検索結果 497 件中 1 件 〜 50 件 "全国重点文物保護単位"
  1. 2020052701117

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館に展示された琺瑯器(ほうろうき)を見つめる観光客。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701148

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館に展示された仏立像。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701041

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、純陽宮の建物を支える木製の梁(はり)。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701124

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館の一角。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052701127

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館を訪れた観光客。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701017

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館の一角。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052701097

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館の一角。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701115

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、山西省芸術博物館の一角。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052701036

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、純陽宮(山西省芸術博物館)の入り口で写真を撮る観光客。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052701142

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の彩色塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052701141

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の竜女像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701066

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の阿弥陀仏像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701132

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の内部。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701111

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の天井に安置されている塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701137

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の天王像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052701138

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の観音菩薩像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052701139

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の韋駄天像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052701080

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052701059

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052701034

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の善財童子像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052601933

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓の全景。(資料写真、小型無人機から)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052601786

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052601918

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052601934

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052601812

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓の入り口。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052601879

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052601882

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052601792

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052601920

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052701004

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052701040

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052701093

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  19日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に展示された渓州銅柱。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社配信/田婷)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052701021

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052701070

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮にある渓州銅柱のレプリカ。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052701045

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052700995

    中国古代の諸民族の知恵を記録した「渓州銅柱」湖南省  15日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の風景。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州永順県芙蓉鎮の銅柱館に保存されている銅製の柱「渓州銅柱(けいしゅうどうちゅう)」は、中央部分が空洞で八角形をしており、高さ約4メートル、重さ2500キロ、2千文字余りの銘文が刻まれている。中国古代の諸民族の自治や管理の知恵を記録した貴重な文物であり、中国西南部の少数民族の政治、経済、文化、軍事などの研究のための重要な物的資料となっている。後晋の天福4(939)年、渓州刺史(しし、中国に前漢から五代十国時代まで存在した官職名)の彭士愁(ほう・ししゅう)は、渓州の戦いで当時の湖南一帯を占拠していた楚王の馬希範(ば・きはん)と戦った。彭士愁は戦いに敗れた後、天福5(940)年に馬希範と講和を結び、戦争の経緯と講和に関する条項を記した文章を銅柱に刻んだ。渓州銅柱は1961年、故宮、万里の長城などと共に、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(湘西=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020050804687

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の万仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020050805001

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  雨中の玄中寺大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020050804958

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の祖師殿と七仏殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020050804989

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の一角。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020050804711

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  ボタンの花に囲まれた玄中寺の大雄宝殿。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020050804910

    浄土宗の古刹が見守ってきた中日民間交流の絆山西省玄中寺  玄中寺の全景。(資料写真)中国山西省呂梁市交城県にある呂梁山の深山幽谷に、中国の浄土宗の歴史で輝かしい地位を占める玄中寺がある。1500年以上の歴史を持ち、現存する古建築は明清時代のものとされる。全国重点文物保護単位にも指定されている。同寺は曇鸞(どんらん)、道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)の3人の祖師(一宗一派の開祖)を輩出した浄土宗の祖庭(発祥の地)として、中日両国の浄土宗徒の信仰も厚い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051103019

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の7号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051102871

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の千仏碑。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051103015

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の1号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051103001

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の4号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051103023

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山の山頂にある羊頭の形をした巨石。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102854

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の8号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051103063

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の2号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102979

    羊頭山北魏石窟群を訪ねて山西省高平市  4月28日、羊頭山北魏石窟群の5号窟。中国山西省高平市神農鎮にある羊頭山北魏石窟群は、北魏の太和年間(477年~499年)に開削が始まり、その後の北斉、隋、唐でも造営が続いた。仏像がある小室やくぼみは、その場で石を削り出し、彫刻を施している。独特なデザインで凹凸がはっきりしており、実際の寺院のような趣がある。記録では大小さまざまな石窟が40余りあったとされ、これまでに9カ所で発掘を終えた。ほかにも造像塔や造像碑、石塔などが見つかっている。古風で飾り気のない造形とシンプルな技巧は非常に珍しい。石窟群は2006年、第6次全国重点文物保護単位に指定された。(高平=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像