検索結果 52 件中 1 件 〜 50 件 "分身ロボ"
  1. 2020101705830

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒ら  カフェの注文を担当する岩田さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒ら(左側)=17日午後、鳥取県米子市

  2. 2020101705829

    分身ロボ介しカフェ店員に 分身ロボと生徒たち  筋ジストロフィー患者の岩田真帆さんが操作する分身ロボ「オリヒメ」と鳥取県立米子西高の生徒たち=17日午後、鳥取県米子市

  3. 2020090905959

    分身ロボットで修学旅行 児童が操作するニューミー  石川県加賀市立錦城小学校の児童らが操作するアバターロボット「ニューミー」(中央)。左は案内役の全日空の社員=2日、東京都大田区 「ニュースアラカルト」(社会)「分身ロボットで修学旅行」

  4. 2020090806113

    遠隔で「バリスタ」に テレバリスタ  難病などで外出困難な人でも遠隔操作により手先を使った接客ができる分身ロボット「テレバリスタ」のデモンストレーションが東京都内で行われた。「オリヒメ」(右上)を通じて、産業ロボ「ネクステージ」(中央)を操作し、客の好みに合わせたコーヒーをスムーズに入れて見せた。身体表現性障害を患い、埼玉県の自宅から遠隔操作した女性は「いずれはラテアートも描けるようになれれば」と話していた=8日

  5. 2020090806092

    遠隔で「バリスタ」に テレバリスタ  難病などで外出困難な人でも遠隔操作により手先を使った接客ができる分身ロボット「テレバリスタ」のデモンストレーションが東京都内で行われた。「オリヒメ」(右上)を通じて、産業ロボ「ネクステージ」を操作し、客の好みに合わせたコーヒーをスムーズに入れて見せた。身体表現性障害を患い、埼玉県の自宅から遠隔操作した女性は「いずれはラテアートも描けるようになれれば」と話していた=8日

  6. 2020090205178

    分身ロボットで修学旅行 ロボットと全日空社員  石川県加賀市の児童らが遠隔操作するアバターロボットと全日空グループの訓練施設を案内する全日空の社員=2日午後、東京都大田区

  7. 2020090205175

    分身ロボットで修学旅行 遠隔操作する加賀の小学生  石川県加賀市からアバターロボットを遠隔操作し、オンライン修学旅行を体験する市立錦城小の児童=2日午後

  8. 2020090205174

    分身ロボットで修学旅行 加賀で遠隔操作する小学生  石川県加賀市からアバターロボットを遠隔操作し、オンライン修学旅行を体験する市立錦城小の児童=2日午後

  9. 2020090204759

    分身ロボットで修学旅行へ 石川・加賀の小学生  オンライン修学旅行で、石川県加賀市立錦城小の児童らが遠隔操作するアバターロボット「ニューミー」(中央)。左は案内役を務める全日空の社員=2日午後、東京都大田区

  10. 2020072100763

    遠隔操作ロボで接客業務 モスバーガーのロボット  モスバーガー大崎店のレジに設置された分身ロボット「OriHime」=21日午後、東京都品川区

  11. 2020080101731

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  オリィ研究所の分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」と写る(左から)吉藤健太朗 オリィ研究所 代表取締役所長と金田泰明 モスフードサービス 執行役員 会長・社長室長。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  12. 2020080101742

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  13. 2020080101730

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  14. 2020080101736

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  15. 2020080101729

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  16. 2020080101740

    モスフードサービスのオリヒメを活用した「ゆっくりレジ」導入実験  モスフードサービスは21日、オリィ研究所(東京都港区)の分身ロボット「オリヒメ=写真」を活用した「ゆっくりレジ」の導入実験を27日からモスバーガー大崎店(品川区)で始めるのを前に、報道陣に公開した。身障者や子育て中の人など外出困難な人が、オリヒメを通じて接客しながら、注文を受け付ける。決済は有人レジで行うが、今後注文から決済までできる機能を拡張する。オリヒメは全長約23センチメートルのロボットでレジ前に1台設置。実験では、関西在住の身体に障がいのある2人が操作、対応する。操作者は来店客と会話しながら、パソコンやスマートフォンでオリヒメを動かすほか、注文商品も入力。店舗にネットで転送され注文が完了する。操作者の大阪府在住の竹久滉人氏(19)は「操作は難しくない。楽しみながらやっていく」と抱負を語った。実験は平日の14時から18時までで、8月末まで実施する。モスフードサービスは、今回の実験結果をもとに、ドライブスルー注文の対応、自走式ロボットによる配膳業務などの実験も2020年度内に実施する。=2020(令和2)年7月21日、東京都品川区のモスバーガー大崎店、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  17. 2020050300692

