検索結果 7,209 件中 1 件 〜 50 件 "冬季五輪"
  1. 2019091703841

    冬季五輪マスコット発表  発表された2022年北京冬季五輪の大会マスコット「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」=17日、北京(共同)

  2. 2019091703840

    冬季五輪マスコット発表  発表された2022年北京冬季パラリンピックの大会マスコット「雪容融(シュエロンロン)」=17日、北京(共同)

  3. 2019091703345

    冬季五輪マスコット発表  発表された2022年北京冬季パラリンピックの大会マスコット「雪容融(シュエロンロン)」=17日、北京(共同)

  4. 2019091703340

    冬季五輪マスコット発表  発表された2022年北京冬季五輪の大会マスコット「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」=17日、北京(共同)

  5. 2019091703744

    冬季五輪マスコット発表  発表された2022年北京冬季五輪のマスコット「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」(左)とパラリンピックのマスコット「雪容融(シュエロンロン)」=17日、北京(共同)

  6. 2019091703023

    冬季五輪マスコット発表  2022年北京冬季五輪・パラリンピックの大会マスコットの発表会に臨むIOCのバッハ会長(奥左)と中国の韓正筆頭副首相(同右)=17日、北京(共同)

  7. 2019091901180

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  17日、北京で行われた2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表会。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091909165

    「新華社」 中国初のそり競技コース、本体構造が完成北京市延慶区  17日、そり競技コースの工事を行う作業員。中国北京市重大プロジェクト建設指揮部弁公室によると、2022年北京冬季五輪の延慶競技エリアに建設中の国家スライディングセンターで17日、中国初となるそり競技コースの本体構造の連結工事が完了した。国家スライディングセンターは、延慶競技エリアの南西部に建設され、東側には延慶冬季五輪選手村と山地メディアセンターが、北側には国家アルペンスキーセンターがある。建築面積は約6万平方メートルで、コースは全長約1・9キロ、垂直落差が120メートル以上となっている。完成後は世界で17番目、アジアでは3番目、中国では初のそり競技コースとなる。冬季五輪期間中、国家スライディングセンターではそり競技の全試合が行われる。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091901179

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  2022年北京冬季パラリンピックのマスコット「雪容融(シュエロンロン)」。(資料写真)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019091901148

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  17日、北京で行われた2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表会。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091901244

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  17日、北京で行われた2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表会。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社記者/李明)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019091909163

    「新華社」 中国初のそり競技コース、本体構造が完成北京市延慶区  17日、本体構造が完成したそり競技のコース。中国北京市重大プロジェクト建設指揮部弁公室によると、2022年北京冬季五輪の延慶競技エリアに建設中の国家スライディングセンターで17日、中国初となるそり競技コースの本体構造の連結工事が完了した。国家スライディングセンターは、延慶競技エリアの南西部に建設され、東側には延慶冬季五輪選手村と山地メディアセンターが、北側には国家アルペンスキーセンターがある。建築面積は約6万平方メートルで、コースは全長約1・9キロ、垂直落差が120メートル以上となっている。完成後は世界で17番目、アジアでは3番目、中国では初のそり競技コースとなる。冬季五輪期間中、国家スライディングセンターではそり競技の全試合が行われる。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019091909173

    「新華社」 中国初のそり競技コース、本体構造が完成北京市延慶区  17日、そり競技コースの工事を行う作業員。中国北京市重大プロジェクト建設指揮部弁公室によると、2022年北京冬季五輪の延慶競技エリアに建設中の国家スライディングセンターで17日、中国初となるそり競技コースの本体構造の連結工事が完了した。国家スライディングセンターは、延慶競技エリアの南西部に建設され、東側には延慶冬季五輪選手村と山地メディアセンターが、北側には国家アルペンスキーセンターがある。建築面積は約6万平方メートルで、コースは全長約1・9キロ、垂直落差が120メートル以上となっている。完成後は世界で17番目、アジアでは3番目、中国では初のそり競技コースとなる。冬季五輪期間中、国家スライディングセンターではそり競技の全試合が行われる。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019091901220

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  17日、2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表会に出席した国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社記者/李明)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019091901223

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  17日、北京で行われた2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット発表会。2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社記者/李明)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019091901155

    「新華社」 北京2022年冬季五輪・パラ、音声翻訳機の公式独占サプライヤー発表  16日、発表会で記念撮影する関係者。北京2022年冬季五輪・パラリンピックで使用される公式音声翻訳機の公式独占サプライヤー企業の発表会が16日、北京で行われた。音声認識人工知能(AI)最大手の科大訊飛(アイフライテック)が正式に公式独占サプライヤーに決まった。(北京=新華社記者/賈宇辰)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019091901175

