlin Edwin Moses and companions on the red carpet at the LAUREUS World Sports Award 2020 in Berlin. | usage worldwide、クレジット:Eventpress Golejewski/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」「海外セレブ」

  9. 2020012320459

    上海ディズニー、子年の春節にちなんだ特別プログラムを発表  9日、春節の衣装で記者会見場に現れたミッキーと仲間たち。中国の上海ディズニーリゾートは9日の新春記者会見で、13日から2月9日まで、子(ね)年の春節(旧正月、今年は1月25日)にちなんだ特別プログラムを開催すると発表した。春節ならではの飾り付けが施されたパーク内で、ミッキーマウスとミニーマウスが年越しを盛り上げる。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020012321897

    上海ディズニー、子年の春節にちなんだ特別プログラムを発表  9日、記者会見場に登場したミッキーの仲間たち。中国の上海ディズニーリゾートは9日の新春記者会見で、13日から2月9日まで、子(ね)年の春節(旧正月、今年は1月25日)にちなんだ特別プログラムを開催すると発表した。春節ならではの飾り付けが施されたパーク内で、ミッキーマウスとミニーマウスが年越しを盛り上げる。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020012322123

    上海ディズニー、子年の春節にちなんだ特別プログラムを発表  9日、春節の衣装で記者会見場に現れたミッキーと仲間たち。中国の上海ディズニーリゾートは9日の新春記者会見で、13日から2月9日まで、子(ね)年の春節(旧正月、今年は1月25日)にちなんだ特別プログラムを開催すると発表した。春節ならではの飾り付けが施されたパーク内で、ミッキーマウスとミニーマウスが年越しを盛り上げる。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019111303172

    新たに3遺体収容 収容される芝孝幸さんの遺体   「野川健康センター」ビル建設工事現場で起きた土砂崩れ事故で、仲間たちに担がれて収容される芝孝幸さんの遺体=1989(平成元)年5月23日午前2時20分、川崎市宮前区野川 元年国内 6779

  13. 2019110100780

    人形劇のコンドンさんと仲間たち 雑4821−29  人形劇を披露するケミー・コンドンさん(中央右)と仲間たち=1981(昭和56)年2月11日、東京都港区芝大門の日本赤十字社

  14. 2019102409787

    うきうき  トルコの研究施設で、跳ね回るネコたち。仲間たちと一緒で元気いっぱい。(ゲッティ=共同) 「海外フォト」

  15. 2019102800697

    活発な若者層とインターネット文化が中国の新たな消費をけん引  23日、ファミリーマートが中国の活発な若者層とインターネット文化に触発され、新たに生み出したイメージ・キャラクター。日本発祥のコンビニエンスストア、ファミリーマートはこのほど、中国の活発な若者層とインターネット文化に触発され、新たなイメージ・キャラクターを生み出した。4匹の哀れな野良猫が、子ブタ、アヒル、ウサギ、ナマケモノなど身近な仲間たちの長所を取り入れ、個性と創造力にあふれたゆるかわいいキャラクターに変身した。中国の知的財産権を持つこれら4匹の猫「Biang!Biang!ミャオ」は、自分の名前やテーマ・ショップがあるだけでなく、一連の関連商品の誕生を促し、若い消費者の間で人気を博した。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019102800811

    活発な若者層とインターネット文化が中国の新たな消費をけん引  20日、上海市のファミリーマートのテーマ・ショップで、若い消費者を魅了するイメージ・キャラクター「Biang!Biang!ミャオ」。日本発祥のコンビニエンスストア、ファミリーマートはこのほど、中国の活発な若者層とインターネット文化に触発され、新たなイメージ・キャラクターを生み出した。4匹の哀れな野良猫が、子ブタ、アヒル、ウサギ、ナマケモノなど身近な仲間たちの長所を取り入れ、個性と創造力にあふれたゆるかわいいキャラクターに変身した。中国の知的財産権を持つこれら4匹の猫「Biang!Biang!ミャオ」は、自分の名前やテーマ・ショップがあるだけでなく、一連の関連商品の誕生を促し、若い消費者の間で人気を博した。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019081414996

    SV Drochtersen/Assel - FC Schalke 04 10 August 2019, Lower Saxony, Drochtersen: Soccer: DFB Cup, SV Drochtersen/Assel - FC Schalke 04, 1st round, in the Kehdinger Stadium. Schalke‘s Münier Levent Mercan (M) is celebrated by his fellow players for the goal to 4-0. Photo: Axel Heimken/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the requirements of the DFL Deutsche Fußball Liga or the DFB Deutscher Fußball-Bund, it is prohibited to use or have used photographs taken in the stadium and/or the match in the form of sequence images and/or video-like photo sequences.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2019081415267

    SV Drochtersen/Assel - FC Schalke 04 10 August 2019, Lower Saxony, Drochtersen: Soccer: DFB Cup, SV Drochtersen/Assel - FC Schalke 04, 1st round, in the Kehdinger Stadium. Schalke‘s Münier Levent Mercan (M) is celebrated by his fellow players for the goal to 4-0. Photo: Axel Heimken/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the requirements of the DFL Deutsche Fußball Liga or the DFB Deutscher Fußball-Bund, it is prohibited to use or have used photographs taken in the stadium and/or the match in the form of sequence images and/or video-like photo sequences.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2019072600249