    分身ロボットで生活一変 アバターと呼ばれる技術  全日空グループが公開した、「アバター(分身)」と呼ばれる技術を使った展示=2019年10月、千葉市の幕張メッセ

  18. 2020050300691

    分身ロボットで生活一変 ロボット利用の買い物体験  全日空グループが公開した、「アバター(分身)」技術を搭載したロボットを利用した買い物体験の様子=2019年12月、東京・日本橋

  19. 2020050300685

    分身ロボットで生活一変  ロボット「ニューミー」のイメージ 「12段用」

  20. 2020050300684

    分身ロボットで生活一変  ロボット「ニューミー」のイメージ

  21. 2020050300683

    分身ロボットで生活一変  ロボット「ニューミー」のイメージ 「12段用」

  22. 2020050300681

    分身ロボットで生活一変  ロボット「ニューミー」のイメージ

  23. 2020030503890

    ANAと三菱地所の観光案内所でのアバター実証実験  ANAホールディングスと三菱地所が、東京都内の観光案内所で「アバター(分身ロボット)接客」の実証実験を進めている。外国人観光客への案内を遠隔操作の接客ロボットで担う。多言語対応ができるスタッフが複数の拠点を遠隔で掛け持ちできる。ANAはこのアバターを今春に製品化し、レンタルなどで提供を始める計画だ。実証実験は台風で観光案内所に従業員が出勤できなくなったシーンを想定した。遠隔でドアの鍵や照明を操作し、接客にアバター「newme」を用いる。複数の訪日客を相手にできるか、アバターからの指示で棚のガイドマップなど手に取ってもらえるかといった項目を検証する。newmeはパソコン1台で操作でき在宅勤務にも利用できる。災害時の対応だけでなく、柔軟な勤務環境をつくれる。実験は東京・丸の内の新東京ビル内にある日本政府観光局(JNTO)の「外国人観光客案内所」で行っており、期間は28日まで。地方など全国の観光案内所への展開を想定している。=2020(令和2)年2月26日、新東京ビル内の外国人観光案内所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  24. 2020022811026

    NTTが活用する分身ロボ「オリヒメ―D」  NTTは20日、遠隔操作型の分身ロボットを活用した受け付け業務の実証実験を始めたと発表した。オリィ研究所(東京都港区)のロボット「オリヒメ―D」を活用する。身体に障がいを抱える人が遠隔地域でロボットを操作し、NTTの来訪者に会議室への案内をする受け付け業務を想定。来訪者が帰る際の声がけや、待ち時間における会話も行う。実証期間は3月31日まで。NTT本社の大手町ファーストスクエアビル(同千代田区)14階の受け付けで実証する。オリヒメ―Dを活用して身体に障がいを抱える人がオフィス勤務を行うのは初の試み。オリヒメ―Dは平日の13―16時に稼働する。オリヒメ―Dは相手の動きに応じて顔の向きを変えたり、出先に持ち運びしたりできる。NTTの池田円ダイバーシティ推進室長は「ロボットやITを活用して、多様な働き方を認めるダイバーシティ雇用を推進していきたい」と述べた。=2020(令和2)年2月20日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  25. 2020021600459

    分身ロボットでショー鑑賞 ステージ上のオリヒメ  ステージ上から映像を送るオリヒメ(手前)=16日、鳥取県境港市

  26. 2020021600458

    分身ロボットでショー鑑賞 映像を送るオリヒメ  ステージ上から映像を送るオリヒメ(右下)=16日、鳥取県境港市

  27. 2020010200238

    分身ロボットの活用模索  分身ロボットによる国会議員活動のイメージ

  28. 2020010200235

    分身ロボットの活用模索  分身ロボットによる国会議員活動のイメージ

  29. 2019120406141

    「分身」ロボットで買い物 買い物体験の様子  ANAホールディングスが報道関係者に公開した、「アバター」技術を搭載したロボットを利用した買い物体験の様子=4日午後、東京・日本橋

