検索結果 123 件中 1 件 〜 50 件 "伊豆半島"
  1. 2020031303017

    20市町村がキャンペーン    「伊豆へどうぞ」と合同の観光キャンペーンを展開する伊豆半島の20市町村の宣伝隊。群発地震と海底火山の噴火で観光客が激減している=1989(平成元)年8月4日午前10時45分、東京駅八重洲口 元年国内 10845

  2. 2020011401727

    冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間 「12段用」「水をめぐる」「写真ニュース」

  3. 2020011401726

    冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間 「12段用」「水をめぐる」「写真ニュース」

  4. 2020011401725

    冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間 「水をめぐる」「写真ニュース」

  5. 2020011401724

    冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間 「水をめぐる」「写真ニュース」

  6. 2019122400038

    駿河湾サンゴ回復の兆し  静岡県内浦湾、伊豆半島、駿河湾、富士山 「12段用」

  7. 2019122400037

    駿河湾サンゴ回復の兆し  静岡県内浦湾、伊豆半島、駿河湾、富士山

  8. 2019122400036

    駿河湾サンゴ回復の兆し  静岡県内浦湾、伊豆半島、駿河湾、富士山 「12段用」

  9. 2019122400035

    駿河湾サンゴ回復の兆し  静岡県内浦湾、伊豆半島、駿河湾、富士山

  10. 2018110300167

    富士山麓に直通特急新設へ JR東日本のE257系  中央線特急から伊豆半島への特急「踊り子」に転用されるJR東日本のE257系=2017年3月、東京都武蔵野市

  11. 2018080200636

    地震予知連が統一見解発表    伊豆半島沖群発地震に対する地震予知連絡会関東部会の統一見解を発表する萩原尊礼・予知連会長=1980(昭和55)年7月1日、気象庁(55年内地5906) 資料A 1100

  12. 2018062600375

    予知連絡会会長が会見 火山噴火予知連絡会の下鶴大輔会長   伊豆東沖の海底火山について「伊豆半島東方沖の海底火山部会」のコメントを発表する火山噴火予知連絡会の下鶴大輔会長=1989(平成元)年7月21日午後9時すぎ、気象庁 元年国内 10034「伊豆東沖海底噴火」

  13. 2018062600374

    再噴火の兆候なし 海底火山部会の初会合   伊豆東沖海底噴火の今後の見通しなど、総合的に検討するため開かれた「伊豆半島東方沖の海底火山部会」初会合。左端は火山噴火予知連絡会の下鶴大輔会長=1989(平成元)年7月21日、気象庁 元年国内 10033「伊豆東沖海底噴火」

