検索結果 211 件中 1 件 〜 50 件 "冬季五輪パラリンピック"
  1. 2020010901631

    「新華社」 第20回「相約北京」国際芸術祭開幕中日芸術家が演奏  6日、開幕音楽会で指揮をする日本の指揮者、井上道義さん。中国北京市で6日、第20回「相約北京」(北京で会いましょう)国際芸術祭が開幕し、中国と日本の芸術家が市内の国家大劇院で開幕音楽会を開いた。同芸術祭は文化・観光部、国家広播電視総局、北京市人民政府、北京2022冬季五輪・パラリンピック組織委員会が共同で主催。文化芸術公演は一貫して芸術祭の重要な部分を占めてきた。今回は12カ国・地域の芸術団体と国内外の芸術家700人以上が1カ月にわたり、60以上のステージと3つのテーマ展を繰り広げる。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010901586

    「新華社」 第20回「相約北京」国際芸術祭開幕中日芸術家が演奏  6日、開幕音楽会で演奏する芸術家ら。中国北京市で6日、第20回「相約北京」(北京で会いましょう)国際芸術祭が開幕し、中国と日本の芸術家が市内の国家大劇院で開幕音楽会を開いた。同芸術祭は文化・観光部、国家広播電視総局、北京市人民政府、北京2022冬季五輪・パラリンピック組織委員会が共同で主催。文化芸術公演は一貫して芸術祭の重要な部分を占めてきた。今回は12カ国・地域の芸術団体と国内外の芸術家700人以上が1カ月にわたり、60以上のステージと3つのテーマ展を繰り広げる。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032425895

    「新華社」 発掘史上最も精巧な金代の銅坐竜見つかる河北省張家口市  横から見た金代の銅坐竜。(資料写真)中国河北省文物考古研究院は20日、同院の考古研究者が同省張家口市崇礼区の太子城遺跡で銅坐竜と呼ばれる竜をモチーフにした銅製の金具を発見したと明らかにした。専門家によると、器物は金代(12~13世紀)のもので、これまで出土した同時代の銅坐竜の中で最も精巧な作りだという。今回出土した銅坐竜の高さは18・5センチ、重さは1・96キロ。史料によると、金代皇帝の御料車の手すりの装飾、または大型輦車(れんしゃ、皇帝や皇后が乗る手引き車)の屋根部分の装飾で、皇室の威儀を表すものだという。同遺跡は、2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリアの選手村インフラ建設の際に発見された。国内で初めて見つかった金代の行宮(あんぐう)遺跡であり、銅坐竜の発見は高い学術的価値と社会的影響を持つ。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032425886

    「新華社」 発掘史上最も精巧な金代の銅坐竜見つかる河北省張家口市  横から見た金代の銅坐竜。(資料写真)中国河北省文物考古研究院は20日、同院の考古研究者が同省張家口市崇礼区の太子城遺跡で銅坐竜と呼ばれる竜をモチーフにした銅製の金具を発見したと明らかにした。専門家によると、器物は金代(12~13世紀)のもので、これまで出土した同時代の銅坐竜の中で最も精巧な作りだという。今回出土した銅坐竜の高さは18・5センチで重さ1・96キロ。史料によると、金代皇帝の御料車の手すりの装飾、または大型輦車(れんしゃ、皇帝や皇后が乗る手引き車)の屋根部分の装飾で、皇室の威儀を表すものだという。同遺跡は、2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリアの選手村インフラ建設の際に発見された。国内で初めて見つかった金代の行宮(あんぐう)遺跡であり、銅坐竜の発見は高い学術的価値と社会的影響を持つ。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010602310

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、張家口駅の待合室で記念写真を撮る乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010602481

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内で、スマホ用のワイヤレス充電器を体験する乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010602407

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、八達嶺長城駅のプラットホームに停車する北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010602328

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅のプラットホームで、太子城駅行きのG8811号列車に乗る乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010602315

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、プラットホームを歩く乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602416

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、張家口駅のプラットホームに停車するG2505号列車。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010602417

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車体。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010602436

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内の様子。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(崇礼=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010602441

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、太子城駅に到着した乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010602115

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅の待合室で記念撮影する青年ボランティア。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010602117

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅のプラットホームで記念写真を撮る太子城駅行きのG8811号列車の乗務員。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010602133

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、八達嶺長城駅のプラットホームで写真を撮る乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020010602140

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、八達嶺長城駅の構内で記念写真を撮る乗客。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020010602298

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、北京北駅と太子城駅を結ぶG8811号列車の車内で笑顔を見せる2002年ソルトレークシティ冬季五輪の金メダリスト、楊揚(よう・よう)さん(手前右)。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010602303

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、太子城駅に到着したG8811号列車。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020010602335

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、太子城駅行きのG8811号列車の車内で記念写真を撮る乗客たち。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020010602345

    「新華社」 北京市と張家口を結ぶ高速鉄道が開業  30日、高速列車の車内で記念写真を撮る乗客と京張高速鉄道の建設に参与した中鉄七局集团有限公司の社員および乗務員。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が30日、開業した。同鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(北京=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019122001000

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019122000956

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園でスキーを楽しむ愛好家。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019122000947

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019122000948

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019122000952

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019122000941

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019122001015

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019122000966

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンターで作業をする除雪車。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019122000955