    「新華社」 北京2022年冬季五輪・パラ、音声翻訳機の公式独占サプライヤー発表  16日、発表会で、科大訊飛の劉慶峰(りゅう・けいほう)董事長(左)へ公式独占サプライヤー認定プレートを授与する北京冬季オリンピック組織委員会の韓子栄(かん・しえい)常任副主席兼秘書長。北京2022年冬季五輪・パラリンピックで使用される公式音声翻訳機の公式独占サプライヤー企業の発表会が16日、北京で行われた。音声認識人工知能(AI)最大手の科大訊飛(アイフライテック)が正式に公式独占サプライヤーに決まった。(北京=新華社記者/賈宇辰)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019091901147

    「新華社」 北京2022年冬季五輪・パラ、音声翻訳機の公式独占サプライヤー発表  16日、発表会であいさつする北京冬季オリンピック組織委員会技術部の喩紅(ゆ・こう)部長。北京2022年冬季五輪・パラリンピックで使用される公式音声翻訳機の公式独占サプライヤー企業の発表会が16日、北京で行われた。音声認識人工知能(AI)最大手の科大訊飛(アイフライテック)が正式に公式独占サプライヤーに決まった。(北京=新華社記者/賈宇辰)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019091901172

    「新華社」 北京2022年冬季五輪・パラ、音声翻訳機の公式独占サプライヤー発表  16日、発表会であいさつする科大訊飛の劉慶峰(りゅう・けいほう)董事長。北京2022年冬季五輪・パラリンピックで使用される公式音声翻訳機の公式独占サプライヤー企業の発表会が16日、北京で行われた。音声認識人工知能(AI)最大手の科大訊飛(アイフライテック)が正式に公式独占サプライヤーに決まった。(北京=新華社記者/賈宇辰)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019091004655

    「大型サイド」南北合同チームに暗雲 融和停滞、政治的思惑も  平昌冬季五輪のアイスホッケー女子合同チームの観戦に訪れた(左から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、金与正・朝鮮労働党第1副部長=2018年2月、韓国・江陵(共同)

  21. 2019091000043

    南北合同チーム結成できず  2018年2月、平昌冬季五輪のアイスホッケー女子で結成された韓国と北朝鮮の合同チーム。(最後列の左2人目から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(当時)、金与正・朝鮮労働党第1副部長=韓国・江陵(共同)

  22. 2019091901191

    「新華社」 2022年北京冬季五輪・パラのマスコット発表  2022年北京冬季五輪のマスコット「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」。(資料写真)2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットが17日、北京で発表された。名前は五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」に決まった。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019090700033

    東京五輪、5色で彩る?  1998年長野冬季五輪の開会式で、上空を飛行するブルーインパルスを見上げる観客

  24. 2019090501305

    「アルペンスキーの話題」 ヒルシャー王者のまま引退  2018年2月、平昌冬季五輪の男子大回転で優勝したマルセル・ヒルシャー(共同)

  25. 2019080211277

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月31日、北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」(右)、「愛蔵版」を見せるスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019080211263

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月31日、北京冬季五輪エンブレム印章発表会で印章を除幕する北京五輪都市発展促進会の蔣効愚(しょう・こうぐ)副会長(中央)、北京冬季五輪組織委員会の韓子栄(かん・しえい)秘書長(右から2人目)ら。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019080211229

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月31日、北京冬季五輪エンブレム印章発表会に登場した印章「収蔵版」(右)と「愛蔵版」。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019080211232

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月31日、北京冬季五輪エンブレム印章発表会で展示された印章。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019080100458

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プレキャストコンクリートが設置された可変構造部分。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019080100462

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、国家水泳センターで作業する作業員。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019080100454

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プールからスケートリンクへの改造工事の現場。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019080100402

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プレキャストコンクリート設置前の可変構造の鉄骨。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019080100407

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、国家水泳センターのスタンドで作業する作業員。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019080100466

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、国家水泳センターで清掃作業を行う作業員。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019080100366

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プールからスケートリンクへの改造工事の現場。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019080100448

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プールからスケートリンクへの改造工事の現場。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019080100459

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プレキャストコンクリート設置前の可変構造の鉄骨。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019080100460