  14. 2018041700769

    伊豆半島ジオパーク認定へ  日本の世界ジオパーク

  15. 2018041700768

    伊豆半島ジオパーク認定へ  日本の世界ジオパーク

  16. 2017122200474

    混雑の伊豆沖で航路分離  伊豆半島沖の「推薦航路」のイメージ

  17. 2017122200473

    混雑の伊豆沖で航路分離  伊豆半島沖の「推薦航路」のイメージ 「12段用」

  18. 2017122200472

    混雑の伊豆沖で航路分離  伊豆半島沖の「推薦航路」のイメージ 「12段用」

  19. 2017122200471

    混雑の伊豆沖で航路分離  伊豆半島沖の「推薦航路」のイメージ

  20. 2017081200247

    縁結びの神の岩 スケッチ19780  伊豆半島・石廊崎にある縁結びの神の岩に参拝する人たち=1956(昭和31)年3月27日、静岡県南伊豆町

  21. 2017072501351

    伊豆半島の現地審査開始 堂ケ島を視察  海底火山の噴火による地層が見られる堂ケ島で行われた視察=25日午後、静岡県西伊豆町

  22. 2017070600331

    桜満開 スケッチ17783  満開になった早咲きの桜の下でスケッチする子どもたち=1955(昭和30)年3月6日、静岡・伊豆半島

  23. 2017070600330

    桜満開、夜桜見物 スケッチ17778  早咲きの桜が満開となり早速、夜桜を楽しむ=1955(昭和30)年3月5日、静岡・伊豆半島

  24. 2017070600225

    桜満開 スケッチ17768  早咲きの桜、満開=1955(昭和30)年3月5日、静岡・伊豆半島

  25. 2017070300460

    日本初のテンプルオレンジ実る スケッチ17563  日本初のテンプルオレンジ実る=1955(昭和30)年1月28日、静岡・伊豆半島

  26. 2017061700065

    米イージス艦衝突 伊豆半島沖のイージス艦  コンテナ船と衝突した米海軍のイージス駆逐艦フィッツジェラルド=17日午前7時54分、静岡県下田市沖(共同通信社ヘリから)

  27. 2017060600641

    パパイヤの実 スケッチ17217  温室内でたわわに実ったパパイヤの実=1954(昭和29)年11月23日、静岡県・伊豆半島の伊豆熱帯樹研究所

  28. 2017060600360

    早生温州ミカン出荷 スケッチ16895  早生温州ミカンの出荷時期となり、ミカンの箱詰めに忙しい女性たち=1954(昭和29)年10月3日、静岡県・伊豆半島

  29. 2017060100864

    テングサ採りの海女 スケッチ16090  テングサ採りの海女=1954(昭和29)年4月30日、静岡県の伊豆半島

  30. 2016020400540

    カーブ少なく路面も滑らか 駿河湾の眺め  静岡県沼津市内のサービスエリアでは、駿河湾や伊豆半島を見ながら休憩できる ミニ特集「つながる新東名高速」

  31. 2016012900375

    美しい山容、人気の名山 相模湾遠望  雪の山頂から望む陽光の相模湾。右は伊豆半島 全国低山企画「ふるさとの山々 高きが故に貴からず」(8)神奈川

  32. 2015122500224

    日本電報通信社資料  我が女流飛行士最初の犠牲。日鮮満親善飛行の壮途、空しく伊豆半島玄ヶ岳に墜落惨死した朴敬元嬢の葬儀は、午後1時から飛行会館に於て挙行された=1933(昭和8)年8月11日(日本電報通信社撮影) SK61-100

  33. 2015062300420

    フィッシュ・ウオッチング 海中散歩を楽しむダイバー  静岡・伊豆半島の土肥町沖のダイビングポイントでの海中散歩。手で触れるほど近くを泳ぐ小魚の群れにびっくり=1991(平成3)年11月12日  「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第10巻使用画像(P88) 「ザ・クロニクル」 

  34. 2015061100886

    「伊豆半島に感動した」 地形を確認する審査員  城ケ崎海岸で地形や地質の状況を確認する世界ジオパークネットワークの審査員ら=11日午後、静岡県伊東市

  35. 2015041500151

    “春”を待つ伊豆半島  汚染   鉱滓(こうさい)の流出で白濁したままの持越川。岸辺のシマ模様は堆積した鉱滓。ダンプ、ショベルカーなど45台を投入、200人近くが出て鉱滓ヘドロの除去作業が続けられている=天城湯ヶ島町金山の持越川(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の5) 53年内地 1292

  36. 2015041500145

    “春”を待つ伊豆半島  つめ跡   崩れたままの石垣のそばを学童たちは防災頭巾をかぶって集団登校。地震が起こした山津波で4戸が倒壊、7人が死亡した加茂郡河津町では、学童たちが元気に集団登校を続けている=河津町(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の4) 53年内地 1291

  37. 2015041500143

    “春”を待つ伊豆半島  人影なし   観光客でごった返す駅前バスターミナルはガランとしたまま。基幹産業が「観光」の被災地伊豆では、「すべてはお客様しだいです」と各市町村観光協会も再起をかけて「安全な伊豆」をPRしている=下田市下田駅前(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の3) 53年内地 1290

  38. 2015041500140

    “春”を待つ伊豆半島  ストップ   観光や通勤通学の足、伊豆急の稲取〜河津間はストップしたまま。向こう側は稲取駅。地震予知連絡会の“終息宣言”も出て、被災地伊豆では復旧作業が急ピッチで行われているが…=伊豆急行の稲取トンネル(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の2) 53年内地 1289

