検索結果 81 件中 1 件 〜 50 件 "全国代表大会"
  1. 2020032900411

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」の会場。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020032900385

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、日本の代表団が上海を訪れた際に寄贈した記念の横断幕。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020032900403

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、周恩来元総理が編集した覚悟社発行の「覚悟」の表紙(右)と、周恩来氏や趙世炎(ちょう・せいえん)氏らがパリで旅欧中国少年共産党を結成し、創刊した機関誌「少年」(左)。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020033004387

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、展示ホール2階に設けられた「周桜」をイメージした桜の木。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020032900393

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、周恩来元総理が編集した敬業楽群会発行の「敬業」(右)と南開学校発行の「校風」(中央)。周恩来氏は多くの文章を執筆し両誌で発表した。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020032900400

    周恩来生誕122周年を記念した特別企画展、上海で開幕  24日、見学を終えた来場者が周恩来元総理への思いを記し、枝につるした桜をかたどったしおり。中国の周恩来(しゅう・おんらい)元総理の生誕122周年を記念した特別企画展「山高水長-周恩来と中日友好文物史料展」が24日、中国共産党第一次全国代表大会会址記念館で始まった。同記念館と中国共産党代表団駐上海弁事処記念館(周公館)が企画した。古い写真や同館が所蔵する貴重な品々など約160点を展示。周恩来氏と日本各界の人々とのさまざまな時代の友好的交流や深い友情、周恩来氏が中日友好事業の発展に果たした優れた貢献などを振り返る。周恩来氏の豊富で多彩な対日外交の実績や日本との外交を巡る考え方などを体系的に紹介している。展示ホールの2階には日本の創価学会が周恩来氏を記念して植えた桜の木「周桜」をイメージした桜の木も設置された。来場者は見学後、桜をかたどったしおりに言葉を記し、枝につるすことができる。会期は5月5日まで。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019110608551

    【輸入博】王毅氏、イタリア外相と会談  4日、会談後、中共一大会址紀念館(中国共産党第1回全国代表大会旧跡紀念館)を見学するディマイオ氏(手前左)と王毅氏(手前右)。中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長は4日、上海で第2回中国国際輸入博覧会に出席したイタリアのディマイオ外相と会談した。(上海=新華社記者/劉彬)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019072800120

    総統候補に韓氏最終決定 歓声に応える韓国瑜氏  28日、台湾北部の新北市で開かれた国民党全国代表大会で歓声に応える韓国瑜氏(共同)

  9. 2019020717472

    世界各地で祝う中国の春節  2日、ロシアの首都モスクワ市郊外の中国共産党第6回全国代表大会会場常設展覧館で行われた新春懇親会で、合唱する子どもたち。中国とロシアの青少年は中国の春節を共に迎え、文化交流の中で友好を受け継いだ。縁日を見物し、美食を楽しみ、ランタンを観賞する。春節(旧正月)の訪れに伴い、世界各地の華僑・華人や留学生たちは、中国の春節を祝うため、新年の雰囲気があふれる多種多彩なイベントを開催し、中国の祝日文化の魅力を共に味わった。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2018112614591

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  河北省雄安(ゆうあん)新区唐河(とうが)汚水貯水池汚染処理・生態回復第1期プロジェクトの工事現場。(11月3日撮影)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/李芒茫)=2018(平成30)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2018110617866

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  1日、空から見たコンテナ埠頭「上海洋山深水港」。(小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2018112614837

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の芸術家小鎮プロジェクト。(10月30日撮影、小型無人機から)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2018112614585

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省三明(さんめい)市で、工場グリーン転換計画を紹介する三鋼集団の従業員。(10月30日撮影)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/李芒茫)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2018110116440

    第12回中国婦人全国代表大会が開幕習近平氏ら出席  30日、大会に出席した代表と親しく握手を交わす習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席。第12回中国婦人全国代表大会が30日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018110116437

    第12回中国婦人全国代表大会が開幕習近平氏ら出席  30日、会議に出席し、開幕を祝う中国共産党と国家の指導者の習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)の各氏ら。第12回中国婦人全国代表大会が30日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018112614612

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)鎮の街の様子。(10月30日撮影)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018110117718

    第12回中国婦人全国代表大会が開幕  第12回中国婦人全国代表大会が30日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/王曄)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018112614953

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  福建省武夷山(ぶいざん)市五夫(ごふ)田園総合施設プロジェクトの建設現場。(10月30日撮影)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/李芒茫)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018110117501

    第12回中国婦人全国代表大会が開幕  第12回中国婦人全国代表大会が30日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/王曄)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018110117703

    第12回中国婦人全国代表大会が開幕  第12回中国婦人全国代表大会が30日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/王曄)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018112614557

