検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "公費解体"
  1. 2019110800913

    半壊住宅も公費解体へ  国会の前庭で閣議後の記者会見をする小泉環境相=8日午前

  2. 2019110800893

    半壊住宅も公費解体へ  国会の前庭で閣議後の記者会見をする小泉環境相=8日午前

  3. 2019070600032

    「西日本豪雨1年」 公費解体6千件、完了6割  岡山県倉敷市真備町地区で豪雨被害を受け、解体される家屋=1日

  4. 2019070600017

    「西日本豪雨1年」 公費解体6千件、完了6割  岡山県倉敷市真備町地区で豪雨被害を受け、解体される家屋=1日

  5. 2019070600013

    「西日本豪雨1年」 公費解体6千件、完了6割  岡山県倉敷市真備町地区で豪雨被害を受けた家屋の解体作業=1日

  6. 2019070600009

    公費解体6千件、完了6割  岡山県倉敷市真備町地区で豪雨被害を受けた家屋の解体作業=2日

  7. 2019070308193

    「西日本豪雨1年」 豪雨の被災地から  岡山県倉敷市真備町地区の倉庫跡地に立つ片岡忠男さん。公費解体が進み周辺には更地が目立つ。「あの日から風景ががらっと変わってもうた。人も戻って来るんじゃろうか」と生まれ育った土地の未来を憂えていた=3日午後

  8. 2019040200406

    「山陽新聞」 真備支所全面復旧 西日本豪雨で浸水被害  改修した倉敷市真備支所1階で手続きをする市民。西日本豪雨で浸水被害を受け、改修を進めていた倉敷市真備支所(同市真備町箭田)1階で1日、約9カ月ぶりに業務が再開された。これまで真備公民館などで行っていた公費解体の申請を受け付けるなど被災前とレイアウトを変更。真備町地区の復興に向けた最前線の拠点として、被災者支援などを担う。=2019(平成31)年4月1日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  9. 2017101301118

    建物公費解体、9割完了  熊本地震で多くの住宅が倒壊した熊本県益城町の寺迫地区。建物が撤去され更地が広がるが、新しい家の建築も進んでいた。地震から14日で1年半を迎える=13日午後

  10. 2017101301083

    建物公費解体、9割完了  熊本地震から14日で1年半、今もなお多くの被災者が仮設住宅で暮らす=13日午後、熊本県益城町

  11. 2017101300820

    建物公費解体、9割完了  熊本地震から14日で1年半、今もなお多くの被災者が仮設住宅で暮らす=13日午後、熊本県益城町

  12. 2017101300833

    建物公費解体、9割完了  熊本地震で多くの住宅が倒壊した熊本県益城町の寺迫地区。建物が撤去され更地が広がる。地震から14日で1年半を迎える=13日午後

  13. 2016081400749

    公費解体わずか58件  地震発生から4カ月を迎えたが、解体されずに残る熊本県益城町の倒壊した家屋=14日午後

  14. 2016081400748

    公費解体わずか58件  地震発生から4カ月を迎えたが、解体されずに残る熊本県益城町の倒壊した家屋=14日午後

  15. 1996011300068

    被災マンションの再建難航  公費解体をめぐり再建が難航している「西灘スカイハイツ」=13日、神戸市灘区都通で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像