検索結果 373 件中 1 件 〜 50 件 "保存状態"
  1. 2020010700416

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼の屋根。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010700379

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020010700341

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020010700287

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼(奥)と城壁。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010700420

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、傘をさして平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010700408

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010700409

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010700309

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010700381

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の通りを散策する観光客。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010700261

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010700338

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の建物に飾られた灯籠。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010700418

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010700419

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の建物。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010700413

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010602725

    「新華社」 中国内外の科学研究員、白亜紀の恐竜の足跡群を発見  足の指が並行にそろった獣脚類の恐竜の足跡化石。(資料写真)中国内外の科学者は北京で25日、黒竜江省ハルビン市依蘭(いらん)県で白亜紀の恐竜の足跡化石を発見したと発表した。これらの足跡は数が多く、保存状態も良好で、恐竜の進化を研究する上で重要な価値を持つと指摘した。同研究は中国地質大学(北京)の邢立達(けい・りつたつ)副教授を筆頭に、同校の邱亮(きゅう・りょう)副教授、米コロラド大学デンバー校恐竜足跡博物館のマーティン・G・ロックリー館長ら国内外の学者が共同で完成させた。論文は国際地質学分野で著名な学術誌「Palaeogeography,Palaeoclimatology,Palaeoecology」に掲載される。(ハルビン=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010901750

    「新華社」 「文化財のお医者さん」、博物館で活躍甘粛省天水市  27日、天水市博物館文物保護修復センターの陶・玉石器文物修復室で、唐代の彩色陶俑の保存状態を調べる専門技術スタッフ。中国甘粛省の天水市博物館文物保護修復センターには、14人の専門技術スタッフから成る文化財修復チームが設置されている。チームは2012年の発足以来、博物館の所蔵品や館外の文化財の修復作業のほか、文化遺跡の調査や緊急発掘調査、古建築の彩色画保護、墳墓の移転・復元などに数多く携わってきた。欠損や破損のあった文化財が、熟練の技術による修復で輝きを取り戻し、人々に公開されている。(天水=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020010901700

    「新華社」 天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、天津博物館で展示された、唐代の沙州胡薩坊口戸長、胡文達(こ・ぶんたつ)の公文書。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020010901720

    「新華社」 天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、天津博物館で展示された唐代の般若波羅蜜多心経。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010901667

    「新華社」 天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、展示品を熱心に鑑賞する来場者。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020010901668

    「新華社」 天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、天津博物館で展示された「永楽大典」。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する同博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020010901689

    「新華社」 天津で著名収集家の寄贈文化財の展覧会「永楽大典」も展示  24日、天津博物館で展示された元代の梅花字字香2巻。中国の実業家で古美術収集家の故・周叔弢(しゅう・しゅくとう)氏から寄贈された文化財の展覧会が現在、天津博物館で開かれ「永楽大典」を含む貴重な古書などが展示されている。今回の展覧会は、周氏から寄贈された文化財を多く所蔵する天津博物館と国家図書館の共催で行われ、1級文物27点(組)を含む保存状態の良い優れた古書や各種文化財約280点(組)が展示されている。会期は来年2月9日まで。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121003363

    「新華社」 ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市  河北省承徳市で発見された、保存状態が最も良い肉食恐竜の足跡化石。(組み合わせ写真、資料写真)中国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。(承徳=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120407024

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿を構成する保存状態の良い木彫りの装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120407026

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿を構成する保存状態の良い装飾用部材。人物の彫刻が施されている。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120407002

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の軒を支える保存状態の良い純木製の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019112505181

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019112505259

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019112505286

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019112505192

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019112505196

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019112505199

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019112505230

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019112505262

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019112505266

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019112505185

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019112505201

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019112505202

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019112505225

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019112505188

    「新華社」 中国で唯一、完全な状態で残る留村石墓群山東省栄成市  16日、山東省栄成市の留村石墓群。中国山東省栄成(えいせい)市に位置する留村石墓群は元代の石墓群で、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)となっている。現存する10基のうち7基が良好な保存状態を保っている。石墓はどれも花崗岩を積み上げて作られ、多層からなる基壇の上に築かれており、「こま」型をしている。一つの円と一つの四角で構成され、すべて塔のように積み上げられている。方形の土台部分には力士や獅子、草花の模様の浮き彫りが施されている。長い歴史があり、地表に石で封印した墓としては、中国で唯一欠損のない石墓群で、元代の民間埋葬形態を研究する重要な実物資料となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111501339

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111501281

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111501283

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111501294

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111501299

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111501340

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111501284

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111501388

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019111501325

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の一角。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019111501344

    「新華社」 内モンゴルのチベット仏教寺院、五当召を訪ねて  12日、五当召の建築群。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にある寺院、五当召(ごとうしょう)は元の名を巴達嘎爾廟といい、清朝康熙(こうき)年間に創建された。主体の建物は六つの殿堂、三つの府と一つの陵からなり、同自治区最大規模で保存状態が最も良いチベット仏教寺院だ。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教の四大名刹(めいさつ)の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれ、豊かな歴史や宗教、民族文化を感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120604410

    「新華社」 雲南省で絶滅危惧植物のアラカシ2種の群落を発見  11月9日、今回の調査で見つかった盈江青岡の枝葉と成熟前の果実。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局と中国科学院上海辰山植物科学研究センターによると、同自治州内でブナ科植物の調査を行った研究員が、保護区の大娘山片区と蘇典片区で比較的数が多く保存状態も良好で、原生に近い生息環境で自然更新しているブナ科コナラ属アラカシ亜属の希少種、毛脈青岡(Cyclobalanopsistomentosinervis)と盈江青岡(Cyclobalanopsisyingjiangensis)の野生群落を発見した。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像