検索結果 20 件中 1 件 〜 20 件 "再開江西省"
  1. 2020040104027

    飲食業界が秩序よく営業再開江西省南昌市  26日、江西省南昌市南昌県のレストランでマスクを着けて食材を用意する従業員。中国江西省南昌市の飲食業界が、新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行うことを前提に、秩序よく営業を再開している。店内での飲食を再開しているレストランの多くは、利用客に専用の取り箸を用意し、濃厚接触を避けるため席を離したり時間をずらして食事をする措置を講じている。また、健康で衛生的に飲食を楽しむための注意事項を貼るなどして、利用客の予防意識を喚起している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020040104051

    飲食業界が秩序よく営業再開江西省南昌市  26日、江西省南昌市南昌県のレストランで飲食上の注意事項を示した看板。中国江西省南昌市の飲食業界が、新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行うことを前提に、秩序よく営業を再開している。店内での飲食を再開しているレストランの多くは、利用客に専用の取り箸を用意し、濃厚接触を避けるため席を離したり時間をずらして食事をする措置を講じている。また、健康で衛生的に飲食を楽しむための注意事項を貼るなどして、利用客の予防意識を喚起している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020040104152

    飲食業界が秩序よく営業再開江西省南昌市  26日、江西省南昌市南昌県のレストランで来店客の体温を測る従業員。中国江西省南昌市の飲食業界が、新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行うことを前提に、秩序よく営業を再開している。店内での飲食を再開しているレストランの多くは、利用客に専用の取り箸を用意し、濃厚接触を避けるため席を離したり時間をずらして食事をする措置を講じている。また、健康で衛生的に飲食を楽しむための注意事項を貼るなどして、利用客の予防意識を喚起している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020040104118

    飲食業界が秩序よく営業再開江西省南昌市  26日、江西省南昌市南昌県のレストランで注文する客。中国江西省南昌市の飲食業界が、新型コロナウイルス感染症の対策をしっかりと行うことを前提に、秩序よく営業を再開している。店内での飲食を再開しているレストランの多くは、利用客に専用の取り箸を用意し、濃厚接触を避けるため席を離したり時間をずらして食事をする措置を講じている。また、健康で衛生的に飲食を楽しむための注意事項を貼るなどして、利用客の予防意識を喚起している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020031104761

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地で畑の溝を掘る地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031104783

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地の温室でアスパラガスを収穫する地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031104820

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地の温室でアスパラガスを収穫する地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031104781

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地の畑で農作業を行う地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031104782

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地で、温室のアスパラガスの収穫に向かう地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031104768

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  5日、江西省南昌市新建区石埠鎮西岡村のアスパラガス産業貧困扶助基地の温室でアスパラガスを収穫する地元農家。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031104810

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  4日、地元農家にガチョウの売上金を手渡す江西省南昌県広福鎮宋洲村の楊岳峰(よう・がくほう)書記(右)。新型肺炎の影響で農家のガチョウの売れ行きが悪くなったため、楊氏が微信(ウィーチャット)を利用し販売を手伝っている。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031104821

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  4日、地元農家と微信(ウィーチャット)を利用したガチョウ販売について話し合う江西省南昌県広福鎮宋洲村の楊岳峰(よう・がくほう)書記(右)。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031104779

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  4日、地元農家を手伝い顧客に送るガチョウを三輪トラックの荷台に載せる江西省南昌県広福鎮宋洲村の楊岳峰(よう・がくほう)書記(右)。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020031104822

    貧困扶助基地、春の農作業を再開江西省  4日、地元農家に肥料と農業用シートを届ける江西省南昌県広福鎮宋洲村の楊岳峰(よう・がくほう)書記(中央)。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、広大な農村地域では幹部や民衆が感染防止に万全を期しながら、貧困脱却の難関攻略の勝利を決める年の最終段階に向けた準備を進めている。江西省南昌市各県の村々では、大小さまざまな貧困扶助基地で次々と生産が再開され、人々が感染防止策を確実に実施した上で積極的に春の農作業に取り組んでいた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019102500666

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、葫蘆窯の点火式で来賓(左)からたいまつを受け取る窯だき職人の胡家旺(こ・かおう)さん。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019102500696

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、葫蘆窯の前で記念撮影に応じる来賓ら。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019102500633

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、再建した葫蘆窯の外観(奥)。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019102500694

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、景徳鎮古窯民俗博覧区にある「窯神」像。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019102500662

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、葫蘆窯の前で記念撮影に応じる来賓ら。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019102500667

    再建された明代の葫芦窯で焼成再開江西省景徳鎮市  19日、葫蘆窯の点火式に向け、たいまつに火をつける窯だき職人の胡家旺(こ・かおう)さん。中国江西省景徳鎮市で22日まで開催された2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会の重要イベントの一つ、再建された明代の葫芦窯の点火式が19日、同市の古窯民俗博覧区で開かれた。多くの陶磁器今後は、まきを燃料とする最も伝統的な方法で焼成されることになる。専門家によると、葫蘆窯は元代末期から明代にかけて流行した重要な窯だという。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像