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019122000945

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家冬季バイアスロンセンターの会場技術センター。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019122000953

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、国家スキージャンプセンターの施工現場で作業を進める作業員。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019122000954

    「新華社」 河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて  10日、北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の太子城駅と「太子城氷雪小鎮」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019121003304

    「新華社」 北京冬季五輪・パラのスキージャンプ台でライトショー  6日、首鋼スキージャンプ台で作業する圧雪車。中国北京市の首鋼スキージャンプ台がこのほど、ライトアップされて冬の夜に輝くガラスの靴のような姿を現した。同ジャンプ台は、2022年開催の北京冬季五輪・パラリンピック北京会場で新設される競技会場のうち最初に完成した。こけら落としとして、12日から2019国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権が開催される。大会期間中にはジャンプ台でライトショーが行われ、北京冬季五輪・パラリンピックへの機運を醸成する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019121003325

    「新華社」 北京冬季五輪・パラのスキージャンプ台でライトショー  6日、ライトアップされた首鋼スキージャンプ台。中国北京市の首鋼スキージャンプ台がこのほど、ライトアップされて冬の夜に輝くガラスの靴のような姿を現した。同ジャンプ台は、2022年開催の北京冬季五輪・パラリンピック北京会場で新設される競技会場のうち最初に完成した。こけら落としとして、12日から2019国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権が開催される。大会期間中にはジャンプ台でライトショーが行われ、北京冬季五輪・パラリンピックへの機運を醸成する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019121003239

    「新華社」 北京冬季五輪・パラのスキージャンプ台でライトショー  6日、圧雪作業が進む首鋼スキージャンプ台。中国北京市の首鋼スキージャンプ台がこのほど、ライトアップされて冬の夜に輝くガラスの靴のような姿を現した。同ジャンプ台は、2022年開催の北京冬季五輪・パラリンピック北京会場で新設される競技会場のうち最初に完成した。こけら落としとして、12日から2019国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権が開催される。大会期間中にはジャンプ台でライトショーが行われ、北京冬季五輪・パラリンピックへの機運を醸成する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019121003278

    「新華社」 北京冬季五輪・パラのスキージャンプ台でライトショー  6日、圧雪作業が進む首鋼スキージャンプ台。中国北京市の首鋼スキージャンプ台がこのほど、ライトアップされて冬の夜に輝くガラスの靴のような姿を現した。同ジャンプ台は、2022年開催の北京冬季五輪・パラリンピック北京会場で新設される競技会場のうち最初に完成した。こけら落としとして、12日から2019国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権が開催される。大会期間中にはジャンプ台でライトショーが行われ、北京冬季五輪・パラリンピックへの機運を醸成する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019121003301

    「新華社」 北京冬季五輪・パラのスキージャンプ台でライトショー  6日、ライトアップされた首鋼スキージャンプ台。中国北京市の首鋼スキージャンプ台がこのほど、ライトアップされて冬の夜に輝くガラスの靴のような姿を現した。同ジャンプ台は、2022年開催の北京冬季五輪・パラリンピック北京会場で新設される競技会場のうち最初に完成した。こけら落としとして、12日から2019国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権が開催される。大会期間中にはジャンプ台でライトショーが行われ、北京冬季五輪・パラリンピックへの機運を醸成する。(北京=新華社配信/陳鍾昊)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120604322

    「新華社」「海外セレブ」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、自動運転バスで式典会場に到着した俳優のジャッキー・チェンさん(中央)。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120604389

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、テレビ電話を通じてあいさつする国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120604391

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、式典に参加したボランティア代表たち。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120604304

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、ボランティア代表と共にインターネットの応募システムの開始を宣言する中国共産党北京市委員会書記で北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会主席の蔡奇(さい・き)氏(前列中央)。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120604340

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、式典で歌を歌う女優の佟麗婭(とう・れいあ)さん(舞台中央左から3人目)、歌手の蔡徐坤(さい・じょこん)さん(舞台中央右から3人目)ら。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120604314

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、小旗を振って歓声を上げるボランティア代表たち。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120604336

    「新華社」 北京冬季五輪・パラ組織委員会、ボランティア募集開始  5日、ボランティア募集開始を宣言する北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会の韓子栄(かん・しえい)常任副主席兼秘書長。34回目の国際ボランティアデーを迎えた5日、中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は2022年北京冬季五輪・パラリンピックのボランティアの募集を正式に開始した。同組織委員会は世界中から五輪のボランティア2万7千人、パラリンピックのボランティア1万2千人を募る計画。(北京=新華社配信/彭子洋)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120604213

    「新華社」 「中日観光交流の夕べ」東京で開催観光業関係者ら約300人出席  3日、「中日観光交流の夕べ」に登場した2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」(左)と「雪容融(シュエロンロン)」。中国文化・観光部主催の「中日観光交流の夕べ」が3日夜、東京で開催され、同部の李金早(り・きんそう)副部長が率いる中国文化観光代表団や日本の政界、観光業関係者ら約300人が出席した。観光や青少年交流など人文(人的・文化的)分野での協力拡大について意見交換した。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120200820

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の清河駅。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/孟濤)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120200800

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120200795

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の宣化北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120200819

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像