検索結果 3,320 件中 1 件 〜 50 件 "伝統文化"
  1. 2020052701078

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701188

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701166

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701170

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052701112

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701102

    天津京劇院、初のライブ配信形式による「楊家将」公演を実施  23日、天津浜湖劇院で、天津京劇院が初の有料ライブ配信形式で上演した京劇の名作「楊家将」。中国の天津京劇院が23日夜、天津浜湖劇院で京劇の名作「楊家将」を上演、大御所から期待の新鋭まで豪華俳優陣が出演した。同劇院が昨年末に休演して以来、最初に行った公演で、同院初の有料ライブ配信形式によるオンライン公演ともなった。公演は天津京劇院、北京京劇院、天津市青年京劇団が共同で開催した。天津京劇院の王則奇(おう・そくき)院長は、ライブ配信形式は時間と空間の制約がなく、京劇芸術をより良く紹介でき、伝承と普及をさらに推進していけると述べた。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052602022

    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市  藍印花布の代表的な図案。点と線と面が有機的に結び付き、庶民の幸福な生活への追求と憧れを表現している。(資料写真)中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701282

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、青獅子頭で遊ぶ客家青獅第12代伝承者の黄建中さんの1歳半の息子、黄佑韜(こう・ゆうとう)くん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052701329

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、完成した青獅子頭を眺める地元住民。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052701345

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、連城拳の練習をする客家青獅第12代伝承者の黄建中さん(右)と妻の曽芬(そ・ふん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052701268

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭の型に布を貼る客家青獅第12代伝承者の黄建中さん(左)と父親の黄林(こう・りん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701297

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭にたてがみを張り付ける客家青獅第12代伝承者の黄建中(こう・けんちゅう)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701332

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭に漆で色付けする客家青獅第12代伝承者の曽芬(そ・ふん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701320

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、希土粘土で獅子頭の型を作る客家青獅第12代伝承者の黄建中さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701331

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、福建省竜岩市連城県隔川郷の隔田村で青獅子舞を披露する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052701334

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、客家青獅子の披露を終え記念撮影する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052701330

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、福建省竜岩市連城県隔川郷の隔田村で青獅子舞を披露する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104847

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院でたてられた茶。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  19. 2020052104781

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104677

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で開かれた開幕式。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  21. 2020052104758

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  22. 2020052104654

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104732

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区にある考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  24. 2020052104846

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  25. 2020052104790

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  26. 2020052104809

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  27. 2020052104775

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  28. 2020052104788

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052104816

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  30. 2020052104844

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  31. 2020052601906

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「王子午鼎(おうしごてい)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052601908

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「錯金銀轅(ながえ)首」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052601901

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「錯銀銅双翼(そうよく)神獣」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052601913

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を見つめる報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052601905

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の「銅車馬(どうしゃば)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052601844

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」の会場。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052601858

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を撮影する報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052601868

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された文化財を撮影する報道関係者。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052601783

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された「越王銅剣」(上)と「呉王夫差剣」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052601805

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の「胡人俑(こじんよう)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052601897

    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展  17日、南京博物院特展館に展示された漢代の青銅製の「甬鐘(ようしょう)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052602021

    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市  15日、藍印花布の糊置き技術を披露する呉元新さん。中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社記者/楊丁淼)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052601867

    家族4世代で守り続ける藍染めの伝統技術江蘇省南通市  15日、見学に訪れた大学生に伝統的な織機の使い方を紹介する呉元新さん。中国江蘇省南通市を流れる運河「南通濠河」の畔に建つ藍印花布(らんいんかふ)博物館では、館長の呉元新(ご・げんしん)さんの母親が、90歳の高齢にもかかわらず、伝統的な織物技術を来館者に披露している。同博物館は1996年の開館以来、家族4世代が「藍色と白色の世界」を守り続けている。藍印花布は中国の伝統的な型染め技法による藍染の布で、布の表面に型を敷きその上から糊を置くことで染料の浸透を防ぎ図案を浮かび上がらせる。唐宋代に興り、明清代に最盛期を迎え、江南地方から全国に広まった。呉さんの娘、呉霊姝(ご・れいしゅ)さんは大学院を修了後、故郷に戻り、呉家6代目の伝承者になった。呉さんの娘婿の倪沈健(げい・しんけん)さんは、見習いの段階から染色の技術を学び始め、すでに「江蘇省技能大師」の称号を授与されるまでになった。呉さん一家4世代が同居するこの民間博物館では、藍印花布がもうすっかり家族の一部になっている。(南京=新華社記者/楊丁淼)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051800793

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051800771

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで審査をする専門家ら。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051800778

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れるカプセル式スマート抽出機と茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051800820

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、カプセル式スマート抽出機の特徴とコンテストのルールを紹介する抽出機の開発者、葉揚生(よう・ようせい)さん(右から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051800708

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、大紅袍を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051800785

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、茶芸師と抽出機が入れたお茶。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051800854

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像