    「新華社」 国家水泳センター、プールからスケートリンクへの改造工事が完了  30日、プレキャストコンクリート設置前の可変構造の鉄骨。2022年の中国北京冬季五輪でカーリング競技場として使われる北京国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)で30日、プールからスケートリンクへの改造工事が完了した。同センターでは10月にカーリング競技場のFOP(FieldofPlay)用のスポーツ照明、競技場と製氷システム、空調システムの改造などの工事を完了させ、年末にはカーリングのゲームが行われる予定。(北京=新華社配信/任超)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019080211223

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」に線を描くスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019080211234

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、各制作段階にある北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019080211264

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「愛蔵版」の制作現場。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019080211225

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「愛蔵版」を制作するスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019080211237

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、溶かした金を鋳込むスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019080211226

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」を制作するスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019080211289

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」を確認するスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019080211269

    「新華社」 北京冬季五輪エンブレムの印章間もなく限定発売開始  7月29日、北京冬季五輪エンブレムの印章「収蔵版」を見せるスタッフ。中国北京市にある北京冬季五輪組織委員会首鋼パークで7月31日、2022年北京冬季五輪エンブレム印章収蔵版・愛蔵版発表会が開催された。北京冬季五輪組織委員会の承認を得た2022個限定の「収蔵版」(ホータン産の青白玉製)と、5千個限定の「愛蔵版」(金製)の印章が間もなく発売される。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019072502211

    東京五輪連載企画「東京2020攻略法」5回続きの(2) 体験談ヒントに重圧克服  地元開催の重圧をはね返し、1998年長野冬季五輪で金メダルを獲得して声援にこたえる清水宏保さん

  48. 2019072900478

    「新華社」 大陸間高速鉄道時代に向け、時速400キロフリーゲージ列車開発中中国中車  25日に撮影した中車長春軌道客車股份有限公司の車両製造工場。第1回世界(長春)製造業サービスアウトソーシングサミットがこのほど、中国吉林省長春市で開催された。中国鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)の余衛平(よ・えいへい)副総裁はサミットの席上、中国が現在、時速400キロの軌間可変(フリーゲージ)高速鉄道列車、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道列車、2022年北京冬季五輪向けのスマート列車の研究開発を行っていることを明らかにした。余副総裁は、中国、ロシア、欧州、アフリカの鉄道には、標準軌と広軌、狭軌が並存しているが、同社が研究開発している時速400キロのフリーゲージ高速鉄道列車は、これら全ての軌道上で運行でき、大陸間旅行をよりスピーディーにすると説明した。また、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道も、よりフレンドリーな体験を乗客に提供していくという。(長春=新華社記者/張建)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019072900467

    「新華社」 大陸間高速鉄道時代に向け、時速400キロフリーゲージ列車開発中中国中車  25日に撮影した中車長春軌道客車股份有限公司の車両製造工場。第1回世界(長春)製造業サービスアウトソーシングサミットがこのほど、中国吉林省長春市で開催された。中国鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)の余衛平(よ・えいへい)副総裁はサミットの席上、中国が現在、時速400キロの軌間可変(フリーゲージ)高速鉄道列車、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道列車、2022年北京冬季五輪向けのスマート列車の研究開発を行っていることを明らかにした。余副総裁は、中国、ロシア、欧州、アフリカの鉄道には、標準軌と広軌、狭軌が並存しているが、同社が研究開発している時速400キロのフリーゲージ高速鉄道列車は、これら全ての軌道上で運行でき、大陸間旅行をよりスピーディーにすると説明した。また、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道も、よりフレンドリーな体験を乗客に提供していくという。(長春=新華社記者/張建)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019072900447

    「新華社」 大陸間高速鉄道時代に向け、時速400キロフリーゲージ列車開発中中国中車  25日に撮影した中車長春軌道客車股份有限公司の車両製造工場。第1回世界(長春)製造業サービスアウトソーシングサミットがこのほど、中国吉林省長春市で開催された。中国鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)の余衛平(よ・えいへい)副総裁はサミットの席上、中国が現在、時速400キロの軌間可変(フリーゲージ)高速鉄道列車、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道列車、2022年北京冬季五輪向けのスマート列車の研究開発を行っていることを明らかにした。余副総裁は、中国、ロシア、欧州、アフリカの鉄道には、標準軌と広軌、狭軌が並存しているが、同社が研究開発している時速400キロのフリーゲージ高速鉄道列車は、これら全ての軌道上で運行でき、大陸間旅行をよりスピーディーにすると説明した。また、時速600キロの高速磁気浮上式鉄道も、よりフレンドリーな体験を乗客に提供していくという。(長春=新華社記者/張建)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像