    グリーン発展で中国の大地に描く美しい物語  貴州省清鎮(せいちん)市人民法院環境資源法廷の外観。(10月26日撮影)改革開放の40年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、人民の素晴らしい生活への憧れを乗せて、中国は果断に行動する勇気と、苦難を経て生まれ変わる決意で、中華民族の永続的発展に関わるグリーン変革を大規模に推進してきた。新しい歴史のスタート地点に立ち、「緑水・青山こそが金山・銀山(宝の山)」の発展理念を指針とするグリーン発展の意識がますます人々の心に浸透し、グリーン発展の道がますます広がっている。人民は今、美しい中国の力強く美しい物語を描き出すため奮闘している。(北京=新華社記者/李芒茫)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2018102511248

    李克強氏、中国工会第17回全国代表大会で経済情勢報告  李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は24日、要請に応じて中国工会(労働組合)第17回全国代表大会で経済情勢報告を行った。(北京=新華社記者/張領)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018102307363

    中国工会第17回全国代表大会、北京で開幕  中国工会(労働組合)第17回全国代表大会が22日、北京の人民大会堂で開幕した。党と国家の指導者の習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)の各氏らが会議に出席し、開幕を祝った。(北京=新華社記者/李学仁)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018102307272

    中国工会第17回全国代表大会、北京で開幕  22日、大会に出席した代表と親しく握手を交わす習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席。中国工会(労働組合)第17回全国代表大会が22日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/李学仁)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018102307558

    中国工会第17回全国代表大会、北京で開幕  中国工会(労働組合)第17回全国代表大会が22日、北京の人民大会堂で開幕した。党と国家の指導者の習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)の各氏らが会議に出席し、開幕を祝った。(北京=新華社配信/盛佳鵬)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018102307343

    中国工会第17回全国代表大会、北京で開幕  22日、大会に出席した代表にあいさつする習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席。中国工会(労働組合)第17回全国代表大会が22日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/姚大偉)=2018(平成30)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018110618075

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)の夜景。(10月21日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018110618124

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)。(10月19日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/凡軍)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018110618242

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た第1回中国国際輸入博覧会の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)。(10月19日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/凡軍)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018110617887

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  空から見た上海陸家嘴(りくかすい)の夜景。(10月17日撮影、小型無人機から)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/丁汀)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018110617896

    最善の選択輸入博開催の地「上海」  中国の高速鉄道、復興号で初めて実施された「輸入博PR列車」の車内で乗客への宣伝活動を行う乗務員。(10月10日撮影)第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)は5日、上海で開幕する。輸入博は世界初の輸入をテーマにした博覧会として全世界の注目を浴びている。中国共産党の誕生地である「中国共産党第一次全国代表大会会址記念館」、中国が独自に開発を進めた国産大型旅客機「C919」、世界最大の自動化コンテナ埠頭「上海洋山深水港」、アジア最大の浚渫(しゅんせつ)船「天鯤号」などはすべてこの都市で生み出された。上海は今まさに「輸入博の時間」を迎えている。オリエンタルの「魅力の都」はその無上の美しさで中国国際輸入博覧会を包み込み、世界各地の賓客を喜びのうちに迎え入れる。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018112615607

    優れた自然環境は極めて重要広西の大地に広がる生態系絵巻  広西チワン族自治区金秀ヤオ族自治県の金秀鎮六段村にある茶園で、秋茶を摘む村民。(9月20日撮影)中国の改革後、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、広西チワン族自治区は自然を保護するエコ文明理念を樹立し、グリーン発展を揺るぎなく推し進めてきた。同自治区現在の森林率は62・31%に達し、全国で上位を占めている。同自治区の2017年における大気質の平均優良日数比率は88・5%だった。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018091815901

    中国障害者連合会第7回全国代表大会、北京で開幕  中国障害者連合会第7回全国代表大会が14日、北京の人民大会堂で開幕した。中国障害者連合会の張海迪(ちょう・かいてき)会長が同連合会第6期議長団を代表して活動報告を行った。(北京=新華社記者/丁林)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018091815631

    中国障害者連合会第7回全国代表大会、北京で開幕  中国障害者連合会第7回全国代表大会が14日、北京の人民大会堂で開幕した。韓正(かん・せい)中国共産党中央政治局常務委員・国務院副総理が、党中央と国務院を代表してあいさつした。(北京=新華社記者/丁林)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018091815634

    中国障害者連合会第7回全国代表大会、北京で開幕  大会の代表と親しく握手を交わす習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席ら。中国障害者連合会第7回全国代表大会が14日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/李学仁)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018091815751

    中国障害者連合会第7回全国代表大会、北京で開幕  中国障害者連合会第7回全国代表大会が14日、北京の人民大会堂で開幕した。習近平(しゅう・きんぺい)、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)の各氏ら党と国家の指導者が出席し、大会の開催を祝った。(北京=新華社記者/李学仁)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018091815895

