検索結果 159 件中 1 件 〜 50 件 "作業チーム"
  1. 2020042709473

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、妻(右)、娘(左)と共に朝食を取るアイサン・トヘティさん(手前)。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020042709387

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、山の上にあるアイサン・トヘティさんの飼育小屋。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042709381

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、山の上にあるアイサン・トヘティさんの牧場。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020042709397

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、ヤクが食べ残した牧草を片付けるアイサン・トヘティさん。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042709415

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、牧場でヤクのために牧草をまくアイサン・トヘティさん。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042709377

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、牧場の羊を飼育小屋から出すアイサン・トヘティさんの妻(左)と娘。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020042709356

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、パミール高原にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の移住地、紅新村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020042709431

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、ヤギを小屋から出すアイサン・トヘティさんの妻。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042709438

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、牧場でヤクのために牧草をまくアイサン・トヘティさんと妻。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042709515

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、妻と娘を車に乗せ、18キロ離れた牧場へと急ぐアイサン・トヘティさん。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020021409975

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民の家に代理購入した食品を届ける唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020021409924

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、消毒用品を運ぶ唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020021409900

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、新型肺炎の予防・抑制知識を広める唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020021409930

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民の健康状態を電話で確認する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020021409946

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民に代わってスーパーで食品を購入する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020021409901

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民の健康状態を電話で確認する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020021409992

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、住民の体温を測る唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020021409993

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、当日の作業分担を話し合う唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020021409938

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、社区内の地面を消毒する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020021409914

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民に代わって購入した食品を運ぶ唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020021409944

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民に代わってスーパーで食品や日用品を購入する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020021409905

    地域コミュニティーの新型肺炎対策陝西省西安市  11日、自宅隔離中の住民に代わってスーパーで食品を購入する唐都花園社区防疫作業チームのメンバー。新型コロナウイルスによる肺炎の発生以来、中国陝西省西安市蓮湖区棗園街道の唐都花園社区(コミュニティー)では、職員とボランティア計47人が防疫作業チームを結成し、住民の日常生活を支援するとともに感染予防・抑制活動への取り組みを奨励している。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021302901

    武漢市に267トンの心温まる支援物資を輸送雲南省昭通市  10日、武漢市へ向け雲南省昭通市を出発した大型トラック。中国雲南省昭通市で10日午前、心温まる支援物資を満載した大型トラック16台が武漢市へ向けて出発した。物資には葉物野菜やジャガイモ、リンゴなど計267トンが含まれている。同市は関連部門を動員し速やかに協力して物資を集め、特別編成した40人の作業チームが輸送業務に当たった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021302910

    武漢市に267トンの心温まる支援物資を輸送雲南省昭通市  10日、武漢市へ向け雲南省昭通市を出発した大型トラックの列。中国雲南省昭通市で10日午前、心温まる支援物資を満載した大型トラック16台が武漢市へ向けて出発した。物資には葉物野菜やジャガイモ、リンゴなど計267トンが含まれている。同市は関連部門を動員し速やかに協力して物資を集め、特別編成した40人の作業チームが輸送業務に当たった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020021302889

    武漢市に267トンの心温まる支援物資を輸送雲南省昭通市  10日、武漢市へ向け雲南省昭通市を出発した大型トラック。中国雲南省昭通市で10日午前、心温まる支援物資を満載した大型トラック16台が武漢市へ向けて出発した。物資には葉物野菜やジャガイモ、リンゴなど計267トンが含まれている。同市は関連部門を動員し速やかに協力して物資を集め、特別編成した40人の作業チームが輸送業務に当たった。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019110701328

    3Dプリントによる複製石窟の彩色・組み立てが完了雲岡石窟  3Dプリントによる複製窟に色を塗る美術作業チームのメンバー。(資料写真、組み合わせ写真)中国山西省の雲岡石窟研究院は5日、3Dプリント技術による同石窟第12窟複製制作プロジェクトが大詰めを迎え、広東省深圳市で彩色と組み立てが完了したと発表した。12月末には浙江省杭州市の浙江大学芸術・考古博物館で展示され、世界巡回への第一歩を踏み出す。(太原=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019092014485

    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  立ち枯れの現象が見られる古木のエンジュに足場を設置した作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019092014484