  39. 2015041500136

    “春”を待つ伊豆半島  一時解雇   地震のため一時解雇され、失業保険の手続きをするホテルや旅館の従業員。230人の死傷者と4400棟の家屋を破壊し、伊豆半島に大きなツメ跡を残した伊豆大島近海地震から14日で1カ月になる=下田市の公共職業安定所(写真ニュース「“春”を待つ伊豆半島」5枚組の1) 53年内地 1288

  40. 2015021600371

    伊豆大島近海地震  伊豆急復旧のメド立たず   巨石で線路をふさがれた伊豆急行は全線復旧まで日数がかかりそうだ。14日午後0時24分、大島近海を震源地に発生したマグニチュード(M)7・0の伊豆大島近海地震で、伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月17日、静岡県・伊豆急河津〜今井浜駅間(53年内地 444) 資料 92510

  41. 2015021600370

    伊豆大島近海地震  国道の大きな地割れ  14日午後0時24分、大島近海を震源地に発生したマグニチュード(M)7・0の伊豆大島近海地震で大きな地割れを起こした国道。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月17日、静岡県加茂郡東伊豆町白田(53年内地 441) 資料 92510

  42. 2015021600367

    伊豆大島近海地震  止まった時計  河津町の7人生き埋め現場で、捜索中に“魔の時刻”午後0時24分で止まった時計が掘り出された。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月16日、静岡県加茂郡河津町見高入谷(53年内地 399) 資料 92505

  43. 2015021600365

    伊豆大島近海地震  懸命の救助作業続く  土砂に埋まった土屋八十雄さん宅付近では娘の幸子さん(中央)も捜索に加わり懸命の救助作業が続く。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月16日、静岡県加茂郡河津町見高入谷(53年内地 392) 資料 92507

  44. 2015021600363

    伊豆大島近海地震  捜索が続く生き埋め現場  たき火で暖を取りながら捜索が続けられる7人生き埋め現場。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月16日、静岡県加茂郡河津町見高入谷で共同通信社ヘリから(53年内地 390) 資料 92509

  45. 2015021600360

    伊豆大島近海地震  7人の捜索が続く現場  土砂に埋もれた7人の捜索が進められる河津町見高入谷の現場。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月15日、静岡県加茂郡河津町見高入谷(53年内地 370) 資料 92399

  46. 2015021600359

    伊豆大島近海地震  懸命の救出作業  山津波が直撃して静岡県・河津町で民家4戸が埋没、懸命の救出作業を行う自衛隊員ら。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月15日、静岡県加茂郡河津町見高入谷(53年内地 369) 資料 92398

  47. 2015021600354

    伊豆大島近海地震  寸断された東伊豆海岸道路  土砂に埋まり寸断された東伊豆の海岸道路。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月14日、静岡県加茂郡東伊豆町で共同通信社ヘリから(53年内地 334) 資料 92391

  48. 2015021600353

    伊豆大島近海地震  大破した小田急バス  落石で大破した小田急電鉄高速バス。女性3人が死亡した。14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月14日、静岡県田方郡天城湯ヶ島町付近で共同通信社ヘリから(53年内地 333) 資料 92391

  49. 2015021600352

    伊豆大島近海地震  ストップした東伊豆道路  14日午後0時24分、伊豆大島近海を震源地にマグニチュード(M)7・0の強い地震が発生。自動車大の落石でストップした東伊豆道路。伊豆大島をはじめ伊豆半島は東海岸を中心に大きな被害を受けた=1978(昭和53)年1月14日、静岡県・熱川付近で共同通信社ヘリから(53年内地 326) 資料 92393

  50. 2014101000432

    傷抱えつつ、復興へ 夕暮れの仮設住宅  伊豆半島(奥)に日が沈み、夕闇迫る仮設住宅。明かりのともる部屋からは時折笑い声が聞こえてきた=9月28日、東京都大島町 「写真ニュース」7枚組みの(4)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像