検索結果 299 件中 1 件 〜 50 件 "保護区内"
  1. 2020081204435

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の牧畜民に鳥類の生息状況を聞く同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204384

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081204482

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  望遠鏡を使って鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081204559

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類の個体群数を把握するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081204548

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探す鳥たち。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081204562

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081204614

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081204683

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081204694

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081204477

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081204390

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室で図鑑で調べ物をするゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081204551

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081204600

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を車で見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081204473

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  空から見た桃力廟-アルシャー湾海子。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081204414

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081204578

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  展望塔から鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081204377

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020081204571

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って鳥類の様子を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072800943

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の雲海。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072800938

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の雲海。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072800928

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の景勝地。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020071000124

    吉林省の自然保護区でコウライアイサを撮影  7日、長白山国家級自然保護区内の水場で泳ぐコウライアイサ。中国吉林省の長白山国家級自然保護区で7日、絶滅の危機に瀕しているカモ科の鳥、コウライアイサの姿がカメラに捉えられた。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020071000197

    吉林省の自然保護区でコウライアイサを撮影  7日、長白山国家級自然保護区内の水場で泳ぐコウライアイサ。中国吉林省の長白山国家級自然保護区で7日、絶滅の危機に瀕しているカモ科の鳥、コウライアイサの姿がカメラに捉えられた。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020070705454

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  1日、コウノトリに餌を与える自然保護区の職員。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020070705430

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  1日、コウノトリに餌を与える自然保護区の職員。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020070705421

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  6月26日、送電用鉄塔の上にあるコウノトリの巣。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020070705453

    電力会社職員、コウノトリのひなを保護黒竜江省鶴岡市  6月26日、送電用鉄塔の上にあるコウノトリの巣。中国国家電網鶴岡供電の職員が先ごろ、黒竜江省鶴岡市で、送電用鉄塔の上に国家1級保護動物のコウノトリの巣があり、中にひながいるのを発見した。職員は同市林業・草原局に連絡し、ひなを地元の自然保護区に送り届けた。ひなは現在、人工飼育で元気に成長している。冬には保護区内の他のコウノトリと共に南へ移動する。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020071303963

    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に  スナメリの「貝貝(ベイベイ)」を検査する、湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区の職員。(6月21日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020071304177

    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に  スナメリの「娥娥(オーオー)」(左)と6月10日に生まれたスナメリ(右)。(6月20日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061503185

    董寨国家級自然保護区のトキに3年連続で4羽のひな誕生河南省  董寨国家級自然保護区に生息するトキ。(資料写真)中国河南省信陽市羅山県にある総面積4万6800ヘクタールの董寨(とうさい)国家級自然保護区でこのほど、トキの巣の巡回観察を行っていたトキ繁殖センターのスタッフが、巣の中にいる4羽トキのひなを見つけた。このつがいからは3年連続で4羽のひなが生まれており、同保護区で1組のトキから生まれたひなの数としては最多となった。保護区内ではこれまでに自然繁殖でトキ129羽が誕生し、野生トキの個体数は200羽近くに達している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061503220

    董寨国家級自然保護区のトキに3年連続で4羽のひな誕生河南省  空から見た董寨国家級自然保護区。(小型無人機から、資料写真)中国河南省信陽市羅山県にある総面積4万6800ヘクタールの董寨(とうさい)国家級自然保護区でこのほど、トキの巣の巡回観察を行っていたトキ繁殖センターのスタッフが、巣の中にいる4羽トキのひなを見つけた。このつがいからは3年連続で4羽のひなが生まれており、同保護区で1組のトキから生まれたひなの数としては最多となった。保護区内ではこれまでに自然繁殖でトキ129羽が誕生し、野生トキの個体数は200羽近くに達している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061503159

    董寨国家級自然保護区のトキに3年連続で4羽のひな誕生河南省  董寨国家級自然保護区で生まれた4羽のトキのひな。(資料写真)中国河南省信陽市羅山県にある総面積4万6800ヘクタールの董寨(とうさい)国家級自然保護区でこのほど、トキの巣の巡回観察を行っていたトキ繁殖センターのスタッフが、巣の中にいる4羽トキのひなを見つけた。このつがいからは3年連続で4羽のひなが生まれており、同保護区で1組のトキから生まれたひなの数としては最多となった。保護区内ではこれまでに自然繁殖でトキ129羽が誕生し、野生トキの個体数は200羽近くに達している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061503285

    董寨国家級自然保護区のトキに3年連続で4羽のひな誕生河南省  木の枝に止まるトキのひな。(資料写真)中国河南省信陽市羅山県にある総面積4万6800ヘクタールの董寨(とうさい)国家級自然保護区でこのほど、トキの巣の巡回観察を行っていたトキ繁殖センターのスタッフが、巣の中にいる4羽トキのひなを見つけた。このつがいからは3年連続で4羽のひなが生まれており、同保護区で1組のトキから生まれたひなの数としては最多となった。保護区内ではこれまでに自然繁殖でトキ129羽が誕生し、野生トキの個体数は200羽近くに達している。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061905165

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  11日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061503750

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061503625

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区で、スタッフが与えた青草由来の混合飼料を食べるシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061503761

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061905276

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内のシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020061503233

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  10日、大豊シフゾウ国家級保護区で水辺を歩くシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020061905128

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061503515

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で川を渡るシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061503543

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区の池のほとりに集まったシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061503534

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061503748

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020061503619

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区に生息するシフゾウ。(小型無人機から)中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020061503542

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で川を渡るシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020061503631

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で餌を探すシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020061503661

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区にすむ雄のシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061503682

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区で池のほとりに集まったシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020061503672

    国家級自然保護区のシフゾウが5681頭に江蘇省塩城市  9日、大豊シフゾウ国家級保護区のシフゾウ。中国江蘇省塩城市の大豊麋鹿(びろく)国家級自然保護区はここ数年、生態環境改善と動物保護に力を入れ、中国の国家1級保護動物に指定されているシフゾウの生息と繁殖に適した条件の整備を進めている。保護区内のシフゾウは現在5681頭で、うち1820頭が野生の個体。今年に入り853頭の子どもが生まれ、個体群に新たな活力が加わった。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像