  30. 2019120406140

    「分身」ロボットで買い物 買い物体験の様子  ANAホールディングスが報道関係者に公開した、「アバター」技術を搭載したロボットを利用した買い物体験の様子=4日午後、東京・日本橋

  31. 2019102101908

    舩後氏「国会で使いたい」 ロボットと玉木氏  ロボットが接客するカフェを訪れ、「分身ロボット」から飲み物を受け取る国民民主党の玉木代表=21日午後、東京・大手町

  32. 2019100802140

    障害で分け隔てられぬ場を 舩後靖彦参院議員  分身ロボット「オリヒメ」と写真に写る舩後靖彦参院議員=8月、千葉県松戸市

  33. 2019100701282

    障害者が分身ロボ通じ接客 取材に応じる吉藤代表  「分身ロボットカフェ」のオープニングセレモニーを終え、取材に応じるオリィ研究所の吉藤オリィ所長=7日、東京・大手町 「データ主義社会」

  34. 2019100701281

    障害者が分身ロボ通じ接客 あいさつする吉藤代表  「分身ロボットカフェ」のオープニングセレモニーで、あいさつするオリィ研究所の吉藤オリィ所長=7日、東京・大手町 「データ主義社会」

  35. 2019100701279

    障害者が分身ロボ通じ接客 接客するロボット  「分身ロボットカフェ」で来店者をもてなす、障害者が遠隔操作して接客するロボット=7日午後、東京・大手町 「データ主義社会」

  36. 2019090100251

    分身ロボで一緒に学ぼう 石原音彩さん  「iPad」の画面を通して、終業式に「出席」する石原音彩さん=7月、鳥取県米子市

  37. 2019090100250

    分身ロボで一緒に学ぼう 日吉津小の児童  分身ロボット「オリヒメ」を通して、石原音彩さんと会話する日吉津小の児童=7月、鳥取県日吉津村

  38. 2019081100965

    議員活動に分身ロボット 舩後靖彦氏  参院文教科学委に臨み、文字盤を使って介助者と意思疎通するれいわ新選組の舩後靖彦氏=5日

  39. 2019081100947

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」 「12段用」

  40. 2019081100946

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」 「12段用」

  41. 2019081100945

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」

  42. 2019081100944

    議員活動に分身ロボット  分身ロボット「オリヒメ」

  43. 2019073103446

    筋ジスの19歳、登山に挑戦 オリヒメ  分身ロボット「オリヒメ」を抱え鳥取県の大山を登り始める「コラボレーション・コンサルティング」の石原睦巳代表=31日

  44. 2019073103441

    筋ジスの19歳、登山に挑戦 岩田真帆さん  自宅にいながら分身ロボット「オリヒメ」から送られる映像や音を通じ大山登山を体験する岩田真帆さん=31日、鳥取県南部町

  45. 2018110232852

    不自由超え自己表現 榊さんと吉藤さん  闘病生活を送る榊浩行さん(右)と分身ロボット「オリヒメ」を使ってコミュニケーションするオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  46. 2018110232849

    不自由超え自己表現 ロボットと吉藤代表  分身ロボット「オリヒメ」を手に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  47. 2018110232846

    不自由超え自己表現 吉藤健太朗さん  分身ロボット「オリヒメ」を前に、インタビューに答えるオリィ研究所の吉藤健太朗代表 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  48. 2018110232843

    不自由超え自己表現 分身ロボットと吉藤さん  分身ロボット「オリヒメ」と開発したオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  49. 2018110232839

    不自由超え自己表現 榊さんと分身ロボット  闘病生活を送る榊浩行さんと分身ロボット「オリヒメ」。右はオリィ研究所の吉藤健太朗代表=横浜市 「ひと×デジタル」連載企画「身体拡張」4回続きの(2)分身ロボット

  50. 2018091100012

    障害者がロボットで接客 遠隔操作のロボット  重度障害者による遠隔操作で給仕する分身ロボット「OriHime―D」=8月、東京都港区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像