検索結果 417 件中 1 件 〜 50 件 "伝統衣装"
  1. 2020080100671

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080100659

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう人々。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080100666

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080100641

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080100645

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080100649

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080100636

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080100637

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080100588

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100652

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100698

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100669

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080100647

    千年の歴史持つ鮮やかな伝統衣装チベット自治区プラン県  28日、チベット自治区ガリ地区プラン県で伝統衣装「普蘭服飾」を身にまとう女性。中国チベット自治区ガリ地区の普蘭(プラン)県の住民は、千年以上の歴史を持つ伝統衣装「普蘭服飾」を保存している。金や白銀、真珠などの宝石が飾られており、1着の重さが約25キロに上るものもある。(ガリ=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072700689

    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市  19日、ハンドメードアクセサリーの屋台で、好みの髪飾りを選ぶ漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072700405

    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市  19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で写真を撮る漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070600363

    遼寧省と内モンゴル自治区を結ぶ喀赤高速鉄道が開業  6月30日、赤峰駅でモンゴル族の伝統衣装を身に着け1番列車を背景に記念撮影する乗客。中国遼寧省朝陽市カラチン左翼モンゴル族自治県の喀左(かさ)駅と内モンゴル自治区赤峰市を結ぶ喀赤高速鉄道が6月30日開業し、1番列車の高速鉄道列車「和諧号」が午前9時過ぎに赤峰駅を出発した。同線は喀左駅で京瀋高速鉄道(北京-瀋陽)と接続する。同線の開業により赤峰地区は全国高速鉄道網に組み込まれた。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070600374

    遼寧省と内モンゴル自治区を結ぶ喀赤高速鉄道が開業  6月30日、赤峰駅でモンゴル族の伝統衣装を身に着け、1番列車の乗務員と記念撮影する乗客。中国遼寧省朝陽市カラチン左翼モンゴル族自治県の喀左(かさ)駅と内モンゴル自治区赤峰市を結ぶ喀赤高速鉄道が6月30日開業し、1番列車の高速鉄道列車「和諧号」が午前9時過ぎに赤峰駅を出発した。同線は喀左駅で京瀋高速鉄道(北京-瀋陽)と接続する。同線の開業により赤峰地区は全国高速鉄道網に組み込まれた。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020063002259

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、豫園の老舗「華宝楼」を彩る花飾り。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020063002223

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、「端午花神国風廟会」で記念撮影する観光客。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020063002201

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、額に花鈿(かでん)を描いた女性。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020063002137

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、中医薬の老舗「童涵春堂」が売り出した「体にいい匂い袋」。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020063001989

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、「端午花神国風廟会」で披露された伝統武芸ショー。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020063001990

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、伝統的な「枕ちまき」を作る老舗「寧波湯団店」の職人。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020063001997

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  24日、「端午花神国風廟会」で花飾りを施した屋台の前を通る観光客。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020063002181

    豫園で端午節の縁日「国風」が観光客を魅了上海市  23日夜、コイや傘の形をしたランタンに明かりがともされた豫園の光景。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日)を迎えた25日、上海市の代表的な観光地「豫園(よえん)」では伝統文化をテーマにした縁日「端午花神国風廟会(びょうえ)」が開かれ、市民や観光客など大勢の人でにぎわった。歴史を感じさせる建物に色とりどりの花飾りがあしらわれた園内は、伝統衣装を身にまとったスタッフによるパレードや中国伝統文化の要素を取り入れた「国風」のパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな彩りに包まれた。縁日は24日から4日間開催される。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062508187

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族民俗文化陳列館に展示されているワ族の伝統衣装と糸車。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020061905697

    花も女性も  トルコ・ウスパルタで、バラの花びらを集める女性たち。色鮮やかな伝統衣装が調和しています。(アナトリア通信・ゲッティ=共同) 「海外フォト」

  28. 2020051402531

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、倉庫でビジネスパートナーと記念撮影をする江永巴松さん。(左から2人目)中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051402543

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、倉庫で送り状を確認する江永巴松さん(左)。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051402447

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、店内で商品を整理する江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051402434

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、倉庫を出て出荷の準備をする江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051402474

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、店内で商品を整理する江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051402539

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、店内で服をマネキンに着せる江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051402482

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、倉庫で自身のブランドの服と記念撮影をする江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051402552

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、店内で服にアイロンをかける江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051402541

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、青海省西寧市にある自身のアパレルショップにいる江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051402479

    チベット族の若者が立ち上げたエスニックファッションブランド  3日、倉庫で商品を整理する江永巴松さん。中国チベット族の若者、江永巴松(ジャムヤンパスム)さん(34)は青海省西寧市でアパレルショップ「REWA」を経営している。店内にはチベット族の伝統衣装のほか、チベット族居住地域に特徴的なマークとトレンドを融合した自社生産のアパレルも多い。同省の玉樹草原で育った江永巴松さんは青海師範大学の卒業生で、幼い頃からチベット族の伝統衣装に魅力を感じていた。より多くの人に自分たちの伝統衣装を好きになってもらい、またアパレルを通して故郷を知ってもらいたいと、2013年にブランド「REWA」を立ち上げた。数年の奮闘を経て、江永巴松さんは自身のデザインチームを持つまでになった。制作したファッションには、チベット族居住地域の文化的要素がふんだんに取り入れられている。江永巴松さんのブランドは現在、ネットショップと実体店を合わせて40の専門店で展開している。(西寧=新華社記者/呉剛)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020042401789

