検索結果 38 件中 1 件 〜 38 件 "制作技芸"
  1. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019121110114

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの歯作りの工程を実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/周牧)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019121110209

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの型取りを実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019121109835

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で完成品のくしを見せるスタッフ。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/周牧)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019121109911

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの歯のひき込みを実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019121109901

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの切り出しを実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019121109979

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの歯作りの工程を実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019121109808

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で出来上がったくしを磨く職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社配信/周牧)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019121110003

    伝統のくし「榔橋木梳」作りの職人技安徽省涇県  4日、安徽省涇県の榔橋木梳博物館で、くしの歯作りの工程を実演する職人。中国安徽省宣城市涇(けい)県の伝統工芸品「榔橋木梳」は、伝統的な技法で作られる木製のくしで、材料選び、製材、歯のひき込み、彫刻、研磨など28の工程を経て完成する。榔橋木梳制作技芸は2014年に安徽省級無形文化遺産に指定された。(涇県=新華社記者/韓暁雨)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019070405389

    白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、重さ64キロの「瑞達大茶餅」の説明をする、福鼎市無形文化遺産「福鼎白茶制作技芸」の代表的伝承者、陳家瑞(ちん・かすい)氏。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019062625147

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、花弁を作る戴春富さん。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019062625150

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日に撮影した戴春富さんの通草花作品。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019062625241

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、通草花を制作する戴春富さんの弟子たち。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019062625243

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、通草花制作の要領を説明する戴春富さん。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019062625165

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、染色工程を進める戴春富さん。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019062625188

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、染色工程を進める戴春富さん(左)。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019062625218

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、花弁を接着する戴春富さん。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019062625155

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで2人の通草花制作愛好家と交流する戴春富さん(中央)。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019062625176

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、弟子たちに技術を解説する戴春富さん(中央)。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019062625074

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、通草花を制作する戴春富さん(左)と弟子たち。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019062625046

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、「通草紙」を大小の花びら形に切り、花弁作りの準備をする戴春富さん(中央)。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019062625058

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、葉の型を作る通草花愛好家。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019062625260

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日に撮影した戴春富さんの通草花作品。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019062625232

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日に撮影した戴春富さんによる通草花の盆栽作品。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019062625235

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、通草花を制作する戴春富さん(左)と弟子たち。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019062625173

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、戴春富さんが通草花制作に使う、カミヤツデの幹の白い髄を原料とした「通草紙」。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019062625043

    「通草花」制作技術を次世代へ江蘇省揚州市  18日、揚州市にある486無形文化遺産集聚区の通草花制作技芸展示エリアで、自ら制作した通草花の盆栽を見せる戴春富さん。中国江蘇省揚州市に伝わる「通草花」は、芸術的な手法で花の美しさを表現した特色ある工芸品で、原料のカミヤツデの幹の白い髄を葉や花弁の形に成形して接着するなどの工程を経て完成する。優れた作品は本物と見まがうほどの精巧な仕上がりで、技術と精神性を兼ね備えた芸術作品として、鑑賞や収蔵、文化的側面において高い価値を持つ。揚州の通草花制作技術は2007年に江蘇省無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。今年79歳になる揚州の芸術家、戴春富(たい・しゅんふ)さんは、省級通草花制作技芸無形文化遺産の伝承者。この技術を次世代へ伝承するため、弟子入りを希望する人を拒絶することなく、自らが習得した技術のすべてを教えてきた。大学生や芸術を学ぶために退職してよその土地から来た若者など、既に10人が正式に入門している。戴さんは「インターネットで通草花を知った若者たちが、わざわざ学びに来てくれてとてもうれしい。彼らがより優れた作品を制作できるようになり、通草花がもっと多くの人に愛されるようになることを願っている」と語った。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像