    中日両国のバーチャル・シンガー、上海で初の共同公演  19日、会場に展示された中国のバーチャル・シンガー「洛天依(ルォ・テンイ)」(右から2番目)と仲間たちのパネル。中国と日本のバーチャル・シンガー10「人」以上が19日夜、上海の黄浦江沿いにあるメルセデス・ベンツアリーナで初の共同公演を行い、1万人近くの観客を魅了した。(上海=新華社配信/ビリビリ提供)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:ビリビリ/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019070100648

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019070100653

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したインドガン。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019070100658

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したインドガン。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019070100698

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019070100696

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019070100621

    タシルンポ寺で「留守番」をする渡り鳥  26日、タシルンポ寺で撮影したオグロヅル。真夏を迎えると、多くの渡り鳥が暑さを避けて、中国チベット自治区の北部へ飛来し、産卵する。同自治区シガツェ市のタシルンポ寺では、けがをしていたところを地元住民に助けられた複数のオグロヅルやインドガンが、「留守番」しながら傷を癒やし、冬に戻る仲間たちを待っている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019050901326

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の事務所で、砂漠化対策のボランティアに講義する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019050901296

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、植樹ボランティアに砂丘植物の植え方を指導する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019050901320

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、種を収穫するための檸条(CaraganakorshinskiiKom.)の開花状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019050901292

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗トングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019050901270

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019050901291

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗のトングリ砂漠東端で今年3月に呉尚栄さんと作業員が設置した流砂防止用の「草方格」。ワラなどを格子状に砂中に埋めることで砂の流動を抑えることができる。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019050901293

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、2週間前に植えた花棒(ファーバン、Hedysarumscoparium)の苗を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019050901282

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、トングリ砂漠東端の生態回復区。奥に賀蘭山が見える。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019050901329

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端のヤナギバグミ林で、夕日を眺める呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019050901322

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アラシャン左旗に位置するトングリ砂漠東端の育苗地で、発芽状況を観察する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019050901328

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、作業員に点滴かんがい設備の設置方法を指導する呉向栄さん(右)。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019050901332

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さん(右)とボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019050901283

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、灌木を植える呉向栄さんとボランティアの人々。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019050901290

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、砂漠化対策で植えた灌木の苗の成長状況を見る呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019050901271

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  1日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端で、奥に見える砂丘の拡大を抑止する灌木。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019022004326

    German Armed Forces Fallschrim Hunter 18 February 2019, Lower Saxony, Seedorf: Soldiers of the Paratrooper Regiment 31 march with their comrades through the barracks. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2019022004315

    Steinmeier visits paratroopers 18 February 2019, Lower Saxony, Seedorf: Women soldiers of the paratroop regiment 31 stand with their comrades in the honorary formation during the visit of the Federal President. Photo: Carmen Jaspersen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2019010600332

    西日本豪雨から半年 友人宅訪れた地元の人たち  広島県坂町小屋浦地区で、行方不明の友人宅を訪れた地元の仲間たち。「いつも笑顔を絶やさず明るい性格だった。どこにいるんかな。夢に出てくれればいいのだけど」と言葉を詰まらせた=6日午後

  44. 2018111222875

    巨大イノシシを追え ②犬を探す  猟場に放した犬を、GPSを頼りに追うマイケル・ミムス(左)とその仲間たち(共同) 「XY23」▽国際・えと「巨大イノシシを追え」

  45. 2018110400583

    「海翔君と一緒に」 ダンス披露する仲間たち  西日本豪雨以降中止になっていたダンスイベントが開かれ、踊りを披露する海翔君の仲間たち=4日午後、愛媛県宇和島市

  46. 2018110400338

    「海翔君と一緒に」 練り歩く西蔭さんら  踊りながら練り歩く西蔭徹さん(左端)と横田海翔君が通ったダンススクールの仲間たち=4日午後、愛媛県宇和島市

  47. 2018102202213

    世の中の動き見定める  趣味は玄人はだしの卓球。「週に1度は仲間たちと卓球場へ行きます」と語る一柳慧 芸能総合「マジックアワー」

  48. 2018101109612

    人それぞれの孤独 コルシア書店の仲間たち  「コルシア書店の仲間たち」 「あしたの私に」

  49. 2018091700437

    ダンスで豪雨復興願う ダンス披露する仲間たち  イベントで踊りを披露する横田海翔君が通ったダンススクールの仲間たち=17日午後、愛媛県宇和島市

  50. 2018091816560

    上海ディズニーリゾート、初のランイベント開催へ  15日、上海ディズニーリゾートを駆け抜ける第1回「ディズニー・インスピレーション・ラン」の参加者。上海ディズニーリゾートで15日、初のマラソン競技大会「ディズニー・インスピレーション・ラン」が開催され、スポーツ愛好者数千人が5キロ、3・5キロの2コースに参加した。愛好者らは沿道からのミッキーマウスとその仲間たちの声援を受けながら、速く走ったり、ゆっくり走ったり、時にはそぞろ歩きをしたりして同リゾートのシンボル的なスポットを駆け抜けた。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像