    トルコ、早期治療に重点 伝統衣装を着た人  24日、トルコ・イスタンブールで日の出前の食事時間を知らせる伝統衣装を着た人(ゲッティ=共同)

  39. 2020040800849

    桃の花満開、春の田園風景河北省  5日、伝統衣装をまとって満開の桃の花の中を歩く人々。中国河北省邯鄲市邯山区南堡郷では桃の花が1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり満開となり、見渡す限り春らしい田舎風景が広がっている。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040800814

    桃の花満開、春の田園風景河北省  5日、満開の桃の花に囲まれ、伝統衣装をまとって写真を撮る観光客。中国河北省邯鄲市邯山区南堡郷では桃の花が1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり満開となり、見渡す限り春らしい田舎風景が広がっている。(邯鄲=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020020704531

    コンペイトー多彩に展開 野村しおり社長  ポルトガルの伝統衣装に身を包んだ「大阪糖菓」の野村しおり社長=大阪府八尾市 「関西くろすろーど」

  42. 2020013103396

    娘につなぐ民族のこころ 伝統衣装と日下さん  自身の結婚式で着たアイヌの伝統衣装を手にする日下潤一さん=札幌市 連載企画「アイヌとともに ルーツみつめて」5回続きの(5)

  43. 2020010401182

    色鮮やかな衣装で蹴鞠初め 新春恒例の「蹴鞠初め」  伝統衣装に身を包み、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

  44. 2020010401181

    色鮮やかな衣装で蹴鞠初め 下鴨神社で蹴鞠を奉納  伝統衣装に身を包み、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

  45. 2020010401180

    色鮮やかな衣装で蹴鞠初め 下鴨神社で蹴鞠初め  伝統衣装に身を包み、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

  46. 2020010401179

    色鮮やかな衣装で蹴鞠初め 下鴨神社の「蹴鞠初め」  伝統衣装に身を包み、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

  47. 2019122401555

    餃子型のボタン作り冬至を迎える天津市の伝統衣装老舗  20日、餃子型ボタンを制作する職人。中国では冬至に水餃子を食べるという伝統的な風習がある。天津市の伝統衣装を制作する老舗企業「老美華」は20日、ボタン制作職人らが餃子型のチャイナボタン「盤扣(パンコウ)」を手作りするイベントを行い、冬至を迎えた。盤扣の起源は古代中国の縄編み技法にさかのぼり、中国の伝統衣装の仕上げには欠かせない。職人は同日のイベントで、幅1センチほどの細長い布切れに両面テープと細い銅線を重ねてひも状にしたものを、曲げたり折ったりして餃子型に仕上げた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019122401609

    餃子型のボタン作り冬至を迎える天津市の伝統衣装老舗  20日、餃子型ボタンを制作する職人。中国では冬至に水餃子を食べるという伝統的な風習がある。天津市の伝統衣装を制作する老舗企業「老美華」は20日、ボタン制作職人らが餃子型のチャイナボタン「盤扣(パンコウ)」を手作りするイベントを行い、冬至を迎えた。盤扣の起源は古代中国の縄編み技法にさかのぼり、中国の伝統衣装の仕上げには欠かせない。職人は同日のイベントで、幅1センチほどの細長い布切れに両面テープと細い銅線を重ねてひも状にしたものを、曲げたり折ったりして餃子型に仕上げた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019122401578

    餃子型のボタン作り冬至を迎える天津市の伝統衣装老舗  20日、自作の餃子型ボタンを紹介する職人。中国では冬至に水餃子を食べるという伝統的な風習がある。天津市の伝統衣装を制作する老舗企業「老美華」は20日、ボタン制作職人らが餃子型のチャイナボタン「盤扣(パンコウ)」を手作りするイベントを行い、冬至を迎えた。盤扣の起源は古代中国の縄編み技法にさかのぼり、中国の伝統衣装の仕上げには欠かせない。職人は同日のイベントで、幅1センチほどの細長い布切れに両面テープと細い銅線を重ねてひも状にしたものを、曲げたり折ったりして餃子型に仕上げた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019122401538

    餃子型のボタン作り冬至を迎える天津市の伝統衣装老舗  20日、餃子型ボタンの制作手順を説明する職人。中国では冬至に水餃子を食べるという伝統的な風習がある。天津市の伝統衣装を制作する老舗企業「老美華」は20日、ボタン制作職人らが餃子型のチャイナボタン「盤扣(パンコウ)」を手作りするイベントを行い、冬至を迎えた。盤扣の起源は古代中国の縄編み技法にさかのぼり、中国の伝統衣装の仕上げには欠かせない。職人は同日のイベントで、幅1センチほどの細長い布切れに両面テープと細い銅線を重ねてひも状にしたものを、曲げたり折ったりして餃子型に仕上げた。(天津=新華社記者/宋瑞)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像