検索結果 2,377 件中 1 件 〜 50 件 "内モンゴル"
  1. 2020052601735

    【両会】習近平氏、全人代内モンゴル自治区代表団の審議に参加  習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議内モンゴル自治区代表団の審議に参加した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052601727

    【両会】習近平氏、全人代内モンゴル自治区代表団の審議に参加  習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議内モンゴル自治区代表団の審議に参加した。(北京=新華社記者/黄敬文)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052601732

    【両会】習近平氏、全人代内モンゴル自治区代表団の審議に参加  習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議内モンゴル自治区代表団の審議に参加した。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052300822

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  内モンゴル自治区の鉱山で稼働する230トンの大型電動ダンプカー。(資料写真)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052104558

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  16日、永定河の河北省廊坊市安次区区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052104573

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  16日、永定河の河北省廊坊市安次区区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052104487

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  14日、アルバス山を移動するバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104466

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  14日、断崖絶壁を走るバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104444

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  14日、崖の上の巣で羽を休めるチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104417

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  14日、山の中を飛ぶチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104591

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  13日、永定河の河北省廊坊市固安県区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104510

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  13日、永定河の河北省廊坊市固安県区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104564

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  13日、永定河の河北省廊坊市固安県区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052104574

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  13日、永定河の河北省廊坊市固安県区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104577

    永定河の河北省廊坊区間が25年ぶりに通水  13日、永定河の河北省廊坊市固安県区間。(小型無人機から)中国河北省廊坊市水利局はこのほど、2020年永定河廊坊区間生態補水が順調に進んでいることを明らかにした。干上がってから25年ぶりに、同市固安県、永清県、広陽区、安次区の約60キロにわたる河道の通水が実現した。16日午前8時時点で、永定河の市内累計流量は1849万立方メートルに達している。永定河は海河流域七大水系の一つで、全長747キロ、流域面積は4万7千平方キロ。内モンゴル自治区、山西省、河北省、北京市、天津市を流れており、流域は京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の重要な水源かん養エリア、生態障壁、生態的回廊になっている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052104443

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  11日、アルバス山を移動するバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104471

    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市  11日、岩肌に影を落としながら飛ぶチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051402436

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051402440

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さんが革彫刻画に色をつけている。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051402444

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を見つめる革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051402425

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で観光客に革彫刻画の作品を紹介する革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051402430

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051402455

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を紹介する革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051402432

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051402475

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、スマートフォンで革彫刻画を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051402441

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、湿らせたスポンジで軽く拭き、革彫刻画に潤いを与える革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051402529

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051402516

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051402454

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102641

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  8日、着陸した無人実験船の帰還カプセル。中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051102621

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  8日、着陸した無人実験船の帰還カプセル。中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051102572

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102529

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  8日、東風着陸場で実験船帰還カプセルのメインパラシュートを回収するスタッフ。中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051102533

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  8日、帰還カプセルの状態を確認する東風着陸場のスタッフ。中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051102638

    中国次世代有人宇宙船の実験船帰還カプセル、無事帰還  8日、着陸した無人実験船の帰還カプセル。中国の次世代有人宇宙船の無人実験船帰還カプセルが8日午後1時49分(日本時間同2時49分)、内モンゴル自治区にある東風着陸場の予定区域に無事着陸し、実験は成功した。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051103000

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水稲栽培ハウスで水やりをする農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051103042

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある畑で種まきをする農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051103047

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水田で水道ホースを敷設する農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051103065

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある畑で種まきをする農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051102987

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水田で水道ホースを敷設する農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051102988

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水田でゴミを取り除く農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051103014

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある畑を耕す農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051102978

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水稲栽培ハウスで雑草を取り除く農家。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051103046

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水田。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051102998

    耕作シーズン迎えた大興安嶺南麓内モンゴル自治区  4日、内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗にある水田で種まきをする農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ジャライド旗では耕作シーズンを迎え、多くの農家が農作業に励んでいる。大興安嶺の南麓に位置する同旗は、良質米「ヒンガン盟米」の主要産地となっている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020050805015

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日夜、ウランホト市を流れる帰流河と岸辺の公園。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020050804998

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日夜、ウランホト市の劇場、烏蘭牧騎宮。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020050804995

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日夜、ウランホト市の劇場、烏蘭牧騎宮。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020050804735

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日夜、ウランホト市のヒンガン盟体育館。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020050804916

    内モンゴル自治区ウランホト市の夜景  2日、夕闇に浮かぶウランホト市の劇場、烏蘭牧騎宮と周辺の夜景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市で2日、夜の街に明かりがともると、うっとりするような夜景が広がった。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像