検索結果 31 件中 1 件 〜 31 件 "伝承基地"
  1. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019121900259

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された仏山年画「天姫送子」と「状元及第」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019121900378

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された綿竹年画「五子告母」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019121900377

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された楊柳青年画「美人図」。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019121900335

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、年画の制作過程を見学する学生。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019121900304

    「年越し文化」に触れる機会を学生に天津大学で年画の特別展  15日、展示された年画を見る学生。中国の天津大学馮驥才(ふう・きさい)文学芸術研究院が主催し、楊柳青(ようりゅうせい)年画芸術伝承基地などが協力する「絵画で年越し2020・年画と年越し文化特別展」が15日から2020年春まで、同大学の北洋園キャンパスで行われた。特別展では発表会、実演イベント、相互交流などさまざまな形で年画や年越し文化をキャンパスに届け、伝統的な文化や暮らしを感じる機会を若者たちに提供する。年画とは、中国の民間芸術の一種で、春節に家の門や壁に飾られる版画である。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018121721927

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)の舞台芸術家、国家一級俳優であり第14回中国「戯劇梅花賞」受賞者の袁淑梅(えん・しゅくばい)さん(右から2人目)が演出指導を行っている。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018121721764

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)の舞台芸術家、国家一級俳優であり第14回中国「戯劇梅花賞」受賞者の袁淑梅(えん・しゅくばい)さん(右から2人目)が演出指導を行っている。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018121721718

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇を上演する舞台俳優。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018121721744

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)の舞台芸術家、国家一級俳優であり第14回中国「戯劇梅花賞」受賞者の袁淑梅(えん・しゅくばい)さんが演出指導を行っている。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018121721760

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)の舞台芸術家、国家一級俳優であり第14回中国「戯劇梅花賞」受賞者の袁淑梅(えん・しゅくばい)さん(左から2人目)が演出指導を行っている。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018121721762

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、青春版の評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)「秦香蓮(しんこうれん)」で、カーテンコールに応える秦香蓮を演じた3人の若手俳優。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018121721655

    青春版の評劇「秦香蓮」、河北省石家荘で上演  13日、評劇(ひょうげき、中国の地方劇のひとつ)の舞台芸術家、国家一級俳優であり第14回中国「戯劇梅花賞」受賞者の袁淑梅(えん・しゅくばい)さんが演出指導を行っている。中国河北省石家荘市の「石家荘市評劇院一団評劇伝承基地」がアレンジした青春版の評劇「秦香蓮(しんこうれん)」が13日、同市の石家荘大劇院で上演された。今回出演した舞台俳優たちは皆同基地の生徒で、最年長は24歳、最年少は12歳の若さだという。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018101517560

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、煙墩太鼓のパフォーマンスを披露する現地の村民。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018101517222

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、煙墩太鼓のパフォーマンスを披露する現地の村民。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018101517235

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、太鼓の状態をチェックする無形文化遺産「煙墩太鼓」の伝承者、黄平修(こう・へいしゅう)さん。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018101517441

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、パフォーマンスの後に太鼓を片付ける無形文化遺産「煙墩太鼓」の伝承者、黄平修(こう・へいしゅう)さん。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018101517669

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、太鼓の革の手入れをする無形文化遺産「煙墩太鼓」の伝承者、黄平修(こう・へいしゅう)さん。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018101517511

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県煙墩鎮鄧塘(とうとう)村の煙墩太鼓伝承基地で、太鼓の革の手入れをする無形文化遺産「煙墩太鼓」の伝承者、黄平修(こう・へいしゅう)さん。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018101517516

    煙墩太鼓が農村の文化振興を促進広西チワン族自治区  10日、広西チワン族自治区霊山県の煙墩鎮鄧塘(とうとう)村にある煙墩太鼓伝承基地で、パフォーマンスの後に太鼓を片付ける無形文化遺産「煙墩太鼓」の伝承者、黄平修(こう・へいしゅう)さん。煙墩(えんとん)太鼓は、中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市霊山県に古くから伝わる独特な民族打楽器だ。見た目は大きくて分厚いが、精巧に作られており、その演奏方法が特別な技能を必要とすることから、同自治区の無形文化遺産リストに登録されている。霊山県は近年、煙墩太鼓を保護・伝承させるために煙墩太鼓伝承基地を建設し、煙墩太鼓の伝承者を育成することで、大きな成果を上げてきた。古くから伝わるこの無形文化遺産は、農村の文化振興を力強く促進している。(霊山=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像