    中国障害者連合会第7回全国代表大会、北京で開幕  中国障害者連合会第7回全国代表大会が14日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/丁林)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018112615177

    優れた自然環境は極めて重要広西の大地に広がる生態系絵巻  広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市隆林各族(りゅうりんかくぞく)自治県の大地に広がる農村風景。(9月1日小型無人機から)中国の改革後、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、広西チワン族自治区は自然を保護するエコ文明理念を樹立し、グリーン発展を揺るぎなく推し進めてきた。同自治区現在の森林率は62・31%に達し、全国で上位を占めている。同自治区の2017年における大気質の平均優良日数比率は88・5%だった。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018080700530

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市涇源県郊外の遊歩道。(7月19日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018080700470

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市涇源県にある生態涵養区。(小型無人機から7月19日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018080700492

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市涇源県にある臥竜山公園。(小型無人機から7月19日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018080700534

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市隆徳県の観荘郷前荘村。(小型無人機から7月17日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018080700494

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市彭陽県の金鶏坪梯田(段々畑)公園。(小型無人機から7月16日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018080700502

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市彭陽県の金鶏坪梯田(段々畑)公園。(小型無人機から7月16日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018080700513

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市彭陽県の金鶏坪梯田(段々畑)公園。(7月16日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018080700537

    六盤山の麓で雨音を聞く寧夏回族自治区彭陽県  寧夏回族自治区固原市彭陽県の梯田(段々畑)。(小型無人機から7月16日撮影)中国寧夏回族自治区固原市にある六盤山の山麓は、起伏が激しく植生も乏しい。頻繁に旱魃に見舞われ「苦瘠甲天下」(貧しさは天下一)と呼ばれる。国際連合世界食糧計画(WFP)も「人類の生存に適さない」と評価する。幾多の歴史的なレッテルを背負い、発展から取り残された人びとは、自治区成立から60年間、特に中国共産党第18回全国代表大会(2012年)以降、党中央のさまざまな政策の恩恵を受け、力を一つにして懸命に働き、着実な成果を上げてきた。現在では杜甫の詩にある「好雨知時節(よき雨は時節を知る)」の如く生態環境が改善され、韓愈の詩にある「小雨潤如酥(小雨の潤うこと酥の如し)」のように産業の精密化を実現し、李清照の詞にある「風景雨来佳(門前の風景雨の来るも佳なり)」として民族の団結を成し遂げた。同地は斬新な姿で過去の苦難を乗り越えつつある。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018071200546

    「法律巡視」の剣を手に青空防衛戦に断固打ち勝つ  4日、ハンディタイプの微小粒子状物質(PM2.5)自動測定機で、建築現場の空気質を測定する河北省廊坊市広陽区の環境保護局の職員。いつでも青空が見られ、土壌環境が良く、きれいな水が流れる美しい中国は、全国人民の共通の願いだ。中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、習近平同志を核心とする党中央は生態文明建設を非常に重視し、汚染に断固とした宣戦布告を行ってきた。第13期全国人民代表大会(全人代)常務委員会は9日、人民大会堂で特別会議を開き、大気汚染防止法執行検査報告について審議した。広く注目を集めるこの報告は、現在各地で大気汚染防止法が徹底的に実施されている現状を反映し、適切な提案を提起した。全人代常務委員会法執行検査グループはその2カ月前に、党中央の汚染対策に向けた堅塁攻略戦に断固として打ち勝つという策定と配置をめぐり、大気汚染防止法の執行検査を今年の監督活動における最も重要な位置につけ、全面的かつ深い「法律の巡視」を展開することで、法律を武器とした汚染整備を実施し、法治の力を拠り所に青い空を守っていく。(北京=新華社記者/李暁果)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018070200561

    共青団第18回全国代表大会が閉幕  中国共産主義青年団(共青団)第18回全国代表大会が29日、北京の人民大会堂で閉幕した。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018070200555

    共青団第18回全国代表大会が閉幕  29日、閉幕し人民大会堂を後にする代表。中国共産主義青年団(共青団)第18回全国代表大会が29日、北京の人民大会堂で閉幕した。(北京=新華社記者/沈伯韓)=2018(平成30)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018112615183

    優れた自然環境は極めて重要広西の大地に広がる生態系絵巻  広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の三娘湾沖で、自由自在に泳ぎ回り、可愛らしい姿を見せる野生のピンクイルカ(中華白イルカ)。(6月10日撮影)中国の改革後、特に中国共産党第18回全国代表大会(第18回党大会)以降、広西チワン族自治区は自然を保護するエコ文明理念を樹立し、グリーン発展を揺るぎなく推し進めてきた。同自治区現在の森林率は62・31%に達し、全国で上位を占めている。同自治区の2017年における大気質の平均優良日数比率は88・5%だった。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像