    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  エンジュの古木を「往診」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019092014486

    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  古木の「治療」現場で記念撮影する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019092014487

    エンジュの古木、「治療」を受けて枯死を免れる湖南省  エンジュを「治療」する作業チーム。(資料写真)中国湖南省北東部の平江県虹橋鎮で、このほど樹齢千年以上の古木が政府と民間の共同「治療」によって枯死の危機を脱し、10本以上の新しい枝を伸ばした。同鎮仁義村の寺院の前に並んで立つ樹齢約1300年のイチョウとエンジュは風雨にさらされ続け、落雷や火災、虫害を受けており、エンジュは幹の半分が失われていた。巡回していた森林保護員がエンジュの立ち枯れが始まっていることに気づき、平江県緑化委員会が専門家を招いて保護処置を行った。(長沙=新華社配信/余福海)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019091901131

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園で大学生らに戦車について説明する張勇さん。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019091901158

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の長征体験コースで、大学生らに当時四川省の瀘定橋で起こった国民党軍との戦闘について解説する張勇さん。中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019091901133

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の長征体験コースを巡回する張勇さん。中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019091901206

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の国防教育館前で大学生らに説明をする張勇さん。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019091901159

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の訓練基地で軍事訓練の発表リハーサルをする南京理工大学の新入生。(右下の人文字、小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019091901153

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の全景。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019091901190

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の長征広場。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019091901204

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園の訓練基地で軍事訓練の発表リハーサルをする南京理工大学の新入生。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019091901210

    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」  11日、大金山国防園で大学生らに戦車について説明する張勇さん。中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019072202222

    河南省義馬市のガス工場で爆発事故関連部門の作業チームが現場対応  19日、河南省義馬市のガス工場で起きた爆発事故の現場で、緊急救助活動にあたる消防隊員。中国国家応急管理部は19日に河南省義馬市にあるガス工場作業場での爆発事故を受け、作業チームを組織し、現場で事故処理の指揮を執らせた。20日午前3時時点で、この事故による死者が10人となり、5人が行方不明、19人が重体となっている。(鄭州=新華社配信)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019072202055

    河南省義馬市のガス工場で爆発事故関連部門の作業チームが現場対応  19日、河南省義馬市のガス工場で起きた爆発事故の現場。中国国家応急管理部は19日に河南省義馬市にあるガス工場作業場での爆発事故を受け、作業チームを組織し、現場で事故処理の指揮を執らせた。20日午前3時時点で、この事故による死者が10人となり、5人が行方不明、19人が重体となっている。(鄭州=新華社配信)=2019(令和元)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019061805704

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、建築部材に彫刻を施す竜潭村の古民家修復プロジェクトチームの木彫り名人。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019061805592

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、古民家のそばに腰をかける竜潭村のお年寄り。傍らを流れる西渓の上流では、大工が新しい木造の屋根付き橋の建設が進んでいる。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019061805699

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、自分の描いた絵にサインをする83歳になる竜潭村の張秀嬌(ちょう・しゅうきょう)さん。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019061805581

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、客室を整える竜潭村の毛小雲(もう・しょううん)さん。帰郷して起業し民宿を始めた毛さんは、夫と共に30万元(1元=約16円)余りを投じて自宅の古民家を修復し、2019年5月に民宿「竜潭雲居」の営業を開始した。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019061805573

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、自身のアトリエで見学に来た美術キュレーターで「新村民」の黄璟(こう・けい)さんに、自作の絵を見せる83歳になる竜潭村の張秀嬌(ちょう・しゅうきょう)さん(左)。竜潭村の「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトをきっかけに、高齢の張さんは2018年から筆を執り、油絵を学び始めた。中国の伝統的な要素を絵に取り入れながら、張さんは絵を描くことを楽しみ、自信を深めている。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019061805732

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を散策する福建省福州市羅源(らげん)県などからの観光客。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019061805705

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村の古い屋根付き橋「回春橋」のそばで遊ぶ子ども。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019061805765

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、舞台上で演目のリハーサルをする「四平戯」を学ぶ竜潭村の村民。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019061805776

    寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  11日、竜潭村を流れる西渓の両側に建つ古民家。夕暮れ時には伝統的かつ現代的なたたずまいを見せる。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像