検索結果 83 件中 1 件 〜 50 件 "優遇政策"
  1. 2020090104381

    ハルビン税関、「一企業一施策」で農業関連企業を的確に支援黒竜江省  14日、企業ニーズの調査研究のため、九三糧油工業集団を訪問したハルビン税関の関係者。新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以降、中国黒竜江省の農業関連企業は一時的に原材料の供給不足や運営コストの上昇、財務状態のひっ迫などの問題に直面した。ハルビン税関は、企業ごとに対策を考える「一企一策(一企業一政策)」を深く推し進め、企業優遇政策の実施によって「ラストワンマイル」の問題を解決、企業が身軽に前進できるよう後押しした。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204330

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技の倉庫でセーターを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081204278

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技で展示しているセーターを整える従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081204281

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技でセーターを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081204215

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北浩麗羊絨科技の粗紡作業場で働く従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081204216

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品でセーターの品質検査をする従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081204321

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品の製造現場。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081204218

    カシミヤ製品の生産急ピッチ、需要に対応河北省清河県  6日、河北省邢台市清河県にあるカシミヤ製品メーカー、河北利意蒙羊絨制品でセーターの縫製を行う従業員。中国河北省邢台(けいだい)市清河県ではこのところ、カシミヤ製品メーカーが生産を急ピッチで進め、国内外の市場の需要に応えている。地元政府もさまざまな企業優遇政策を実施し、製造企業に対する支援を強化することで経済の安定的発展を後押ししている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081205344

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、陝西省の移住・転居による貧困救済事業の第1陣モデル地区として建設された洋県磨子橋移民新区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081205315

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道同心村の民宿「藍藍小院」でくつろぐ観光客。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081205410

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081205412

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081205415

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、洋県の雷草溝ダム付近を飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081205503

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、洋県紙坊街道の誘虫灯が一面に配置された水田。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081205379

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。同県ではジャイアントパンダやキンシコウが村を「訪問」することが度々あるため、地元の人々の野生動物保護に対する意識は比較的高く、人間と動物との共生を実現している。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081205506

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、生産した黒米を包装する洋県紙坊街道草壩村合作社の社員。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081205452

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020081205501

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020081205354

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県謝村鎮海蓮村でドジョウの養殖を専門に手掛けている鄧宝民(とう・ほうみん)さんは、トキ生態保護園に定期的にドジョウを届けている。園内で人工飼育されているトキに対する野生化訓練のための餌を確保すると同時に、養殖農家の増収にもつながっている。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020081205488

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田脇を電動バイクで通過する村民。近くにはトキが飛んでいる。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020081205389

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田の除草作業をする洋県紙坊街道周家坎村の村民。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020081205327

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の観光スポット、華陽古鎮の儻駱道を歩く観光客。儻駱道は東から西に至る有名な5本の「蜀道」うちの1本で、現在は美しい景観が古鎮の貴重な観光資源となっている。(7月17日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020080507802

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県のEC製品の展示ホール。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020080507749

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県のEC企業、五穀香雑穀商店で製品を包装する従業員。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020080507863

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県電子商取引起業パーク。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020080507773

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県のEC企業、五穀香雑穀商店の看板。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020080507842

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県のEC製品の展示ホール内のライブ配信ルーム。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080507735

    国境の県が農村電子商取引で貧困脱却黒竜江省綏浜県  綏浜県EC物流センター。(7月16日撮影)中国黒竜江省の綏浜(すいひん)県は同省東北部の中ロ国境地帯に位置する鉄道が通らない県で、2002年には国の貧困救済開発工作の重点県に指定された。王振雨(おう・しんう)さん(34)は2013年、北京での仕事を辞め、故郷の同県に戻って農産品の電子商取引(EC)に狙いを定め、インターネット上に農産品ショップを立ち上げた。その後、政府の優遇政策による支援を受け絶えず販売製品の種類を増やしてきた。王さんの成功により地元の農産品の販売が促進され、ネットショップに魅力を感じて開業する人が増えた。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020081205386

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田に設置した捕虫器を点検する洋県紙坊街道草壩村の村民。同県農業技術普及センターはここ数年、トキ保護区の水田に捕虫器と殺虫灯計3千組(台)を設置。虫の生態を利用した物理的防虫技術を全面的に採用し、トキの生存環境を効果的に保護している。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081205466

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田で、殺虫灯の効果を調査する同県農業技術普及センターの技術員、陸小成(りく・しょうせい)さん(右)と白瑾(はく・きん)さん。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062204641

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、「個人所得税号」車内で所得税と確定申告について市民に説明する福州市税務局の職員(左)。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062204713

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、福州地下鉄で運行を開始した特別列車「個人所得税号」の車内。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062204694

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、「個人所得税号」車内で所得税と確定申告について市民に説明する福州市税務局の職員(左端)。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062204697

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、「個人所得税号」車内で所得税と確定申告について市民に説明する福州市税務局の職員(左)。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062204568

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、「個人所得税号」車内で所得税と確定申告について市民に説明する福州市税務局の職員(右端)。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062204579

    特別車両「個人所得税号」、福州地下鉄で運行開始福建省  12日、福州地下鉄で運行を開始した特別列車「個人所得税号」の車内。中国福建省福州市でこのほど、福州地下鉄1号線の特別車両「個人所得税号」が同市税務局の委託により運行を開始した。6両編成の車内では文字や図表、漫画などを使って個人所得税や確定申告手続きに関する知識を解説。市民は車内の2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、税金優遇政策についての情報を閲覧することができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020090104536

    ハルビン税関、「一企業一施策」で農業関連企業を的確に支援黒竜江省  九三糧油工業集団を技術センターの検査実験室見学に招いたハルビン税関。(6月9日撮影)新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以降、中国黒竜江省の農業関連企業は一時的に原材料の供給不足や運営コストの上昇、財務状態のひっ迫などの問題に直面した。ハルビン税関は、企業ごとに対策を考える「一企一策(一企業一政策)」を深く推し進め、企業優遇政策の実施によって「ラストワンマイル」の問題を解決、企業が身軽に前進できるよう後押しした。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060508786

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060508693

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、飼料を運ぶトラック。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060508698

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060508797

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020060508685

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020060508747

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060907925

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060508676

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市にある肉牛牧場内の牛舎。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020042003026

    貧困脱却の成果を固め、新たな道を切り開く福建省  9日、下党村で茶農家に税収優遇政策を説明する国家税務総局寿寧県税務局の職員。中国福建省寧徳市寿寧県下党郷では、10カ村の専業合作社(共同組合)が1月に合作社の連合組織「寿寧県滴水縁農業専業合作社連合社」を設立した。同連合社は構成員に農産物の買い付けや必要な生産手段、農産物の販売、関連技術情報などに関するサービスを提供し、貧困脱却の成果をさらに強固にしている。(寿寧=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020081205312

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  モモ園で春の耕作に励む洋県竜亭鎮柳山村の村民。同県では現在、7496ムー(約500ヘクタール)でナシ、モモ、キウイフルーツ、ミカンを代表とする有機果物を栽培しており、市場の人気商品となっている。(3月22日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020033003878

    上海市、税制優遇措置で外資系企業の操業再開を後押し  20日、ファーストリテイリングの中国法人、迅銷(中国)商貿の担当者に税制優遇政策について説明する上海市徐匯区の税務局員。中国上海市の税務部門は、新型コロナウイルスの影響を受けて春節(旧正月)明けの操業を停止していた外資系企業の活動が徐々に再開されたことを受け、これらの企業が抱える従業員復職の問題や資金難についてビッグデータを用いた正確な分析を実施。イタリアのクルーズ客船運航会社コスタクルーズや日本のユニクロを含む外資系企業に税制優遇措置を提供するなど、外資系企業の自信回復を後押ししている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020033003843

    上海市、税制優遇措置で外資系企業の操業再開を後押し  20日、ファーストリテイリングの中国法人、迅銷(中国)商貿の担当者に税制優遇政策について説明する上海市徐匯区の税務局員。中国上海市の税務部門は、新型コロナウイルスの影響を受けて春節(旧正月)明けの操業を停止していた外資系企業の活動が徐々に再開されたことを受け、これらの企業が抱える従業員復職の問題や資金難についてビッグデータを用いた正確な分析を実施。イタリアのクルーズ客船運航会社コスタクルーズや日本のユニクロを含む外資系企業に税制優遇措置を提供するなど、外資系企業の自信回復を後押ししている。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020081205418

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像